流出裏AVなどに特化した動画を無修正または薄消しで配信するサイトです。中でもコスプレ系の動画には根強い人気があり、コスプレマニアを軸に幅広い層から支持を得ています。

H:G:M:O 流出裏AV(2015年09月)



藍澤ひとみ 阿立未来 淫乱巨乳カフェ〜美人オーナーの誘い〜
お姉さん系美人の藍澤ひとみちゃんと素人系美人の阿立未来ちゃん。ひとみのお店でコーヒーを飲んでいると、ため息をつきながら彼氏の相談をする未来。「あなた時間は?彼氏待たせてるんじゃないの?」ひとみに言われ、はっとして店を出る未来。かわってお店に入ってきたスーツ姿の男二人。そこへ「お客様、これから予定はありますか?」と談笑している二人に声をかけるひとみ。特にないという二人に「これから休憩タイムがあるんですよ。」と話すと「あ、それじゃあ、お勘定してください。」と長居していると気を遣う男たち。すると「いえ、あの、違うんですよ。時間はありますか?」となにやら意味深な質問をするひとみ。「時間はありますけども・・・。」と状況がわからない男たち。「じゃあ、一緒に休憩しません?一人じゃ、ちょっと淋しいんで・・・。」と笑顔で声をかけるひとみ。男たちがそれを受け入れると、「コーヒー飲みます?」とひとみは男のカップを手に取るとコーヒーを口に含める。すると、そのまま口移しでコーヒーを飲ませた。突然の激しいディープキスに戸惑うも舌を絡ませていく男。「あなたも飲みます?」ひとみはもう一人の男にも口移しでコーヒーを飲ませた。ひとみはキャミソールの肩紐を下ろすと、おっぱいを丸出しにした。「触って。気持ちよくして。」と男たちにおっぱいを揉ませる。「俺もいいですか?」男たちは両サイドからひとみのおっぱいを揉みくちゃにしていく。「こんなサービスがあったなんて・・・。」男たちは興奮しながらひとみの体にむしゃぶりついていく・・・。店のお客を誘い、ハードなセックスをしてしまう淫乱巨乳美人ひとみ。手マンチョで激しい潮吹きをしたあとは、なんとアナルにまで肉棒を受け入れてしまう。二穴挿入でたっぷりイカされるとそのまま中出しへ。皆さんもどうぞ淫乱巨乳カフェをお楽しみください。

佐々木渚紗 Erotomania エロトマニア
グラビアアイドル系のキュートスレンダーボディ、佐々木渚紗ちゃん。B84W57H85のナイスボディ。エッチは大好きなので毎日が楽しいという渚紗。オナニーもたまにするという。いつもは指を使うが、ローターを使うことも。赤い水着が艶めかしい渚紗。男が現れ「普段しないことをやってみよう。」と普段はなかなか言えないという、自分からの要求を言ってみることに。男は後ろからおっぱいを揉みくちゃにしていく。顔を歪ませて感じてしまう渚紗。「足を思い切り広げてみて。」と大きく開かされM字開脚。男がローターを取り出すと、股間に押しつけていく。眉間にしわを寄せながら喘ぎ声を漏らす渚紗。「これ、取っちゃおう。」と渚紗のパンティの紐を解き、オマンコを丸出しにしてしまう。男はローターをクリトリスに直接押しつけていく。体を激しくくねらせながら感じてしまう渚紗。男はさらに極太のバイブを取り出して渚紗に見せる。「見てごらん。これ入れてみようか。」あまりの太さに一瞬ひるむ渚紗。しかし男はゆっくりとバイブをオマンコに挿入してしまう。バイブのスイッチを入れると「もっと奥まで入れてみようか。」とズブリとバイブを渚紗の奥深くまで突き刺していく。グリグリと回転しながら渚紗のオマンコを掻き回していく。「あ、あ、ダメ。ダメ。気持ちいい〜。」ズボズボと高速でバイブをピストンしていく男。「あ〜、ダメ。イッちゃう〜。」イキそうになる渚紗を見て「ダメだ。」とバイブのスイッチを止めてピストンを止めてしまう男。まだイカせないと男は渚紗のオマンコに手マンチョ。グジョグジョと渚紗のオマンコから愛液が溢れ出すと「あ、ダメ。イク、イク、イク〜。」男の激しい手マンチョにあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。隣にいそうな普通の女の子が、顔を激しく歪ませながら、足を広げて快感を貪っていく。肉棒をおいしそうにしゃぶると、男が渚紗の頭を押さえつけイラマチオ。そのままドピュドピュッとザーメンを発射してしまう。エロ娘の痴態をたっぷりと堪能してください。

夏川しずく Pleasure プレジャー
セクシー系の巨乳美人、夏川しずくちゃん。シティホテルの一室、たわわな巨乳を惜しげもなく見せつけてくれる。Tバックから覗くきれいなおしりが何とも堪らない。足を大きく開き、中指をオマンコに突き刺しながらグジョグジョとエッチな音をさせている。「ん〜、あ〜。」愛液が指に絡み、その指先をクリトリスに擦りつけていく。電動マッサージ器を取り出してスイッチオン。クリトリスにゆっくりと押し当てていく。電マの振動がクリトリスを襲い、しずくの顔が激しく歪んでいく。時々、ビクンと体を震わせながら感じてしまうしずく。「あ〜、イキそう・・・。あ〜、イクゥ〜!」体をビクンビクンと震わせながら絶頂へ達してしまう・・・。自分が気持ちよくなったあとは「楽しませてあげるわね。」と男に迫り、濃厚なキスで気分を盛り上げていく。男の前身をリップ攻めしながら、股間をまさぐっていく。「すごい堅くなって、大きくなってる。」とすっかり興奮して股間を膨らませた男。たわわな巨乳ときれいなオマンコに男は大興奮で激しいクンニ。大量の潮吹きのあとは、肉棒を激しくしゃぶっていく。パイズリで最大限気持ちよくさせると、オマンコに導いていく。超絶美人のイヤらしいオナニーと淫乱なセックスをたっぷりと堪能していください。

香菅みよ ナンパの悲劇
「ナンパでもしようぜ。」車でナンパできる女を物色中の男たち。「いい女いないかな〜?」と方々を走り回る男たち。「あれ、どう?」「あれ、いかね〜?」とショートパンツ姿の可愛い娘、香菅みよちゃんを発見すると、興奮して車を止める。一人の男が声をかけ、何とかナンパ成功。みよを車に乗せることに成功する。「これからどこに行くんですか?」とちょっと不安げな表情のみよ。「これから、家。」「飯、食った?飯、行こうよ。」男たちはそれぞれ勝手なことを言い出す。「おいしいモノを食わせてあげるよ。とってもおいしいモノ。」となんだか意味深なことを言い出す男たち。「結構露出してるね〜?なんか〜」とみよの太股に興奮したのか、男たちはみよの体に触ろうとしてくる。「ちょっと、話が違うんですけど。」とみよは、男たちの行動が不安になる。「ちょっと見せてよ。」と男が、みよの足を自分の足にかけて、大きく広げてしまう。「おかしいよ。何ですか?これ?」と笑顔を取り繕うとするみよ。男たちは御代の太股を触り始める。「ホント、やめてください。」とやんわりと拒否ルが「いいじゃん、いいじゃん。」と御代の上着を脱がせてしまう。さらに服の上からみよのおっぱいにちょっかいを出していく。ついには、「これ、ノーブラじゃん。」と服をまくってしまう。おっぱいを丸出しにされてしまったみよ。男は乳首を弄りだし、ショートパンツも脱がせてしまう。乳首を吸われ、堪らず喘ぎ声を漏らしてしまうみよ。男たちは、パンティの上から割れ目を弄り出す。思わず感じてしまうみよに「匂い嗅がせてよ。」と男が股間に顔を埋めてしまう。「見ちゃおうか。」とパンティをずらし、オマンコを露わにしてしまう。「うわぁ〜。」みよのオマンコがパックリと広げられ、ピンク色のオマンコに男たちが興奮していく。「剥いてみよ、クリ。」とクリトリスを剥いて、レロレロと舐め始めると、みよはすっかり気持ちよくなってしまう・・・。ナンパされて、男たちに着いて行ったばかりに、オマンコを晒され、風呂にも入ってない臭い肉棒をしゃぶらされてしまう。「これ、ホントに舐めるの?」しかたなくしゃぶったチンポを何とかイカせて口内発射。さらには男たちの部屋に連れて行かれ・・・。ナンパされた女の子の悲劇をたっぷりとご堪能ください。

松下ゆうか 物足りないから、たっぷり愛して
「あなた〜、もう行っちゃうの?」着替えて出かけようとする男に、名残惜しそうにすり寄っていく松下ゆうかちゃん。「待って〜。そんな焦って準備しなくても、まだ時間あるでしょ?」とシャツのボタンを留めようとする男の手を止めるゆうか。「だって、もう半年も逢えないんでしょ?」と男に甘えるゆうか。「う〜ん、悪いな。半年間ちょっと家のことを頼む。」と申し訳なさそうな男。男の太股をさすりながら「寂しいなぁ〜。耐えられないよ、半年も。」と訴えるゆうか。太股を男の足に絡めていくゆうかに「昨日もそれでいっぱい愛してやったじゃないか。」と宥めようとする男。「半年だよ。あんな一回じゃ足りない。」と男の体をさすっておねだりするゆうか。「お願い・・・、たっぷり、イカせて。」と迫っていく。「半年分、いっぱいして。」と舌を絡ませていく。「しようがないなぁ〜」と男は、ゆうかのブラジャーをずらして乳首をしゃぶっていく。「こんなに濡らして・・・。」パンティの中に手を入れた男は、ゆうかのオマンコがすでにグショグショなのを確認すると、そのまま激しい手マンチョに。「あ〜、あ〜、ダメ〜。イッちゃいそう〜。」と早くも快感は急上昇。「あ、あ、イク。それ、あ〜、ダメ〜。イク〜。」とあっという間に絶頂へ達してしまう。「これじゃ足りない。」とゆうかは、手マンでは納得できないとさらにおねだり。男は「俺がいない間、これを使って寂しさを紛らわせるんだぞ。」とローターをクリトリスに押し当てていく・・・。男と離れる淋しさに欲求が爆発してしまう淫乱女。手マン、バイブ、電動マッサージ器と、何度イカされても満足できず、ついには肉棒で中出しされる。淫乱欲張り女の欲求爆発ぶりをご堪能ください。

山城美姫 Fuck Editon ファックエディション 真性淫乱娘 2
「変態なんだってね?」下着姿で目隠しをされ、ソファーに座らされている山城美姫ちゃんに声をかける男。体をビクつかせてしまう美姫。誰に声をかけられたかもわからない状況に不安そうな美姫。男は美姫の口に指を入れ「きれいな歯だね。」と美姫の舌に指を絡めていく。美姫は、男にされるがママ受け入れるしかない。「イヤらしい舌だね。」男は美姫の舌を弄ぶように、指で弄っていく。さらに、男は美姫の鼻を舌で舐め始める。「舌を伸ばして、変態っぽく動かしてごらん。」男は美姫に舌を出させると、ベロベロと絡みついていく。誰かもわからない男の唾液を嬉しそうに受け入れる美姫。「全身、唾だらけにしてあげるからね。」男は美姫の全身をリップ攻めにしていく。美姫は、この状況に興奮し、息づかいが荒くなる。「あ〜気持ちいい。」男に脇の下を舐められ、堪らず声を漏らしてしまう。男はブラジャーの上から、おっぱいを鷲掴みにしていく。「あ〜、あ〜。」声を上げて感じる美姫に、男はブラをずらして直接乳首を攻めていく。「あ、あ、あ、あ〜ん。」乳首攻めに喘ぎ声を激しくしてしまう美姫。じっくりと全身を焦らすように攻める男。ついに下半身を脱がせて、オマンコをパックリと広げてしまう。すでに濡れ濡れのオマンコ。男は美姫のクリトリスを激しく指攻めしていく。「あ〜、気持ちいい〜。」腰をくねらせながら感じまくる美姫。男は美姫の目隠しを取り、美姫のオマンコに顔を埋めていく・・・。目隠しをされての変態プレイに、すっかり気持ちよくなってしまった美姫。焦らすようなゆっくりとした攻めに、さらにバイブが美姫のオマンコを襲う。「あ〜、イッちゃう〜。」恥ずかしい格好をさせられてイカされてしまう美姫。すっかり男のいいなりになってしまった変態娘をじっくりご堪能ください。

鈴木ありさ SWEET so SWEET スウィートソウスウィート 2
モデル系美人の鈴木ありさちゃん。可愛いキュートスレンダーボディの持ち主。水着姿でソファーに座り、男たちからローターで敏感なところを攻められている。堪らず喘ぎ声を漏らしてしまうありだ。ブラジャーをずらして乳首を露出させると、乳首を直接ローターで刺激。「あ〜ん、あ〜ん。」声のトーンが高くなり顔を歪ませてしまう。足を開かされ、股間もローターで攻められるありさ。「見てもいい?」男がありさに聞くと「見て〜」と下半身を脱ぐ。パックリと開いたオマンコにローターが触れていく。「あ、あ、あ〜ん。」ビラビラを攻めるローターに堪らず声を上げてしまうありさ。「気持ちいい〜。あ〜イヤだ〜。」男たちの丁寧なローター攻めにすっかり気持ちよくなってしまう。「もっと気持ちよくしてあげようか。」男は極太のバイブを取り出すと、スイッチを入れてバイブを唸らせる。複雑な動きをするバイブがありさのオマンコに押し当てられていく。「ゆっくり入れてあげようか。」男はすっかり濡れ濡れになったありさのオマンコにゆっくりとバイブを突き刺していく・・・。ローターから極太バイブ、そして電動マッサージ器まで、段階的に刺激が強くなるおもちゃで徹底的に攻められるありさ。パックリと開いたオマンコからは愛液が溢れ出てくる。ついには体をくねらせながらイカされてしまう。モデル系美女がたっぷりとイカされ、最後は中出しまでされてしまう。美女好きには堪らない作品。

沢井亜沙美 東京熟女中出し Vol.7 亜沙美
公園の池の畔で男と待ち合わせしている沢井亜沙美さん。「普段とは違うセックスがしたいなぁって思って。」と日常とは違うセックスに興味があるという。普段は「2週間に一度くらい。」という旦那さんとのエッチ。まずは、車で移動しながらインタビューすることに。「挨拶代わりに触ってもいいですか?」と男は亜沙美の太股に触れていく。「道行く人が、何やってるんだろうって見ていきますよ。」羞恥心を擽られ、興奮していく亜沙美。「こういうの使ったことあります?」と男が電動マッサージ器を取り出すと「ちょっと使ったことあります。」とすでに経験済みの様子。男は電マのスイッチを入れ、亜沙美の太股から徐々に股間へと滑らせていく。電マがオマンコに触れると、顔を歪ませて感じてしまう亜沙美。男は電マをオマンコに押しつけていく。「あ〜、あ〜。」快感が上昇し押さえきれなくなる亜沙美。「イク時は言ってくださいね。」男は亜沙美をイカせようと電マをさらに押しつけていく。亜沙美も人に見られるかも?という環境に、快感を押さえきれず「イク。」と絶頂へ達してしまう。部屋へと移動した二人。男は「イヤらしいですね。あんなところで感じてイッちゃうなんて。」と亜沙美のエロさに興奮している。「言い触り心地でした。」とおっぱいを改めて揉み揉み。亜沙美もこのシチュエーションに興奮し、息づかいが荒くなる。旦那のエッチが「いつも同じだから・・・」とマンネリなのが気に入らないという亜沙美。男はブラジャーをずらして乳首を露出。「もう勃ってますよ。」と亜沙美の興奮した乳首をコリコリ。足を開かせ、パンティの上からオマンコを弄り出す。焦らすような指使いに亜沙美はますます興奮していく。男は亜沙美のエッチなパンティのひもを解き、オマンコをさらけ出す。「ちょっと開いてもらっていいですか?」男は亜沙美にオマンコを開かせると「グッチャグチャですね。」と亜沙美のオマンコは、すでに愛液でグジョグジョに濡れていた・・・。旦那さんのマンネリエッチにご不満の素人主婦が、一度のアバンチュール。普段とは違うセックスに、愛液を大量に溢れさせながら、何度もオーガズムへ。素人妻のエロい肢体をたっぷりと堪能してください。

杏奈 YOU 大人の泡遊び教えます! 3 〜完結編〜
真っ赤なキャミソール姿で逆ソープにやってきた杏奈ちゃん。男からたっぷりとローションを体に塗られ、全身をまさぐられていく。足を開かされ、股間を集中的に攻められ、堪らず顔を歪めて喘ぎ声を上げてしまう。男は、そのままズブリと指を挿入し、さらに激しい指マンで攻め続けていく。激しい快感が襲い、すっかり体を男に委ねる杏奈。気持ちよくさせてもらったお礼とばかりに「私もやってあげる。」と男を横たわらせると、まずは乳首をリップ攻め。下半身へと滑り降り、すっかり膨らんでいる股間へ。「取っていい?」男のパンツを脱がせると、ビンビンに勃起している肉棒をシコシコと手コキ。「あ〜」思わず声を漏らして感じてしまう男。パクリと咥えてフェラチオしながらの手コキ。キャミソールを脱ぐとおっぱいでチンポを刺激していく。おっぱいでたっぷりと刺激を加えた後は再びフェラチオを手コキ。「すごい気持ちいいです。」男も思わず口にしてしまうほどのテクニックだ。はち切れんばかりの肉棒になり、杏奈はおねだりするような視線に。それを察した男は「入れたいの?」と上に乗るように促す。杏奈はチンポを握ると自らのオマンコへ肉棒を突き刺していく・・・。

いぶき 一流アスリートへの道 〜女子校生の部活動 2〜
練習を終え、更衣室で着替えをするいぶきちゃん。白いランジェリー姿が何ともセクシーで堪らない。デニムのミニスカに着替えるとコーチが入ってくる。「今までよく頑張ったな。いよいよ明日は最大の試練、オマンコとアナルの二穴レッスンが待っている。それまでゆっくりと体を休めておけよ。ゴールは近いぞ。」と翌日に向けて労いの言葉をかけられる。「はい、がんばります。」と意気込みを見せるいぶき。しかし「コーチにあんなこと言っちゃったけど、大丈夫かな?」と不安な一面を見せる。ロッカーに入れていたバイブを取り出し「よし、これで練習しよう。」と不安を払拭することに。まずは、ローターのスイッチを入れ、ベンチに座り足を開いていく。ローターを股間に当てると、すぐに気持ちよくなって声を漏らしてしまう。パンティをずらし、直接クリトリスにローターを押し当てていくいぶき。「あ〜、あ〜、う〜ん。」と喘ぎ声を止められず「中まで入れちゃおう。いぶきのイヤらしいオナニーを見てね。」とズブリとバイブをオマンコに突き刺していく。クッキリとワレメが丸見えのパイパンオマンコに突き刺さったバイブをズボズボと出し入れしていくいぶき。「ん〜〜、は、は、あ〜!」と快感を貪るようにバイブをピストンさせるいぶき。「あ〜、イク、イク〜」腰をグラインドさせて、ビクンビクンと体を震わせると、オーガズムへ達してしまう・・・。一流のランナーを目指してコーチと二人三脚で練習してきたいぶきが、最後の練習に挑む。相手は、今まで一流のアスリートを育ててきた二人の名コーチ。いぶきはオマンコとアナルにたっぷりとぶち込まれることに。部活動の集大成をとくとご覧ください。

杏野みつ 新人リポーターのお仕事
新人リポーターとして、初めての食レポをすることになった、杏野みつちゃん。90年という長い歴史がある高級割烹店でチンポを食すという大役だ。元気いっぱいにリポートを始めるみつ。まずは、板前さんにインタビュー。創業大正3年の老舗、チンポに関しては日本一を自負しているという。「取れたてのチンポをご用意したので、是非ご賞味ください。」と自信満々だ。「では、早速見せていただきましょうか。」と嬉しそうなみつ。早速現れた高級チンポに「すごいですね〜。色味もいい色じゃないですか。」と指先でチンポに触れるみつ。「では、早速、香りを確かめさせていただきます。」とチンポに顔を近づけていくみつ。クンクンと匂いをかぐと「すごいです。ほどよく酸味が効いていて、とてもいい匂いがしますね。」すると板前さんから「早速どうぞ、ご賞味ください。」と促される。「よろしいですか。」とマイクを置くと、箸でチンポをつまむ。「重さもとてもいい感じですね。」と嬉しそうなみつ。箸でつまみながらシコシコとピストンしていくと「あ、早速、先の方が張ってきましたね。」とチンポが大きくなり出す。「すごいです。伸びてきましたよ。」と箸につままれたチンポが勃起していく。「では、お味の方も・・・。よろしいでしょうか?」とペロリと舐め始めた。パクリとカリを咥えると見る見ると勃起し、あっという間にビンビンに。唾液をたっぷりと絡ませながらしゃぶっていくみつ。ジュボジュボと激しいピストンでしゃぶり続けると突然「イク。」とみつの口内にドピュドピュッとザーメンを発射してしまう。「さすが老舗のお店です。味に深みがありましたよ。」とリポート。しかし、率直な感想を聞かれて「味はもちろん最高だったんですけども、ちょっと歯ごたえの方が今ひとつだったんですよ。」と正直な感想を。その感想に、板前さんは「あ〜そうでしたか。それでは、もっとすごい、当店自慢の最高級のものをお出ししますので。」と新たなチンポを提供してきた・・・。最高級チンポをしゃぶり、激しいイラマチオでたっぷりと堪能したみつは、大量の顔射で大満足する。さらに、オナニーで悩む少年に突撃取材したりと、体当たり取材を敢行。新人リポーターの奮闘ぶりをたっぷりとご堪能ください。

山城美姫 Fuck Editon ファックエディション 真性淫乱娘
「何見てるの?わたし、今、すごいエッチな気分なの。」ベッドの上に座り、おっぱいをまさぐりながらこちらに視線を向けて言う、モデル系美人の山城美姫ちゃん。「ほら、よく見て。もう乳首がこんなに硬くなってる。」服の上からでも乳首が勃起していることがはっきりとわかる。「この中が見たいの?」おっぱいを揉みながら乳首を刺激し「いいよ、見せてあげる。」とキャミソールをずらしておっぱいを見せてくれる。きれいな乳首があらわになり「ほら、どう?すごい柔らかいのよ。もっと顔を近づけて。よ〜く見て。」乳首をコリコリと刺激しながらこちらを挑発するように、おっぱいを揉みくちゃにしていく。「舐めたいでしょう?でも、まだダメ。」こちらを焦らすように制止する美姫。「下の方も触っちゃおうかな?」と足を開いてクリトリスを刺激していく。「わかる?クリをこうすると、すごい気持ちいいの。」とクリトリスをグリグリと刺激していく。「この中が見たい?もっとこっちへおいで。」と足をM字に開いて、パンティをワレメに食い込ませていく美姫。「中が見たいの?じゃあ、見せてあげる。」グイッとパンティを横にずらすと、パックリとオマンコを見せてくれる。直接クリトリスを刺激し始める美姫。「こうやってクリクリするの、すごい気持ちいいの。」オマンコをパックリと開き、クリトリスを露出させてグリグリとクリトリスを擦っていく美姫。「オマンコの中、こうなってるのよ。よく見て、よく見て〜。」美姫はパックリと開いたオマンコの中に、ズブリと指を挿入していく・・・。モデル系美人が、隠語を連発しながら、激しくオナニーに耽る様子は、堪らなくエロい。美姫のオナニーに興奮し、肉棒をビンビンにさせた男が目の前に現れると、おいしそうにチンポをしゃぶり、愛しそうにイヤらしく手コキしていく。さらに、自らオマンコを開き肉棒をオマンコにズブリと挿入してしまう。隠語を叫びながら快感を貪っていく痴態をたっぷりとご堪能ください。

鈴木ありさ SWEET so SWEET スウィートソウスウィート
アッ○ーナに似て可愛らしい、アイドル系の鈴木ありさちゃん。下着姿でソファーに座り、ローターを乳首に押し当てていく。すぐに息遣いが荒くなり、喘ぎ声を漏らす。ブラジャーをずらして直接ローターを乳首に押し当てると同時に、股間にも手を伸ばしていく。ブラジャーのホックを外し、おっぱいを露出させると、おっぱいを揉み揉みしながら乳首攻め。ローターを下半身へと滑らせ、股間に押し当てていく。「あ〜ん。」堪らずあえいでしまうありさ。パンティを脱いで全裸になると、ローターを直接クリトリスに押し当てていく。そこへ、肉棒をビンビンに勃起支えた男がありさの目の前に。ありさは、当然のようにビンビンの肉棒をパクリと咥え出す。ローターをクリトリスに押しつけながら、おいしそうにチンポをしゃぶっていくありさ。肉棒は、ありさの舌技で益々硬直していく。手コキを加えながら、チンポを激しくしごいていくありさ。「あ〜、気持ちいい。」思わず声を漏らす男。ありさの唾液でヌルヌルになった肉棒は、ありさの手の中でいきり勃っていく。「ハ〜ハ〜。」男の息遣いが荒くなる。「こっち見て。あ〜、イクよ〜」ありさの手コキが激しくなり、男はドピュドピュッと発射してしまう・・・。気持ちよさそうな手コキで、たっぷりとザーメンを発射させると、自分はローターで絶頂を迎える。ありさは、さらにもう1本のチンポをフェラで口内射精させる。あどけないロリ顔の美少女が、肉棒にしゃぶりつき、ザーメンを搾り取る。さらには3Pでたっぷりと中出しされちゃいます。美少女エロ娘好きには堪らない作品。

鹿野晶子 東京熟女中出し Vol.7 晶子
クールなブラウス姿の人妻の鹿野晶子さん。ロングスカートのファスナーをギリギリまで上げてセクシーさを演出しているという。今の旦那さんとは「私から積極的に迫っていきました。」という、肉食系女子だという。共働きで時間もなかなか合わないので、エッチも最近はなくなってしまったという。理想のエッチは?「毎日したい。」というくらい「ムラムラしちゃう。」という。オナニーも「マイバイブでします。」というドエロな人妻だ。しかも、「今も持ってます。」と「オナニーは所構わず。」というくらいエロに貪欲だ。「では、オナニーを見せてください。」と男が興奮気味にリクエスト。晶子は服を脱いで下着姿に。「実はショーツがエロいんです。」と後ろを向くと、パンティが透け透けになっていた。「ブラも取ってくれますか。」と促され「勃っちゃった。」とすでに乳首が勃起していることを告白。「では、下はどうなってますか?」と男。パンティを脱いで全裸になる晶子。「では、M字開脚を・・・」と男がリクエスト。「恥ずかしいな・・・」と手で股間を隠しながら足を開いていく。「自分で開いてください。」晶子は、パックリとビラビラを開いていく・・・。下ネタが大好きという明るい人妻。男友達ともムラムラしたらエッチしちゃうという奔放さ。あまりにもエロすぎる素人妻の姿態をたっぷりとご堪能ください。

芹沢はるな 大人の泡遊び教えます! 2 〜逆ソープ編〜
クリッとした目が可愛らしい、芹沢はるなちゃん。浴室に敷かれたマットに座っている。今日は、逆ソーププレイで気持ちよくなってもらおうと、男が浴室に入ってくる。まずは、たっぷりとローションを服の上から垂らされる。ヌルヌルとした感触が「くすぐったい。」というはるな。マットに横たわると「この体を使って気持ちよくします。」と男が全身にローションを塗り、はるなの体に被さってくる。男はヌルヌルの体とリップでゆっくりとはるなを攻めていく。はるなの服を脱がせ、パンティだけにすると、男は股間を押しつけるようにボディ洗い。「なんか当たってる。」とはるなも股間の感触に気づいた様子。はるなをうつぶせにすると、男は再び股間をはるなのおしりに押しつけるようにボディ洗い。男は腰をグラインドさせながら、はるなのおしりにチンポを押しつけていく。さらにはるなのおしりに顔を埋めると、アナルからワレメにかけてたっぷりとクンニ。「あ〜ん」と思わず声を漏らしてしまうはるな。男は、はるなの足を開かせると、はるなのパンティをずらし舌先をオマンコに突き刺していく。たっぷりのローションでヌルヌルになっているオマンコがはるなの感度を上昇させる。男はズブリと2本の指を挿入し、グジョグジョと激しい手マンチョ。「う〜ん、う〜ん。」と喘ぎ声を漏らすはるな。「なんか違うローションがいっぱい出てきたよ。」はるなのオマンコから愛液が噴き出した。「気持ちいいの。」正直に答えるはるなを仰向けにすると、男は再び激しい手マンチョ。「あ〜、あ〜、あ〜!」はるなは、すっかり男の指攻めに嵌まってしまう・・・。

いぶき 女子校生の部活動 〜一流のランナーになるために〜
部活動でコーチと一緒にランニングしているいぶきちゃん。「よ〜し、ここで体をほぐそう。」と屈伸運動をあせるコーチ。さらにミネラルウォーターを飲ませる。一息ついたところで「それじゃ行くぞ。」とさらにランニングを続けようと促すコーチ。しかし「無理です、コーチ。もうわたし、走れません。」と限界を訴えるいぶき。「なに言ってるんだ。おまえならできる。ここまで、二人でがんばってきたじゃないか?」と励ますコーチ。だが「無理です。」と首を振り「オマンコとアナルが疼いて、もうそれどころじゃありません。」と正直に訴えるいぶき。「そうか・・・。わかった、俺に任せろ。」とコーチはいぶきの気持ちを優先することに。「新しいカリキュラムでおまえを本物のランナーにしてやる。それならついてこれるな?」と新たなプログラムでいぶきを鍛えることにした。練習場所を移動した二人。いぶきは新しいトレーニング用にスクール水着に着替える。「それじゃ、いぶき。ます最初におまえの体の中にある悪いものを全部だそう。いいか?」といぶきを特殊な装置に括り付ける。いぶきは足を大きく開かされ、M字開脚で固定されてしまう。「おまえの中の悪いものを全部出していこう。」コーチはローターのスイッチを入れるといぶきの体に押し当てていく。ローターが乳首に触れ、体がビクンと反応してしまういぶき。「どうした?」いぶきの反応に言葉をかけながら、コーチはローターを乳首に押し当てていく。さらに、コーチはローターを下半身へと滑らせていく。ローターが股間をグリグリと押し当てられると、堪らず腰をくねらせてしまういぶき。それを見たコーチは「そうだ、全部出すんだ。」といぶきの反応にまんざらでもない様子。「直接やったら出すことができそうか?」コーチはいぶきの中の悪いものをさらに出させようと、スクール水着に切れ込みを入れていく。乳首が露出され、さらにはオマンコまで露出させられてしまう。「こうやって・・・」とコーチはオマンコをパックリと広げると、クリトリスにローターを押しつけていく・・・。一流のランナーになるために、ハードな練習を続ける青春ストーリー。ロリ顔からは想像できないエロさ満開。女子校生の部活動の実態を存分にご堪能ください。

杏野みつ ちょっとエッチな女子アナ入社試験
リクルートスーツ姿で面接にやってきた大学4年生の杏野みつちゃん。「よろしくお願いします。」と元気に挨拶するみつに、面接官が「セクシーな服を着てるね。」とみつのセクシーさに気づき、えろい視線を送る。「胸、大きいね。バストはいくつ?」といきなりセクハラな質問。しかし、そのセクハラにめげず「ありがとうございます。83cmです。」と健気に答える。「もっとあるんじゃない?ちょっと、触って確かめていい?」とみつのおっぱいを鷲掴みにしてしまう。「はい・・・」と渋々承諾するやいなや、両側からさらにおっぱいを激しく揉み始める。堪らず声が乱れ、感じてしまうみつ。「でさ、アナウンサーになりたかったんでしょ?志望動機は何?」と質問する面接官。「御社のリポーターの方たちが有名人と結婚しているので、私も憧れて・・・。」と何ともミーハーな答えのみつ。その間も、面接官たちは、みつのスーツを脱がせ、おっぱいを揉み続けている。「不純だね〜」とみつの志望動機が軽いという印象。「そうですか?」と見抜かれた感じのみつ。面接官たちは、みつの体をまさぐりながら、「身体検査をしないといけないからね。」と足を開かせパンティを丸見え状態にしてしまう。内定を取りたいみつは「そうですよね。」と身体検査に応じることに。面接官は、グイッとみつのみにすかをたくし上げ、さらにみつの足を大胆に広げてしまう。股間をまさぐられ、おっぱいも丸出しにされてしまうみつ。さらに、ローターを取り出しスイッチを入れると「音だけで反応しちゃってるね。なんだかわかる?」とローターを見せる面接官。「うちにあります・・・。」と持っていることを告白するみつ。「人に使ってもらったことはある?」と聞かれ「ないです。」とオナニーでしか使わないと認めてしまうみつ。「じゃあ、使ってあげるよ。」面接官はローターをみつの乳首に押しつけていく・・・。エッチな面接で体のすべてを調べられてしまう。自らオマンコを開き、バイブまで入れられてしまう。就職が難しい時代に体を張って乗り切ろうとする女子大生の奮闘をたっぷりとご堪能ください。

飯島夏希 拘束淫嬢
拘束され、ベッドに座っている飯島夏木ちゃん。縛られているので、巨乳がより強調されててエロい。男が近寄り、後ろから強調された巨乳を弄りだした。男の指が乳首に触れると、堪らず声を漏らしてしまう夏希。男はさらに巨乳をまさぐっていく。体をくねらせながら感じてしまう夏希。男は夏希の体を横倒しにすると、巨乳だけではなく、太股もまさぐっていく。「う〜ん、う〜。」と顔を歪ませながら感じてしまう夏希。「縛られたらどんな気持ちだ?」男に問われた夏希は「もっときつくして。」とさらにタイトに自分を縛るようにリクエスト。男が焦らすように体を愛撫していくと「焦らさないでもっと虐めて。」と男の焦らし責めに興奮していく。デニムのミニスカの中に指を忍ばせた男は、股間をグリグリとまさぐっていく。「あ〜ん、気持ちいい〜」堪らず喘ぎ声を漏らす夏希。男は、縛られた夏希の腕を思いやり「腕が痛そうだね?解いてあげようかな?」と言うが「このまま続けて。」と夏希はこれを拒否。男はローターのスイッチを入れ夏希の股間に押しつけていく。「あ、あ、あ〜」とローターの刺激に堪らず声を漏らしてしまう夏希。息遣いが荒くなり、顔を歪ませて感じてしまう。「あ〜、もっと、もっとオマンコに練り込ませて〜」夏希の要望通り、男はローターをオマンコに押し込んでいく・・・。拘束プレイがお好きなドM淫乱美人。ついには「オマンコに本物を頂戴〜」と乱れまくり。美人が淫乱に肉棒を貪っていく痴態は必見です。

松下ゆうか 森下さやか 美人姉妹の秘密の仕事
ソファーで雑誌を読んでいる妹のゆうか。シースルーのランジェリー姿が何ともエロい。そこへ姉のさやかが「まだ起きてたの?」と声をかけてくる。「ねむくないんだよね。」と時間をもてあましている妹に「ゆうか、この前・・・、見てたでしょ?ベッドルーム覗いてたでしょ?」と姉・さやかのエッチなシーンを覗き見していたことを知っていると告げる。「違うの、見るつもりじゃなかったの・・・」と釈明しようとする妹のゆうか。「起こってるんじゃないの。いいのよ。」と意に介さない姉。「それより、興奮したでしょ?」と妖しい笑みを浮かべながら妹に迫る姉。戸惑いながら姉を見つめる妹。「ゆうかだって嫌いじゃないでしょ?」と意味深な言葉でさらに迫る姉。ゆうかの指を舐めながら「ゆうかの顔にイヤって書いてない。」と愛撫を続ける姉。困り顔のゆうかは「待ってお姉ちゃん。」と拒もうとする。「大丈夫。ほら、力抜いて。」と姉はゆうかにキスをし始めた。「感じてるの?かわいい。」とゆうかの乳首を舐めるさやか。「ゆうかもベロ出して。」とディープキスをするさやか。姉のペースに戸惑いながら、拒みきれない妹のゆうか。「いいの、力を抜いて。」さやかは、ゆうかの足を開き、オマンコを弄り出す。「お姉ちゃんによく見せて。」おっぱいを露出し、乳首を直接舐めるさやか。堪らず顔を歪めて感じてしまうゆうか。「気持ちいい?」ゆうかの反応を確かめながら、オマンコをクンニしていくさやか。「お姉ちゃん、気持ちいい〜」ゆうかは、姉の攻めにすっかり気持ちよくなってしまう・・・。姉の秘密を知ってしまった妹のゆうかもまた、秘密の仕事を始めることに。美人姉妹の秘密の仕事とは、いったい何なのか?姉妹の部屋で繰り広げられる痴態を堪能してください。

大島のぞみ 東京熟女中出し Vol.7 のぞみ
グラマラスボディが魅力的な美人奥様、大島のぞみさん。ブラウスのボタンがはち切れそうなくらいの巨乳だ。「今日は、普段できないようなことを期待してきました。」と今から起きることにわくわくしている様子。旦那さんは普通の会社員で出張が多いという、なので、夜の生活も「月一あるかないかです。」と、何とも淋しい。とても満足できないので、「自分でしますよ。」とオナニーをして欲求不満を解消しているという。とあるマンションに入っていく二人。エレベーターを降りて、インタビューをしながら、早くもスカートをまくってパンティを見せてくれる。さらにブラウスのボタンを外し、ブラジャーも。勢いで、ブラから乳首も露出してくれる。「恥ずかしいです。」と言いながら、野外での露出に「興奮しますね。」とまんざらでもないようだ。部屋に入り、男が早速「オナニーを見せて欲しい。」とリクエスト。普段は、いつ旦那さんが帰ってきてもいいように、服を着た状態で、指でオナニーするという。「今日は、思いっきり脱いでオナニーしてみてください。」とのぞみの大胆なオナニーがお望みだ。早速、ブラウスを脱ぐと、改めて巨乳が目立つ。「Fカップです。」だというが、旦那は巨乳にあまり興味がないという。「興味持って欲しいんですけどね。」と残念そうなのぞみ。下着を脱いで全裸になると、かなりの盛りマンなのぞみ。電動マッサージ器を手に取り、ソファーに座ると、足をM字に広げて、電マを股間に当てていく。しかし、初めての電マオナニーは、少し刺激が強すぎるようだ。ローターを手に取り、乳首に当てていく。さらに指でオマンコを広げ弄り出す。ローターをオマンコに滑らせると、割れ目に沿ってグリグリと押し当てていく。息遣いが荒くなり、気持ちよくなっている様子。「ん、ん、は〜。」とローターの刺激がクリトリスを襲う。「ん〜〜〜!イッちゃいました。」と絶頂へ達してしまう・・・。熟女の色気がムンムンの美人素人妻。日常を離れた背徳の刺激に、乱れまくる奥様。世の中の人妻はみんな欲求不満?素人妻の裏の顔をご堪能ください。

日高久美 大人の泡遊び教えます! 〜高級ソープへようこそ〜
笑顔が山○ま○やにそっくりな日高久美ちゃん。浴室に敷かれたマットの上に、妖しい笑みを浮かべて座っている。過去にはマットプレイをしっかり教えてもらことがあるという。その話を聞いた男は、早くも股間が膨らんでいる。これから起こることを想像してすでに勃起しているようだ。早速、久美の体にローションを垂らしていく男。久美もまた、すでに乳首を勃起させていた。ローションで透け透けになったキャミソールが何ともイヤらしい。男は透けた股間に手を伸ばし、クリトリスを弄っていく。「ん〜、気持ちいい〜。」堪らず声を漏らしてしまう久美。オマンコが透けて「恥ずかしい〜」と照れる久美。「直接見ちゃってもいいですか?」興奮した男は久美におねだりすると、久美は「じゃあ、脱いじゃいますよ。」とキャミソールを脱ぐ。「あ〜、恥ずかしい〜。」久美は丸見えになったオマンコを見られ、さらに恥ずかしがる。男は、ズブリとオマンコに指を挿入し、ゆっくりと出し入れ。さらには、壺洗いをする。興奮してガマンできなくなった男。それを察した久美は「じゃあ、今度は私がしましょうか?」と横たわった男に、大量のローションをかけていく。久美は自分の体もローションまみれにして、男に体を密着させていく・・・。男がマグロ状態でローションたっぷりでマット洗いされる。巧みなソーププレイに男はますます興奮していく。高級ソープ嬢の絶品テクニックをお楽しみください。

小泉梨菜 輪された淫乱美人
セクシーな網タイツと下着姿でベッドに横たわる小泉梨菜ちゃん。その周りを男たちが、獲物を狙うような目で見つめている。梨菜がエロティックに網タイツをたくし上げると、男たちの視線は釘付けだ。「あ〜、美しい〜。」思わず声を漏らしてしまう男。男たちは、ガマンできずに梨菜の体を触りだした。「あ〜ん。」梨菜は、男たちの指先が体に触れ、思わず反応してしまう。男たちは、思い思いの場所をリップ攻めにしていく。乳首を集中的に舐め続ける男。つま先を丁寧に愛撫する男。男たちの舌が、梨菜の体を這い回っていく。梨菜の股間に顔を埋め、パンティの上からクンニしていく男。「あ〜、いい〜。」堪らず梨菜は喘ぎ声を漏らしてしまう。足をグイッと開かされ、さらに、股間に顔を押しつけていく男。徐々に梨菜の服は脱がされていく。男たちも興奮して、ベッドに横たわる。「乗ってもらいたいの?じゃあ、たくさん舐めて。」梨菜は、自らパンティを脱ぐと、男の顔に跨がっていく。男の舌先が、梨菜のオマンコをペロペロと舐め上げていく。「あ〜〜、ん〜〜〜、もっと〜〜〜。」男の舌技が、たっぷりと梨菜を愉しませる。「次は、あなた。」梨菜は、男を乗り換えると、男は舌先をオマンコに突き刺していく。男の舌先がオマンコに突き刺さるたびに、梨菜は激しく喘ぎ声を上げてしまう。さらに男を乗り換えると、今度は梨菜のアナルを徹底的に舐められる。「もっといっぱい音出して舐めて〜」梨菜の欲求はとどまることを知らない・・・。快感を追い求める淫乱娘。肉棒は1本では物足りず、代わる代わる3本の肉棒を食べ尽くしていく。淫乱美人娘がこれでもかと輪され続けます。

友恵ゆい EROTICA エロチカ 2
夏っぽいオレンジ色のセクシー水着で登場の友恵ゆいちゃん。ソファーに座り、おっぱいをまさぐっていく。ブラジャーの上から乳首をコリコリと刺激していく。「あ〜。すごい勃ってる。勃っちゃった。」と三角ブラをずらし乳首を露出させる。ピンと勃起した乳首をコリコリと刺激する。「あ〜、気持ちいい〜」思わず声を漏らしてしまうゆい。左手を股間に伸ばし、ワレメに沿って指を滑らせていく。パンティの隙間から指を滑らせ、直接割れ目を刺激。堪らず喘ぎ声が大きくなる。グイッとパンティを引っ張り、オマンコに食い込ませるゆい。「すごい、食い込んでる。」オマンコに食い込んだ水着の上からクリトリスを刺激していく。四つん這いになると、お尻を突き出して、後ろからオマンコを刺激。「あ〜、気持ちいい。脱いじゃおう。」とパンティを脱ぐと、グチョグチョっと直接ワレメを刺激していく。一気に気持ちよくなってしまったゆいは「いつもの使っちゃおう。」とローターを取り出し、ペロペロっと舐めると、乳首に押し当てていく。ローターの振動が乳首を刺激し堪らず顔を歪ませる。ローターを下半身へと滑らせると、クリトリスに押し当てていく。「あ〜、気持ちいい〜」グリグリっとクリトリスに押しつけるように快感を貪っていく。さらにズブリとローターをオマンコに挿入してしまう。オマンコ中でブルブルと振動し、唯衣の顔はさらに歪んでしまう。ゆいの欲求は止まらず、今度は極太のバイブを取り出す。パクリと咥えて濡らすと、ズブリとオマンコに挿入する。ズボズボと出し入れするたびに、激しく感じてしまうゆい。「あ〜、あ〜、あ〜、イッちゃう、あ〜、あ〜〜〜!」とゆいの快感は一気に上り詰めてしまう・・・。バイブでオマンコをほじくりオーガズムへ。チンポ好きなゆいは嬉しそうに肉棒をしゃぶっていく。ゆいのフェラテクに、男も堪らず口内発射。さらには3Pでチンポをしゃぶりながら四つん這いで後ろから激しく突かれまくる。チンポ好きのエロ娘の痴態をたっぷりと堪能してください。※デジタルノイズあり

飯島夏希 淫乱女教師底無しセックス
男の首筋を激しく舐め始める美人女教師の飯島夏希ちゃん。壁に追いやられ、されるがママの男に「舌、出して」と男の舌を吸いまくる夏希。さらに男のシャツのボタンを外し、乳首を舐めていく。男の反応を確かめるように、時々視線を男に向ける夏希。「あ〜。」夏希の乳首舐めに思わず喘ぎ声を漏らしてしまう男。夏希は、徐々に下半身へと滑らせると、男のズボンを一気に脱がせてしまう。丸見えになったチンポを握り、舌先でチロチロと舐め始める夏希。みるみるうちに硬直していく男の肉棒。「どう?気持ちいい?」上目遣いで男に視線を向けると、妖しく微笑む夏希。「ハイ・・・。」あまりの気持ちよさに声にならない声が出る男。ゆっくりと丁寧に肉棒を舐め続ける夏希。「もっと気持ちよくしてあげる。」とカリだけを集中的に高速ピストンしていく。「あ〜すごい。」堪らず声を漏らす男。根元を手コキしながら、素早いピストンが続くと「あ〜、出ちゃいそうです。あ〜、あ〜、あっ、あっ、あ〜〜。」と男のガマンが限界に達し、夏希の口内にドピュドピュッと発射してしまう・・・。美人で巨乳の淫乱女教師が、こともあろうに、教室で繰り広げる底なしの性欲。淫乱女な教師の肢体をたっぷりとご堪能ください。

森下さやか 松下ゆうか お姉ちゃんの秘密のお仕事
姉、さやかの部屋を訪ねてきた妹のゆうか。久しぶりに会う姉妹二人。「ゴメンね、急に・・・。」と姉を気遣う妹のゆうか。「いいのよ、全然。」と久しぶりに尋ねてきた妹を快く迎える姉。「どうしたの?」と姉が尋ねると「あのね・・・、電話で話したとおり・・・、仕事クビになっちゃったの・・・。」と事情を説明する。「そういえばそんなこと言ってたわね。いいから入って。」と妹の荷物を手に取り、部屋へ招き入れる姉。「さあ、入って入って。嬉しいわ、頼って来てくれるなんて。」とリビングのソファーに座る。「今ね、家賃も払えない状態なんだ・・・。でね、お姉ちゃんお願い、しばらくの間、お世話になってもいい?」と暗い表情で頼み込むゆうか。「何言ってるの?姉妹じゃないの。落ち着くまで、ここを自分の家だと思って、ゆっくりしてていいのよ。何も遠慮しないで。」と快く受け入れる姉のさやか。「ありがとう〜」と満面の笑みを浮かべる妹のゆうか。安心したゆうかは、部屋を見回し「お姉ちゃんさぁ、ここ、一人で住んでるの?広くない?」と一人暮らしには広すぎる部屋に驚いて、思わず姉に聞く。「うん、そうね、ゆうかの部屋もちゃんと用意できるわよ。」と微笑む姉。「そんなに稼いでるの?」と姉の収入が気になって聞いてみると「う、うん、まぁね。」となんだか言いづらそうな雰囲気で応える姉。豪華な一人暮らしには、ある秘密があった。姉は人には言えない秘密の仕事をして高額の収入を得ていたのだ。そのことを全く知らない妹。いったい、姉はどんな仕事をしているのだろうか?・・・。美人でグラマラスボディの姉がしている秘密の高収入な仕事とは?

石倉純子 東京熟女中出し Vol.7 純子
結婚15年の人妻、石倉純子さん。15歳の息子がいるという。旦那との夜の生活はほとんど無いという。「内緒なんですけど、たまに遊んじゃったかな。」と浮気の経験があるという。でも、主婦なので時間も限られるので、そう多くはないという。欲求不満は「自分で・・・」とオナニーで解消しているという。頻度は「週1〜2回くらい。」おもちゃを使ったり、いろいろ妄想したりしてオナニーするという。「ムラムラするときのオナニーを見せてくれますか?」とまずは、服を脱いでもらう。「ちょっと緊張して・・・」と恥ずかしそうに服を脱いでいく純子。下着姿になりブラを外しながら「下も脱ぎますか?」と躊躇いながら全裸に。熟女の色気たっぷりの体に、男も興奮し始める。「胸はどういう感じが感じますか?」と男の問いに「乳首が感じるので・・・」とコリコリされるのが気持ちいいという。ソファーに浅く座ると足をM字に開かされる純子。「恥ずかしいですね。」とオマンコが丸見えになり恥ずかしそうな純子。「自分でオマンコを開いてくれますか?」恥ずかしそうにオマンコを開いていく純子。「なんだかきつそうなオマンコですね。」と締まりが良さそうなオマンコに興奮していく男。「自分で弄ってくれますか?」男がオナニーを促すと、「は〜、大きくなってきちゃった。」とクリトリスが速くも勃起し始めたという純子。すぐに気持ちよくなり喘ぎ声を漏らし出す。「あ〜ん。」指先でクリトリスをコリコリと弄り気分が盛り上がる。すると、男が「奥様、ローターを使ってみてください。」とローターを差し出す。スイッチを入れオマンコに当てていくと「やっぱり、家のよりこっちの方が振動がいい。」といつもとは違うローターに期待が膨らんでいく。ローターをクリトリスに当て、ワレメを滑らせていく。ズブリとローターを挿入したりと、快感を貪るように動かす純子。「あ〜。イキそうになっちゃった。」快感が上昇し、ローターの滑りも激しくなっていく。「あ〜、気持ちいい〜。」「奥様、ガマンしないでイッテください。」と男に促され「いいんですか?」とさらにローターを滑らせていく。「あ〜ん、あ〜ん、気持ちいい。イッちゃう。あ〜〜。」純子はあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。「イッチャいました。」とオナニー慣れしている様子。色っぽい声の奥様で、熟女好きには堪らない体もそそる。素人熟女の姿態をたっぷりと堪能してください。