流出裏AVなどに特化した動画を無修正または薄消しで配信するサイトです。中でもコスプレ系の動画には根強い人気があり、コスプレマニアを軸に幅広い層から支持を得ています。

H:G:M:O 流出裏AV(2015年07月)



水谷桃 Memories vol.2 メモリーズ 2
草原を走る美少女、水谷桃ちゃん。キッチンで全裸にエプロンをして料理を作っている。エプロンからは、たわわなおっぱいがはみ出している。すると突然後ろから男が桃の体をまさぐってくる。たわわな巨乳を鷲掴みにされ、男の手からはみ出してしまう。思わず喘ぎ声を漏らしてしまう桃。乳首をコリコリされ、気持ちよくなった桃は、目を閉じて男に体を任せてしまう。男は興奮して桃の体をまさぐり続ける。徐々に男の手が桃の下半身へと移動し、桃を後ろ向きにさせると、おしりを激しく揉み揉みし始める。さらに、男は割れ目をなぞり、そのままズブリと指をオマンコに挿入してしまう。顔を歪めて感じてしまう桃。さらに興奮した男は、桃の首筋を愛撫。桃も、すっかり気持ちよくなって興奮してしまう。桃は、男のズボンを下ろすと、あらわになった肉棒をつかみ、パクリと咥えていく。「あ〜」桃のフェラチオに堪らず息づかいを荒くしてしまう男。肉棒はあっという間にビンビンに硬直してしまう。桃はエプロンを取ると、巨乳に男の肉棒を挟み込み、ズリズリとパイズリし始める。桃の巨乳にすっぽりと挟まれた肉棒は、気持ちよさそうに胸の谷間を滑っていく。男の息づかいが一気に荒くなり、「あ、あ、あ。」とあっという間に快感が上昇し、そのまま桃の巨乳にザーメンを発射してしまう・・・。男の憧れの一つである「裸エプロン」。キッチンで料理する姿を襲うシチュエーションは、何とも堪らない。裸にエプロン好きには堪らない作品。

片瀬くるみ 彼の借金を体で返します Part 2
素人系の美人お姉さん、片瀬くるみちゃん。「あのさ、お嬢ちゃん、事態が変わっちゃってさ、すぐに金を工面してくれないかな?」彼氏の代わりに、自分の体で借金を返したはずのくるみに、新たな難題が。戸惑いながら「どういうことですか?」と男に尋ねるくるみ。「どう言うも何も、この間は、ちょっと待つって話だっただろ?」あれで借金を返したのではなく、くるみの体は、単なる返済延期の利息だったのだ。「それがさ、こっちも待てなくなっちゃんだよ。」とくるみに詰め寄る男。「金を用意してくれないと、こっちも困っちゃんだよ。」うなだれながら「お金はないです。」と困り果ててしまうくるみ。「でもなぁ、今すぐ金を工面してくれないと、彼氏がどうかなっちゃうよ?」と暗に脅すような言葉の男。「ホントにないんです。」とお金が全くないと話すくるみ。「じゃあ、しようがないなぁ、ちょっと働いてもらうか?」妥協した男はくるみに提案する。「働くって?」と不安そうに聞くくるみに「簡単な仕事だよ。ちょっとビデオに出りゃいいんだよ。」若いし、かわいいからいけるぞ、と迫っていく男。「そんなこと言われても・・・」と渋るくるみ。「まぁいいや。カメラ回せよ。」男はカメラを回すよう別の男に命令すると、さらにくるみに迫っていく。「ちょっとこれ脱いで見ようか?」しかたなくキャミソールをまくっていくくるみ。おっぱいが少しだけ露出すると「それじゃ見えないじゃないか?」ともっと脱ぐように迫る男。くるみはキャミを全部脱ぐ。「ほう〜、なかなかいい乳してるじゃないか?」くるみのきれいなおっぱいを見た男はさらにくるみを脱がせようとする。「スカートまくってみなよ。」男の要求にしかたなく応えていくくるみ。「ちょっと中身見せてもらうよ。」男はくるみパンティを一気に脱がせてしまう。「こりゃ、なかなかいいや。ここも見せてみな。」男はくるみの両足を掴むと、パックリと広げてしまう。くるみは慌てて股間を隠すが「手をどけろ。」と男に要求され、しかたなく隠したオマンコを見せてしまう・・・。彼氏の借金に負われ、再び体を弄ばれてしまうくるみ。健気なくるみはしかたなく男の言いなりになってしまう。辱めを受ける女が好きなタイプには堪らない作品。

相戸愛 真性淫女 2
男に首筋を触られ、思わず感じてしまう相戸愛ちゃん。ギャル系の可愛い娘だ。男はさらに愛のおっぱいをまさぐっていく。喘ぎ声を漏らしながら感じてしまう愛。たわわな愛のおっぱいがグニャグニャと揉まれていく。男の手は下半身へと伸びていく。さらに、胸元から手を入れ、直接おっぱいを刺激。股間を同時に弄り出す。シャツがまくられると愛の巨乳があらわに。ブラジャーがはち切れんばかりの巨乳に、男の手はさらに興奮した動きになる。ブラジャーをずらし乳首を露出させてしまう男。乳首をコリコリと弄られると、堪らず愛の喘ぎ声が激しくなる。形のいいきれいな巨乳を鷲掴みにしていく男。愛は、シャツを脱ぎ、ブラジャーを外す。丸見えになった愛の巨乳はきれいで美しい。男は愛を横たわらせると、巨乳を揉み揉み。そして、下半身のベルトを外していく。デニムの隙間から手を入れた男は、直接愛のオマンコを刺激していく。「あ〜ん」堪らず愛の喘ぎ声が変わる。息づかいを荒くし、感じてしまう愛。男は愛のデニムを脱がせ、パンティを脱がせる。全裸になった愛の足を開かせ、露わになったオマンコをパックリと広げてしまう。男の指が愛のワレメに絡み、クリトリスを刺激していく。じっくりと攻めていく男。ようやく、男の指が愛のワレメにズブリと突き刺さる。グチョグチョとエッチな音をさせながら感じてしまう愛。男の指が愛のオマンコの中を激しく動き回る・・・。じっくりと女の体を攻めていく男。徐々に、女の部分が呼び覚まされ体を開いてしまう女。本当の淫女とは?自分の女をじっくりと調教したいタイプにお薦めの作品。

矢部しのぶ 東京熱女中出し Vol.5 しのぶ
お嬢様系の美人奥様、矢部しのぶさん。結婚20年以上の美熟女だ。男の子2人のお母さんだという。旦那さんとのエッチはもう何年もしていないという。なのでたまに浮気をするという。最近のエッチは「2週間くらい前です」という。かなり割り切った感じの奥様だ。「では、早速見せてもらえますか?」と近寄っていく男。ストッキングが「何ともエロい」とすぐに興奮する男。「では足を開いてもらって。」と足を開かせる。白いパンティの中心を指で刺激していく。「コリコリしてますね〜」とクリトリスを弄る。「少しずつ脱いでもいいですか?」しのぶはワンピースを脱いで下着姿に。なかなかのナイスボディに「奥さん、本気ですね。僕も本気になっちゃいますよ。」しのぶの下着姿に益々興奮した男は、ブラジャーの上から乳首を刺激していく。ブラジャーを取ってもらうとたわわな形のいい、きれいな巨乳が。乳首をコリコリしながら、ペロペロと舐めていく。女王様のような振る舞いのしのぶ。「じゃあ、こっちも脱いであげよう。」とパンティを脱ぐと足を開いて横たわる。男はビラビラをパックリと開いて弄っていく。「ちょっと、これでほぐしましょう。」男はローターを取り出し、「奥さん、自分で広げてみてください。」とオマンコを開かせると、クリトリスに押し当てていく。「あ〜ん。」すぐに刺激がクリトリスを襲い、感じてしまうしのぶ。ローターの刺激に慣れていないというしのぶに、ローターを押し当て続ける男。「あ〜」と腰をくねらせしまうしのぶに「ダメダメ、足を広げて。」と男が興奮していく。男は、さらにしのぶの股間に顔を埋めると、ベロベロと激しいクンニをしていく。ベチョベチョになったしのぶのオマンコに、男は電動マッサージ器を押し当てていく。「あ〜、これはダメ〜」強い電マの刺激に、堪らず声を上げるしのぶ。体をくねらせながら感じていくしのぶ。男は、興奮した自分の肉棒をしゃぶらせると、ズブリと挿入していく・・・。オマンコは「まだまだ開発中」いうしのぶ。ベッドの上で激しく動き回るほど興奮してしまうしのぶに男も興奮していく。素人熟女好きには堪らない作品。

夢野ゆめ 超絶美少女バイブ攻め教室
ミニスカの清楚な制服姿が超かわいい、夢野ゆめちゃん。男が忍び寄り、ゆめの体をまさぐっていく。後ろから制服をまくりブラジャーを露出すると、おっぱいを激しく揉み揉み。ブラジャーをずらし乳首をコリコリと刺激していく。堪らず喘ぎ声を漏らしてしまうゆめ。乳首はピンと勃起してしまい、男はそれを見てさらに興奮していく。ブラジャーのホックが外され、男はおっぱいを鷲掴みにしていく。男の手がゆっくりと下半身へと滑り、ミニスカをまくりパンティの上から股間を弄っていく。その刺激に、息づかいを荒くしてしまうゆめ。男の指がクリトリスをめがけてグリグリと擦られる。男はローターを取り出すと、スイッチを入れ、乳首を刺激していく。ローターの刺激に堪らず喘ぎ声を漏らし続けてしまうゆめ。足をM字に開かされ、パンティの上からローターが押し当てられる。男はパンティの中に手を入れ、直接ゆめのオマンコを刺激し始める。グチョグチョとエッチな音をさせて感じてしまうゆめ。男はゆめのパンティを脱がせると、オマンコをパックリと広げ、濡れ具合を確かめるようにクリトリスを刺激していく。再びローターを手に取ると、クリトリスの周りから、じっくりと攻めていく。焦らされながらの刺激に顔を歪めて感じてしまうゆめ。徐々にクリトリスへの刺激を強めていく男。すると、ゆめの顔はさらに歪み、喘ぎ声が激しくなっていく。「あ〜、あ〜、イク、イクゥー!」ゆめは我慢できずに絶頂へ達してしまう・・・。超絶美少女を制服のままローター攻めでイカせてしまう。さらには、教室の中でローター攻めにした後、スクール水着に着替えさせる。スクール水着の女子校生を、アナルまでたっぷりと攻めまくる。制服、スクール水着好きには堪らない作品。

飯塚ここみ オナニーを見られてしまった妹
誰かに覗かれているとも知らず、ベッドに横たわり、股間を弄り出す飯塚ここみちゃん。おっぱいを揉みながら股間をまさぐっていく。足をM字に開くとパンティの中に手を入れ、直接オマンコを刺激し始める。パンティが邪魔になり膝まで下ろすと、指でクリトリスを擦っていく。すると、覗いていた男が堪らずここみの部屋に入っていく。「ここみ、何やってるんだ?」あわてて、パンティを穿き「お兄ちゃん、どうしたの?」と何事もなかったように振る舞う。「昼間っから、何やってるんだよ。ダメだろ、こんなことしちゃ・・・。」とここみの下半身をまさぐっていく。「ここみ、何してたんだ?ちょっと、足を広げてみなさい。」興奮した兄はここみのパンティに手を入れてしまう。「ここみ、こんなに濡れてるんじゃないか?」ここみのオマンコを触ると、すっかり愛液で濡れていることを確認すると、益々興奮してしまう兄。「自分でやってたの?」とオナニーしていたのかと問う兄に「うん」と頷くここみ。興奮した兄は、ここみのおっぱいを揉み始め「一人でするよりいいだろ?お兄ちゃんがしてあげるよ。」と乳首をコリコリし始める。戸惑いながらもオナニーを見られたことで、断れないここみ。「お兄ちゃんがいっぱい気持ちよくしてあげるな?」兄はここみのパンティの中に手を入れ「どうだ?気持ちいいか?」グチュグチュとエッチな音をさせて、感じてしまうここみ。「もっと気持ちよくさせてあげるよ。」兄はローターを取り出しここみの乳首に当てていく。「お兄ちゃんが、ここみのことをイカせてあげるよ。」兄はローターで乳首をじっくりと攻めた後、ローターをパンティの中に入れてしまう。パンティで押さえつけられたローターは、ここみのクリトリスを刺激していく。「イク時はお兄ちゃんに教えてくれよ?」ローターの刺激がここみを激しく襲う。「あ〜お兄ちゃん、イキそう・・・。あ〜〜!」体をビクンビクンを震わせて、ここみは絶頂へ達してしまう・・・。部屋でオナニーをしているところを兄に見られてしまい、仕方なく体を許してしまう妹。妹の体に興味津々で、次々とエッチなことをしていく兄。禁断モノ好きには堪らない作品。

立花沙希 何度もイカされてしまう女 〜電マ絶頂地獄〜
セクシーな三角ビキニ姿で両手両足を縛られている立花沙希ちゃん。足はM字に開かされ、恥ずかしい格好をさせられている。そこへ、男の手が沙希の股間に伸びてくる。「いや〜」思わず声が出てしまう沙希。男の手は、ゆっくりと沙希の股間をまさぐっていく。割れ目に沿って男の指が滑り、希の股間を刺激していく。「あ〜ん」身動きがとれず、声が漏れてしまう。すると、男が沙希のパンティの紐を外してしまう。オマンコが晒され、丸見えになってしまう。男は、パックリと開いた沙希のオマンコに指を伸ばし、クリトリスをゆっくりと攻めていく。堪らず喘ぎ声が漏れてしまう沙希。ワレメから溢れた沙希の愛液を指に絡め、クリトリスをコリコリしていく。さらにズブリとオマンコに指を挿入してしまう男。ズボズボとピストンすると、その指をアナルに挿入してしまう。「あ〜ん」沙希の喘ぎ声が激しくなるが、男はアナル攻めをやめない。さらに、男はアナルバイブを取り出すと、ゆっくりとアナルに挿入してしまう・・・。電動マッサージ器でクリトリスと膣を同時に攻められ、堪らずイキそうになってしまう沙希。しかし、男は寸止めでなかなか沙希をイカせない。何度も寸止めを繰り返しようやく沙希を絶頂へ導いていく。徹底的なバイブ攻めで女をイカせるM女好きには堪らない作品。

片瀬くるみ 彼の借金を体で返します
素人系の美人お姉さん、片瀬くるみちゃん。デニムのミニスカート姿でソファーに座りお茶を飲んでいる。スラリとした太股が悩ましい。すると玄関のチャイムが鳴る。応対すると男が二人「同居人はいるか?」と聞いてくる。「今、いないです。」と告げると「上がらせてもらうよ。」と勝手に部屋に入り込んできた。男たちは、くるみの同居人にお金を預けていて、連絡が取れないという。くるみとの関係を聞かれ「婚約者です。」というと、「じゃあ、あなたにも責任があるわけですね。」と勝手な言い分の男たち。「どうしましょう?彼も代わりに預けたお金を返してもらうことはできませんかね?」と何とかお金を回収したい様子の男たち。「お金なんて、私、持ってないですよ。」と自分にはできないと告げるくるみ。男たちは「困りましたね。何とか彼と連絡が取れませんか?」とくるみに聞くが「私も連絡が取れていないんです。」と困っている様子のくるみ。「じゃあ、あなたも被害者の一人かもしれない・・・。まあ、でも、私たちにはそういう話は通用しません。」と強気に迫る男たち。「あなたが彼の婚約者なら、あなたが責任を取らなくちゃいけないでしょう。」困り果てるくるみは「いったいどうしたらいいんですか?」と解決策を模索するくるみ。「どうでしょう?あなたがその体でお金を返してもらうということで・・・。」穏やかにくるみの体を要求する男たち。「そんなことできません。」と断るくるみに「できるできないじゃないんだよ!」と豹変したように迫ってくる男たち。くるみの腕を掴み「いやなら、今すぐ耳を揃えて現金を持ってきな。」とさらに迫る男。いきなりくるみのおっぱいを鷲掴みすると「あんた、いい体してるじゃないか?」とくるみの服をまくり下着を露出させる。「きれいな体してるじゃないか。この体で借金返さないか?」とさらに迫る。拒むくるみに「男が帰ってくるまでの時間にも利息がかかるんだからな。俺らの前でオナニーでもして見ろ。」とくるみの体で利息を払わせようとする男たち。くるみはしかたなく服をまくりおっぱいを揉み始める・・・。彼氏の借金のために体を要求されてしまうくるみ。彼氏のために本気でオナニーするくるみ。さらにはチンポまでしゃぶり、オマンコに入れさせてしまう。M女好きには貯まらない作品。

相戸愛 真性淫女
スーツ姿でベッドに座る相戸愛ちゃん。タイトなミニスカートからきれいな足が覗いている。後ろから愛のおっぱいを揉むクチャにする男。思わず声を漏らしてしまう愛に「もう感じてるの?」と愛の反応に興奮する。スーツの胸元から手を入れ、直接おっぱいを揉んでいく男。ゆっくりとスーツを脱がせると、乳首がはみ出したセクシーなブラジャーの愛。包み込むようにおっぱいをもみ上げる男。濃厚なキスで下を絡ませ合う二人。「かわいいね〜」男はそう言いながらブラジャーを外して乳首をコリコリと弄り出す。吐息を漏らしながら感じている愛。男は愛の足を開かせ股間に手を伸ばしていく。さらにベッドに横たわらせるとむしゃぶりつくようにおっぱいをまさぐった後、スカートを脱がせ股間を弄り出す。男の指が愛の敏感なところを刺激すると、堪らず愛は喘ぎ声を漏らす。男は焦らすように指でクリトリスあたりを攻めながら乳首舐め。そして男の手がパンティの中に滑り込んでいく。グチョグチョとエッチな音をさせながら愛のオマンコに男の指が絡んでいく。「あ〜、いやぁ〜」パンティを脱がせて両足をパックリと開かせると、丸見えになったオマンコに顔を埋めていく。男の激しい舌使いが愛のオマンコを舐め尽くす。「気持ちいい〜」ジュルジュルと愛の愛液が音を立てる。「あ〜、イッちゃう〜」男の激しいクンニに、堪らず愛は絶頂を迎えてしまう・・・。ギャル系美女の愛。素人っぽさが逆にリアルに感じさせる。フェラ顔が山○優に似ていて、思わず想像してしまう場面も。芸能人とヤッている気にさせてくれる作品。

池田洋子 東京熱女中出し Vol.5 洋子
結婚14年の熟女、池田洋子さん。一人娘がいるという。夫婦のエッチは「しよっか」と旦那から誘われるという。だいたい月2くらいでエッチしているという。自分からも誘うことがあるという。それを聞いた男は「どういうふうに?」と興奮しながら聞く。すると「ベッドに入ってから、自分からキスしたりとか・・・。」と具体的に語る。「そういう話を聞くと、勃起しちゃいますね。」と奥様の話に興奮していく男。「浮気も、実はしている。」という奥様。「エッチが好きなので。」と意外とエロい奥様。旦那とのセックスより、浮気相手とセックスしている方が多いという、欲求不満妻。最近は?との問いに「4日前に・・・、浮気相手と。」というエロ妻。「話を聞いてたら、大きくなっちゃいました。」と男は奥様に膨らみを見せる。「では、脱ぎましょうか。」と促す男。ブラウスを脱ぐとピンクのブラジャーに白い肌と、かわいい感じに。スカートをまくってもらい全身をチェックする男。なかなかのナイススタイルに男も思わずおしりを触ってしまう。陸上をやっていただけあって、しまりのいいおしりをしている。ブラジャーを外し、パンティも脱ぎ全裸に。長身のスレンダーボディの洋子の裸を見て、完全に勃起してしまった男。「ちょっと触ってくれますか?」と触らせると、洋子は優しくチンポを包み込み、フェザータッチで攻めていく。「あ〜、もうダメです。舐めてくれますか?」洋子の指攻めに一気に興奮した男は、そのままフェラチオをおねだり。「あ〜、気持ちいいです。お返しします。」と洋子を横たわらせると、足を開かせて、オマンコを拝見。ちょっと指で弄っただけで激しい喘ぎ声を漏らす洋子。「すごい濡れちゃってますね。」早くも興奮していた洋子もオマンコ。男は洋子の股間に顔を埋め、たっぷりとクンニしていく。堪らず激しい喘ぎ声を漏らす洋子。「奥さん、敏感ですね。」と洋子の反応に益々興奮する男。男は、ローターを取り出すと、クリトリスに押し当ててしまう・・・。旦那さんとエッチをしながら、満足しないからと若い浮気相手ともエッチを繰り返す淫乱妻。素人熟女妻好きには堪らない作品。

三咲ちひろ 全身性感帯の女
クネクネとおしりをくねらせて、まるで誘っているようなポーズの三咲ちひろちゃん。するとショートパンツを下ろし始める。四つん這い姿で、アナルとオマンコが丸見えになってしまう。「早く穴を舐めて〜」男におねだりするちひろに、男も飢えたように舌をアナルに這わせていく。アナルを舐められ一気に気持ちよくなっていくちひろ。仰向けになったちひろは、足をM字に大きく広げて、自らオマンコをパックリと広げていく。「オマンコ丸見え〜」とオマンコの中まで大きく広げてみせる。「気持ちいい穴、もっと舐めて〜」男は再びちひろのアナルを激しく舐めていく。「あ〜気持ちいい〜」男はちひろのアナルだけではなく、オマンコも激しくクンニしていく。「あ〜、あ〜、イク、イク、イク〜〜!」ちひろは息づかいを激しくしながらあっという間に絶頂へ達してしまう。「ちひろにもアナル舐めさせて〜」男を四つん這いにさせると、ちひろは男のアナルに顔を埋めていく・・・。自らパックリと広げて奥深くまで丸見えになるオマンコ。アナルを舐められるだけでなく、舐めることも大好きな淫乱女。さらに、おちんちんを徹底的に舐めまくり、手コキフェラでイカせた後も、攻め続けていく。とにかくエッチな女好きには堪らない作品。

飯塚ここみ GLOSS グロス
全裸に全身網タイツという、超イヤらしい格好で登場の飯塚ここみちゃん。お姉さん系のいい女美人だ。プライベートでも友達カップルと3Pを経験したことがあるという、なかなかのエッチ好き。男たちもこの話に早くも興奮していく。「では早速キスからいただきましょう。」とここみにキスをしていく男たち。舌を絡ませ濃厚なキスを交わしていくここみ。乳首を舐め、吸い付いていくと、あっという間にピンと勃起してしまうここみ。「乳首が窮屈そうだね。」と網タイツを破って、乳首を露出させていく男たち。露出した乳首をたっぷりと舐めあげていく。足を開かせると、股間部分が丸出しになっているエロいタイツ。オマンコが丸見えになって何ともイヤらしい光景だ。オマンコをパックリと開き、クリトリスを弄っていく。男はここみの体を後ろから抱えるような体制に。M字に抱えられた太股の真ん中に顔を埋めていく男。男の舌先がチロチロとここみのクリトリスを攻めるたびに、顔を歪ませて感じてしまうここみ。マングリ返しで、さらにイヤらしい格好をさせられたここみ。自分のオマンコが丸見えになりながら、男たちの指が攻めてくる。男はローターを取り出し、ここみのクリトリスに押し当てていく。とたんに息づかいを荒くして感じていくここみ。「ビクビクしてきたね〜」ここみの反応に興奮していく男たち。男はさらにローターをズブリとオマンコに挿入すると、電動マッサージ器を取り出し、クリトリスに押し当てていく・・・。全身網タイツのエロい姿が好きという方には堪らない作品。

立花沙希 美少女アナル処女
水着姿でソファーに座る立花沙希ちゃん。男たちの手が沙希の体に伸びていく。「あ〜、くすぐったいよ〜」と無邪気に反応する沙希。「取っちゃおうか?」とブラを外しおっぱいを丸出しに。足を開かせビキニをずらすとオマンコも丸出しに。「いや〜よ〜。」恥ずかしさで思わず声が出てしまう沙希。男たちは沙希のオマンコをパックリと開き、クリトリスに指を滑らせていく。同時にズブリと指を挿入し、グチョグチョと弄り出す。男はさらに指を2本にして挿入。ズボズボとピストンしていく。グチョグチョとエッチな音をさせながら差し入れされていく。「あ〜、いや〜。」堪らず体を仰け反らせて反応してしまう沙希。男は手マンチョのスピードを徐々に速めていく。そのたびに沙希の反応が激しくなり「あ〜〜、だめ〜〜!」と沙希は絶叫してしまう。男はビキニを脱がせると、今度は沙希のアナルにゆっくりと指を挿入していく。クリトリスを、膣、アナルと3カ所を同時に攻められ、顔を歪ませて感じてしまう沙希。すっかり濡れ濡れになった2つの穴に、内部を撮影できるカメラが挿入されてしまう。オマンコの中をピストンされる動きだけではなく、アナルの中まで丸見えにされてしまう沙希。今度は男の番と、沙希は男のパンツを下ろし「いい匂いがするよ。」とチンポをパクリと咥えていく。ゆっくりとピストンされると、チンポはみるみる大きく勃起していく。舌先でチロチロとカリの先っちょを舐めていく沙希。すっかりビンビンになった肉棒の裏筋から、ゆっくりと袋まで丁寧に舐めていく沙希。手コキも加えてピストンを速めていくと「あ〜イク〜。」と一気に感度が上昇した男は、ドピュドピュッと沙希の口内にザーメンを発射してしまう・・・。アイドル系のかわいい美少女、沙希。クリトリス、オマンコ、アナルと3カ所同時攻めや、アナルにチンポを挿入されながら、自分でローターをクリトリス押し当てていく淫乱さと、美少女なのに、顔に似合わないエロさが堪らない作品。

大沢萌 私、これでモデルになれるんですよね?
T158B85W58H86のナイスボディ、いい女系の大沢萌ちゃん。おっぱいはDとEの間だという謙虚さも。オナニーはだいたい週2回くらい。おもちゃよりは手を使って、男とのエッチを想像してするという。服を脱いでもらうと、セクシーな巨乳が。男たちも堪らず興奮してしまう。胸の谷間がくっきりとした、たわわなおっぱいだ。性感帯は、乳首とオマンコと首筋だという。男が早速、萌の髪をかき上げ、うなじを指で触る。ピクリと反応してしまう萌。乳首をチェックするため、ブラジャーを外してもらうと、形のいい、きれいな巨乳ががあらわに。乳首を弄り出すとすぐに体をビクンと反応させて感じてしまう萌。足を開かせて「どんな感じか、ちょっと見させてもらいますよ。」とパンティをグイッとずらして、オマンコを丸出しに。「いやぁ〜」と男の指がクリトリスを刺激し、声を上げて感じてしまう萌。「敏感なんです〜」と男のちょっとした指攻めに激しく反応する萌。「これからが楽しみだ。」と興奮する男。バスルームに入り、リクエストされ対象に着替える萌。服を脱ぎ、ブラジャーも外す。リクエストされ対象はキャンギャル衣装を着る。着替えが終わり男たちのいる場所へ。すると突然催してしまい、その場でおしっこをしてしまう萌。すっきりしたところでスチール撮影。決めポーズで美しく撮られていく。「おっぱいを揉みながらしゃがんでいって〜」とカメラマンは萌のおっぱいをなにげに揉み始める。カメラマンのリクエストに応えながら撮影を続けていく萌。「M字に開いて〜」と足を開くよう指示。すると、またもやカメラマンが触ってくる。「有名になりたいだろ?」これも必要なことだと言わんばかりに、萌の体を当然のように触ってくるカメラマン。「有名になることと関係あるんですか?」萌は、カメラマンに問いかけるが「こういうのは、仕事のうちなので。今のうちにわかってもらわないと。」とカメラマンはパンティをグイッと食い込ませて、ワレメを弄り出す。「あ〜、いやぁ〜。やめて〜。」体が反応してしまい、抵抗しきれない萌。「これも取っちゃおう。」と萌のパンティを脱がせてしまうカメラマン。オマンコを晒されてしまった萌に、いきなりローターを持ち出すカメラマン。「何するんですか?」とカメラマンを疑う萌だが、「反応を見ないといけないんで。」とクリトリスにローターを押し当ててしまう。「あ〜、ダメ〜。」感じて声を上げてしまう萌。「自分で当ててみて。」とローターを手渡され、自分でクリトリスに押し当てていく萌。その感じている顔を撮影していくカメラマン。すっかりカメラマンの術中に嵌まってしまった萌。「今度は、こういうのを使ってみるからね。」カメラマンは、電動バイブを取り出し、萌のオマンコにズブリと突き刺してしまう・・・。撮影と称して、次から次へとセクハラを繰り返し、エッチなポーズを撮影されてしまう萌。ついには、バイブでイクまでオナニーさせられてしまう。キャンギャルへのセクハラが好きな方には、堪らない作品。

藤森エレナ Cosplay Channel Nurse コスプレチャンネル ナース
美人ナースの藤森エレナちゃん。セクシーな眼差しで胸元を開くと、たわわな谷間が覗く。「診察ですよ。」病室を訪れたエレナは、患者の体を診察する。「調子の方はいかがですか?」と患者を気遣うエレナ。「大丈夫です。」と特に悪いところはない様子の患者。「じゃあ、今日は体を拭いていきますね。」とタオルを濡らすと、患者の体を丁寧に拭いていく。「いつ退院できるんですか?」と聞かれ「もう少し元気になったらね。」とまだ退院には早いというエレナ。「もう飽きちゃったですよ。」という患者。「しようがないでしょ?病院なんだから。」となだめるエレナ。すると「エッチしましょうよ。」と突然言い出す患者。絶句してしまうエレナだが「エッチはできません。」と冷静に断るエレナ。「1回だけでいいからえっちしよ?」と食い下がる患者。何とかなだめようとするエレナだが、しつこく誘ってくる患者。「じゃあ、エッチはできないけど、ちょっとだけ触らせてあげる。」とボタンを外していくエレナ。たわわなおっぱいを揉み揉みし興奮していく患者。「結構おっぱいでかいんだね?」とエレナの巨乳にさらに興奮していく。「おっぱい見せてよ。」エレナはゆっくりとブラジャーを外していく。ポロリとエレナの巨乳があらわになると患者は益々興奮していく。「やっぱりエッチしようよ」と食い下がる患者に「エッチはできません。そのかわり・・・お口でしてあげる。」と興奮する患者をなだめるエレナ。患者のパンツを下ろすと、チンポを握りパクリと咥えていくエレナ。一気に勃起してしまう肉棒。「どう?気持ちいい?久しぶりなんでしょ?」と肉棒が興奮していく様子を見て、ジュボジュボとピストンしていく。手コキも加えてチンポがヌルヌルになっていく。「袋も舐めてよ。」とリクエストする患者。袋を舐めながら手コキでシコシコ。「あ〜、イッちゃう。イッちゃう。お口開けて。」患者のチンポは限界に達し、エレナの口内にドピュドピュッと発射してしまう・・・。患者のお願いを断り切れずに、フェラチオで満足させるエレナ。くれぐれも秘密にしてというエレナとの約束を破った患者は、エレナとのことをしゃべってしまう。それを聞きつけた医師は、エレナにそのことを突きつける。ナースとしてやり過ぎだ、とエレナを咎め、エレナはこの医師の言いなりになってしまう、病院セクハラモノの作品。

中塚愛 パイパンM女 〜前も後ろも〜
男たちに激しくおっぱいを揉まれている中塚愛ちゃん。「気持ちいい?」と聞かれ、息づかいを荒くしながら頷く愛。男はパンティをずらし、オマンコを弄る。「パックリ開いてやるよ。ツルツルのオマンコじゃないか。」パイパンオマンコに興奮していく男たち。「これでも咥えてろ」極太のディルドを咥えさせられる愛。体中をまさぐられながら、ディルドを喉の奥深くまで咥えさせられる愛。強烈なイラマチオに、愛の口から大量の唾液が溢れてくる。四つん這いに姿勢にさせられ、おしりをスパンキングされる愛。「アナルも全部見せろ。」とパンティをずらされ「アナルにもぶち込んでやるか。」とズブリとバイブを挿入されてしまう。男はバイブをのスイッチを入れると、愛のアナルの中でバイブが唸り出す。「気持ちいいか?」スパンキングされながら、アナルバイブを掻き回される愛。腰をくねらせながら感じてしまう愛。目の前に全裸の男が現れ、肉棒を咥えるように要求される愛。頭を押さえつけられ、深く飲み込まされる愛。「ほら、咥えろ。」いきり勃った肉棒が愛の喉を突き刺していく。興奮した男たちは、次々と自分たちの肉棒を愛に飲み込ませていく・・・。おちんちんが大好きだという愛に、これでもか、とばかりに肉棒を突き刺していくイラマチオ。さらに目隠しに手錠と拘束された愛は、おもちゃで攻めまくられてしまう。何度もイカされた上に、アナルにまでバイブを入れられてしまう。ドM女をたっぷりと弄りたい方には堪らない作品。

三咲ちひろ アナルが大好きなんです
ほとんど全裸で椅子に座り、パンティをずらしてオマンコをパックリと広げている三咲ちひろちゃん。T160B82W59H86のキュートスレンダーボディのちひろ。「もう湿ってますよ?」パックリと開かれたオマンコの中を見て思わずつぶやいた男。「興奮してきちゃった。」と見られることで興奮してきたというちひろ。「好きなんですね〜」と男のテンションも一気に上昇する。「ちょっと見てていいですか?」とちひろのオマンコをじっくりと見たいという男に「いいですよ。見てください〜。」とちひろのテンションも一気に上がっていく。太陽が燦々と輝く野外で大胆に足を広げているちひろ。アナルセックスがすごく気持ちいいのを知ってから、やみつきになっているというちひろ。四つん這いの姿勢でアナルをパックリと広げてくれるちひろ。アナルファック未経験の年下の男を、自宅に連れ込んで調教したときが、最高に気持ちよかったというちひろ。裸の男がちひろのおしりをスパンキングし始める。おしりを揉まれ喘ぎ声を漏らしてしまうちひろ。「アナル見えてる?」見られることでさらに興奮していくちひろは、男に確認した。男はおしりを大きく広げて、舌をアナルに這わせていく。とたんにちひろの息づかいが荒くなり「気持ちいい〜」と声を漏らす。「もっと舐めて〜、アナル、超気持ちいいの〜」とおねだりするちひろ。男はたっぷりとアナルを舐めた後、ゆっくりと指をアナルに挿入していく。「あ〜、気持ちいい〜」男の指がズブリと入ったとたんに、ちひろの声が漏れる。すると、男はちひろのアナルに浣腸器を挿入し、中の液体を一気に注入していく。ズブズブズブと3本の浣腸が一気に注入される。男はさらに、極大の注射器に大量に入れられた液体を、すべて注入してしまう。男は、大量の液体を飲み込んだちひろのアナルに、アナルプラグを挿入し、簡単には外れないようにしてしまう。男はちひろにフェラチオを要求。ちひろはパンツの上からチンポを舐めだす。男のパンツを下ろしチンポをパクリ。「奥までしゃぶれ。」男はちひろに肉棒を深く飲み込むよう要求。男はちひろの頭を押さえつけズボズボとちひろの喉奥を突いていく。ちひろは自分の大量の唾液にむせながら、肉棒をしゃぶっていく。興奮してそそり勃つ肉棒は、ちひろの大量の唾液にまみれて気持ちよさそうだ。すると「もう、我慢できない・・・。出ちゃう〜。」とアナルが排泄したくて限界だと訴える。「しようがないな。」やむなく男はちひろからアナルプラグを抜いてやる。ちひろはアナルから大量に吹き出して戻ってくる。「じゃあ、こっちの続きだ」男はビンビンに勃起させたままの肉棒を、再びちひろの口内にぶち込んでいく。頭を押さえつけ、ちひろの喉奥深くまで、何度も肉棒を突き刺していく。ちひろの顔が歪み、苦しそうな表情を見ると、男は一気に興奮していく。「あ〜、舌出せ。」快感が一気に上昇した男は、ちひろの口内にドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。アナルファックが大好きという、好き者の美女。しかもこのドM女は、見られるだけでこうするという。浣腸、イラマチオ、口内発射、アナル攻めと、M女好きには堪らない作品。

遥奈歩 肉棒地獄 〜オマンコダブル挿入〜
男たちに体を弄られている遙奈歩ちゃん。おっぱいを揉みくちゃにされ、オマンコをグリグリされる。「そこに何かあるね?」と男に問われ「おちんちん」と床に屹立したディルドが。「じゃあ、喉の奥までいっぱい舐めてごらん。」四つん這いになりディルドを咥える奈歩。「もっと舐めてごらん、奥まで。ぐーっと。」と頭を押さえつけられ深く飲み込まされる奈歩。男たちは奈歩のおしりをスパンキングしている。男は奈歩の頭を押さえつけ、さらにグイッと奥深くまで飲み込ませていく。「あ〜タラタラだ。今度は本物のおちんちんが欲しくなったんじゃないのか?」と自分の肉棒を咥えさせ、頭を押さえつけて咥えさせる。「まだまだあるぞ。」別の男がビンビンに勃起させた肉棒を奈歩に咥えさせ、頭を押さえつけてイラマチオ。ジュボジュボと奈歩の唾液とチンポが絡み合う音が響き渡る。「ほら、咥えろ。今度は自分からやるんだ。」奈歩は男の肉棒を咥えると、自ら喉の奥深くまで飲み込んでいく。奈歩は、次々と3本の肉棒をたっぷりと咥えさせられてしまう・・・。強引なイラマチオで唾液まみれになっていく肉棒。喉奥深くまで突き刺さり嗚咽を漏らしながら咥えさせられる。さらに、目隠しをされ、手を拘束されながらのローター&バイブ・電マ攻め。手マンチョで大量の潮吹きと激しい羞恥プレイの連続。M女攻め好きには堪らない作品。

真山ゆかり 電マ攻めだけじゃなく、 アナル二穴同時に入れてくるなんて・・・
「ご褒美を持ってきました〜」と男が取り出したのは電動マッサージ器。すると「大好き〜。超嬉しい〜。」と大喜びなのは、ギャル系美人の真山ゆかりちゃん。早速スイッチを入れて使ってみることに。男が乳首に電マを押し当てるとすぐに喘ぎ声を漏らすゆかり。そのまま下半身へと焦らしながらゆっくり電マを滑らせると「早くしてよ」って感じのゆかり。足を大きく開かせ、パンティをずらしオマンコを露出させる男。電マをクリトリスの押し当てると喘ぎ声を激しくさせてしまうゆかり。顔を歪ませて「気持ちいい〜」と感じてしまうゆかり。「あ〜。ヤダヤダ〜。」と電マがクリトリスをピンポイントで攻めていく。男は電マをクリトリスの押し当てながら、自分の指をズブリとオマンコに挿入してしまう。濡れ濡れで男の指を飲み込んだゆかりのオマンコ。男は、さらに指を2本挿入し、ズボズボとピストンしていく。堪らず、オマンコはグジョグジョになり、ゆかりは激しく喘ぎ声を上げる。オマンコからは愛液が溢れ出てしまい、息づかいが荒くなる。「あ〜、ホントダメ〜。あ〜、ダメ〜もう〜。イク〜!」ゆかりの快感は限界に達し、絶頂を迎えてしまう・・・。電マが大好きだというギャル系美女が電マで徹底的に攻められてしまう。さらにアナル&オマンコへの二穴同時挿入&中出しと攻めまくられ。最後は丁寧なフェラチオ&手コキでドピュッと発射させてくれる。攻め好き&手コキ好きには堪らない作品。

山下真美 制服生着替え オフィスで見られてしまったオナニー
歌手の鈴木○美似のかわいい系美少女、山下真美ちゃん。T151B82W60H85Cカップ、ロリ体型の真美ちゃん。部活は卓球をしていたというスポーツ少女だ。性感帯は?と聞かれ「クリ?」と恥ずかしそうに答えるが、「激しいのが好き。」という。私服から制服に生着替え。着替えフェチには堪らないシーンだ。パンティのしわの寄り方が何ともエロい。「プリプリだ〜」と着替え中に思わずお尻を触ってしまう男。ブラジャーとパンティも生着替えし、ブラウスを着て制服のミニスカを穿く。紺ソックスにネクタイと女子校生の朝の生着替えを想像させるエロい場面だ。堪らず男が「僕の願望なんです。」とソファーに座らせM字に足を開かせると、いきなりパンティの上からオマンコを弄り出す。堪らず体を反応させてしまう真美。「楽しみだ。」とこの後のことを想像して興奮していく男。変わって、今度はOLの制服姿に。オフィスで仕事をしていると、上司の机にエロ本を見つける。「課長、こんなのを見て・・・。」と興味からエロ本を開いていく。思わず催してしまい制服のボタンを外していく真美。ブラジャーをグイッと上に寄せ、おっぱいを丸出しにすると激しく揉み揉み。乳首をコリコリと弄り、ストッキングを太股まで下ろす。パンティの上からオマンコを弄ると目がトロ〜ンと感じ出す。ストッキングを脱ぎパンティも下ろしていく。丸出しになったオマンコを指で開きながらクリトリスを刺激していく。喘ぎ声を漏らして感じてしまう真美。課長の机の引き出しからローターを見つけると、スイッチを入れて乳首を刺激。さらに下半身へとローターを滑らせ、クリトリスへ。グリグリと気持ちいところを刺激していく真美。「あ〜、あ〜、イク〜!」体を震わせながら絶頂へ達してしまう。しかし、そこへ上司が外出先から帰ってきてしまう。「仕事中に何やってるんだ?」咎められた真美は、そのまま上司のおもちゃにされてしまう・・・。女子校生制服生着替えから制服OLのオフィスオナニー。さらにそれを上司に見られてしまうというシチュエーションプレイ。職場のOLとヤリたい方向けの作品。

藤森エレナ Cosplay Channel Teacher コスプレチャンネル 女教師
メガネ女教師の藤森エレナ先生。居残りで補習授業を受ける生徒。どうやらできていない様子。「どうやったら、やる気が出るのかしらね?」セクシーな太股を見せつけながら質問すると「何か、目標があったらやる気になるんじゃないですかね?」と答える生徒に「あるの?」と聞く。「今のところは・・・。」とやる気が出ないようだ。生徒の体に触れながら「もし、先生がご褒美をあげるって言ったらどう?」と誘惑するような言葉。「ご褒美?それだったらがんばれる気がします。」何かを期待するような声で答える生徒。「ホントかしら?」と疑いながら生徒の体を触り続けるエレナ先生。すると、突然、生徒の手をつかんで、自分のおっぱいを揉ませる。「あ〜、先生、ちょっと・・・。」と戸惑う生徒に「ご褒美があったらできるんでしょ?特別よ。」とおっぱいを揉ませ続ける。「先生、いいんですか?」と息づかいを荒くしながら興奮していく生徒。ブラウスのボタンを外しながら「見たい?」と誘うエレナ先生。「はい、見たいです。」震え声で興奮する生徒。「ほら、もっとよく見て触って。舐めてもいいのよ。」ブラジャーのホックを外したわわなおっぱいを丸出しにすると「ホントに舐めちゃっていいんですか?」益々興奮した生徒は、エレナ先生の巨乳を鷲掴みにして揉んでいく。同時に舌先をゆっくりと乳首に寄せていく。吸い付いたかと思うと激しくしゃぶりだす生徒。生徒の舌技に感じて声を漏らしてしまうエレナ先生。「あ〜気持ちいい〜。」声を上げて感じてしまうエレナ先生。「どう?やる気になる?」と聞かれ、興奮した生徒はやる気になったと訴える。「じゃあ、先生が気持ちいいことしてあげる。そうしたらもっとやる気が出るかもしれないよ。」さらに何かしてくれるというエレナ先生に、益々興奮していく生徒。エレナ先生は生徒のYシャツを脱がせると、乳首をペロペロと舐め始める。「あ〜。」声を漏らしながら感じてしまう生徒。「あ〜、どうしたのかしら?なんか、堅くなってる。」生徒の股間が大きく膨らんで堅くなっていることに気づき、股間を触るエレナ先生。さらに生徒のズボンを下ろし始める。「あ〜、先生。恥ずかしいです。」と恥ずかしがる生徒に「こんなに堅くしておいて、何が恥ずかしいの?」すっかり硬直した肉棒を前に、いまさら恥ずかしいもない、とズボンを下ろしてしまうエレナ先生。膨らんだ股間をさすりながら「他のことばかり考えてるから勉強できないんでしょ?ほらこれも脱いじゃって。」とパンツも脱ぐように促す。チンポをつかみ、カリの先にたっぷりと唾液を垂らすと、舌先でゆっくりとまぶしていく。肉棒はさらに堅くなりビンビンに勃起してしまう。「気持ちいいの?」ペロリとカリをひと舐めすると、パクリと咥えていく。ジュボジュボとピストンしながら、手コキも加えてシコシコとしごいていく。エレナ先生の唾液でたっぷりと濡れ濡れになった生徒の肉棒。生徒は「あ〜、先生、イキそう。先生口開けて。」一気に快感が上昇し、エレナ先生の口内にドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。ミニスカ、巨乳、メガネと条件の揃った女教師モノ。勉強のご褒美にたっぷりとエッチなことをしてくれる女教師。痴女教師好きには堪らない作品。

中塚愛 尻フェチ パイパンアナル調教
セクシーなおしりをプリプリっと振りながら歩く中塚愛ちゃん。デニムのミニスカからパンティが覗き、なんともエロい。下から覗くように見るこちらを挑発するように、パンティをずらしてオマンコを見せてくれる。パックリとオマンコを広げ、中まで丸見えにして笑顔を振りまく。後ろ向きになって、おしりをパックリと広げ、アナルとオマンコを丸見え状態に。あまりのエロエロポーズに早くも肉棒は硬直してしまう。場面変わって、男におしりをスパンキングされている愛。「いいおしりしてるね〜」と愛のおしりを撫で回している。「気持ちよくなりたいの?だったら、オナニーして自分で気持ちよくなってごらん。」とソファーに横たわらせる。愛は足を大きく開き股間を弄り出す。「これを使って気持ちよくなってごらん。」と男はローターを手渡す。三角ビキニをずらし、乳首を露出すると、乳首にローターを押し当てる。すぐに下半身へとローターを滑らせていく。「そう、クリトリスにもいっぱい当ててごらん。」言われたとおりクリトリスから割れ目に沿ってローターを滑らせていく愛。息づかいが荒くなり気持ちよくなってしまう愛。「今度は直接当ててごらん。パンティを脱いでごらん。」スルリとパンティを脱いで足をゆっくりと広げていく。「感じるクリの皮を剥いて見せてごらん。」言われるままにオマンコをパックリと広げていく。「アソコも濡れてるし、クリトリスも大きくなってきてるよ。興奮してきたんだ?そのオマンコをパクパクしてごらん。」愛はオマンコをパクパクと開いたり閉じたりしていく。ビチャビチャとエッチな音が響く。愛は、再びローターを手に取るとクリトリスに直接押し当てていく。体をビクビクと震わせながら感じてしまう愛。息づかいが激しくなり、さらに興奮してきた愛は、ローターをズブリとオマンコに挿入する。「そう、入れたり出したり・・・。」と男はさらに命令する。「よし、今度は後ろ向きになるんだ。」愛は、大胆な四つん這いの体制になると、クリトリスをグリグリと弄る。男がバイブを手渡すとズブリと挿入していく愛。ゆっくりと出し入れするたびに体がビクビクと震えている。陰毛のないパイパンオマンコは、くっきりはっきりとバイブを飲み込んでいく。バイブを激しくピストンし、速度を速めていく愛。「イキそうになったら言うんだぞ。」快感が一気に上昇し、頂点に達しようとした瞬間、「ダメだ。」と男がバイブを抜き取ってしまう。「イケなくて残念だったね。オマンコ開いてみろ。」寸止めにされて、愛液まみれになっているオマンコをパックリと開く愛。「もっとズボズボ入れられる方がいいのかな?」男はディルドを用意し挿入させる。愛はズボズボと腰を上下させディルドを出し入れしていく。「そう、イヤらしい腰使いで・・・。」ズボズボと激しく腰をグラインドさせ、快感を貪っていく愛。さらに腰を振っておねだりするポーズの愛。「アナルも弄ってください。」男にアナル攻めをおねだりすると「アナルも気持ちいいのか?」男はアナルに指を挿入しゆっくりと出し入れする。顔を歪めて感じてしまう愛。「いっぱい、ここに入れてやるからな。」男はアナルバイブをズブリと挿入していく・・・。きれいなおしりの愛ちゃん。おまけにパイパンオマンコでアナルまでパックリしてくれる。スパンキング、アナル調教とM女好きには堪らない作品。

松原直美 東京熱女中出し Vol.6-E
笑顔がカ○パン似の若奥様、松原直美さん。まだ、結婚1年目という新婚さん。今まで、自分勝手な男とばかりつきあってきたので、エッチの時にあまりイッたことがないという。いろいろなエッチを試してみようと、女の子とのレズも経験したという。やっぱり、男のエッチと違って、ツボがわかると、そこを丁寧に攻め合ったりと、気持ちよかったという。オナニーは未経験だというので、電動マッサージ器やバイブを見せて、「これで、気持ちよくなるところを教えて欲しい。」とオナニーをリクエスト。まずは電マのスイッチを入れ、乳首に当てていく。「くすぐったい感じ。」と最初の印象。押し当てている男が「奥さん、おっぱい大きいよね?」と服の上からでもわかってしまう。「服も脱いじゃいましょうか?」と黒タイツ姿に。そこへいきなり電マをオマンコに押し当てる。「ぐっ」と電マの刺激が思いの外、強いようで「立ってられない感じです。」と感じている様子。黒タイツを脱ぐと、セクシーなパンティ姿に。早速、股間を弄り出す男。「さっきの電マの影響ですかね?」じっとりと濡れているのは、電マの刺激が原因のようだ。シャツを脱いで下着姿に。やはりおっぱいは大きく、谷間がくっきり。DとEの間だという巨乳。俄然興奮する男。ブラジャーの隙間から乳首を露出させコリコリ。ちょっと楽しんだ後、再びおもちゃを取り出す。電マを股間に押し当てると「うっ」と感じてしまう直美。下着の替えは持ってきていないという直美に「全部脱いじゃいましょう。」と男が促す。ブラを外し、パンティを脱ぐと「すでに汚れちゃいそうでした。」とパンティがすでに愛液で汚れてしまっている。全裸になった直美は、おもちゃの使い方を男に教えてもらい、その使い方にビックリした様子。「やったことがないから・・・」と戸惑いながら電マのスイッチを入れ、乳首に当てていく。ビクンと体を震わせて電マの刺激に感じていく直美。足を開いた直美のオマンコから愛液が溢れ出てきた。このシチュエーションに興奮している様子の直美。自分のオマンコが予想外に濡れていることに驚きながら、極太バイブをオマンコにゆっくりと挿入していく。スイッチを入れると刺激がオマンコ中を激しく伝わっていく。直美のオマンコの中でグリグリとバイブが回転し、息づかいが荒くなってくる。「なんか、イッちゃいそうな感じがする。」と初めてのバイブに快感が一気に上昇したようだ。男は電マをクリトリスに押し当てていく。「あ〜、イッちゃう。」直美はビクン、ビクンと体を震わせて絶頂へ達してしまう・・・。初めての極太バイブと電マの刺激にあっという間にオーガズムに達してしまった初々しい若妻。「攻められてばかりでは、あれなんで・・・私が攻めます。」とたっぷりと舐めてくれる献身的な面もある巨乳妻。素人妻好きには堪らない作品。

遥奈歩 男の言いなりになるいい女
セクシーなショートパンツに、今にも乳首がはみ出てしまいそうな極小ビキニ姿で、こちらを挑発している遙奈歩ちゃん。ギャル系の美人お姉さんの奈歩。ショートパンツを脱ぐとほとんど全裸にしか見えないくらいのひもパン。見ているだけでこちらの肉棒がビクビクと反応してしまう。場面変わってソファーに座る奈歩。おっぱいを揉み揉みしながら足を広げていく。「もっとオマンコに筋をよく見せて?」男のリクエストに、パンティの上から割れ目をなぞるようにマン筋を見せてくれる。「もっとオマンコ見せてよ。」奈歩はパンティをずらしてオマンコを丸見えにしてくれる。「もっと感じるところをいっぱい触ってごらん?」奈歩はさらに腰を浮かせながらオマンコを弄っていく。「もっと気持ちいいモノを貸してあげようか?」男はローターを奈歩に手渡すと、奈歩はそれをワレメに滑らせていく。目がとろ〜んとして感じているのがわかる。「邪魔なパンティ脱いでごらん?」奈歩は、オマンコが丸見えになるようにパンティを脱いでいく。足を大きく広げるとオマンコをパックリと広げていく。「さっき気持ちよかったモノを使ってごらん?」奈歩はローターを再びオマンコに滑らせていく。「クリトリスを剥いて底に当ててごらん。」奈歩はクリを剥くとローターを押し当てていく。体をビクンと反応させながら快感を貪っていく。「よーし、今度はもっと恥ずかしいポーズをとってごらん。四つん這いになって。」奈歩は男の言うままに四つん這いになると、オマンコをパックリと指で広げていく。「イヤらしい液が出てきてるね。イヤらしい音がビチャビチャと聞こえるよ。」奈歩はバイブをスイッチを入れるとズブリと挿入していく。息を乱しながら感じていく奈歩。「今度は、クリと中が両方気持ちいいモノを貸してあげよう。」と極太バイブを手渡す男。それをズブリとオマンコに挿入すると、ゆっくりとピストンしていく奈歩。「もっと早く動かしてごらん。」男の言うままにピストンを速めていく奈歩。「あ〜、あ〜、う〜ん、あ〜、イク。あ〜、イク〜〜〜!」奈歩は堪らず絶頂へ達してしまう・・・。いい女が男の言いなりにオナニーさせられる。いい女の気持ちいい顔は、こちらも興奮する。ディルドをオマンコに深く飲み込ませ腰をグリグリと動かしていく。いい女のエロい顔を見たい人におすすめの作品。

真山ゆかり アナルバージン バイブ調教
ギャル系お姉さんの真山ゆかりちゃん。B85W58H85のキュートスレンダー美人だ。初体験は高校の先輩と。その先輩とセックスをし続けて気持ちよさを知ったという、エッチ好きだ。その後の経験数は10人。アナルファックに興味があるというゆかり。今日は徐々に調教しながら挑戦してみることに。早速デニムを脱ぐと、かわいいピンクのパンティ。「せっかくなのでおっぱいを見せてもらいましょう」と服をずらすとCカップのきれいなおっぱいが丸見えに。男はローターを取り出しパンティの上からクリトリスを攻めていく。すぐに感じてしまい喘ぎ声を漏らしてしまうゆかり。「あ〜そこ、気持ちいいです。」と顔を歪ませて感じるゆかり。男はゆかりのパンティを脱がせて直接クリトリスにローターを押し当てていく。「あ〜気持ちいい〜」かなりの敏感オマンコのゆかり。「自分で気持ちいいところに当ててみて。」ゆかりはローターをクリトリスに押し当てると自ら快感を貪っていく。男は同時にオマンコに指を挿入しグリグリとかき回していく。いよいよ、アナルの調教のためゆかりを四つん這いに。男はたっぷりとローションをアナルにまぶすと指をゆっくりと挿入していく。指の宰一関節までは難なく飲み込んでしまったゆかりのアナル。「次は綿棒を入れてみよう。」男はゆっくりと綿棒を挿入していく。1本目を挿入したアナルに、さらにまとめて綿棒を挿入してしまう男。ゆかりのアナルはさらに調教されていく・・・。アナルバージンのゆかり。アナルをゆっくりと調教しながら徐々にバイブの太さを変えていく。太いモノを飲み込んでいくアナル好きにおすすめする作品。

岡崎泉美 変態羞恥プレイ 〜巨乳美人素人編〜
美人お姉さんタイプの岡崎泉美ちゃん。とあるマンションに入っていく。「座っていいですか?」ソファーに座る泉美。すると、隣に男が近寄り泉美の足を広げていく。泉美の股間で何かが唸っているのようだ。股間の中心をグリグリと押しつけていく男。すると「あ〜ん。」と声を漏らしてしまう。どうやらリモコンローターをつけさせられ、外を歩かされていたようだ。男はリモコンのスイッチをオンオフし、泉美の反応を楽しんでいる。さらに、ローターをオマンコに押しつけていく。「イヤだ〜。奥まで入っちゃう〜。」とローターがオマンコに入りそうになると男の手を止める。男は構わずオマンコに押しつけていく。胸元から乳首を露出しコリコリと刺激していく男。「イヤん〜」しかし、言葉とは裏腹にこのプレイに興奮している様子の泉美。男が服をまくると白いブラジャーが丸出しになり、なかなかの巨乳。男は乳首をコリコリと弄り巨乳を弄んでいく。乳首をチロチロと舐めると泉美は堪らず喘ぎ声を漏らす。男はゆっくりと泉美の服を脱がし、パンティまで脱がせてしまう。すると、泉美のオマンコにはリモコンバイブが挿入されていた。男はゆっくりとバイブを引き抜き、代わりにさらに長いバイブをズブリと挿入してしまう。泉美のきれいなパイパンオマンコに突き刺さったバイブをズボズボとピストンしていく男。「ダメ〜、動かさないで〜」泉美のオマンコの奥深くまで飲み込まれたバイブをグリグリとさらに押し込んでいく・・・。リモコンバイブをオマンコに押し込まれ、街を歩かされる羞恥プレイ、パイパンのオマンコ、変態カップルの変態プレイが楽しめる作品。

朝丘まりん 淫乱女教師 2 〜補習授業の代償〜
生徒の親に呼び出され、生徒の自宅を訪問する、女教師の朝丘まりんちゃん。「あの、お話というのは何でしょう?」と生徒の父親に話を向けるまりん。「息子からちょっと話を聞きましてね。」言いづらそうに話を進める父親。「先生、もうわかってるでしょう?」と心当たりがあるのでは?と言われるまりん。しかし「いえ、わからないですけど・・・。」とまりんは笑顔で答える。「息子がね。全部話をしてくれたんですよ。学校であったことを。」無言で父親から視線をずらすまりん。すると畳み掛けるように「先生が誘ったらしいですね?どういうつもりなんですか?うちの大事な息子を?」と怒りをぶつける父親。「そんなんでおかしくなっちゃったらどうしてくれるんですか?」と詰め寄る父親に「すみませんでした。」と認めて謝罪するまりん先生。しかし「すみませんで済みますか?こんなことが。」と怒りは収まらない様子。「校長にも報告しましょうか?」と問題を大きくするという父親。すかさず「それは・・・やめてください。」とそこまでしないで欲しいというまりん先生。「うちの息子だけじゃないんでしょう?こんなこと。」と他の生徒にもエッチな授業をしているのでは?と詰め寄られるまりん先生。答えられずにいるまりん先生に「まったく・・・、先生だっていうのに・・・なに考えてるんですか?」と呆れてしまう父親。教育者であることの自覚を問われ、さらにミニスカートのスリットを問題視する父親。スリットから太股が覗き、生徒たちの視線が集中しそうな状態だ。しかしまりんは「普通だと思いますけど・・・」と意に介さない答え。「それのどこが普通ですか?」と若い男の前では刺激が強すぎるとの見方だ。どうやら、これが父親の怒りをさらに増殖させてしまったようだ。「そんなにヤリたいんなら、風俗でも紹介しますよ?」と完全に父親を怒らせてしまったまりん。「どうやって息子を誘ったんですか?やって見せてください。」父親は、ここで再現しろとまりんに要求。躊躇するまりんに「生徒たちの前でやったんでしょ?ここでできるでしょ?」と戸惑うまりんにさらに詰め寄っていく。「校長に報告しますよ?」まりんは観念し「それだけはやめてください。やりますから・・・。」まりんはブラウスのボタンを外していく・・・。生徒に手を出したことが父親にバレてしまい、その父親の前で恥ずかしい思いをさせられてしまう女教師モノ。スタイル抜群のセクシーな巨乳女教師が、大股開きでオナニーをさせられ、アナルまで見られてしまい、さらには、その場で生徒たちの肉棒を咥えるハメに。女教師好きには堪らない作品。