流出裏AVなどに特化した動画を無修正または薄消しで配信するサイトです。中でもコスプレ系の動画には根強い人気があり、コスプレマニアを軸に幅広い層から支持を得ています。

H:G:M:O 流出裏AV(2019年09月)



辻井みゆ 早熟・スクール水着の豊乳娘
ピチャピチャとプールで遊んでいる辻井みゆちゃん。あどけない表情にスクール水着がなんともかわいらしい。「見てみて〜この水着かわいいでしょ?」と笑顔で問いかける。「触ってもいいんだよ?」意味深な笑みを浮かべながら「触りたい?」とこちらを誘ってくる。「じゃあ、ちょっとだけ見せてあげるね。」と胸元をグイッと引っ張るとおっぱいをチラリと見せてくれる。「うふふふ〜」とこちらをからかいうかのように「こっちおいで〜」とプールサイドをスタスタと歩いて行く。「早く〜早く〜」と微笑みながらスキップするみゆ。こちらが追いつくとグイッと胸元を引っ張り胸の谷間を見せつける。「ふふふ〜」と追いかけっこをするように走って行く。再びこちらが追いつくと胸元をグイッと引っ張り乳首をチラ見せ。「うふふふ〜。もっと見たいの?」焦らすかのようにチラ見せを繰り返すみゆはこちらの心を擽る。「じゃあ、ちょっとだけ」今度は股間をグイッと引っ張り陰毛を見せてくる。「はい、おしまい〜。うふふふ〜〜」と完全に手玉に取られてしまう。「そんなに見つめたら恥ずかしいよ」デッキチェアーに腰を下ろすと「触ってもいいよ?」とこちらを誘う。たっぷりと焦らされて興奮していた男は堪らずみゆの脚を触り始める・・・。まだあどけないスクール水着のロリ娘が男を焦らしながら手玉に取っていく物語。誰もいないプールサイドでオナニーまで見せてくれる。ローターでクリトリス攻め、バイブをズブリと突き刺してピストンと性に目覚めたロリ娘は絶頂を迎えて果てる・・・。たわわに実った豊乳と早熟ボディで男を気持ちよくしてくれる。ロリ好き、スク水好き、コスプレ好きにお薦めの作品。

菊川なお 女子校生下半身検査
「最近調子はどうだ?」と聞かれる女子校生の菊川なおちゃん。便秘気味だというなおに「便秘か・・・おならは?」とストレートに聞くと「あんまり出ないかもしれない」と少し恥ずかしそうにこたえる。「あんまり出ない?でもおならはするだろう?」とさらに突っ込んだ質問に「・・・します」と赤裸々。さらに完全にセクハラな質問を続けていく男。「じゃあ、ちょっと調べてあげようかな。立とうか。」とその場に立たせるといきなり制服のミニスカをまくってしまう。レースの透け透けパンティが丸見えになり「毛もパンティからはみ出てるな。」と指摘する。恥ずかしそうに股間を隠すなお。「しかも透け透けじゃないか〜。じゃあ、後ろ向いて。」後ろを向かせてミニスカをまくると「いいケツしてるな〜」とお尻を揉み揉み。「じゃあ、ちょっとお二人にスカートを抑えてもらいましょうか。」と両脇にいる看護師たちにミニスカをまくらせると「じゃあ、取っちゃうぞ〜」とパンティをスルスルッと脱がせてしまう。「手で触って・・・まずはオマンコからね。」と男はなおのオマンコを弄り出す。堪らず「ん、ん、ん〜〜」と声を漏らしてしまうなおに「触る前から濡れてるじゃないか?」と指先に愛液が。「なんで濡れてるんだ?なんかエッチなことを考えてたのか?」と濡れている理由を問うも答えられないなお。男はズブリとオマンコに指を挿入し深くまで突き刺すと「ん〜〜、ん〜、ん〜〜」と反応してしまうなお。「ここに潮とか溜まってるんじゃないか?出るものは出しちゃわないとな。」と指を2本挿入するとゆっくりと手マンチョしていく。「あ、あ、ん、ん〜〜、は〜〜ん〜〜〜〜」グジョグジョとイヤラシい音が響くとなおの口からも喘ぎ声が激しく漏れてしまう。なおを座らせてM字に脚を開かせると「指2本でいっぱいいっぱいだな。」と締まりがいいオマンコだと興奮する。男はローターを取りだしクリトリスに押し当てていく。「ここがいいの?」男はクリトリスと膣とどっちが好きかと聞くと「クリ」とクリトリス派だというなお。男はバイブをオマンコに押し当てクリトリスを激しく刺激。すると快感が一気に上昇していくなお。「あ〜、あ〜、あ〜、あ〜イッちゃう〜〜〜」なおの反応に男はさらにバイブをクリトリスに押しつけていく。「あ〜、あ〜、あ〜ダメ〜〜」と悶絶しながらイッてしまう・・・。かわいい女子校生が下半身検査されてしまう物語。おならは?オナニーは?と恥ずかしいことを聞かれ潮吹き、マングリ返し、そしてアナルまで弄られてしまう。生オナニーをさせられ最後は肉棒での性感チェックまでも・・・。ロリ好き、制服好きにお薦めの作品。

諏訪あずさ エステティックサロンの裏側
「お待たせしました」と白衣を着て声をかけてくるあずさちゃん。「お肌の調子はどうですか?」と近況を問診する。「他に調子の悪いところはないですか?」あずさの言葉に下腹部の調子を訴える男。「お腹ですか?マッサージが必要ですかね?他にはありますか?」と続けると男は股間を指さす。「うふふ・・・。じゃあ、今日はマッサージしますか?」と意味深な笑みを浮かべながら施術方針を口にするあずさ。「ふふふ。じゃあ・・・」と男のズボンを脱がせていく。パンツを下ろして横たわらせると「大丈夫ですか?」とチンポを握る。さらにパクリと咥えだしジュボジュボとフェラチオしてくれる。あっという間に勃起していくチンポ。「どうですか?ビックリしました?うちはこうなんですよ。」と当院の施術スタイルだというあずさ。カリをペロペロ、竿をジュボジュボと時には奥深くまで飲み込んでくれる。「気持ちいいところはどこですか?いってくださいね。」と手コキも加えて舌技を駆使する。手コキのスピードを速めながらカリをペロペロと刺激。「気持ちよかったら出してもいいんですよ?」と男に遠慮しないでイッていいと告げると男は次第に息を荒くしていく。あずさは男の快感が頂点に達していくのを悟ると手コキ激しくしていく。限界に達した男はあずさの手のひらにドピュドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。「いっぱい出ちゃった。こっちも綺麗にしてあげましょうね?」カリをパクリと咥えると綺麗にお掃除フェラまでしてくれる・・・。エステティックサロンで働くエステティシャンが禁断のエステサービスをしてくれる。さらにはサロンの店長からセクハラまで受けてしまう。主観アングルで臨場感たっぷりに興奮を味わえる。コスプレ好き、シチュエーションプレイ好きにお薦めの作品。

まりん 羞恥責めに堪らずオマンコを濡らすイイ女
四つん這いになってアナルとオマンコがパックリと丸見えになってしまうまりんちゃん。男が背中をリップ攻めしながら「恥ずかしい?この格好?」と羞恥心を煽る。堪らず「あ〜〜」と声を漏らしてしまう。自らお尻をパックリと広げさせられアナルもオマンコも肉ヒダまでも曝け出されてしまっているので「恥ずかしい〜」と声を出すのも当然だ。「でもダメだよ。まだこうやってグーッと開いて。」とさらにオマンコが広がるようにパックリさせられてしまう。「よーく見えてるよ〜」アナルもオマンコも丸見えでますます興奮していく男。「よーしじゃあこっち向いて〜」と仰向けにして「開いちゃおうか〜」とパックリと脚を広げさせられる。すると「どうした〜?濡れてる、濡れてるよ?」とM字に開脚されオマンコが晒されるとクンニ。「濡らしちゃったんだ?」と羞恥責めで触ってもいないオマンコがすでに濡れていることを責める。男はさらにクンニでオマンコをグジュグジュにしていく。「あ、あ、あ、あ、あ、あ〜」すっかり声を抑えられなくなる。「もっとしてあげよう。おいで。」と男は顔面騎乗位にさせ下からオマンコをクンニ。「自分で気持ちよくなるように動くんだよ」まりんは自ら腰を動かし快感を貪っていく・・・。イイ女系の美女をたっぷりと羞恥責めして気持ちよくさせていく物語。恥ずかしい格好をさせ言葉攻めでさらに追い詰めていく・・・。まだ触られもしないオマンコがグジョグジョに濡れていく・・・。男なら一度はこんなイイ女をヒーヒー言わせてみたい・・・そんな願望を叶えてくれる作品。

ひなこ ドM巨乳美女の恥ずかし羞恥プレイ
バストが強調され綺麗な太股があらわになるほどのミニスカートが煌びやかなひなこちゃん。今抱えている苦境を脱するために「何でもします。」ととある事務所に飛び込んでいく。「いろいろなことをすると思うけど・・・できる?」と何度も確認する男。するとひなこの覚悟を確かめるためひなこの手を取るとスーッと自分の股間を触らせる。「人生勉強にはなると思うよ。」と決して無駄ではないと告げ再度「できる?」とひなこの意思を確認する。真剣な面持ちで男を見つめるとコクリと頷くひなこ。「じゃあ・・・オナニーでもやってもらおうかな?」と促すと「いつも自分でしてるようにですか?」と確認するひなこ。「自分の好きなようにしていいよ。自分が気持ちよくなるようにね。」と優しく促す。おっぱいを揉み始めると「あんまりやらないの?」と聞かれるが恥ずかしそうに首を横に振り「いつもは・・・」といいながら脚をグイッと広げ丸見えになったパンティの上からオマンコを弄り始める。「いつもは指でやるんだ?」と横でひなこのオナニーを見ている男。クリトリスを刺激するとすぐに喘ぎ声を漏らし出すひなこ。すると男が「パンティ取っちゃおうか?」とスルリとパンティを脱がせていく。「脱いじゃうんですか?」といきなりパンティを脱ぐことに恥ずかしがるひなこ。「なんか・・・急だから・・・」恥ずかしいというひなこの脚をグイッと広げる男。左手でオマンコを広げながら中指でクリトリスを弄ると快感が激しく襲い顔を歪めていく。「ん〜〜、ん〜〜」と声を漏らしズブリと中指をオマンコに挿入してしまう。気持ちよさそうなひなこを見て「いつもそんなふうにやってるの?」と聞く男。「いつも・・・ハイ。ん〜〜〜」クリトリスを指で擦りながらズブリと指を出し入れするひなこ。「こっちも出しちゃおう。」と服をまくっておっぱいを丸見えに。豊かに実ったたわわなおっぱいがあらわに。クリトリスと膣を交互に攻めていくひなこに「これ使ってみるか?」とローターのスイッチを入れてクリトリスに押し当てる。「あ、あ、あ〜〜〜〜」激しい快感が一気に襲い始めるひなこ。「気持ちよすぎちゃって・・・」と恥ずかしさを隠しながらも震える快感を抑えきれないひなこ。「あ、あ、あ、あ〜イク、イク〜〜。はあ〜〜〜〜〜」とビクビクッとカラダを震わせながら一気に絶頂へ達してしまう・・・。ワケあり美女がイヤらしいことに挑戦していく物語。「いつものように・・・」オナニーをすることになり本気で絶頂。さらにおもちゃで男に何度もイカされてしまう。公園でナンパした中年オヤジに「フェラチオさせてください」とお願いしトイレに。いきなりフェラチオしてもらえることになった中年オヤジはズボンを下ろした時にはすでにビンビンに勃起していた。パクリと咥えたひなこを見ながら「嬉しいね〜」と満足げ。「どこが気持ちイイですか?」オヤジをイカせようと気持ちいいところ積極的に攻めていく・・・。スタイル抜群の巨乳ドM美女好きにお薦めする作品。

ケイ 悩殺網タイツ自撮りオナニー&羞恥プレイ激イキの夜
全身が網タイツの超絶セクシーな格好で足を広げているケイちゃん。しかも股間は完全に丸見えの状態。まさぐる指先からグジョグジョとイヤラシい音が響いてくる。「すご〜い、濡れてきちゃってるでしょう〜」とすでにオマンコが濡れ濡れだという。股間を下から覗き込むようなアングルに生唾ゴックン状態。ワレメを掻き分ける指先、さらにパックリと肉ヒダを広げて見せるケイ。「見えるかな〜?ほら?」とこちらを挑発するかのようにオマンコを広げる。「ん〜〜は〜〜」ゆっくりと中指がワレメを滑っていく度に吐息が漏れる。自撮りしていたカメラを置くと「じゃあ・・・これで・・・遊んじゃおうかな?」とローターを取り出す。スイッチを入れると乳首に押し当てていく。すぐに息が乱れ「すごい〜、乳首勃ってきちゃった〜」と感じ出す。「んは〜〜、は〜〜。すごい〜乳首コリコリしてる〜。」ローターを滑らせクリトリスに。同時に自撮りカメラを再び股間の下に置くと「ここで、よく見ててね。クリトリスに当たってるの〜」とローターをクリトリスにグリグリと押し当てていく。「ん〜〜、は〜〜、気持ちイイ〜。」と快感を高めていく。「こっちもよく見て〜」自撮りカメラを持ち上げ乳首攻めするローターを見せる。「こんなに乳首ビンビン」と網タイツから乳首がピンと飛び出ている。「すごいコリコリしてるのわかるでしょう?」勃起してさらに敏感になった乳首をコリコリすると再びローターをクリトリスへ。「は〜〜、あ〜〜。すっごい気持ちイイ〜」グリグリとクリトリスに押し当て快感を貪っていく。「もっとよく見て〜」自撮りカメラを近づけクリトリスをさらに激しく刺激していく。「あ〜、あ〜、あ〜、は〜、は〜、あ〜、あ〜〜、あ〜〜〜、気持ちよすぎて〜、あ〜、あ〜、あ〜イッちゃいそう〜〜、あ、あ、あ、イクイクーーー!」ビクビクとカラダを震わせながらイッてしまう・・・。美脚セクシー美女が全身網タイツ姿で自撮りオナニー。さらに目隠しされ羞恥プレイで言葉攻め、おもちゃ攻めされてしまう。興奮しビンビンに屹立した肉棒をしゃぶりさらに硬直させるとオマンコにズブリ。膣内を激しく突かれよがりまくる・・・。お風呂でオマンコをたっぷりと弄られるとお返しにチンポを激しくしゃぶってそのままイカせてくれる・・・。モデル系のスレンダー美女がこれでもかと繰り広げてくれるエロいひとときに何度もザーメンを発射してhしまう作品。

岬じゅん 少女から女へ・・・ 〜とめどない快感〜
超かわいいツインテールにキャミソール姿でシャワーを浴びている岬じゅんちゃん。しかもキャミソールは水に濡れて乳首がしっかりと透けて見える。服を着たままで水を浴びた女は何てイヤらしいんだろう。スルスルッと服を脱ぐとそのあどけない顔立ちからは想像できないほどの巨乳があらわに。形のいい綺麗なバストにますますそそられてしまう。バスタブに入ったじゅんはその豊満な乳房を揉みしだき始める。「あ、あ、あ」と喘ぎ声がバスルームに響いていく。過半紙片へと手を伸ばしオマンコを弄り出すとさらに喘ぎ声が大きくなっていく。体勢を変え後ろ向きになると後ろから攻められているかのようにオマンコを刺激していく。ローターを手に取り乳首をグリグリと刺激。さらにクリトリスに押し当てていく。顔を歪めながら感じまくるじゅん。四つん這いの体勢でオマンコをグリグリ。ローターの刺激が快感を上昇させていく。脚をM字に開いておっぱいを揉みくちゃにしながらバイブをズブリ。グリグリと掻き回すようにバイブをねじ込んでいく。ローターでクリトリス、バイブで膣と同時攻めで快感は一気に高まっていく。「あ〜、あ〜、あ〜、あ〜、ん〜〜〜。あ〜イキそう〜〜〜。あ〜〜〜、イクーーーー!」ついに快感は頂点に達しイッてしまう・・・。まだあどけない顔立ちの美少女。しかし体はすっかりに大人になっている。性的な快感も絶頂もすでに経験している。そして自ら快感を得るためのオナニーを経験する。さらに大人の経験も・・・。体を縛られバイブをオマンコにぶち込まれてしまう。激しい快感が体を襲う中、男の言葉攻めとおもちゃ攻めがさらに快感を上昇させていく・・・。何度もイカされる美少女のカラダ・・・。美少女好き、ロリ好き、M女好きにお薦めする作品。

上原舞 じっくりと攻められ蕩けるほどの快感に溺れるロリ美巨乳
たわわなおっぱいがこぼれそうなかわいいロリ系娘上原舞ちゃん。男はキャミソールの肩紐をずらしゆっくりと下ろしていく。すると豊かに実ったおっぱいがあらわになり男は指先で焦らすように触れていく。「あん〜〜」敏感に反応してしまう舞の目が虚ろになっていく。「ん、ん、ん〜」乳首を弄られ喘ぎ声を抑えられない舞。男はさらに後ろから両乳首をコリコリと弄り出す。スルスルと服を脱がされパンティだけにされると再びフェザータッチで全身を愛撫していく。すると堪らず「気持ちイイ〜〜」と声が漏れる。「あん、あん、あん〜〜〜」くすぐったさと気持ちよさが交錯しすっかり男に身を委ねる舞。四つん這いにさせられお尻をふわりと愛撫される。背中を舐められ同時にオマンコを弄られる。「あ、あ、あ、あ〜〜」ここでようやくオマンコをグリグリと弄り出す男。気持ちよさで体をビクビクと震わせる舞。男はゆっくりとTバックパンティを下ろしオマンコを曝け出す。恥ずかしさよりも気持ちよさが勝ってしまった舞はパックリとオマンコを広げられズブリと挿入された指の動きに喘ぎ声を漏らし続ける。「気持ちいい〜〜〜〜」グジョグジョとイヤラシい愛液が蜜壺から溢れ出て肉ヒダをヌルヌルにしていく。男はさらに指を挿入しゆっくりとGスポットを攻め始める。「あ〜、あ〜、あ〜、あ〜〜〜」グジョグジョグジョとイヤラシい音を立てながら快感が上昇していく・・・。ロリ系の美巨乳娘がじっくりと焦らし攻めされ快感に溺れていく物語。まだあどけないロリ顔娘が恥ずかしさよりも快感を求めていく。ロリ好き、美少女好き、巨乳好きにお薦めの作品。

山口玲子 淫乱グラマラスボディ享楽の果て
男たちの股間を摩りながら濃厚なキスを交わす山口玲子ちゃん。そのグラマラスなボディとセクシーランジェリーに男たちの股間はすでにパンパンに膨らんでいる。たわわなおっぱいを揉みながら乳首を刺激。「もうビン勃ちじゃない〜」はち切れそうなくらいパンツの中でビンビンに勃起しているチンポをさすりながら自らも興奮していく玲子。乳房は鷲づかみにされ乳首は激しく吸われる。男たちの手が玲子の前身を愛撫し指先は股間へ。「んあ〜〜〜」片足を抱えられパンティの上からワレメを弄られると堪らず声を漏らしてしまう玲子。パンツの上からチンポを舐め回しさらに硬直していく肉棒。男が横たわるとスッと腰を下ろし顔面騎乗位に。男はたっぷりと玲子の股間を舐め回していく。玲子も我慢できずにパンツからチンポを取りだしパクリ。ビンビンになった肉棒をジュボジュボと咥えていく。「おちんちんカチカチ」と嬉しそうにしゃぶり尽くす。「あ〜、気持ちイイ〜」パンティがグジョグジョになるほどクンニされ蕩けてしまう玲子。大tこはパンティの隙間から指を入れオマンコにズブリ。さらに深く指を入れ激しい手マンチョに。「あ〜〜、ダメ〜〜〜」立っていられないほどの快感にベッドへ雪崩れ込んでしまう・・・。爆乳グラマラスボディの美女が男たちと濃厚な3Pを繰り広げる物語。感度抜群な淫乱ボディは男のたちの下半身をカチカチに硬直させていく。バイブで、手マンチョで、肉棒で何度もイカされてしまう好色ボディ。巨乳好き、淫乱好きにお薦めする作品。

深田涼子 気持ちイイのが好き〜
「ねぇ〜一回でイイからヤラせてよ〜。お願い。」と男に懇願され困惑している女子校生の深田涼子ちゃん。「え〜〜!?マジで〜?・・・じゃあ、手でね〜」しかたなく妥協しようとする涼子だが男はその場で考え込む。「手で?・・・うーーん、わかった。手でイイよ。」それでも何もないよりはましだと思ったのか男はそれで妥協することに。溜息をつきながらその場にしゃがみ込む涼子に「そんな溜息つかないでよ〜」と口にする男のズボンを下ろしていく涼子。「しようがない。大サービスだよ。」涼子は割り切ってベルトを外していく。そんな不満げな涼子に「寂しいな〜」と言葉にする男だが涼子は笑いながらパンツを下ろす。「手だけだよ〜」と不満そうな男を窘めるようにチンポを握るとシコシコと手コキし始める。袋を刺激しながら竿を扱いていくがなかなか反応しない。「ちょっと口でもやってよ〜」とさらにリクエストする男だが「やだよ〜、ヤだってば〜。何言ってんの〜?」と即座に拒む涼子。「つまんないよ〜。」と不満たらたらな男に「こっちは楽しいよ〜。もっと喜びなよ〜」と当たり前の言葉が。諦めて手コキに集中しようとする男。涼子の手コキに徐々に反応を示す男。「お願いなんだけどさ。乳首舐めながらしてよ。」と追加のおねだり。完全に勃起しない男を満足させるためしかたなく乳首を舐める涼子。すると男のチンポが反応する。何とかキスやフェラをせがもうとする男だがそれらを拒み続ける涼子。何とかイカせようと手コキのテクを駆使していく・・・。シャワーを浴びた涼子はデニムミニスカにノースリーブのニット姿に。男が「今日も下着はどんな下着?」とパンティを見せて欲しいとリクエスト。「ヒョウ柄です〜」とスルスルッとミニスカをまくってくれる。「もっとゆっくり見せて〜」と後ろ向きにさせるとミニスカをまくってパンティをあらわに。「すごいな〜」と涼子のお尻に興奮していく。「おいしそうだね〜」と匂いを嗅がれますます興奮していく男。「おっぱいはどうなってるのかな?」ニットをまくるとこちらもヒョウ柄のブラジャーが。後ろからおっぱいを鷲づかみにしていく。ブラをずらすと「出てきた〜」と綺麗なおっぱいが丸見えになる・・・。有名女優に似ていると街でも言われるという女子校生が男にヤラせてと懇願される。しかし何とか手コキで済ませようとするが男は不満げ。人気のない公園で手コキで抜こうとするが・・・。シャワーを浴びて私服に着替えると男たち二人に気持ちよくしてもらう・・・。激しい手マンチョに絶叫しながら潮まで吹いてしまう・・・。顔良しフェラ良し感度良しでヤラレ顔が堪らない美娘。女子校生好き、ギャル好き、ロリ好きにお薦めの作品。

ひなこ 女子校生の放課後
「ただいま〜」学校から帰ってきたひなこちゃん。ベッドに寝転んで雑誌を読んでいた男は「おせーよー、何やってたの?」と少々お冠な様子。「ごめんね〜ごめんね〜」と猫なで声で男にすり寄り背中に乗るひなこ。制服のミニスカからパンティが丸見えになってしまう。「なんだよ、どうした?」「遅くなってごめんね」と甘えるひなこにすっかり落ち着いた男。「もういいよ。」と平静を装う男に「冷たい〜冷たいじゃん〜」とさらに甘えるひなこ。甘えてくる様子に何かあったのかと聞いてみるも「何にもないよ〜」とただ甘えているだけのひなこ。仰向けになってひなこの頭を抑えると「ちょっとこい」とスーッと顔を引き寄せていく。ひなこがかわいいと思ったのかそっとキスをする男。特別いいことがあったわけではないというが男と一緒にいる幸せを感じてか「チュー」とキスをせがむひなこ。舌を絡ませ合うキスに男が「勃ってきた」と下半身が反応してしまった様子。「触らせて」男はミニスカをまくり上げお尻をまさぐり出す。「うん」とかわいく頷くひなこは男に好きなように体を触らせる。「大きくなってない?」セーラー服の上からおっぱいを揉み感触が違うと感じた男はセーラー服をまくりブラジャーをずらしておっぱいを丸出しに。「恥ずかしいよ〜」とおっぱいを見られて恥ずかしがるひなこ。「なんで恥ずかしいの?」男は構わずおっぱいを揉みくちゃにしていく・・・。女子校生の日常を垣間見るかのようなシチュエーション物語。彼氏と過ごす女子校生がどんな風にエッチなことをしているのか?そんな様子を覗き見するかのようにかわいくもエッチなことに目覚めた等身大の女子校生がいる。好きな男に抱かれて大量に潮を吹いてイカされてしまう。男に気持ちよくなってもらおうとフェラ&パイズリでチンポを刺激していく。「そんなに突いたらすぐイッちゃうよ〜」感度抜群のエロ娘と化した女子校生は激しくイキまくる・・・。ロリ好き、女子校生好き、シチュエーションプレイ好きにお薦めする作品。

ケイ イイ女のイカせ方
セクシーなパンティを穿いてM字に脚を開いているケイちゃん。「普段からこういうのを穿くの?」と聞かれると「穿く時もある。」と日頃からお色気プンプンにおわせている様子。「ゆっくりなぞるよ〜、こうして・・・」と男が割れ目の沿って指を上に滑らせていく。「自分でギュッと食い込ませてみてよ。」とパンティをグイッと引っ張り食い込ませて欲しいとおねだりすると「えへへ〜」と少し恥ずかしがりながらもパンティを食い込ませてくれる。Tバックのエロいパン邸xがお尻にワレメに食い込んでいく。「いいですね〜」と男のテンションが上がると「こうやってまた弄るよ」とクリトリスからワレメに沿って指を滑らせていく。「すごいこれアップじゃない?そんな近くで見ないで〜」と間近で見られていることに羞恥心でいっぱいになってしまう。男はさらにパンティを引っ張りワレメに完全に食い込ませてしまう。ほとんどパンティの意味がないほどにオマンコが見えてしまう状態に。「こうやって周りもね・・・」と鼠径部を指で触れるとビクビクッと体を震わせて感じてしまうケイ。突然の反応に男の攻めも拡大。焦らすようにオマンコの周りを指で弄り出す。「イイ反応するね〜」と興奮していく男に「だって・・・」と感じちゃうからと言いたげなケイ。「このへんは?」とキャミソールをまくりおっぱいを丸出しにすると「乳首勃ってるよ?」とすでに乳首が勃起していた。堪らず恥ずかしそうな顔をするケイ。「じゃあ、これで触っちゃうぞ〜」と男がブラシで乳首を触り始める。微妙な感触が乳首を攻め性感を刺激していく。男は下半身へとブラシを滑らせワレメに沿って触れていく。じわりじわりと性感を刺激され顔が歪んでいくケイ。男はローターを取りだしワレメに押し当てていく。「あ、あ、あ〜、ダメダメ〜」と一気に顔が歪んで喘ぎ声を漏らすケイ。男はさらにパンティの中にローターをいれ直接ローターをオマンコに押し当てていく・・・。手足が長く美しいモデル系美女をじっくりと焦らし攻め。ゆっくりじっくりのバイブ攻めにすっかり快楽の虜となってしまう。本物が欲しいと貪るように肉棒をしゃぶりビンビンになったモノをズブリ。いい女系をよがらせるのが好きな方には堪らない作品。

友崎亜希 爆乳淫乱美女強欲3P
セクシーランジェリーから爆乳がこぼれ落ちそうな友崎亜希ちゃん。「二人もいると思うと嬉しいです。」と3Pにわくわくするという亜希。早速男が「爆乳がはみ出てますね。何カップですか?」とその巨乳に釘付け。「Hカップです。」と謙遜しながら答える亜希。男はHカップ爆乳を鷲掴みにして揉み揉み。B98W58H82の超ナイスボディな亜希。男たちは乳首をコリコリしながら普段のエッチ状況を聞いていく。「あ〜、気持ちいい〜」と乳首攻めに早くも感じてしまう亜希。17歳の初体験から揉まれ続けこんなに育ってしまったというおっぱい。足を開かせると穴あきパンティのためオマンコはすでに丸見え状態。「性感帯はどこかな〜?」とクリトリスをコリコリと刺激。「あ〜〜〜、気持ちいい〜〜〜」と感度の良さに男たちもテンションが上がっていく。「どんどん大きくなっていきますね〜」とクリトリスを刺激しどんどん勃起している様子。「あ〜、あ〜、あ〜〜〜」喘ぎ声を堪えられず顔が歪んでいく。「オマンコの中に・・・指が・・・」グリグリと掻き回すように指攻めされグチョグチョとイヤラシい音を立て始めるオマンコ。「ん〜〜〜、あ〜〜〜。そこ気持ちいい〜〜〜〜」「クリトリス大きくなってる〜」「あ〜、恥ずかしい〜〜」気持ちよさと恥ずかしさが交錯ししながらも快感に抗えない亜希。男はグチョグチョになったオマンコに顔を埋めていく・・・。爆乳グラマラズボディで感度抜群の美熟女が濃密で淫乱な痴態を見せてくれる物語。こんな姿でベッドにいられたら男はひとたまりもない。しかもすぐにオマンコをグジョグジョにして感じまくる姿は下半身をビンビンに硬直させるはず。この淫乱美女を満足させるには3Pしかないとばかりに入れ替わり立ち替わり肉棒が突き刺されていく・・・。巨乳好き、グラマラスボディ好き、淫乱好きにお薦めする作品。

上原舞 Gカップロリ巨乳娘のお疲れボディ性感癒やし
T157B89W59H87のスペシャルバイスボディなキュート娘上原舞ちゃん。「今日は楽しいです〜」と明るく元気なかわいい娘だ。おっぱいが魅力的なので早速「ちょっとまくって見せてくれる?」といわれスルスルッとキャミソールをまくってくれる。ポロリとあらわになったおっぱいに「やっぱ大きいっすね。」と女性インタビュアーがポツリと呟く。「私たち(おっぱいの)ない組は〜羨ましい〜」と本音を口にする。たわわで形もいいおっぱいに「それ何カップなんですか〜?」と羨望観たっぷりに聞くと「ブラジャーによっても違うんですけど〜だいたいGカップです。」と驚きの膨らみだ。乳首を弄られると気持ちいいという。「残念ながら気持ちよくしてくれる男の代わりにこれを連れてきました。」とローターを差し出す。「マイローターとか持ってたりするのかな?」と聞いてみると「持ってないですよ。私オナニーしないから」とオナニーしなくても事足りてるという。「自分でするよりセックスのほうが好きっていう感じなのかな?」セックスとオナニーは別物という女もいる中でどうやらオナニーには嵌まらなかったタイプのようだ。「では、これを渡すので気持ちよくなってみてください。」と一人の世界に没頭することに。普段はしないというオナニーだがローターを乳首に押し当てると敏感に感じてしまう。「あん、あん、あん〜」足を開いて股間の中心にローターを押し当てる。グリグリと掻き回すようにローターを押しつけると刺激がオマンコを直撃する。パンティを脱いでオマンコに直接ローターを押し当てる。「あ〜、あ〜、あ〜、イク、イク、イク〜〜〜」ビクビクとカラダを震わせながら絶頂へ達してしまう・・・。Gカップ巨乳のロリ娘がオナニーで絶頂。疲れ気味だという体をナイスガイが丁寧にボディ洗い&性感マッサージ。初めての潮吹きを経験する。気持ちよくしてもらったご褒美に手コキとパイズリでイカせてくれる。さらにローション&オナホールで手コキしてくれ男が早々に限界を訴えてしまう。最後は高速ピストンフェラで口内発射させてくれる・・・。ロリ好き、巨乳好きにお薦めの作品。

山口玲子 爆乳淫乱美女の濃厚オナニー&バキュームフェラ抜き
バスルームでローターを舐め回しオナニーしている山口玲子ちゃん。爆乳とグラマラスなボディが何とも堪らない。ローターをたっぷりなメルト足を開いてオマンコに押し当てていく。うなりを上げたローターはワレメに沿って滑っていく。「あ〜〜ん」ヌルヌルのオマンコにローターの刺激が快感を上昇させていく。ローターをズブリとオマンコに挿入すると「入ってるとこ見て〜」とズボズボとピストンさせていく。「あ〜〜、あ〜〜ん、すごい〜〜」クリトリスと膣を同時に刺激していく麗子。さらにローターをオマンコの奥深くまで突き刺していく。「後ろから入ってるとこ見て〜」四つん這いの態勢になり後ろからズボズボ。「あ〜、すごい〜。後ろから入ってる〜」再び態勢を入れ替えるとズボズボとピストンしながら乳首攻め。さらにクリトリス&膣の同時攻め。「あ、あ、あ、あん〜〜いい〜〜。あ、あ、あ、あ〜〜〜〜」クリと膣の同時攻めで快感が一気に上昇していく。「あんあんあん〜〜、ああ〜〜〜〜、イクーーーーー」快感が頂点に達し絶頂を迎えてしまう・・・。「おちんちん欲しいわ〜〜」物足りない玲子はチンポを咥え出す。ジュボジュボレロレロとたっぷりと唾液を絡ませて咥えられたチンポはみるみるうちに硬直していく。手コキも加えた高速ピストンに男は限界を訴える。「あ〜、あ〜、あ〜、イクよ〜〜」男は玲子の口から肉棒を引き抜くとドピュドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。爆乳グラマラスボディの淫乱美女が濃厚オナニー&フェラヌキしてくれる物語。グラマラスボディ好きには堪らない体に淫乱が加わり、男ならこんなふうに舐められたい・・・と思ってしまう内容。淫乱好き、爆乳好き、巨乳好きにお薦めの作品。

深田涼子 兄に捧げるカラダ 〜妹純愛物語〜
公園を歩いている深田涼子ちゃん。人の声がしてふと視線を向けると一人の男が何か必死に謝っている様子。話の内容からどうやら借金の取り立てのようだ。期日に返済できない男と取り立て屋の男たち。しかも借金を返済できなくて謝っているのはなんと自分の兄だった。取り立て屋たちは借金の肩代わりとして「妹を差し出せ」と迫ってきた。「そんなことできませんよ。」と必死に謝っている兄の姿を目撃してしまった妹。大好きなお兄ちゃんのために取り立て屋たちにカラダを差し出すことを決意した妹は取り立て屋たちにある条件を提示する。兄のネクタイを外し「これで目隠しをして。最初にキスと最後のフィニッシュはお兄ちゃんじゃないとイヤ。」健気な妹は目隠しをすれば兄に抱かれていると錯覚できると思い、途中取り立て屋たちに抱かれても我慢できると思ったのだ。「涼子、ごめんな・・・」兄は申し訳なさそうにネクタイで目隠しをすると「ホント、ごめんな。」と涼子にキスをする。「おいおい、いつまでやってるんだよ?」取り立て屋たちは涼子から兄を引き離し涼子のカラダをまさぐり始める・・・。早くに両親を亡くしそれでも仲良く生きてきた兄と妹。しかし兄には借金があった。返済に困りついに妹のカラダを差し出すことになってしまう。兄思いの妹は大好きな兄のため男たちにカラダを差し出すことを決意する。男たちにカラダを弄ばれる中、無情にも快感を抑えられずに喘いでしまう妹。大好きな兄の目の前で痴態を見せることになってしまった健気な妹の物語。シチュエーションプレイ好きには堪らない兄妹の設定。感じている妹の姿を見て兄も肉棒を硬直させていく・・・。シチュエーションプレイ好き、制服好き、コスプレ好き、ロリ好きにお薦めする作品。

ひなこ 先生・・・見てたんですか? 〜見られてしまったオナニー〜
放課後の教室で独り居残るひなこちゃん。鎮まる教室で妖しい声が漏れる。机に座り脚を開いて股間をまさぐっているひなこ。大胆にも教室でオナニーをしていた。「は〜〜、ん〜〜」とグリグリとクリトリスを刺激していく。グチョグチョと直接オマンコを弄り快感を貪っていく。「んあ〜、は〜」ズブリと中指を挿入しグチョグチョと膣の中を掻き回していく。「ん〜〜、あ〜〜」教壇に置いてあった試験管を手に取り指でオマンコを刺激しながら試験管を咥えて舐め出す。たっぷりと唾液をまぶしたところで試験管をズブリとオマンコに挿入してしまう。「んあ〜〜。あ、あ、あ」ズボズボとピストンしはじめると「あ〜、気持ちいい〜」とさらに快感を貪るように激しくピストンしていく。「あ〜、あ〜、あ〜気持ちいい〜」試験管をオマンコの奥深くまで突き刺しズボズボとピストンを繰り返す。グジョグジョと愛液のイヤラシい音が教室内に響く。「は〜、は〜、は〜、あ〜〜、ん〜〜〜〜」快感が高まっていき喘ぎ声が激しくなってきた時スーッとドアが開いた。「何をしているんだ?」なんと白衣を着た先生が教室に入ってきたのだった。「・・・見てたんですか?」オナニーを見られてしまい恥ずかしいひなこ。「エッチな声が教室から聞こえてきたから・・・」と教室内から響く喘ぎ声が気になり入ってきたという先生。「これは、試験患者ないか?」教材である試験管を使ってオナニーしていたことに驚く教師。「だって・・・気持ちよかったから・・・」恥ずかしそうに言い訳をするひなこ。「ダメじゃないか。これはエッチなことのために使う道具じゃないよ?」冷静に振る舞おうとする教師だが未だ試験管がオマンコに突き刺さっているところを見てしまう。「ちょっと見せてみなさい・・・」教師は抑えられぬ性的好奇心で「こんなにズッポリ咥え込んじゃって〜。気持ちよかったの?」と突き刺さった試験管を持つと「こうすると気持ちよかったの?」とズボズボとピストンしはじめる・・・。エッチなことに興味津々の女子校生が誰もいなくなった教室で大胆にもオナニーをしていた。しかし、喘ぎ声が教室の外に漏れてしまい一人の教師が教室内に入ってきてしまう。教え子である女子生徒があられもない姿でオナニーしている姿を見てしまい男の本能が顔を出してしまう・・・。オナニーを手伝い、さらにおもちゃで女子生徒をさらに快楽に溺れさせていく。四つん這いにさせアナルもオマンコも丸見えの態勢にさせ羞恥心でいっぱいにさせる。「先生・・・ダメ〜〜〜」バイブをアナルに挿入されてしまい経験したことのない快感が女子生徒を襲う・・・。

飯島彩 オマンコチェック&恥ずかしいフェラチオ
大胆なM字開脚でオマンコを丸見えにしてくれる飯島彩ちゃん。さらに両手でパックリとオマンコを広げてくれる。ビラビラの奥の肉ヒダがイヤらしく丸見えになってしまう。さらに恥ずかしいアナルも皺までクッキリと丸出しに。膣の奥まで丸見えになり堪らずチンポを挿れたくなってしまう。恥ずかしさを隠すように笑顔を振りまく彩。そこへ男が電動バイブを近づけていく。彩は「入っちゃうの?」という顔をしながら男の手元を見守る。男はワレメの中心にバイブを当てるとそのままゆっくりとねじ込んでいく。ワレメが広がりズブズブッとバイブがオマンコに突き刺さっていく。さらに男はゆっくりとバイブをピストンさせていく。ズボズボズブッと奥まで突き刺さったバイブがゆっくりと出し入れされていく。ピストンのスピードを変え激しくしていく男。今度はクスコを取りだしゆっくりとこれを挿入。クスコが膣の奥をグイグイと広げ固定される。膣の奥深くまで丸見えになりヒクヒクと内壁が動くイヤらしさ。男はたっぷりとオマンコチェックを終えクスコを引き抜く・・・。たっぷりとオマンコを調べられた美女が別の美女とチンポを舐め合うことに。「何をして欲しいんですか?」男は当然のように「舐めたりとか・・・扱いたりとか・・・」と気持ちよくして欲しいとおねだり。二人の美女は「恥ずかしい〜。目のやり場に困る。」とチンポを咥えてるところを見ているのも見られているのも恥ずかしいという。「元気にさせて〜」と恥ずかしがって本気を出せない美女たちに本気のフェラチオを要求。二人はジュボジュボと唾液を絡ませながら咥えていく・・・。オマンコっていったいどうなっているんだろう?こういう妄想をしながらチンポを勃起させていた時を思い出させるかのように、たっぷりとオマンコを堪能させてくれる。チンポを舐め合う時のリアルな感情を見せてくれる咥え合いのシーンではフェラチオ好き、手コキ好きにお薦め。

友崎亜希 淫乱爆乳ボディ痴女の激男イカせテク
たわわすぎる巨乳を抱えるように乳首を舐めている友崎亜希ちゃん。息づかいを荒くしながら股間もまさぐっていく。バスタブは大量の泡にまみれ亜希のカラダを包み込んでいる。オマンコからグジョグジョとイヤラシい音がバスルームに響き渡ると「あ、あ、あ、あ、あ、あ」と堪らず喘ぎ声も漏れ出す。「んあ〜、ん〜、は〜〜」ソープで爆乳を揉みくちゃにしながらオナニーに耽っていく。大胆に股間を広げ快感を貪っていく亜希。「んあ〜〜、んあ〜〜、ん〜〜〜〜」見せつけるように激しいオナニーをする亜希の視線の先には縛られた全裸の男たちがいた。亜希はローターのスイッチを入れると男たちのチンポにそれを押し当てていくとともにパクリとチンポを咥え出す。激しいフェラチオとローターの刺激に男たちの肉棒はみるみる硬直していくとともに男たちの喘ぎ声が響き渡る。強烈なWフェラと手コキローター責めで男たちの快感が上昇していく。尻コキ、素股、フェラ、手コキと激しい肉棒攻めについに限界が。「あ、あ、ああ〜〜イクーー」男は亜希の手コキにドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。亜希は残るチンポも徹底攻め。激しいパイズリ、フェラ、手コキ攻めに「あ〜、出る。イク〜。」爆乳めがけてそのままドピュドピュドピュッとイッてしまう・・・。そして最後の男も・・・。爆乳ボディの淫乱美女が激しい挑発オナニーを見せつけると縛られた男たちを次々と濃厚攻めにしていく物語。次々とイカされてしまう男たち。男なら一度はこんな攻められ方でイカされたい・・・そんな願望を叶えてくれる内容。爆乳好き、攻められ好き、痴女好きにお薦めする作品。

楠木さやか チャイナドレスの微少女
「ねえ?私のおっぱいの柔らかさ・・・知りたい?」ちゃうなどレスに二つのお団子ヘアーが超キュートなさやかちゃん。チャイナドレスのホックをゆっくりと外し胸元があらわに。乳首が隠れ見えドレスを脱ぐと小ぶりなおっぱいが丸見えに。するとさやかは「計ってみるね。」と乳首や乳輪のサイズを図り出す。そしてバストサイズを「計ってみます〜」と自らメジャーを回す。「80cm、ありました〜」とマニアには堪らないサイズ。「柔らかいよ〜」とおっぱいを揉みくちゃにしていく。そこへ全裸横たわる男が。さやかはチンポを握ると自ら乳首に擦りつけていく。柔乳や乳首に擦りつけられたチンポはみるみる硬直していく・・・。「私の前でオナニーして。」こちらにおねだりするようにおっぱいをまさぐっていくさやか。「ねえ?おちんちん勃ってきた?」「もっと扱いて〜」「まだイッちゃダメだよ?」さやかは自らもオナニーしてこちらを挑発していく・・・。チャイナドレスにお団子ヘアー、そして未だ未成熟なロリボディとマニアには堪らない超キュート娘がまるで恋人のように気持ちよくしてくれる物語。主観視線でたっぷりと舐めあげてくれるフェラ、IV風に全てを曝け出していく展開、主観ハメ撮りで臨場感たっぷりに見せてくれる。ロリ好き、コスプレ好き、ハメ撮り好きにお薦めする作品。

菰田もとみ 淫乱なカラダ
白い水着姿で車に乗っているもとみちゃん。すると男が「なんで車に乗ってるの?」と笑い出す。もとみもなぜか爆笑。「じゃあ、コンパニオンっぽく立ってみて〜」と男がおねだりするとスッとモデル立ちしてポーズを決めてくれる。「いいね〜。後ろも見せてよ」と後ろ姿もじっくりとチェックする男。水着が好きだというもとみもこのシチュエーションに満足げな様子。肌が白く白い水着にマッチしたところが男もお気に入りの様子。「ちょっとオナニーしてみて」とおねだりすると脚をM字に開いてオナニーをしはじめるもとみ。パンティに手を入れ直接オマンコを弄り出すとすぐにカラダをビクビクと震わせながら感じてしまうもとみ。「気持ちいい〜」と快感を求め続けるもとみに「イク時教えてよ〜」と男も興奮していく。「ん、ん、ん、ん〜〜」とカラダを小刻みに震わせながらあっという間にビクビクビクッとイッてしまう・・・。「満足した?もうしなくてもいい?」とこのあと本物はいらないかもと口にした男に首を激しく振って「欲しい」とおねだりするもとみ。「じゃあ、見せて。」男はブラの紐を解きおっぱいを丸見えにすると乳首をコリコリと刺激。「敏感だな〜」ともとみの反応に興奮すると「気持ちいい」ともとみはビクビクと震わせながら感じていく。男は四つん這いにさせるとオマンコをグリグリと刺激。「気持ちいい〜〜」と喘ぎ声を漏らすもとみ。「あ、あ、あ、イッちゃう、イッちゃう、イッちゃう〜〜」とクリトリス攻めであっという間に絶頂へ達してしまう・・・。超敏感なエロエロボディのドM美娘を何度もイカせて愉しむ物語。オナニーで、指で、おもちゃで、そして肉棒で何度もイッてしまう淫乱娘。巧みなフェラでチンポをビンビンに堅くしてくれる。主観ハメ撮りで臨場感たっぷりにこのエロ娘を抱いているような気分にさせてくれる。泣きそうになるほど気持ちがいいという淫乱なカラダにドM体質は攻め好きには堪らない逸材。

深田涼子 女子校生の妹 〜初めては・・・お兄ちゃんがいいな〜
シャワーを浴びている深田涼子ちゃん。有名女優似の美娘だ。形のいいたわわなおっぱいも本物を彷彿とさせるほど。スッキリとしたところでバスタオルをカラダに巻いてリビングへ。するとリビングでは兄が新聞を読んでいた。両親を亡くしてから早2年。「早いもんだね〜」と振り返るとあっという間に過ぎてしまったという。リビングでパンティを穿きブラジャーを付ける。「ねえねえお兄ちゃん〜、ブラのホック留めて〜」とおねだり。「なんだよ〜。そんなの自分でやれよ〜」と文句を言いながらも新聞を読む手を止めてホックを留める兄。「しようがないな〜。はい。」と再び新聞を読もうとすると「ねえねえ、最近私太ったかな〜?」とおもむろに兄の手を取り自分のおっぱいを触らせる涼子。「おいおい、なんだよ〜」とビックリする兄に「何お兄ちゃん照れてんの〜?かわいいね〜」とはしゃぐ涼子。「お兄ちゃん、まだ新しい彼女できてないんでしょう?」と最近彼女と別れたという兄。「いいじゃんか〜、そんなこと〜。」と少し不満げな兄。「この2ヶ月間エッチしてないってことでしょう?」とさらに踏み込んで聞く涼子。「ほっといてくれよ〜そんなこと〜」と妹に心配されるほどのことではないと言う兄。「お兄ちゃん、溜まってるんじゃないの〜?」とあけすけに聞く涼子に「そんなことないよ。」と答える兄。すると「涼子がお口でしてあげようか〜?」とさらりと言う。「おまえ、馬鹿なこと言ってるなよ〜」と妹の言葉としておかしいと怒る兄。「え〜いいじゃん〜〜」とブラウスを着ながら何の気なしに口にした涼子。しかし「よくない?おまえ、そんなこと言ってると学校遅刻するぞ?」と少々お怒りモードに。「大丈夫だよ、まだ〜」と余裕を見せる涼子。制服のミニスカを穿きながら話をしていると「オレは先に行くぞ〜」と兄はそそくさと先に出かけてしまう。「ちょっと待って〜お兄ちゃん〜」といつもの朝が始まった・・・。学校から帰宅した涼子は料理をしている。そこへ兄が仕事から帰宅する。「お帰り〜。もうすぐご飯できるからね〜」というものの「ご飯はいらないよ。」とどこか落ち込んだ様子の兄。「ご飯食べなきゃダメだよ〜」というも「食欲がないんだ。」と自分の部屋に籠もってしまう。涼子は心配になって兄の部屋へ。すると「私、公園で見たよ。・・・お兄ちゃんのために私、やってもいいわよ。」と深い決意をした様子の涼子。「その代わり・・・お兄ちゃんが私の最初の人になって・・・」という涼子に「おまえ、何言ってるんだよ?」と事情を察してしまった妹の考えを窘めようとする兄。「私・・・したことないし・・・口でもしたことないの・・・。」と未だ未経験だという涼子。「そんなこと言ったって、俺たち兄妹じゃないか?」「私・・・お兄ちゃんだったらいいな〜」と兄に迫っていく涼子。すると「お兄ちゃん大好き〜」と兄に抱きつく。「わかったよ・・・そこまで考えてくれたんだ・・・」と兄は妹に唇を重ねていく・・・。両親を亡くした兄妹が仲良く暮らしていたが、兄が問題を抱えていた。密かにそれを知った妹は大好きな兄のために自らのカラダを犠牲にしようと決意する。しかし未だ処女である妹は初めての経験は兄がイイとカラダを開く・・・。男ならかわいい妹とのエッチな妄想を巡らせてしまうモノ。そんなシチュエーションプレイ好きには堪らない内容。妹を女として抱く・・・兄は次第に妹のカラダに興奮していく・・・。制服好き、女子校生好き、妹好きにお薦めする作品。

ゆみ 初めての経験
「緊張してる・・・」というセーラー服姿のゆみちゃん。「楽しみだった」というゆみは「いっぱい期待してる」と期待と不安が入り交じっている様子。緊張を解きほぐすように男が笑顔で話しかける。「いっぱい期待してるの?・・・スケベなんだ〜?」とエッチな期待をしているゆみにツッコミ。すると「ん〜〜ちょっとだけ・・・」とエッチなところを隠そうとはにかむゆみ。「じゃあ、ちょっとか〜たくさんスケベなのか〜いろいろチェックしよう〜」とまずは性感帯のインタビュー。「内腿とか・・・」というゆみの太股を軽くタッチしていく。さらにキスを交わす二人。ゆみは「人の顔を見るのが好きなの」と目を開けてキスをするという。美々から首筋を舐められ喘ぎ声を漏らしてしまうゆみ。「耳?なんかね〜・・・いい。」と気持ちいいというゆみ。「もっとする?」との言葉に「うん」とおねだり。男は耳を攻めながらおっぱいを揉み揉み。さらに足を開かせ股間をまさぐっていく。「あ〜、は〜」と息が乱れていくゆみ。セーラー服を脱がせ下着姿にさせるとおっぱいを鷲づかみにする。ブラをずらして乳首を露出。「人前で見せるの初めて?」と聞くと「・・・初めて」と恥ずかしそうに頷く。おっぱいを露出させ乳首に吸い付く男。「は〜、は〜、あ〜」すっかり男の攻めに感じてしまうゆみ。パンティの上からクリトリスを弄りながら「これ何?コリコリしてるでしょ?言って?」と言葉を促すも恥ずかしがって言おうとしないゆみ。「やめちゃう?」と意地悪すると「・・・クリトリス」と言葉にする。「スケベだね〜」と淫語を言わせて言葉攻めする男。クリトリスをじっくりと攻めると恍惚とした表情で感じていくゆみ。パンティをグイッと引っ張りワレメにパンティを食い込ませる男。陰毛がはみ出して忽ち股間がエロくなる。男はゆみをマングリ返しにして「丸見え。」と羞恥心を煽る。「イヤ〜〜」と恥ずかしがるも「よく見せてよ」との言葉にすっかりいいなりになってしまう・・・。エッチなことに興味津々の女子校生が大人の男に優しく抱かれてしまう物語。羞恥心を煽られ淫語責め、感じ出すと「もっと〜もっと〜」とおねだりまでしてしまう。手マンチョで大量に潮を吹き喘ぎ声が響き渡る。透き通るような白い肌のエロ娘は肉棒を突かれて何度もイカされてしまう・・・。制服好き、ロリ好き、素人系好きにお薦めする作品。

飯島彩 部長・・・やめてください 〜上司に襲われたOL〜
資料室で資料を整理中のOL彩ちゃん。すると突然後ろから上司に抱きつかれてしまう。「なんですか?何するの?」と戸惑うも上司は「続けなさい」と仕事を続けるよう促す。上司は征服のスカートをたくし上げ太股からお尻を撫で回していく。スカートから覗く太股やお尻がイヤらしく男を興奮させていく。「ダメですよ・・・」と上司を窘めるも男の手は股間をまさぐり出す。「聞こえちゃうんじゃない?仕事しないと、ほら・・・続けなさいよ。」と黙って仕事を続けるよう指示する。上司は彩のカラダをまさぐり続け激しいキスを迫る。舌を絡ませながらのディープキスと激しくカラダをまさぐる上司に抵抗できずされるがままの彩。ワレメの中心を指で攻められ堪らず声を漏らしてしまう彩。「だ、ダメです・・・部長。」と上司の指攻めに感じてしまう彩は「そんなにすると・・・声が出ちゃう・・・。」と喘ぎ声を抑えられないという。「出さないようにするんだよ?」喘ぎ声を出さないように指示する上司の指はさらにグリグリとオマンコを刺激していく。「こうされると声が出ちゃうのか?」部長は彩を椅子に座らせるとグイッと足を開きオマンコを刺激していく。顔を歪めながら感じてしまう彩に「気持ちいいんだろう?」と制服を脱がせていく。ブラジャーをずらされおっぱいが露出、上司は乳首にむしゃぶりついていく・・・。美人Olが一人資料室で仕事中に突然上司に攻められてしまう。声を漏らせば社内に聞こえてしまうという状況で上司の毒牙にかかってしまうというシチュエーションプレイ物語。男なら一度は経験してみたいOLとの秘め事。若い美人OLの体を弄びたい・・・そんな願望を叶えてくれる内容。制服好き、OL好き、シチュエーションプレイ好きにお薦めする作品。

岡崎美女 二人だけの秘密
艶やかな着物姿で息子を連れ出す岡崎美女ちゃん。照れくさそうに手を取られて歩く息子に「お父さんには内緒よ。」と妖しげな言葉を口にするとスッとその場にしゃがみ込む。息子に視線を向けながら股間を愛おしそうにまさぐりだす。チャックを下ろしズボンをスルスルッと下ろすとパンツの上からチンポを舐め始める。すでに膨れあがった股間に舌を這わし舐め回すとパンツを下ろす。やはりすでに勃起したチンポが窮屈なパンツから飛び出し「うふふ。元気になっちゃてる〜」と微笑む美女。「エッチなおちんちんね〜。」とチンポを握りながら「どうして欲しいのかな〜?」とシコシコと手コキ。「あ〜、気持ちいい〜。・・・いろいろと・・・して欲しい・・・。」と恥ずかしそうにおねだり。「堅くなってるよ〜」ますます硬直するチンポを焦らすように握りパクリと咥え出す。ジュボジュボとピストンし、裏筋を丁寧に舐めていく。「おいしいよ。」興奮したチンポを嬉しそうにしゃぶり息子が気持ちよくなっていくのを愉しんでいる様子。「ここ、気持ちいい?」裏筋からカリ、袋まで手と口を使って刺激していく。「う、あああ〜〜」堪らず息子の口から喘ぎ声が漏れ出す。手コキを加えながらジュボジュボとピストンし速度を速めていく。「お母さん・・・お尻も舐めてほしい・・・」息子のおねだりにアナルを舐める美女。「ここも好きなの?」息子がアナルを舐められるのが好きと知り丁寧に舐めあげる美女。再びチンポをパクリと咥えピストンしていく美女。速度が速まり息子の息づかいが荒くなっていくと「あ〜〜、イカせて〜。」と限界を訴え出す息子。美女はさらに速度を速めて快感を上昇させていく。「は、は、は、は、は、あ〜〜〜〜、あ〜〜〜〜〜〜〜、うっ!!」美女の口内で肉棒の快感は最高潮に達してしまいそのまま美女の口内にドピュドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。「お、お母さん・・・出ちゃった・・・。」母の口内で快感が爆発し欲望をぶちまけてしまった息子。それを満足そうに全て受け止めてさらにゴックンしてしまう母。「残りも綺麗に・・・」と丁寧にお掃除フェラをする母・・・「二人だけの秘密」と密かに深く愛し合う母と息子。そんな禁断のシチュエーションプレイ物語。シチュエーションプレイ好きには堪らない設定でマニア心を擽る内容。