流出裏AVなどに特化した動画を無修正または薄消しで配信するサイトです。中でもコスプレ系の動画には根強い人気があり、コスプレマニアを軸に幅広い層から支持を得ています。

H:G:M:O 流出裏AV(2014年10月)



キヨミ ヒロミ 訳あり女たちの事情 Vol.3 熟女編 素人女4人のエロス全開!! 2
ソファーの背もたれに足を投げ出し股間を弄っているキヨミさん。グチュグチュとエッチな音をさせながら、感じて喘ぎ声を漏らしている。パンティをずらしてオマンコにズブリと指を挿入して激しく出し入れしていく。中指がキヨミの快感を貪りクリトリスを激しく刺激していくと体を硬直させ絶頂を迎える。愛液でグショグショになったにオマンコに躊躇なくズブリと極太バイブを挿入していくキヨミ。さらに大きく足を広げオマンコに突き刺さったバイブが高くそびえる。キヨミは激しくクリトリスを擦り続ける。左手にバイブを握るとズボズボと出し入れしながら、右手はクリトリスを同時に攻めていく。キヨミの喘ぎ声がさらに激しくなりオマンコを締め付けるように絶頂へ達してしまう。しかし、キヨミの左手は未だバイブを離さず、オマンコをかき回していく。キヨミの貪欲さは留まることを知らずズボズボとバイブを突き刺し続けていき、クリトリスも擦り続けられる。キヨミは体をビクンビクン震わせながら何度も絶頂へ達してしまう。ぐったりとしたキヨミのオマンコからバイブが滑り落ち、バイブはキヨミの愛液が糸を引いていく・・・。

大城楓 新入社員は、まず健康診断を受けてもらいます 2
四つん這いでおしりを高く突き上げオマンコを弄り出す大城楓ちゃん。ストッキング越しにワレメに沿ってオマンコを攻めていく。気持ちよくなり喘ぎ声を漏らしてしまう楓。ストッキングとパンティを脱いだ楓は足を開いてワレメに指を這わせていく。中指がワレメにズブリと滑りクリトリスを擦る。激しく顔を歪ませて感じていく楓。おっぱいを丸出しにしさらに興奮していく楓。激しいクリトリス攻めに快感は一気に上昇。「あ〜イク〜」と絶頂へ達してしまう。オナニーですっきりした楓はクリニックへ向かう。そこへ診察の先生が入ってくる。「大城さんですか?今から身体検査を始めますね。」と楓の診察を始める。世間話をしながら楓のスーツのボタンを外していくと「あれ?胸でかいですね?」と楓が巨乳であることに気づき興奮し始める。ブラウスのボタンを外しながら「あれ?あれ?しかもノーブラで・・・。」とますます興奮。あらわになった楓の巨乳を触りながら「乳がん検査します。」とブルブルとおっぱいを揺らしていく。タプタプとおっぱいを揺らして「しこりなし、大丈夫ですね。」と乳がん検査はクリア。「しかしいいおっぱいだな〜。乳輪がでかい人は風邪引かないです。」と乳首を舐めて再び巨乳をプルプルさせる。「はい、それでは、下。」と次は下半身の検査へ。足を開かせストッキングをビリビリに破いていく。「完全なるMですね?」とパンティまで切られてしまう。ぱっくりとオマンコを晒されてしまった楓。先生は「検査ですから」と楓のオマンコをクンニしていく。オマンコをたっぷりと舐め上げると楓の顔が歪んでいく。「よし、次の検査いくよ。」と楓に足をM字に抱えさせ、さらにパックリとオマンコを丸見えにする。先生はアナルに指を突き刺すと「あ〜きついな〜」とアナルの締まりに興奮していく。ズブズブとアナルに挿入した指を出し入れしていく先生。「あ〜変な感じです。」とアナルに挿入された感覚を訴える楓。先生はさらにアナルを検査するため、アナルバイブをズブリと挿入していく・・・。

篠原景子 親友の彼女 理性を無くさせる美しく可愛い彼女
友達の家に遊びに来た男。部屋には友達の彼女・篠原景子ちゃんが待っていた。そこへ景子の彼氏から電話があり「仕事で緊急事態だから、帰りが遅くなる。」と言われる。「しかたないね。始めてようか?」と男が言うと景子は食事を準備する。テーブルに景子の作ったカレーが並べられ二人はおいしそうに食べ始めた。親友に気兼ねしながらも景子との会話を楽しむ男。男の様子がおかしいことに気づいた景子は「どうしたの?」と気遣うが「なんでもない。」と平静を装う男。「うーん、ホントおいしい。」と景子の作ったカレーがおいしいと感激する男。食事も終わり何となくそれぞれの時間を過ごしながら彼氏の帰りを待つ二人。ベッドに座りながら漫画を読んでいた景子の足が艶めかしく、男は意を決して景子に襲いかかる。景子にキスをする男。しかしそれを拒絶しない景子。「拒否しないんだ?」と景子の様子をうかがう男に「正直、イヤじゃないし・・・、やめてほしくないなぁって・・・。」と男を受け入れる発言。男は一安心して景子の唇を再びふさいでいく。同時に股間をまさぐっていく男。「・・・いいのかな?」景子の服をまくりエロい下着が見えると「こんなの着てあいつとヤロうとしてたの?」と興奮する。「こっちはどうなってんのかな?」とショートパンツを脱がせるとスケスケのTバックパンティを穿いていた。「すごい、大胆だね・・・。よく見せてよ。」とますます興奮した男は、景子の股間に顔を埋めていく。Tバックをずらしオマンコを露出させると「あいつはどうやって舐めてるの?」と彼氏のヤリ方を景子に聞くが「どうだっていいじゃない・・・」とはぐらかす。男は景子のオマンコを激しくクンニし始める・・・。

遥めぐみ Gold Angel 15 ゴールドエンジェル 2
今にも乳首がはみ出しそうな極小三角ブラのおっぱいを激しく揉みしだいている遙めぐみちゃん。ブルルンおっぱいを揉みながら「どう?すごいエッチな体してるでしょ?触ってみたい?」と妖艶生さ座視でこちらを挑発するめぐみ。体をくねらせながら「触っていいのよ。」というと男たちがめぐみの体に群がってくる。全身をまさぐっていく男たち。乳首は丸見えになり極小Tバックパンティからはオマンコも丸見えになってしまう。「オマンコも見える?」オマンコを弄る男たちに「どのおちんちんもみんな勃ってる。」うれしそうに男たちの股間を触り一人の男を横たわらせる。「もっと気持ちよくさせて上げるね。」チンポを握りおっぱいに擦りつけていくめぐみ。巨乳で肉棒を挟むと「おっぱいでもみくちゃにされると気持ちいいでしょ?」とパイズリ。同時に横に立つ男のチンポをパクリと咥えていく。ジュボジュボとエッチな音を立ててしゃぶっていくめぐみ。手コキをしながら反対側の男のチンポをパクリ。「ちんちんお口に2本ほしいな〜」とダブルでチンポを咥えていく。同時に手コキで横たわる男を気持ちよくさせていく。「気持ちいいの?」チンポまみれになっためぐみはうれしそうだ。めぐみは一人のチンポを集中してしゃぶり激しく手コキも加えていく。男は我慢の限界に達し「あ〜イク〜」とめぐみの口にドピュッと発射してしまう。さらに隣のチンポを攻撃するめぐみ。めぐみの激しいフェラチオに男もあっという間に限界を訴える。「あ〜イクよ。あ〜イク、イク、イク〜」めぐみは再びザーメンを口内に受け止める。めぐみチンポ攻めはさらに続き三人目に。「あ〜すごく堅い〜」興奮でビンビンに硬直した肉棒を激しくしゃぶっていくめぐみ。「あ〜、イキそう〜。あ〜〜。」と限界に達しドピュドピュッと発射してしまう・・・。

雨宮琴音 ENCORE Vol.34 敏感嬢、寸止めアクメ! 2
「あんなに我慢してくださいって言ったのに、全然我慢できなかったみたいですね。」とイクのを我慢できずに絶頂へ達してしまったことを男に責められている雨宮琴音ちゃん。「うふ」と笑いながらごまかそうとしている。「集中力が足りないせいだと思うんですよね。何かに没頭してればきっとイカずにすむと思うんですよね。」と原因は琴音の集中力にあるという男。「いや、違うと思う。」と否定する琴音だが「今から言うことに没頭してもらっていいですか?」と琴音の集中力を試すという。横たわる男がいい気持ちになるように没頭しろという。「好きにしていいですよ。」とやり方は琴音の自由だという。琴音は男のパンツを下ろす。するとすでにビンビンに勃起している男の肉棒が。琴音はパクリと咥えてジュボジュボとピストンしていく。男のチンポはさらに興奮し肉棒には欠陥が浮き出ている。手コキも加えながら気持ちよくさせていく琴音。男は堪らず琴音の体に触りはじめ下着を脱がせていく。ノーパンにさせられた琴音を跨がらせ69の体制にするとジュルジュルと激しいクンニをし始める。肉棒を咥えながら喘ぎ声を漏らしてしまう琴音。オマンコからは愛液があふれ出てくる。グチョグチョとエッチな音を立てる琴音のオマンコ。咥えながらも感じてしまった琴音はフェラチオが疎かになってしまう。男は電動マッサージ器を取り出し琴音のオマンコに押し当てていく。電マの振動が激しくオマンコを襲い琴音はチンポを咥えていられない。琴音は「あ、あ、イッ」と我慢しきれずに絶頂へ達してしまう・・・。

愛内希 妄想出張メンズエステ 癒やしのゴッドハンド自宅訪問
「メンズエステかぁ・・・。出張できてくれるのか・・・、いいな〜。」とインターネットで物色している男。下半身を癒やしてくれる女の子は誰がいいか?わくわくしているようだ。「お邪魔します。本日担当させていただきます愛内希と申します。のぞみんと呼んでください。」自宅に呼んだのは愛内希ちゃん。超かわいいスタイル抜群の女の子だ。「準備させていただきますので、お洋服を脱いで下着一枚になってお待ちいただけますか?」とベッドメイクを始める。「すごいプリケツ。」と一気に興奮し始めた男。「そんなに見ないでください。」恥ずかしがりながら準備を進める希。「すごいくびれ。」希の体を見てさらに興奮する男。「恥ずかしいです・・・。」と恥じらう希。「こちらに横になってください。」とベッドに促す希。うつぶせになって横たわる男に「当店では美容効果に優れたオイルを使ってマッサージしていきますね。」と体にオイルを塗り始めていく希。「体全体に塗っていきますね。」背中から下半身にかけてたっぷりとオイルを塗っていく希。「失礼します。」とパンツの中に手を入れおしりをマッサージしていく希。「あ〜」と思わず声を漏らしてしまう男。希は股間で男の太ももをスリスリしながらマッサージを続けていく。「うわぁ〜」何ともいえない感覚に思わず声が出てしまう男。「では、お客様、次は仰向けになっていただけますか?」男は体を仰向けにするとおしりマッサージですっかり股間が膨らんでしまった。「あ〜ごめんなさい。」ととっさに謝る男。希も男の股間が大きく膨らんでいることに気づき恥じらいを見せるも「大丈夫ですか?」と言葉を添える。胸にオイルを塗っていく希の手が乳首に触れると「あ〜そこ、すごいです。」と感じてしまう男。体をびくびくと震わせて感じてしまう男。「お客様、先ほどよりこちらのほうが大きくなっているんですが大丈夫ですか?」と男の股間がさらにふくれているのを見てつぶやく。しかし男は「いや、大丈夫じゃないです。君がさっきから股間の方ばっかり見るから僕こんなになっちゃって・・・。乳首も当たるし・・・。」と興奮したのは希のせいだと言い出した。「す、すみません。」と謝る希に「パンツの上からでいいからさ・・・触って。」とリクエストする男。「えっ!」と戸惑いを見せる希に「だって、ほら、もう、爆発しちゃうって・・・」と興奮を抑えられないと訴える男。しかたなく「・・・はい、かしこまりました。」と膨らんだチンポに触れていく希。「こんな感じですか?」男に確かめながら触っていくが男は触り方をさらにリクエストしてくる。しかし、「あ〜そんなんじゃダメだ。パンツの上からじゃ、今イチだ。」とパンツをずらして袋を露出し「これ、触って・・・」と直接マッサージするようリクエスト。希は渋々袋を指でマッサージしていく。しかし、男の欲望は留まることを知らず希の体を求めてくる・・・。

カオリ ヨシエ 訳あり女たちの事情 Vol.3 熟女編 素人女4人のエロス全開!! 1
最近評判だという整体師のところにやってきた美人妻のカオリさん。肩や背中、腰の凝りがひどいので何とかしたいと思いやってきたという。「早速始めます」という整体師。下着姿になってソファーに座るカオリ。整体師は、まず太もものマッサージから始めていく。ゆっくりと焦らすようなタッチに思わず感じてしまうカオリ。「足を開いてください。」と足を開かせると、太ももの内側や股間へもタッチしてくる。「これホントにマッサージですか?」と疑問を持つカオリだが整体師は間髪入れず「そうですよ。」とタッチを続けていく。思わず吐息を漏らしてしまうカオリ。整体師はカオリのおっぱいを揉み揉みし始め、カオリがすぐに「これもマッサージですか?」と疑問を持つが「これもマッサージです。でも気持ちいいでしょ?」と感じているカオリを見て大胆に続けていく。整体師は股間の中心を弄りだしカオリは喘ぎ声を漏らしてしまう。三度「これもマッサージですか?」と疑問を伝えるが整体師は「これもですよ。気持ちいいでしょ?」と施術を続けていく。「恥骨のツボがあるんです。」とクリトリスを攻めていく。どんどん気持ちよくなっていくカオリ。「あ〜ん。」と思わず喘ぎ声を漏らしてしまうカオリ。ふと我に返り「ごめんなさい。声が出ちゃう・・・。」と恥じらうが「大丈夫ですよ。」と整体師は施術を続けていく。「カオリさんは、今どこが気持ちいいですか?」と言葉攻め。「それって言わないダメですか?」と恥ずかしがるかおり。「オマンコが気持ちいいです。」と絞り出すように答えるカオリに整体師はクリトリス攻めを激しくしていく。「なんかこれ、違うマッサージみたいです。」すっかり整体師の術中にはまってしまったカオリ。「じゃあ、これ取っちゃいましょうか?」とブラジャーを外させる。巨乳が丸出しになりピンと勃起した乳首がコリコリと弄られていく・・・。

大城楓 新入社員は、まず健康診断を受けてもらいます
会社の健康診断でクリニックを訪れた大城楓ちゃん。エレベーターを降り男に検診のことを尋ねると「院長先生はまだいないが、いろいろ調べることがあるので、先に検診を始めましょう。」とクリニックへ案内される。「ではこれから検診しますので、服を脱いでください。」と促される。楓が制服を脱ぐとブラウスの下はなんとノーブラ。ブルルンの巨乳が露わになる。男は興奮して「おお〜。サイズは?」と聞くと「Gカップです。」と照れくさそうに答える。スカートを脱ぐとプリンとしたきれいなおしりが。ストッキングを脱ぎパンティ姿に。すると男が「ここでの検診はオマンコ検診ですので、下も脱いじゃいましょう。」とパンティも脱ぐように促す。楓はパンティを脱ぎ全裸になると「検診の時の座り方知ってますか?」とM字に足を開くようにいう。楓は足を開きパックリとオマンコを広げていく。ほとんど陰毛のないパイパンオマンコだ。「きれいにしちゃいましょうか?」と男はカミソリで残っている陰毛を剃り始めていく。「きれいになりました。それではまず振動検査から始めます。」と電動マッサージ器を取り出しスイッチを入れる。「意識しなくていいですよ。」といいながら電マをクリトリスに押し当てていく。楓は堪らず喘ぎ声を漏らしてしまう。あまりの振動に笑い始めてしまう楓だが、男は構わずグリグリと電マを押し当てていく。楓の口からはさらに喘ぎ声が漏れ出し顔が歪んでいく。楓は感じすぎて思わず電マをよけようとするが男はそれをさせない。次に男は太い透明な筒を取り出し楓に挿入するようにいう。「冷たい〜」といいながらズブリとオマンコに挿入されていく。筒の先はオマンコの中をくっきりと覗かせる。「見たい〜」と楓も自分のオマンコに興味津々だ。チンポが出し入れされる時のオマンコ中がはっきりとわかるいやらしさだ。男は「次はアナルの検診をします。」と指をズブリとアナルに挿入していく・・・。

篠原景子 理性を無くさせる美しく可愛い若妻
美しく可愛い和服美人、篠原景子さん。今日は旦那の実家に新年の挨拶にやってきた。義父に挨拶すると義兄が「雑煮を作ったから」食卓に運んでくる。義兄は「誰か紹介してよ。」と話していると義父も「ワシにも紹介してくれよ。」と冗談を交わす。そこへ旦那に友人から電話が入り「ちょっと、新年の挨拶に行ってくるから。」と一人で出かけてしまう。一人実家に残された弟嫁に気遣い話をし続ける義兄。すると義父は「風呂へ入ってくるぞ。」と部屋を出る。義弟も気を利かせたのか「福袋売ってたな?ちょっと買いに行ってくるね。ゆっくりしててね。」と出かけてしまう。残された景子は一人暇をもてあますようにスマホを弄り出す。そこでなにやら催してきてしまい着物の胸元から手を入れ始め、おっぱいをまさぐり出す。裾をはだけて太ももを露出させると股間に手を伸ばしオマンコを弄り出す。パンティの中に手を入れ直接オマンコを弄り出す景子。すぐに喘ぎ声が漏れ出してしまう。パンティをめくりオマンコを露出させるとビラビラを広げてクリトリスをまさぐっていく。遠くから義父の声が聞こえるが景子は夢中になって気づかない。景子はパンティを脱ぎ足を大きく開くとパックリとオマンコを広げてクリトリスを刺激していく。景子の指が小刻みに動き喘ぎ声が激しくなっていくと、景子はそのまま絶頂へ達してしまう。そこへ「パンツとパジャマとバスタオルはどこへ行ったんだ!」と不満を言いながら部屋へ戻ってきてしまう。「あっ!!景子さん!?何でそんな格好してるんだ?」と着物の裾をはだけてあられもない姿で座る景子を見て呆然としている。しかし「あ〜景子さん・・・。」と景子の唇を奪い、景子の体にむしゃぶりついてしまう。「一目見たときからあいつにはもったいないと思ってたんだ。あいつじゃ、物足りないんだろ?」と景子の体に欲情してしまう・・・。

遥めぐみ Gold Angel 15 ゴールドエンジェル 1
「ねぇ?私もオマンコ、どうなってる?」と妖艶なまなざしで問いかけてくる遥めぐみちゃん。ピチピチのブルマ姿のロリ顔に似合わない痴女ぶりだ。「ちゃんと見て〜」とベッドに横たわる男の上に立ち腰をくねらせていく。「よく見て〜」足を開きおっぱいを揉み揉みしながら「オマンコ見たい?このいやらしいオマンコ舐めて〜」とブルマに手を入れグリグリとオマンコを弄った後、一気にブルマを脱いでしまう。「どう?よく見える?」めぐみは足を大きく開きながら男の顔に腰を落としていく。男の舌がめぐみのオマンコに挿入されグチョグチョと舐め上げられていく。「あ〜気持ちいい〜」たわわなおっぱいを激しく揉みながら「もっと気持ちよくして〜」と男におねだり。すると、全裸の男たちがめぐみの口にチンポを差し出してきた。パクリと咥えただしためぐみ。ジュボジュボとピストンし始めるとみるみるうちに勃起してしまう肉棒。オマンコw激しくクンニされながらめぐみは2本の肉棒を頬張っていく。自ら全裸になっためぐみは「おっぱいも気持ちよくして〜」とさらにおねだり。男たちは肉棒をおっぱいに押しつけていく。たっぷりと舐められた肉棒は限界に近づいていく。「あ〜イク〜」男は堪らずめぐみの口内に発射してしまう。めぐみはもう一人の肉棒を喉の奥深くまで咥え込み激しくピストンしていく。あっという間に限界に達した男はドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。

雨宮琴音 ENCORE Vol.34 敏感嬢、寸止めアクメ! 1
笑顔が水○あさみにそっくりな雨宮琴音ちゃん。初めてのオナニーを聞かれるが恥ずかしがりながらはぐらかす。今でもオナニーはするという琴音。ローターを使うというので早速オナニーをしてもらうことに。「どうしたらいいですか?」と恥じらいながらも足を開いてオマンコにローターを当てていく。すぐにローターの振動がオマンコを刺激し喘ぎ声を漏らしてしまう。ショートパンツを脱ぎパンティの上からクリトリスにローターを当てていく琴音。グリグリとかき回すようにローターを滑らせ激しく感じていく。息づかいが激しくなりあっという間に絶頂へ達してしまった。「恥ずかしい・・・」とはにかむ琴音だが「正直物足りないんじゃないの?」と聞かれ図星とばかりに照れる。極太バイブを取り出し琴音はパンティを脱ぐ。足をM字に開いてオマンコがパックリと丸見え状態に。男がバイブのスイッチを入れズブリと琴音のオマンコに挿入していく。バイブをスルリと飲み込んでいく琴音のオマンコ。ズブズブと高速にピストンしていくと琴音は堪らず喘ぎ声を激しくさせる。「あ〜イヤ。気持ちいい〜」と愛液を垂らしながら感じてしまう。「あ〜イク。」琴音は再びあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。

愛内希 浴衣姿に思わず欲情しました
浴衣姿でたたずむ美女・愛内希ちゃん。すると裾をはだけて足を見せ始める。奥には白いパンティが。こちらを挑発するようなまなざしで見つめてくる。濃厚なキスでたっぷりと舌を絡めると、男は興奮して希の体を求めてくる。おしりを揉みくちゃにされてしまう希。浴衣の上からおっぱいを揉みくちゃにされる。ガバッと浴衣を広げおっぱいを丸出ししてしまう男。むき出しになった乳首を激しく吸い貪るように舐め続けていく。浴衣の裾ははだけ足を広げられる。希は男の股間をまさぐるとすでにビンビンの勃起しているようだ。男の乳首を舐めながらベルトを外しズボンを脱がせていく。膨れあがったパンツの上から肉棒をゴシゴシとしごいていく希。男はますます興奮し希を後ろ向きにするとおしりを丸出しにしてアナルに顔を埋めていく。さらに足をM字に開かせパンティの上からオマンコをクンニしていく。「あ〜すごい気持ちいい〜」男の愛撫にすっかり感じてhしまった希。男はパンティをめくるとオマンコをパックリと開きクリトリスを集中攻撃。「あ〜気持ちいい〜。イッちゃう〜」と限界を訴える希。パンティを脱がし直接クンニする男。グチョグチョになったからアナルまでたっぷりと舐め上げていく。「ダメ、また、また、イッちゃう〜」希は再び絶頂へ達してしまう・・・。

夏川あき 中出しされてしまうお嬢様美人
お嬢様系正統派美人の夏川あきちゃん。カレーやハンバーグが好きというお子様系な一面も。T156B82W57H85のキュートスレンダーボディ。3人の男たちが早速あきの体に群がっていく。激しくキスをしながらおっぱいを揉みまくっていく。「縛っちゃおうかな〜」とあきの両手を縛りだす。さらに激しくおっぱいをまさぐられ下半身へも手が伸びていく。服を脱がされブラジャーからおっぱいがむき出しにされると「乳首勃ってるの?」とあきが早くも感じていることがバレてしまう。乳首を舐められながら足を開かされるとストッキングの上からオマンコを弄られる。「イヤ〜」乳首をコリコリされて感じてしまうあき。無造作にストッキングの中に手を入れられオマンコをまさぐられてしまう。「これいらないよね?」とストッキングをビリビリに破られてしまう。パンティの上からクリトリスを刺激され「気持ちいい〜」と反応してしまう。「湿ってるね。濡れやすいんだね。」とパンティ越しにオマンコが濡れていることがわかると男はパンティをまくりオマンコをさらけ出してしまう。パックリと開かれてしまったオマンコがキラキラ光っている。「イヤ〜」恥ずかしくて思わず口にするがお構いなしに男はクンニし始める。体をくねらせて感じてしまうあき。ジュルジュルと激しいクンニにオマンコも濡れ濡れだ。四つん這いにされパンティを脱がされるとアナルとオマンコをパックリと広げられてしまう。恥ずかしい音がオマンコから漏れてしまい、男たちは興奮する。うなるローターをオマンコに押し当てグリグリと攻め上げていく男。「あ、あ、あ、イヤ〜」腰をくねらせて感じてしまうあき。オマンコからは糸を引くように愛液が滴り落ちてくる・・・。

源すず 朝からヤリたがる新妻 ご飯やお風呂よりまずエッチの淫乱妻
「おはよう!」元気な声で布団から顔を覗かせる源すずちゃん。男も「昨日はよかったよ。今夜もしような。」と昨夜のセックスが気持ちよく今夜もヤリたいという男。すずのおっぱいを揉みながら余韻に浸る男。「ていうか今したいよ〜。」と笑顔で訴えるすず。「僕もしたいけど仕事に行かなきゃ・・・。」と理性を働かせる男。「え〜、でもこんなに堅くなっちゃってるよ。」と男の股間をまさぐりながら勃起しているチンポを弄るすず。「でも・・・仕事があるんだよ。」と理性で鎮めようと努める男。しかし「フェラだけ・・・いい?」と潤んだ目で訴えてくるすず。それでも「仕事が・・・。」という男に「これでも?だめ?」とおっぱいを丸出しにするすず。「そんなの見せられたら・・・。」と男も我慢の限界だ。すずは男のパンツを下ろすとすでにビンビンに勃起した肉棒を握り「堅くなってる。」とペロペロとカリを舐め、パクリとしゃぶり出す。男もすずの乳首を攻めていく。すずのフェラチオに「気持ちいい〜」と興奮する男。すずは男を見つめながら肉棒を深く飲み込んでいく。「おっぱい見せて。」とおねだりされ服を脱ぐすず。「乳首勃ってるね。」とすずもすでに興奮している。すずは竿を丁寧に舐めあげながら袋も舐めていく。「仕事のこと忘れそう・・・。」とすずのフェラチオにすっかり気持ちよくなってしまった男。すずはさらに手コキと舌技で肉棒を攻めていく。「気持ちいい〜」我慢汁でたっぷりと濡れたチンポを激しく手コキしていく。「もっと早くしちゃうよ。」とすずの手コキがさらに早まると「そんなに早くされたら・・・あ〜、イッちゃうよ。」男の我慢が限界に近づくと「イッちゃう?いいよ、いっぱい出しな。」とすずは手コキのスピードを緩めず舌を出していく。「あ〜イク。」ドピュドピュッとすずの口内にザーメンを発射してしまう・・・。

相崎琴音 Gold Angel 14 ゴールドエンジェル 2
「おちんちんが来たら、手と口を使ってイカせるんだぞ。」ツインテールがお似合いの相崎琴音ちゃん。男は琴音のパンティを脱がせ琴音の股間に潜り込みオマンコを攻めながら琴音に指示をするとチンポがやってくる。「しっかりしゃぶってやれ。」といわれパクリとチンポを咥えジュボジュボとしゃぶっていく。男は琴音の股間で激しくクンニで攻めている。「あ〜気持ちいい〜」クンニが気持ちいい琴音は手コキも激しくさせていく。さらにチンポがやってきて琴音は二本のチンポをしゃぶっていく。男にグチョグチョとオマンコを攻められ「あ〜ダメ。」とチンポに集中できない。男の絶妙なクンニが琴音のオマンコをますますグチョグチョに濡らしていく。「ほら、イカせないとどんどんチンポが増えていくぞ。」と攻められながらもチンポをイカせないと肉棒がさらに増えていく仕組みだ。琴音は両手と口を使って激しくチンポを攻めていく。その感も琴音のオマンコはさらに攻められる。琴音は一本のチンポに集中して手コキとピストンを繰り返す。男の息づかいが荒くなり琴音の口内にドピュッと発射してしまう。「ほ〜ら、お掃除だ。」ザーメンまみれのチンポをしゃぶりきれいにすると次の肉棒に集中する。二本目もすぐに男の息づかいが荒くなり「あ〜イクゥ〜」とドピュッと口内発射してしまう。ザーメンにむせながら肉棒をお掃除する琴音。最後のチンポをしゃぶり激しくピストン。手コキも激しくチンポを攻めていく。「あ〜、あ〜イキそう〜。あ〜イクっ。」琴音の顔面に大量に発射する。琴音はご褒美に激しいクリトリス攻めで絶頂へ導かれていく・・・。

心有花 ENCORE Vol.33 絶対、カメラ目線 2
女優の比○愛未にそっくりな心有花ちゃん。今日はアナルを攻められちゃうという。はたして有花はアナル攻めにカメラ目線をし続けられるのか?男が有花にキスをし服を脱がせていく。今にも乳首が見えそうな三角ブラがあらわに。男は有花の脇の下を舐めていく。堪らず声を漏らしてしまう有花。三角ブラから乳首がはみ出てコリコリと弄っていく男。有花の乳首はあっという間にビンビンに勃起してしまう。背中のひもが解かれブラジャーを外されてしまう有花。男は後ろからおっぱいを揉み続けていく。足を開かされパンティの上からクリトリスを攻められると喘ぎ声は激しくなっていく。パンティはワレメに食い込みクリトリスを激しく攻めていく。ミニスカを脱がされひもパンも解かれてしまった有花は完全に全裸にされてしまう。パイパンのオマンコがぱっくりと開かれ男の指がズブリと挿入されてしまう。男は二本の指でオマンコを開きながら中を穿っていく。グチョグチョとエッチな音をさせていく有花のオマンコ。マングリ返しにされた有花は激しいクンニをされる。顔をゆがませて感じてしまう有花。男は有花のアナルにも舌を挿入していく。グチョグチョになったアナルに男はズブリと指を挿入してしまう・・・。

夏川あき 親友の彼女 夏川あき
出会い系で女を物色している男。早速返信が来たので実際に会うことに。待ち合わせにやってきたのはモデル系超絶美人の夏川あきちゃん。あきはゆきという名前で出会い系に登録していた。男は友人の彼女であるあきだと見抜いてしまう。あきは後ろめたさもあり帰ろうとするが、男はせっかくのチャンスとばかりにあきをホテルへ誘う。「最近飽きちゃったのよ。」と彼氏とのセックスがマンネリ気味なので出会い系に登録したという。「縛ってみたいの。」と男を縛って攻めたいというあき。男もそうやって攻められたいと意気投合。早速あきは男をベッドへ押し倒していく。服を脱がされ乳首を舐められる男。興奮して思わず喘ぎ声を漏らしてしまう男。「今日は私がいいって言うまでイッちゃダメだからね。」と念を押すように命令するあき。「見たいんでしょ?でもまだ見せてあげない。」と焦らしながら男の手に手錠を嵌めていくあき。「こんなことされたことないよ。」と大興奮の男。あきはゆっくりとストッキングを脱いでいく。足を大きく開き「私のオナニーみたいでしょ?」とパンティの上からオマンコを弄りだした。「おお!すごい!」とますます大興奮の男。あきの指はワレメに食い込むように激しく動く。「見たいの?」男はあきのオマンコを見たいと訴える「じゃあ、舐めなさいよ。」とあきはパンティをめくるとオマンコを男の顔に埋めていく・・・。

源すず パイパンにされてしまうスクール水着
笑顔がかわいく、元A○B48の大○優子似の源すずちゃん。T153B83W58H83Cカップのキュートスレンダー美人。趣味はバドミントンと水泳、そしてダーツにいくことだという。ピンクのワンピースがかわいく足も細くてきれいだ。男がスカートをまくるとスケスケのパンティが丸見えに。陰毛があるのはまずいということで剃毛することに。「まずは脱いじゃいましょう。」とパンティを脱ぐとソファーに浅く座る。足を大きく開き剃毛の準備をする。男がジェルを陰毛全体にまぶすように塗っていく。ジョリジョリと陰毛を剃り始める男。ヨーロッパの女性はパイパンが多いという話にびっくりするすず。「舐めやすくなりますねぇ〜」とパイパンの良さをアピールする男。きれいに剃られたオマンコはまるで少女のようにツルツルだ。「初めての感覚です。」とパイパン初体験に感動しているすず。スジマンになったところでスクール水着に着替えたすず。「なんか恥ずかしい〜」と久しぶりのスク水に照れるすず。足を開くと水着の上からはっきりとスジマンがわかる。男たちはすずのスジマンに大興奮している。「自分で触ってみて。」スジマンを弄らされるすず。足をM字に開かされ股間をぱっくりとまくられるときれいなパイパンオマンコがあらわに。男はクスコを取り出しパイパンオマンコにゆっくりと挿入していく。初めて見るクスコにびっくりするも好奇心旺盛なすず。クスコが開かれすずのオマンコの中がぱっくりと丸見えになってしまう。きれいなピンク色のオマンコに男たちも興奮する。「イキんでみて。」といわれ力を入れるすず。オマンコの中はギュウっと締まっていくのがはっきりとわかる。「きれいなパイパンオマンコを舐めたい。」と興奮した男は激しく舐め始める。すぐに敏感に感じ出すすず。乳首攻めとクンニに堪らず喘ぎ声が激しくなってしまう。すずは「あ〜イク。あ〜イク〜。」とあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。

相崎琴音 Gold Angel 14 ゴールドエンジェル 1
「うふふ、今日はいっぱい癒やしてあげるね。」とスケスケのブラジャー姿で笑顔ではにかむ相崎琴音ちゃん。「えっ!?どうやって?」と戸惑いを見せながらも期待を膨らませる男。「じゃあ、最初は乳首から舐めてあげるね。」と裸で横たわる男の乳首を舐め始める琴音。舌先でチロチロと舐めると「そんなことしてくれるんだ?」と喜ぶ男。「こっちも舐めちゃおう。」とチュパチュパと右乳首も舐めてくれる。「ちんちん触りながら舐めちゃおうかな?」と男のチンポを握りシコシコと手コキをしながら乳首を舐めていく。「すごいエッチ。堅くなっちゃうよ。」と男が気持ちよさを訴えると「もう堅くなってるよ。」と男は早くも大興奮。琴音はたっぷりと唾液をチンポに垂らしヌルヌルにすると唾液をチンポ全体に広げていく。「すごい堅くなってきた〜おちんちん。」とシコシコと手コキしながら男が興奮して肉棒を堅く勃起させていることに喜ぶ。「次どうしようかなぁ〜?」と考えると「じゃあ、いいこと思いついた。」と体制を変え男の股間に。「こういうの気持ちいいよ。」と両足で肉棒を挟み込みシコシコと足こきし始める。琴音はさらにパンティを脱ぎ、足を大きく開くと「どう?見える?」と男にオマンコが見えるようにぱっくりと開いていく。「恥ずかしい〜」といいながら「じゃあ、オマンコを見せながら足コキしてあげる。」と再び足こき。「どう?見える?よく見えるでしょ?」とさらにシコシコ。「舐めたくなっちゃった。」と琴音も興奮してしまいチンポをパクリと咥えていく。「あ〜気持ちいい〜」と男は琴音のフェラチオにますます大興奮。琴音のフェラでチンポはますますヌルヌルになっていく。「あ〜ん、私も濡れてきちゃった〜。私もオマンコ擦りつけていい?」と騎上位で素股をし始める。「あ〜気持ちいい〜。クリトリスに超当たってるよ。」と琴音は腰を激しく振りながらクリトリスを押しつけていく。「あ〜気持ちいい〜だめ〜」と琴音の快感は一気に上昇してしまう・・・。

心有花 ENCORE Vol.33 絶対、カメラ目線 1
大きい目がキュートな心有花ちゃん。ショートパンツがお似合いで女優の比○愛未にそっくりだ。ソファーに座る有花。服を脱いで下着姿になるとおっぱいを揉み始める。すぐに吐息が漏れ感じてしまう。ブラのホックを外しおっぱいが露わになるとショートパンツを脱ぎパンティの上からオマンコを刺激していく。おっぱいを見ながら中指は割れ目をなぞっていく。顔が歪み感じてしまう有花。足を開きパンティの中に手を入れると直接オマンコを刺激していく。物足りないのかパンティを一気に脱ぐときれいなパイパンオマンコが露わに。ワレメをなぞりクリトリスを刺激していくと愛液でオマンコが光っていく。さらにローターを取り出し乳首を刺激する。ローターは下半身へ滑りクリトリスへと押し当てられていく。喘ぎ声が一気に激しくなってしまう有花。快感を貪るようにローターをクリトリスに押し当てる有花は「あ〜イク〜」とあっという間に絶頂へ達してしまう。そこへ男が現れ有花のオマンコをさらに刺激していく。パックリとオマンコを開き濡れ濡れになったクリトリスをさらに弄る。グチョグチョとエッチな音を立てて感じてしまう有花。男は有花のオマンコにズブリと中指を突き刺していく・・・。

一条レイナ 親友の彼女 一条レイナ 2
「いつになったら借金返してくれんの?」友人から返済を迫られる男。しかし、ギャンブルでスッて一銭もないという。困った友人は、男に「彼女と一回ヤラせてくれない?そしたら借金はチャラにしてもいいから。」と提案する。男は悩んだ末、「合意の元なら・・・。」と渋々承諾。そこへ「お待たせ。」と男の彼女、一条レイナちゃんが現れる。何も知らないレイナに男は「会社から急に呼び出されちゃったからゴメン。」と友人を残していなくなってしまう。しかたがないとレイナと友人はドライブに行くことに。友人の男はレイナを落とすべく車を止め世間話を始める。「最近彼氏とはどうなの?」とレイナに近況を聞く。つきあいが長くなるといろいろマンネリになるというレイナに、友人はレイナの太ももを触りながら「どう?ムラムラしてこない?」と水を向けるが、レイナは彼氏の手前断ろうとする。めげずに攻め込んでいく友人の男。「バレたら怒られるから・・・。」いうレイナに「バラさなけりゃ大丈夫だよ。」とストッキングに手を入れオマンコを弄っていく。それでも操を立てようとするレイナに「彼氏から許可もらってるから・・・。」と借金のカタに一回ヤラせてもらう承諾を得たことを話す。驚くレイナに友人の男はおっぱいを揉み下半身を攻めていく。思わず喘ぎ声を漏らしてしまうレイナ。「二人で楽しもうぜ。」と友人の男はラブホテルへ車を走らせる。ラブホへ到着した二人。レイナも体を許すことを決めたようだ。ソファーに座り激しくキスをする男。レイナもディープに舌を絡めていく。後ろから抱えるようにレイナのおっぱいを揉みまくる男。親友の彼女を抱けることに興奮していく男。「これ脱いじゃえよ。」レイナの服を脱がせブラジャーの上から巨乳を揉みまくる。ストッキングも脱がせ下着姿に。ブラからはみ出た下乳、セクシーなひもパンにますます興奮していく男。「取っちゃっていい?」ブラをはぎ取ると露わになった巨乳にむしゃぶりついていく男。「後ろも見せてくれよ。」と四つん這いにさせるとおしりを激しく揉みながらむしゃぶりついていく。ワレメを指で弄りながらおしりをパックリと広げていく。「気持ちいい〜」喘ぎ声を漏らしながら感じてしまうレイナ。男はひもパンをずらしアナルを丸見えにする。「お〜丸見えだよ。」アナルを舐めさらに興奮する男。「じゃあ、ここも見せてもらおうかな?」男はレイナのひもパンを解きオマンコを露わにしてしまう・・・。

長澤あずさ 最高級泡姫 Iカップの美爆乳天国 2
「いらっしゃいませ、長澤あずさと申します。」三つ指をついて挨拶をする長澤あずさちゃん。「すごいおっぱいきれいですね。」と早くも興奮気味に問いかける男。B103Iカップの爆乳がこぼれ落ちそうな衣装に「触ってもいいですか?」と早速触りたくなってしまった男。「もちろんです。」と男におっぱいを触らせるあずさ。得意なプレイは「フェラチオ」だというあずさ。「早速いいですか?」と男のズボンを脱がせきれいにたたんでいく。「ネクタイ苦しくないですか?」と気遣いを見せ「優しいんだね。」と男は感動する。「失礼します。」と男のパンツを一気に脱がせるとチンポを握りシコシコと扱き始めていく。「おっぱい触ってもらってもいいですか?」と自ら胸を寄せてくるあずさ。「舐めてもいいですか?」とカリをパクリと咥えていくと男のチンポはみるみる大きくなっていく。のどの奥深くまで飲み込んでいくあずさ。「大きくなってきましたね。気持ちよくなってくださいね。」とジュボジュボとピストンを繰り返していくあずさ。舌をたっぷりと使いながら竿全体を丁寧に舐めあげてくるあずさ。カリの先をチロチロと舐め手コキも加えていく。さらに袋舐めをしながらの手コキと男には堪らないメニューだ。あまりの気持ちよさに堪らず体を横にする男。ディープスロートで唾液がたっぷりとまみれたチンポは、興奮で血管がはち切れそうだ。男もあずさの乳首を刺激し気持ちよくさせていく。あずさのピストンが早くなり男の息づかいが荒くなる。「イッちゃいそうです。」あずさはさらにスピードを上げていくと「あ〜出ちゃうよ。出していいですか?」男は興奮し「あっ、あっ、あっ〜」とあずさの口の中へドピュドピュッと発射してしまう・・・。

なつみ Gold Angel 13 ゴールドエンジェル 2
「成人女性中出し法案」を提出したなつみ総理。国民の反響は大きく、秘書官が駆け寄って「総理、大変です。興奮した国民が暴徒化しています。とりあえず避難を。こちらへ・・・。」と緊急事態を告げ避難させようとする。しかし、総理執務室に暴徒化した一部の国民が進入してきてしまう。「な、何をする。」秘書官となつみ総理はベッドに押し倒されてしまう。「総理がいたぞ。」暴徒化した国民が次々と執務室に入り込んでくる。そこへ、テレビ局のカメラマンも入り込み、前代未聞の生中継となってしまう。暴徒化した国民によって羽交い締めにされるなつみ総理のあられもない姿が容赦なく街頭のオーロラビジョンに映し出されてしまう。なつみ総理は足を大きく開かされ、タイトなミニスカートから股間が露わにされてしまう。「やめなさい。」秘書官の抵抗むなしく暴徒化国民たちはなつみ総理への暴行をやめない。中出しをしたくても相手がいない男たちが、その責任をとれ、と訴えている。なつみ総理はあっという間におっぱいを丸出しにされ揉みくちゃにされてしまう。ストッキングは破られ大きく開かれた股間に男が顔を埋めていく。「あ〜総理。興奮します。」と総理の股間をクンニしている男は大興奮だ。「直に舐めろ〜」と男たちにはやし立てられ、なつみ総理のパンティを一気に脱がせてしまう。「おお〜。総理の生マンコをみせてもらおうかな。」と男たちは大興奮。男は再びなつみ総理のオマンコにクンニしていく。なつみ総理は堪らず喘ぎ声を漏らしだしてしまう。「総理。国の政策を実況中継中ですよ。何か感想を言ってくださいよ。」と次から次へとなつみ総理のオマンコをクンニしていく男たち。「あ〜気持ちいい〜」なつみ総理のコメントが発表されると男たちはますます大興奮。男たちは、なつみ総理をまんぐり返しにして、オマンコをパックリ。なつみ総理は全国民にオマンコを晒されてしまう・・・。

ももかりん ENCORE Vol.32 りんのエッチな私生活 2
男子トイレで用を足している男。その脇で激しく自分のおっぱいをまさぐっているももかりんちゃん。それを見た男は「何してるんですか?ここは男子便所ですよ。」と窘めようとする。「男子便所?関係ないわ。」と男に迫り股間をまさぐっていくりん。「ねぇ、私のオナニー見て〜」と迫るりんに戸惑いを見せる男。「えっ!見たくないの?」と男がすぐに乗ってこないので、コートをパッとはだけるりん。コートの下には何も着ていない全裸状態。「ほら?柔らかそうなおっぱいでしょ?もっと近くで見ていいんだよ。」とおっぱいを揉みながら男に近づいていくりん。男は興奮して息を荒くしながら「いいんですか?」とりんに近づいていく。「ここも気になる?」オマンコを弄りながらさらに挑発していくりん。片足を持ち上げオマンコがパックリ見えるようにしながら「下から覗いてもいいんだよ。ほら?ヒクヒクしてる。」言われたとおり下からオマンコを覗き見る男。りんの指はオマンコのヒダヒダに絡まるようにグチョグチョになっていく。「このションベン臭いところでオナニーして、こんな変な気分になってる私を見て、興奮しない?」と男を見下ろしながらさらに挑発するりん。「は、はい。します。」と興奮を抑えられない男に「ホントに?じゃあ、立って。」と男を立たせる。「ホントに興奮してるの?じゃあ、あなたのオナニーも見せてよ。オナニーの見せ合いっこしようよ。お願い・・・して?」とおねだりする。男はチンポを取り出しシコシコと扱いていく。「もっと激しく擦って。ほら?見える?りんのオマンコ。」と足を広げてオマンコをパックリと開くと激しく擦っていく。「ほら、もっと堅くさせて。早く〜。りんの方が先に気持ちよくなっちゃうよ。」と快感を貪っていくりん。男もりんの体に興奮してさらにチンポを扱いていく。「あなたの体見てたら、おちんちん舐めたくなっちゃった。」と男が扱いていたチンポをパクリと咥えだした。ジュボジュボと激しくピストンし手コキも加えていく。「ほら?どう?」とカリを舐めながら手コキしていくりん。さらに自分のオマンコを弄りながらジュボジュボと咥えていく。「あなたのおちんちんしゃぶってたら下半身熱くなってきちゃった。オマンコビチョビチョ。」と大興奮のりん。巧みなフェラを手コキに男も一気に快感が上昇。「あ〜」とりんの顔にドピュドピュドピュッと発射してしまう・・・。

晴華れい 転職するので、最後にお願い聞いてもらえませんか?
オフィスで仕事をしているOLの晴華れいちゃん。男の同僚から「転職するって本当?」と聞かれ「そうなんです」と笑顔で答えるれい。「そうか〜。晴華さんがいなくなると寂しくなるな〜」と残念がる同僚に「私も寂しくなります。実は服部さんのこと私気になってたんです。」と最後なので思い切って告白するれい。びっくりする同僚に「お願いがあるんですが・・・。最後に一日私と付き合っていただけませんか?」とさらに積極的にアプローチするれい。同僚は戸惑いながらも「めしかなんか?」と単に食事に連れて行って欲しいのかと思ったのだが、れいは同僚に近づきながら「デートっていうか〜なんていうか・・・。」と上目遣いに見つめながらほほにキスをしてしまう。同僚は「僕は、これでも妻子がいるんだよね。」と紳士的に振る舞おうとするが、れいはさらに「ダメですか?」とうるんだ瞳で誘っていく。「う〜ん、まぁ、君みたいなかわいい子に言われたら断れないな〜」と据え膳食わねばとばかりにれいの誘いに乗ってしまう。れいは「OKってことですね?うれしい〜」と同僚に抱きついていく。れいは同僚を自宅に招き入れるとソファーに座らせる。「おとなしい子だと思ってたのにびっくりだよ。」と積極的なれいに何やら期待している同僚。「これでも頑張って誘ったんですよ。」と照れながら笑顔を見せるれい。「君の誘いを断るやつなんていないよ。」と下心プンプンの同僚。案の定、れいにキスをし始めた。れいもうれしそうに受け入れていく。男はれいのおっぱいを揉みながら「あ〜すごい。」と興奮していく。れいの服を脱がせながら体をまさぐっていく男。れいも男の下半身をまさぐっていく。れいは積極的に男のズボンを脱がせパンツ姿にすると股間を弄っていく。「いいのか?いきなりで?」と男も理性で止められない。れいは男のパンツを一気に脱がせてしまう。丸出しになった股間に顔を埋めながらチンポを握るれい。シコシコと扱きながらペロリと裏スジを舐め上げていく。「あ〜すごい。」と興奮する男。カリをペロペロと舐め、さらにパクリと咥えていく。れいの口の中でカリがどんどん膨らみ竿はビンビンに堅く硬直していった。丁寧な舌技で肉棒をしゃぶっていくれいに「こんなにいんだったら前からお願いするんだったな。」とれいの痴女ぶりに大興奮の男。「おちんちん、堅く大きいんですね。」と袋から竿にかけて舐め上げていくれい。すっかり興奮した男はれいをベッドに誘う。れいの服を脱がせながらおっぱいを丸出しに。激しく乳首を吸い上げていく。足をM字に広げさせ、穿いているストッキングをビリビリと破り出す男。パンティをオマンコに食い込ませながらワレメに沿って指を這わせていく男。指の動きに合わせるように激しく喘ぎ声を漏らすれい。男はゆっくりと楽しむようにれいのアナルからオマンコを見定めていく。陰毛のないパイパンのオマンコが芦原になるとジュルジュルと激しくクンニしていく。男は愛液ですっかりグショグショになったオマンコをパックリと開いていく・・・。

哀川りん 褐色の贅沢尽くしボディ 2
褐色の肌が色っぽい哀川りんちゃん。ギャル系美人だ。超セクシーな下着姿でソファーに足をかけ「なんかオマンコうずうずしてきちゃった〜」と腰を振りながらソファーの手すりにオマンコを押しつけていく。「みんなもいっぱいオナニーしてね。シコシコしてる?もっといっぱい扱いて〜」と喘ぎ声を漏らしながら挑発してくるりん。アイスをペロペロと咥えながらソファーに座り足を大きく広げていく。「あ〜なんか、君のチンポ舐めてるみたい。」とアイスをチンポとなぞらえてジュボジュボと舐めていく。「チンポ、勃起してきてる?」舌先でアイスをチロチロと舐めていると溶け出したアイスがりんの胸元に垂れてくる。りんは、ブラの隙間にアイスを入れ乳首に擦りつけていく。火照った体がさらにアイスを溶かしていく。さらにアイスをおっぱいに挟みズリズリとパイズリしながら「君はまだ出しちゃダメだよ。」とこちらを牽制。「おっぱい見たい?」と三角ブラをずらして乳首を露出。「あ〜乳首が勃ってきちゃった〜」と大興奮のりん。「あ〜こっちもむずむずしてきちゃった〜」とパンティの中に手を入れオマンコを弄り出す。ローションをパンティの中にたっぷりと注ぎヌルヌルにすると両手でオマンコをグジュグジュと弄り出す。「あ〜この音聞こえる?オマンコグチョグチョだよ?」とさらに興奮していくりん。「チンポ汁出てきた?私を見ていっぱいシコシコして〜」とさらに快感を貪っていくりん。「あ〜、まだ出しちゃダメだよ〜」とグジョグジョのオマンコを弄りながら乳首攻め。「今から、私の大好きな電マを使うから、それで一緒にイコう?」とパンティを脱ぎ、電動マッサージ器を取り出しスイッチを入れるとパックリと開いたオマンコに押し当てていく。電マの刺激はりんのオマンコを激しく攻め、りんをさらに興奮させていく。喘ぎ声が激しくなったりんは、電マでオマンコをグリグリと押しつけながら「まだイッちゃダメ。イク時は一緒にイコうね?」と腰を振るわせながら攻め続けていく。しかし、りんは激しい痙攣をしながら絶頂へ達してしまう・・・。

一条レイナ 親友の彼女 一条レイナ 1
モデル系美人の一条レイナちゃん。スレンダーボディでスタイル抜群だ。しかもEカップの持ち主。性感帯はクリトリスと乳首だというレイナ。二人の男が両側からレイナの体を弄っていく。弄られながらインタビューされるレイナ。芸能人と合コンしたことがあるか?の問いに「ク○○○シ○○ーの○田さん」と答えるレイナ。さらにエッチしたことがある芸能人は?の問いに「出○○○さん」と某一流ピン芸人の名前を挙げる。その間も男たちの攻撃は手を緩めずレイナを攻め続けていく。感じてしまいまともに質問に答えられなくなってきたレイナ。男たちはローターを取り出しレイナの乳首に押し当てていく。堪らず喘ぎ声を漏らすレイナ。「こんなに股を広げちゃって。」とレイナは自然に足を大きく広げていた。「激しいエッチが好き」というレイナに男たちは期待通りの激しいエッチをしてあげるという。パンティの上からローターを押しつけ、割れ目に沿って這わせていく。クリトリスを集中的に攻めるとレイナの喘ぎ声が激しくなっていく。さらにレイナの白いパンティはずらされオマンコがパックリと晒されてしまう。男はクリトリスを弄りローターを当てていく。激しいエッチが好みというレイナに電動マッサージ器が当てられていく。「あ〜イッちゃう〜」電マの振動が激しくクリトリスを襲いレイナの快感はあっという間に上昇する。「あ〜、あ〜、イク〜、イク〜」と絶頂に達してしまう・・・。