流出裏AVなどに特化した動画を無修正または薄消しで配信するサイトです。中でもコスプレ系の動画には根強い人気があり、コスプレマニアを軸に幅広い層から支持を得ています。

H:G:M:O 流出裏AV(2017年02月)



ミユキ Debut デビュー
「おはようございます〜」と笑顔でやってきたミユキちゃん28歳。ミニスカートから覗く太ももが何ともイヤらしい。B85W61H85のCカップだというナイスボディ。全身が性感帯だという感じやすい体を早速弄っていく男。「ホントにダメなんです〜」と早くもとろけ出すミユキ。男はミユキを膝の上に座らせると後ろからおっぱいを揉み揉みしながら徐々に服を脱がせていく。ローターを取りだし乳首に触れさせる。「使ったことないの〜」とミユキの乳首を刺激しながら徐々に緊張を解していく男。男はさらに電動バイブを取り出すとスイッチを入れて乳首に押し当てていく。足を開かせるとバイブを股間に押し当てていく。「自分で持ってやってみて。」バイブを自分でオマンコに押し当てていくミユキ。「痺れちゃう。」と恥ずかしがるミユキに「直接触っちゃいます。」とパンティの中に手を入れオマンコを弄り出す男。「もう濡れてるじゃないですか。」とミユキの反応とは裏腹にすっかり感じているみゆき。「見ちゃいますけどいいですか?」パンティのひもを解いてオマンコを丸出しにする男。グジョグジョとオマンコを弄りビショ濡れになっているミユキをマングリ返しにするとオマンコにバイブを押し当てていく・・・。恥ずかしがり屋の素人娘が初めての撮影に挑む物語。感じているのに恥ずかしくて大胆になれない娘が男に導かれながらエロくなっていく。素人好きにお薦めする作品。

山口玲子 昼休み中のOLを口説き落として中出し
昼下がりのカフェでコーヒーを飲んでいるOLの山口玲子ちゃん。そこへ一人の男が近づいていく。「OLさんですか?昼休みですよね?」と勝手に相席した男は「ちょっとお願いがあって回っているんですけど・・・」となにやら怪しい様子。怪しさを感じた玲子は笑いながらも男の話を聞くことに。「今、向こうの方で撮影をしてるんですけどエキストラとして参加してもらえないかと思いまして・・・」と何かの出演依頼をしてきた。「何の撮影ですか?」とあまり興味のない様子の玲子に「昼休みに終わるような簡単な撮影ですから・・・」と促す男。「もちろんギャラも出ます。」というと「どういう内容なんですか?」と少し興味を持った玲子。しかし「内容は事務所の方へ行ってから説明しますから。」とますます怪しい男。しかし男は何とか口説き落として玲子を連れ出すことに成功する。「ここです、ここです。」とあるビルに入っていく二人。不安げな表情を見せる玲子を安心させようとする男。部屋に入った玲子に撮影の内容をしはじめる男。「何となく察しがつくような気がするんですけど・・・」と玲子も気づいていることを前提に話を進める男。エキストラはギャラが安いがもっと割のいい撮影があるという。「恥ずかしいから無理です。」と断ろうとする玲子を口説き落とそうと必死になる男。「これチャンスですよ。」とたたみかける男。悩んだ玲子は出演を承諾する・・・。素人OLを口説き落としてセックスしてしまう物語。B98W60H89Gカップのナイスボディが素人とは思えない乱れっぷりを見せてくれる。巨乳好き、OL好きにお薦めする作品。

加藤ゆりあ 優しくイカせてくれる彼女
丁寧におちんちんをきれいにしてくれている加藤ゆりあちゃん。ショートカットがお似合いのかわいい娘だ。男の息づかいが荒くなる中「こっちも拭き拭きしようね〜」と玉袋も丁寧にお掃除。「はい、きれいになりました。」と両手でチンポを握るとゆっくりと扱き始める。男の反応を確かめながらシコシコと手コキを続けるゆりあ。「気持ちいい?」男の息づかいがさらに荒くなり嬉しそうなゆりあ。「何か出てきたよ?」チンポの先からガマン汁が出てしまう男。ゆっくりと扱き続けると「いっぱい出てきたよ。」とさらにガマン汁が溢れ出る。男が「恥ずかしい。」と照れると「恥ずかしくないよ。」と優しい言葉。「どうやって触ったら気持ちいいのかな?」と男を気持ちよくさせようと努力するゆりあ。ガマン汁をカリにまぶしながらグジョグジョとエッチな音をさせて手コキを速めていく。さらに唾を垂らしてチンポを潤滑させると滑らかになった肉棒をさらにシコシコ。男の息づかいがどんどん荒くなり「あ〜、イクよ〜」とゆりあの手の中でドピュドピュドピュッと発射してしまう・・・。素人系のかわいい娘が男を気持ちよくしてくれる物語。まずは丁寧な手コキでザーメンを発射させるとハメ撮りで恋人気分に。本気で気持ちよくなるところがまたかわいい娘。素人系好き、ハメ撮り好きにお薦めする作品。

深田涼子 初めてのセックス 〜お兄ちゃん大好き〜
女優の深田○子にそっくりな深田涼子ちゃん。シャワーを浴びて体をきれいにする。形のいいきれいなおっぱいは本人を想像してしまうほど。バスタオルを巻いただけの姿でリビングへ。そこには兄が新聞を読んでいた。二人の両親はすでに亡くなっており今は二人暮らしだ。バスタオルを取り全裸になるとパンティを穿きブラジャーをつける。「ねえねえお兄ちゃん、ブラのホック止めて〜」と無邪気に兄に背中を向ける涼子。「なんだよ〜。しようがねえな〜」とブラのホックを留める兄。「ねえ、お兄ちゃん。最近私太ったの。見てみて〜。」といきなり兄の手を掴むとおっぱいを触らせる涼子。「何するんだよ、いきなり〜」と戸惑う兄に「何、お兄ちゃん照れてるの?かわいいね。」と小悪魔な笑みを見せる涼子。「おまえおかしいよ〜」と涼子を諫める兄に「お兄ちゃんて何人くらいの人とエッチしたことあるの?一番気持ちよかったのは誰?」とまっすぐな質問。答えをはぐらかす兄に「お兄ちゃん、溜まってるんじゃないの?手でしてあげようか?」とからかうような質問にタジタジの兄。「先に行くぞ。」と兄はそそくさと仕事へ。涼子は制服に着替える。放課後キッチンで片付けをしていると兄が仕事から帰ってくる。「今日はご飯いらないよ。食欲がないんだ。」と寝室へいってしまう。何かに悩んでいる兄に気づいている涼子は「私公園で見たわよ。お兄ちゃんのために私やってもいいわよ。」と何かを決意している様子の涼子。「その代わり、お兄ちゃんが私の最初の人になって・・・」という涼子に「何馬鹿なこと言ってるんだよ?」と戸惑いを隠せない兄。「私、誰ともしたことないし、口でもしたことないの。私、お兄ちゃんだったらいいな・・・」と兄の胸に顔を埋めていく・・・。両親を失った兄と妹。兄の悩みを解決するためにある決意をした妹。しかし、その決意の前に兄に最初の体を捧げようとする健気で純粋な女子校生の物語。処女を兄に捧げ、ご奉仕する妹。初めてとは思えないフェラテクに兄も大興奮。女子校生好き、物語好きにお薦めする作品。

七瀬ひな おしり美少女
エロエロなお尻が何とも堪らない七瀬ひなちゃん。ブルマと体操着姿がさらにこちらの性欲をそそる。エッチは「大好きです〜」というかわいい娘は今までの経験が50人という19歳だ。一日で最高「8回ヤッた。」ともはや性豪と呼べるくらいセックス好きなひな。アナルセックスやSMプレイの経験もあるという。四つん這いになってお尻をクネクネと振るのでオマンコの盛りがエロく映し出されてエロい。ソファーに座り足をM字に抱えさせられるとまたも盛りマンがクッキリ。「すごい格好だね〜」と男も興奮のお尻をゆっくりと刺激していく。ブルマの隙間から指を入れるとグイッと掴んで食い込ませていく。同時にクリトリスを刺激するとひなの口から喘ぎ声が漏れる。四つん這いになってお尻を突き出させると後ろからお尻を揉み揉み。「触り心地がいいね〜」とさらに興奮する男。ブルマを食い込ませてお尻の割れ目からオマンコまで縦筋をクッキリと浮かび上がらせそのまま指を上下に滑らせていく。「では脱がせちゃいましょうか。」とゆっくりとブルマを脱がせるとアナルからオマンコまでクッキリと丸見えに。お尻をパックリと開きオマンコも広げると「すごい奥まで丸見え。」とますます興奮の男。「取っちゃうよ〜」ブルマとパンティをゆっくりと脱がせ足をM字に広げさせる。「自分で広げて見せて。」男のリクエストに「ちょっとだけだよ。」とゆっくりとオマンコを広げていく・・・。アイドル系美少女がオナニーを見せてくれたあと男が電動マッサージ器でオマンコを刺激。激しく感じさせられ何度もイカされる。お返しにとフェラチオを手コキで気持ちよくさせてくれる。男はガマンできなくなりそのままドピュドピュッとザーメンを発射。そしてエロいお尻をたっぷりと拝みながらセックスとお尻好きには堪らない内容。かわいい娘好き、美少女好き、お尻好きにお薦めする作品。

友崎亜希 超巨乳若妻
胸元がざっくりと開いたキャミソールにニット姿でソファーに座る友崎亜希ちゃん、33歳。結婚3年の人妻だ。男もその強烈な胸の谷間に目を奪われ早くも興奮する。「一応、Hカップです。」という超巨乳に「すごいですね〜」とますます興奮する男。旦那とのセックスは「最近は月に一度くらい。」だといい、その分オナニーで欲求不満を解消しているという。幼い頃から「感じる」ことを覚えたというエッチな天然系の若妻に早速足をM字に開くようにリクエスト。電動マッサージ器を取り出し股間に押し当てていく。「うわ〜。気持ちいいです。」と反応を見せる亜希。男が電マのスイッチを強くすると顔を歪ませてしまう亜希。なかなか感度がいい亜希に「じゃあースカートを脱いじゃいましょう。」とパンティ姿にさせる。「恥ずかしいです。」と照れる亜希に再びM字開脚をさせる。男は再び電マをオマンコに押し当てる。すると「あ〜」とすぐに顔を歪ませて感じてしまう亜希。「あ〜〜〜、ダメです〜〜〜。」と快感が急激に上昇してしまう。「あ〜ダメ。堪らんない〜」とガマンできない様子。男はパンティをグイッと引きオマンコを露出すると電マを調節押し当てる。「あ〜〜〜ダメ〜〜〜〜」人妻の性欲は一気に高まっていく・・・。欲求不満な超巨乳の若妻をおもちゃやチンポでエロエロにしていく物語。巨乳をタプンタプンと揺らしながらオーガズムを迎える人妻に大興奮。人妻好き、熟女好き、巨乳好きにお薦めする作品。

双葉このみ エッチな部活 〜変態的な指導をされた女子校生〜
セーラー服がお似合いの双葉このみちゃん。コーチと待ち合わせしていたところ「おい、このみ。」とコーチがやってくる。すると「今から散歩に行こう。」と誘われ少し訝しがるが「文句言うんじゃない。コーチの言うことはちゃんと聞け。」と言われ納得する。「今日の散歩には意味がある。パンティとブラジャーを取れ。」と無茶な指示が。「なんで?」と疑問を持つこのみに「何でもどうしても取れ。」ととりつく島がないコーチ。「イヤ〜」と恥ずかしがるこのみに「じゃあ、大会に出たくないのか?」と迫られ「出たい〜」と本音を言うこのみ。「じゃあ、コーチの言うことを聞け。」と渋々納得するこのみ。制服のスカートをまくりパンティを下ろそうするがコーチが見ているので「見ちゃダメだよ〜」と抵抗する。しかし「いや、見てる。」とコーチはパンティを脱ぐところを凝視している。「よし、預かっておこう。」と脱ぎたてのパンティを手に取ると「ブラジャーもだ。」とブラを外させる。「見ちゃダメ〜」とまたも生脱ぎを見ているコーチに不満そうなこのみ。「よし行こう。」と散歩を始める二人。しかし、散歩をしながらコーチは何度もこのみのスカートを覗こうとする。そのたびに集中できななくなるこのみ。「あの〜コーチ。・・・おしっこに行きたいんです。」と催してしまったこのみ。「よしわかった。戻ろう。」と二人は戻ると「トイレに行ってもいいですか?」と懇願する。しかし「何言ってるんだ?まだレギュラーでもないのに・・・。ここでやれ。」とその場でおしっこをするように命令される。「見ちゃダメですよ。あ〜、漏れちゃう〜。イヤ〜。」としかたなくその場にしゃがんで足を開くとパンクリとオマンコが丸見えになりながらおしっこをしてしまう・・・。ロリロリの美少女が部活動でコーチから様々なセクハラを受けてしまう物語。ノーパン、ノーブラでの散歩、野外でのおしっこ、練習と称したダブルフェラチオ&手コキでの口内発射と、エッチな練習の連続に耐えつづける。ロリ好き、女子校生好きには堪らない作品。

川島夏希 ロリにゃん娘にエッチなことを教えると・・・
ロリロリのニャンニャンポーズがとってもキュートな川島夏希ちゃん。ミニスカートをまくってパンティを見せながら笑顔を振りまく。さらにパンティをグイッと食い込ませてTフロントまで見せてくれる。まだ幼いパンティが何ともイヤらしい。「はい、おじさんに任せてください。」と夏希の体をまさぐっていく。「ふ〜、柔らかい〜」とおっぱいを揉み揉みしながら興奮していく。「ちょっと開いてごらん」と足を開かせオマンコを弄ると「湿気ってるよ。」ととオマンコが濡れ始めてると言葉責め。「こっち見せてごらん。」と服をまくるとおっぱいが露出。「かわいいおっぱいしてる〜。揉んで上げよう。」と揉みながら乳首を舐めていく。「おいしい、とってもおいしい。」とイヤらしい乳首舐め。「気持ちよくさせて上げるからね。」パンティの中に手を入れると「もう濡れてるよ。」とエッチな音をさせる夏希のオマンコ。「これ、とっちゃおう。」とパンティを脱がせるとツルツルのパイパンオマンコが。「気持ちよくしてあげよう。」とオマンコを開くとクリトリスを弄り出す。「すごいね。狭くていいよ。グチャグチャだ。」とオマンコにズブリと指を挿入する。「おいしい〜。堪らないね〜。」まだ幼いクンニしながらますます興奮していく・・・。エロオヤジがパイパンロリ娘にエッチなことを教えていく物語。どうしたらチンポが気持ちよくなるのか実践させられそのままザーメンを放出されてしまう。ロリ好き、パイパン好きにお薦めする作品。

加藤ゆりあ キュートなお姉さんとハメ撮り
いきなり男に胸元のボタンを外されている加藤ゆりあちゃん。男の興奮した様子に「見たい?」と助け船を出す。「み、見たいですね。」と正直な男に自ら胸元を広げてブラジャーを見せるゆりあ。「何センチくらいあるの?」と聞く男に「83センチくらい・・・Dカップ」と謙虚なゆりあ。形のいい綺麗なおっぱいにますます興奮の男は「触っていい?」とおねだり。すると「それだけでいいの?」と意味深なことを言うゆりあ。「乳首何色?」と男の質問にポロリと乳首を見せてくれる。薄いピンク色の乳輪に勃起した乳首。するとゆりあはゆっくりと足を広げていく。「こんなイヤらしい下着を着けてたんですか?」とゆりあのパンティのますます興奮する男。「触っちゃおうかな?」とゆりあのオマンコを弄り出すと「いっぱい触って。」とおねだりするゆりあ。男はクリトリスを指で弄り出す。「あ、あ、あ〜」息づかいが荒くなり気持ちよくなってしまうゆりあ。「下着が窮屈そうだね?」男のイヤらしい下心にも「じゃあ、自分で取るね。」とブラジャーを外したわわなおっぱいを丸見えにしてくれる。再び足をM字に開くと男がパンティをグイッと食い込ませる。モリッとオマンコの肉が盛り上がり何ともイヤらしい光景に男もさらに興奮する。「何でもしていいって言ったからさ・・・」男はローターをゆりあに手渡すとオナニーをさせる・・・。キュートボーイッシュな顔立ちの美人が顔に似合わずエッチなところを惜しげもなく見せてくれる物語。カメラ目線で常に見つめられながらのセックスは興奮モノ。ハメ撮り好きにお薦めする作品。

すぎはら美里 巨乳痴女
「いらっしゃいませ。今日はご指名ありがとうございます。」とやってきたのはセクシー系巨乳痴女のすぎはら美里ちゃん。風俗誌を読んでいた男が美里を見て「こんなかわいい娘がいたんだね〜」と早くも興奮気味。「どうしたい?攻めたい?攻められたい?」と男に聞くと「最初は攻めようかな。」と早速美里の服を脱がせていく。ワンピースを脱がせるとピンクのセクシーなランジェリー姿に。「興奮してきた?」と美里は男の反応を見る。眺めているだけでいいという男に「眺めてるだけじゃ美里はイヤ。」と甘えを見せる美里。「そっちにいろんなおもちゃがあるから使ってください。」と大人のおもちゃを指さすとかなりの種類のおもちゃが。「自由に使っていいんですか?」と男がおもちゃを弄り出す。「ピンクローターが一番好きなの。」という美里に「まずは体を味わいたいですね。」と後ろに回ると「大きいおっぱいですね〜」と鷲掴みして揉み揉み。Gカップだという巨乳に興奮していく男。ブラジャーを外し直接おっぱいを揉む。「気持ちいい〜」とさらに興奮していく男。「もっといろんなところも触って〜」とおねだりする美里。「脱がせるのもったいないな〜。堪んね〜。」と興奮度がMAXに上昇する男はゆっくりとパンティを脱がせていく・・・。美人風俗嬢とのエロエロな遊びを見せてくれる物語。おもちゃでたっぷりと羞恥プレイした後は、マグロになった男に足コキで気持ちよくさせてくれる。パイズリでビンビンにされるとズブリとオマンコに。こんなイヤらしい娘なら一度指名してみたくなる、そんな作品。

瀬川ことみ エッチな女子校生
緊張気味で座っている女子校生の瀬川ことみちゃん。セーラー服姿がキュートだ。「痴漢には時々遭う」ということみ。「じゃあ、痴漢ごっこしようよ。」と男に言われノリノリのことみ。満員電車をイメージして後ろからことみのお尻を触り出す男。ミニスカの制服の下に手を入れる男。お尻からアゆっくりと触りだし徐々に深いところへ。「声が出ないの。されるがまま・・・」ということみのお尻から徐々にオマンコへと指を移動させる男。男の指責めに感じてしまい顔を歪めてしまうことみ。男はパンティをずらし直接オマンコに指を入れ始める。グジュグジュとエッチな音が漏れる。足をモジモジさせながら耐えることみのオマンコを容赦なく攻め始める男。堪らず喘ぎ声を漏らしてしまうことみ。「・・・イッちゃった。」と男の痴漢責めに堪らず絶頂へ達してしまうことみ。「すごい上手だった。」と痴漢ごっこに満足した様子のことみ。さらに男がセーラー服をまくりブラジャーをずらすと綺麗なおっぱいが露出。形のいいほどよい大きさのおっぱいを揉みくちゃにしていく・・・。エッチ好きな女子校生に痴漢プレイ、目隠ししておもちゃで羞恥プレイとあられもない姿をたっぷりと魅せてくれる物語。感度抜群の女子校生を何度もイカせ潮まで吹かせてしまう。男の願望がたっぷりと詰まった作品。

森川萌 お姉さんの秘密の性生活
下着まで透け透けで見えてしまいそうなくらいのキャミソール姿で現れたのは森川萌ちゃん。さらに超ミニスカートでパンティまで覗けそうだ。早くも興奮する男は「オナニーして見せて〜」とおねだり。「普段は手でやってる。」という萌に「これも使ってみて。」とローターを手渡す。ベッドに横たわると足を開いてパンティを丸出しにするとオマンコを弄り出す。すぐに息づかいが荒くなり吐息が漏れ出す。指でグリグリとクリトリスを刺激すると喘ぎ声も漏れてくる。パンティの中に手を入れ直接オマンコを刺激。「あん〜」とさらに気持ちよくなっていく。ローターを手にした萌はスイッチを入れるとますはパンティの上からローターをオマンコに押し当てていく。ローターの刺激がクリトリスに伝わり喘ぎ声が激しくなる。「あ〜〜、あ〜〜ん」つま先を小刻みに震わせ、快感が萌の体を貫いていく。ビクンビクンと体を震わせながら萌の快感が一気に上昇し絶頂へ達してしまう・・・。派手な喘ぎ声ではないが確実に気持ちよくなってしまい本気の絶頂を見せてくれる素人系美女の日常の性生活を垣間見る物語。むき出しになったクリトリスをローターのダブル責めで挟み込み激しくイカせると手マンチョで大量の潮吹き。潮を吹きながら何度もイカされベッドはビショ濡れに。最後はおしっこまで見せてくれる。素人系が好きな方にお薦めする作品。

岩崎美穂 お下げ髪の美少女
ベッドの上で体育座りをしているロリ系の岩崎美穂ちゃん、19歳。ワンピースの胸元からおっぱいを覗き込み「おっぱい大きそうだね?」と早くも興奮気味の男。「大きくないですよ。Dカップに見えないDカップなんで(笑)」と美穂。T145と小柄な身長にH85と魅力的なお尻を持つ美穂。彼氏は「最近別れちゃった。」というが「ほぼ毎日セックスしてた。」というほどセックス三昧だった上にセフレも「2〜3人いた。」というエッチ好きな面も。そのうちの一人は「教習所の教官だった。」という。「教官が指名制だったので自分から誘った。」という積極的な美穂。最近のエッチは「一昨日くらいかな?」と性欲が衰えないどころか「一晩で最高13回ヤッた。」という顔に似合わない強者だ。「堅いのが好き。」とチンポは長さや太さよりも堅さが一番だといい「堅いと入れたくなっちゃう。」とエロエロだ。「オナニーは・・・たまに。」というセックスではイッたことがないがオナニーではイッたことがあるという美穂。「オナニー見せてよ。」とのリクエストに応えることに。服を脱いで下着姿になるとピンクの可愛らしいブラジャーとパンティ。「ヤラレちゃう系が好き。」という美穂はレディコミを見ながらオナニーするという。男を前にして、恥ずかしさてなかなかオナニーできないが足を開いてオマンコを弄り出す。パンティの上から指で割れ目をなぞっていく。恥ずかしくてなかなか気分が乗れない美穂を見て「じゃあ、エッチしようか?」と美穂の体をまさぐり出す・・・。元気系のロリ娘が、まだ幼いオマンコをパックリと広げてイヤらしいところを見せてくれる物語。自分で剃ったというツルツルオマンコから愛液を滴らせながら極太バイブを飲み込む。まだあどけない顔を歪ませながら快感を貪っていく様は興奮モノ。ロリ好きにお薦めする作品。

長瀬愛 アイドルはカメラ目線で
笑顔がかわいくキュートなアイドル系の長瀬愛ちゃん。オナニーを見せてくれるという愛。早速、ソファーに座りおっぱいをまさぐり出す。すぐに気持ちよくなり喘ぎ声が漏れ出すと足を開いてパンティの上からオマンコもまさぐっていく。「あ〜、は〜」ブラジャーを外し直接おっぱいを見ながらパンティのなからに体を入れるとグチョグチョとオマンコのエッチな音とともに愛の喘ぎ声が激しくなっていく。ソファーに寝そべりこちらを見つめながらオマンコを刺激。陰毛が擦れる音がリアルに聞こえるほど股間が近づく。ローターを取り出すとスイッチを入れて乳首に押し当てる。顔を歪めて感じてしまう愛。ローターを下半身へと滑らせパンティの上からグリグリとオマンコに押し当てていく。「あ〜あ〜あ〜〜、イ〜〜〜!」快感が頂点に達し絶頂へ達してしまう・・・。元祖アイドル系美女がカメラ目線で本気オナニー、フェラ抜き、おもちゃ責めとエロさをたっぷりと魅せてくれる。アイドル好きにお薦めする作品。

水島奈津湖 エッチな診察
「次の子を呼んで。」診察室に呼ばれたのは水島奈津湖ちゃん。体操着姿の奈津湖が椅子に座ると「まずは何の検査かな?」と助手に聞く医者。「視力検査です。」とまずは視力のチェックから。左目を隠して指定の場所に立つと「指したところを読んでください。」と言われる。助手が指示する文字を順番に読んでいくと「ち・ん・こ」といきなりエッチな言葉が。「続けて。」医者がさらに指示すると「く・り・と・り・す」とさらにエッチな言葉を言わされる。同様に右目もチェックされ「視力検査はOKだね。」と一発合格。「じゃあ、次は身長を測ります。」と検診台に。「142センチですね。」と助手。「では抱きかかえて体重を量って。」医者の指示に助手が奈津湖を抱きだいたいの重さを量る。「次の検査はスリーサイズです。」と言われ少しびびる奈津湖。「だいぶ成長が見られるね。74.5です。」とバストが少し膨らんだ様子。ウエストは「58ですね。」と自己申告よりも増えているようだ。「足の長さを測って。」奈津湖が目一杯ブルマを食い込ませると助手が股下からかかとまでを計測。「ヒップも測ろう。ブルマを下ろして。」とパンティ姿にさせられ計測される。明らかにエッチな目的の身体検査で医者も助手も下心プンプンだ。「さっきバストのサイズを測ったけど正確に計ってみようか。ブラジャーを外して。」エッチな医者がいよいよ牙を剥いて奈津湖を裸にしていく。四つん這いにさせられパンティを下ろされてしまう。「お尻の穴をチェックしよう。」助手が奈津湖のお尻をパックリと開きアナルまで見られてしまう・・・。エロい医者と助手にエッチな身体検査をされてしまうロリ系美少女の物語。エスカレートしたエロ医者たちはオマンコを入念にチェックした後、性的な感度まで調べていく。一度はヤッてみたいエッチな身体検査を存分に堪能できる作品。

菊池エリ 美魔女乱れ咲き
「はあ〜ん」吐息を乱しながら熱い視線を向ける菊池エリ、34歳。妖艶な美熟女のエリの体はT169B93W63H86の超ナイスボディ。赤いドレスにたわわに盛り上がるおっぱいをゆっくりと揉み大胆に足を広げていく。パンティがあらわになると両手でオマンコを弄り出す。中指が割れ目に沿ってなぞられ、パンティの隙間から指が入れられる。パンティの中で直接指がオマンコに触れ息づかいが荒くなっていく。掻きむしるようにおっぱいをまさぐると同時にドレスの胸元からおっぱいを露出。熟れた乳房を激しく揉みまくり、大胆に広げた股間もまさぐっていく。ローターを手に取ると口に含みたっぷりと濡らしていく。ローターの振動が乳首を刺激し、さらに下半身へと滑らせていく。パンティをずらしオマンコを露出すると割れ目にローターを押し当てていくエリ。「あ〜ん〜」喘ぎ声を漏らしながらゆっくりと刺激する。パンティを脱いでオマンコが丸見えになるとローターをクリトリスに押し当てていく。グリグリとオマンコに押し当て、ズブリとローターを膣に押し込んでいく。「あ、あ、はあ〜ん」顔を歪めながら気持ちよくなっていくエリ。「はあ〜、い、い、い、イク〜〜〜!」艶めかしい顔を見せながら絶頂へ達してしまう・・・。超絶セクシーな美熟女が「嫌いじゃない」というセックスを濃厚に大胆に魅せてくれる物語。熟女のセックスは乱れて色っぽく妖艶。3Pで燃え上がった後も「ねえ、したくない?」と延長戦を誘う淫乱さが堪らない。熟女好きにお薦めする作品。

さとこ 制服OL淫らな3Pセックス
いきり勃った肉棒を両手に握り代わる代わる咥えていくOLのさとこちゃん。たっぷりと味わった後は四つん這いになり後ろからズブリ。ゆっくりとピストンされながら上の口ではフェラチオを続ける。「あ〜〜」堪らず喘ぎ声を漏らしながら「気持ちいい〜」とフェラチオが止まる。ズボズボとピストンされながら肉棒に必死に食らいついていくさとこ。破られたストッキングが何ともイヤらしい。男はローターを取り出しクリトリスに押し当てていく。快感が一気に上昇したさとこは「あ〜、イキそう・・・。」と訴える。ピストンが激しくなりさらに激しくヨガるさとこ。「あ〜、イク〜〜〜!」ついに限界を迎えたさとこは絶頂へ達してしまう・・・。普通のOLが大胆に3Pで乱れまくる物語。感度のいい体はチンポを求め何度もイカされる。後ろからズボズボとピストンされながらフェラチオでイカせる淫乱OL。破れたストッキング好きにお薦めする作品。

星野まりな おちんちん大好きなエロ娘
茶髪の元気娘、星野まりなちゃん、18歳。ミニスカートから覗く太ももが何ともエロく、さらにパンティまでも覗き見える。パンティを拝もうと顔を近づけると恥ずかしそうに手で隠してしまう。初めて本物のおちんちんを見たのは「15歳の時〜」というまりな。実は初体験の前に「フェラチオをしたことがある。」というおませさん。「とにかく痛かった〜」という初体験だったというまりなは、その後「20人くらいかな?」の男のおちんちんを入れてきたという。「気持ちよくなってくれるのが好き。」というまりなに早速フェラチオをしてもらうことに。「ホントに舐めるの?」とというまりなの前に男がチンポを出して立つと、すでに男はまりなのフェラチオに期待して半分勃起している。パクリと咥えたまりなは巧みな舌使いであっという間にチンポを勃起させる。血管が浮き出るほどビンビンに堅くなった肉棒を丁寧に舐め上げていく。「お〜すごい〜」と興奮する男。ゆっくりと深くチンポを飲み込みながら口内で舌技を駆使していく。竿を手コキしながら袋を舐めると男の喘ぎ声が漏れてくる。「あ〜、あ〜、あ〜、きもちいいよ〜。」まりなの高速ピストンに快感が上昇していく男。息づかいが荒くなり「あ〜、イッちゃいそうだよ〜。お口の中に出していい?」と限界を訴えるとまりなは手コキとカリ舐めで一気に追い込んでいく。「あ〜、あ〜、あ〜、あ〜、んあ〜〜〜!」とそのまままりなの口内にドピュドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。小麦色に日焼けしたコギャル系娘が若さとは裏腹に巧みなテクで男を喜ばせてくれる物語。性格もよく体も開発されていてセックスの喜びを充分に知っているところは魅力的。手マンチョで大量の潮を吹き、肉棒をピストンすれば立てなくなるほどイッてしまう。こんな娘と遊びたい、そんな願望を叶えてくれる作品。

相田春香 ロリ巨乳美少女に性教育
お下げ髪がまだあどけない相田春香ちゃん。少し照れくさそうな表情を見せている。そこへ「かわいいね〜」と男が近づきおもむろにおっぱいを触り出す。「意外と大きいんだね?」と張りのあるおっぱいに興奮した様子の男。「足開いてごらん?」と足を開かせると太ももから股間に掛けて触れていく。パンティの上からオマンコを弄ると「あ〜おいしそうだ。」と遙かを気に入った様子。「これ外していいかな?」ブラジャーをずらしておっぱいを露出させると「かわいい乳首してるね〜。舐めちゃおうかな?」とチュパチュパと吸い始める。イヤらしいオヤジが少女を弄ぶかのように若い蕾をモノにしていく。春香の口から喘ぎ声が漏れ出し乳首は勃起していく。「これ、脱いじゃおうかな?」とパンティを脱がせると割れ目にも指を這わせていく。「ここも気持ちいいかい?」オマンコを弄られさらに喘ぎ声が激しくなってしまう春香。「後ろを向いてお尻を突き出して。」春香は言われたとおりにするとまるで少女のようなオマンコが目の前にあらわになる・・・。あどけないロリ美少女がイヤらしいオヤジに弄ばれてしまう物語。男に性技を仕込まれ次第に上手になっていく。フェラチオからの口内発射&精飲、そしてオナニーといろいろなエッチを教えられる。ロリ美少女好きには堪らない作品。

白石ひより ロリ美巨乳ボンテージ
控え室でくっすりと眠っている白石ひよりちゃん。セクシーな太ももが無防備に露出し何とも興奮モノだ。男に気がつきふと我に返るひより。前日は3時まで起きていたといい「眠かった〜」と訴える。B88W63H90のナイスなボディに早くも興奮する男。胸元はたわわな谷間がクッキリとした大胆な衣装だ。「本物ですよ〜」と男が指でツンツンとタッチするのに答える。前屈みになったひよりのお尻はほぼ丸見え状態。Tバックのパンティが興奮度を上げる。ボンテージの似合うひよりに質問すると「虐められる方が好き。」というひよりに「では・・・」とひよりの手に手錠を掛ける男。そして早速ボンテージの胸元をずらしておっぱいを露出させる。きれいなおっぱいと乳首にますます興奮する男。「フェラチオして発射させてください。」と手錠を外す条件を告げる男。パンツ姿の男が目の前に現れ「手は使わないでください。」とパンツを脱がせるのも「口で」との条件。ひよりは器用に口だけでパンツを下ろすと早速パクリとカリを咥え始める。ジュボジュボとピストンするとあっという間にチンポはビンビンに勃起してしまう。実に上手に咥えるひよりのフェラに肉棒は堅さを増していく。袋から竿まで丁寧に舐め上げていく。「では手も使っていいですよ。」男の許可が下り手コキも加えてジュボジュボとピストンしていくひより。舌先でカリをチロチロと舐めながらの素早い手コキ。「あ〜イキそう〜。」一気に快感が上昇した男はそのままドピュドピュドピュッとザーメンをひよりの巨乳に発射してしまう・・・。永遠の美巨乳アイドルがボンテージ姿でフェラ抜き、そして、兄との禁断の火遊びに耽る物語。おもちゃでさんざん弄られた後は巨乳を弄ばれる。いつまでもかわいいロリ巨乳アイドル好きには見逃せない作品。

すぎはら美里 もっと気持ちよくなりたい〜
「もっと気持ちよくなりたい〜」とおねだりするすぎはら美里ちゃん。「もっとエッチしたい〜」と男を誘うと「まだヤリ足りないの?」と全裸で横たわる美里の体に男がすり寄ってくる。たわわまおっぱいを鷲掴みにして激しく揉むとともにオマンコを弄り出す。「あ、あ、ハ〜」とすぐに反応する美里。足を大きく開かされクリトリスを刺激されるとさらに感じてしまう美里。「気持ちいい〜」と素直に反応する美里をさらに全身リップ責めにしていく男。「あ〜ん、気持ちいい〜」男の激しいクンニに堪らず顔を歪めて感じてしまう美里。「入れて〜。クリトリス触りながら入れて〜」美里は貪るように男に要求する・・・。スタイル抜群の巨乳美女がセックスの快感を貪欲に求めていく物語。おねだりシーンの連続にこんな女とヤッてみたいという願望が満たされる内容。いい女好き、巨乳好き、淫乱好きにお薦めする作品。

立花麗華 先輩・・・、入れて欲しいの・・・
「今日はあこがれの先輩が家に来る日なんだけどな〜」和室でくつろぎながら先輩に思いを馳せる女子校生の立花麗華ちゃん。セーラー服にミニスカートの制服姿で「遅いな〜」とテーブルに肘を突く。そこへドアをノックする音が。「あっ、来た〜」素早く玄関へ行き先輩を迎え入れると「先輩、来てくれたんだ〜」と嬉しそうな麗華。「座って〜」と促し「何か冷たいモノでも飲む?」と冷蔵庫を開けるが「ごめんね〜。何もなかったの。これ、私の飲みかけなんだけど飲む?」とペットボトルを差し出すと「間接キス。しちゃおうかな〜」と戯けながらキャップを外し口を近づけていく先輩。「おいしい。間接キス。」と満足そうな先輩。すると「今日、お父さん、お母さんはいないの?」と麗華に聞く先輩。「用事があるって出かけちゃってる。」と答える麗華。すると「麗華さ、俺のこと憧れてるの?友達とかからいろいろと聞くからさ・・・」と直球を投げる先輩。「・・・内緒。」と本心を隠そうとする麗華。「ふ〜ん。じゃあ、帰ろうかな?」と言い出す先輩に「え〜、そんなこと言わないでよ〜」と先輩を引き留める麗華。「俺のこと好きなんだろ?」と改めて聞く先輩に「う〜ん、まあ・・・」と想いを告げる麗華。前からかわいいと思っていたという先輩。スタイルもいいと言ってくれ、今は彼女もいないという先輩。「私と・・・アレしてくれるの?」意味深な言葉で先輩を誘う麗華に「アレって、こんなこと?」と太ももを指で触れていく先輩。「本当にいいの?俺って本当にエロいよ?」先輩の心の中は麗華とのエッチな妄想が始まった様子。「オナニーして見せてよ。」先輩の恥ずかしい要求に戸惑う麗華だが、見せないと帰るという先輩にしかたなくオナニーをすることに。足を開いてパンティの上からローターを這わせていく。すぐに顔を歪めて感じ始めてしまう麗華。その場に横たわりローターをオマンコに押し当てていく麗華のピンクのパンティにジットリと愛液が滲んでくる・・・。女子校生が憧れの先輩からエッチな要求をされ受け入れてしまう物語。かわいい後輩の本気オナニーに大興奮の先輩。フェラチオで先輩がイキそうになるのを止めて、自分の部屋へと誘い「入れて欲しい」とせがむ。最後に生おしっこまで見せてくれる女子校生の恋愛ストーリー。ロリ好き、女子校生好きにお薦めする作品。

若葉薫子 巨乳ナースのエッチな診察
白衣の天使、若葉薫子ちゃん。長くて綺麗な髪がキュートだ。「このへんは?」裸でベッドに横たわる男の乳首を刺激する。さらに乳首をペロペロと舐め、そのまま首筋へ。下半身へと顔を滑らせチンポをパクリと咥える。チンポを奥深くまで飲み込みそのまま咥えつづける。「まだ血圧が下がってますね。」再びチンポを咥えゆっくりとピストン。するとチンポは見る見ると大きくなっていく。カリの先をチロチロと舐め「先はどうですか?」と反応を確かめる薫子。気持ちよさそうな男の反応にさらに肉棒を咥え続ける。丁寧な竿舐めと裏スジ責めでチンポはパンパンに膨れあがってしまう。「う〜〜」手コキを加えながらのフェラチオに男も喘ぎ声を漏らしてしまう。「お口だけだと応急処置にしかならないですね。」根本的な治療が必要だという薫子に「じゃあ、ちゃんと治療してくださいよ。」患者が本格治療を要望すると薫子はナース服を脱ぎ始める・・・。壇○似の美人看護師が自らの体で献身的に患者のケアをする物語。巨乳ナースの綺麗なオマンコからドクドクと流れ落ちるザーメンが何ともエロい。ナース好き、ハメ撮り好きにお薦めする作品。

羽田ことみ 女子校生はエッチなことに興味津々
セーラー服姿がキュートな羽田ことみちゃん。ピチピチ、キャピキャピの女子校生だ。男のオナニーに興味があるといい、自分でいろいろ調べてみたという。今まで見聞きしたことを楽しそうに話してくれる。自分のオナニー初体験は14歳の時。「はまっちゃいました。」と恥ずかしそうに話す。そこで「ことみちゃんにオナニーを見て欲しい。という男がいるので是非見て欲しい。」と男に頼まれる。ワクワクしながら男を迎えることみの前にパンツ姿の男が。「私、超見たい〜。」とノリノリのことみ。男はパンツを脱いでチンポをシコシコ扱き出す。「ネタがないと・・・」と男がおねだりすると「手伝っちゃおう〜」と自分も制服を脱いでお手伝いすることに。ブラジャー姿になると「あ〜、大きくなってきた。」と男も嬉しそう。するとことみはペロペロとチンポを舐め始めてしまう。「オナニーなのに・・・」と男は戸惑うが「気持ちいい〜」とチンポは瞬く間にビンビンに硬直してしまう・・・。キャピキャピの女子校生が好奇心いっぱいにエッチなことをしてくれる物語。オナニーを見るだけのはずが自らお手伝い。さらにチンポを咥えだし自らもオナニーをしはじめてしまう。明るいエロ娘に見ている方も大興奮。野外でのおしっこや目隠し羞恥プレイと見所満載。ロリ好き、女子校生好きにお薦めする作品。