流出裏AVなどに特化した動画を無修正または薄消しで配信するサイトです。中でもコスプレ系の動画には根強い人気があり、コスプレマニアを軸に幅広い層から支持を得ています。

H:G:M:O 流出裏AV(2014年09月)



長澤あずさ 最高級泡姫 Iカップの美爆乳天国 1
清純派アイドル系正統派美人の長澤あずさちゃん、22才。B103W63H92のスーパーダイナマイトボディでIカップの巨乳だ。「自慢のおっぱいを拝ませてください。」と男におねだりされる。まずは服を着たままその場でジャンプ。おっぱいの揺れを確認する。次にセーターを脱ぎブラジャー姿に。メロンのような巨乳に圧倒される男。「ではブラを取ってください。」ホックを外し手ブラ状態に。手ブラを取りブルルン巨乳を披露。男は感動する。「本当にIカップ103cmあるのか測ってみます。」とメジャーを取り出すと乳頭を起点に測り出す。「お〜、見事に申告通りでした。」とサイズに偽りがないことが証明された。「次は重さを量ってみましょう。」とおっぱいの下に秤を。なんと両方併せて1.8kgもあった。これでおっぱい検査は終了しシースルーの下着に着替える。男二人があずさの両サイドからうなじを攻めていく。さらに乳首をコリコリ。「乳首舐められるが好き。」と気持ちよさそうな顔をするあずさ。足を大きく開かされクリトリスを攻められると吐息が漏れ出す。男はさらにクリトリスを丁寧に攻めるとあずさは腰をくねらせて感じてしまう。「あ〜気持ちいい〜」と興奮していくあずさ。プライベートでも電動マッサージ器を使ってオナニーをするというエッチ好きなあずさ。男たちはローターで乳首を攻め出す。さらにクリトリスのローターを押し当てていく。快感が一気に上昇してしまうあずさ。「あ〜イッちゃう。イッてもいいですか?」とお願いすると腰をくねらせながら「あ〜、あ〜」とビクンと体を震わせながら絶頂へ達してしまう・・・。

なつみ Gold Angel 13 ゴールドエンジェル 1
内閣総理大臣として「成人女性中出し法案」が可決されたことを記者会見するなつみちゃん。少子化対策ですべての成人女性に中出しを義務づけるという画期的な法案だ。会見を終えたなつみ総理に秘書官から「国民からの苦情が殺到しております。このままでは暴動が起きる可能性があります。」という報告を受ける。なつみ総理は「わかりました。中出しがいかに重要か、国民に私が説明しましょう。体を張って・・・。」と身をもって説明したいと訴える。秘書官は総理の体を心配するが「構いません。」となつみ総理は一蹴する。「まず、強い精子を作らねば、一発受精など望めません。」とカメラの前に立つなつみ総理。「私のオナニーを見て射精の興奮を高めてください。」と「最強精子育成計画」と称して、総理自らが成人男性の精子を強力にするため、オナニーで興奮してもらおうという計画だ。なつみ総理は服を脱ぎだしあっという間に豊満なおっぱいまで露出してしまう。パンティの中に手を入れ、おっぱいを揉みくちゃにし、乳首を弄り出す。喘ぎ声を漏らしながらパンティを一気に脱ぐと一糸纏わぬ全裸になり、オマンコをさらけ出していく。パックリと割れたオマンコになつみ総理の指が絡み出し、クリトリスを刺激していく。なつみ総理の喘ぎ声が響き、愛液でオマンコが濡れてくる。両手でオマンコを広げ、クリトリスを露出させると集中的に攻め続けていく。なつみ総理はローターを取り出しスイッチを入れると乳首に押し当てていく。ローターの振動が乳首を刺激し喘ぎ声が激しくなっていく。さらにローターをクリトリスに押し当てグリグリとかき回すように攻めていく。なつみ総理の顔が歪み快感が上昇していく。なつみ総理は体を前屈みにし、ローターをズブリとオマンコの中に挿入していく・・・。

ももかりん ENCORE Vol.32 りんのエッチな私生活 1
かわいいモデル系美人のももかりんちゃん。「最近、新しくペットを飼いました。」と近況を語ってくれる。すると男が「将来、変わったことをさせようとしてるんでしょ?」とエッチな妄想をしてくる。「オマンコが濡れやすいって噂だよ?」と男が耳元で語り出すとりんはすぐに興奮してしまう。「足を開いて。」男の言うとおりに足を開いていくりん。男はパンティをチェックすると「ここ、濡れてる。」と既にりんのオマンコは反応している。恥ずかしそうに服を脱いでいくりん。ブラジャーを取ろうとすると「あ〜乳首勃勃っちゃった。」とすでに興奮状態であることを告白。「刺激が強すぎる。」と乳首を弄ると激しく反応してしまうりん。パンティを一気に脱ぎ足をM字に開いていく。「クリちゃん見てみようか。」とオマンコをパックリ開くと「敏感だから剝かないで。」と恥ずかしがるりん。「オナニー見せて。」とリクエストする男に「できないよ。」と躊躇うが「オナニーして濡れるとこが見たいから」といわれ「じゃあ、ちゃんと見てね。恥ずかしいから一回しかしないからね。」とパックリとオマンコを開きクリトリスを弄り出す。「敏感なとこ弄ると、すぐこうやって糸引いちゃうの。」とすぐに濡れ濡れになってしまうオマンコ。「ここをね、こうするとすっごく気持ちいいの。」と指でかき回すように弄っていく。「りんの敏感なオマンコ見えますか?」たっぷりと濡れ濡れのオマンコにズブリと指を挿入していくりん。「ヌルヌルになってるよ。指すっぽり入っちゃった。やっぱり濡れやすいのかな?」と指をグチョグチョと出し入れするとさらにグジョグジョになっていくオマンコ。すると男がローターを取り出し乳首に押し当てていく。「やさしく、最初は優しく。」と敏感だからとおねだりするりん。りんはローターの振動を一番弱くしてクリトリスに押し当てていく。「あ〜変な気分になってきたよ。」と快感が上昇していくりん。激しくローターを押してながら擦りつけていくりん。「気持ちよくなると止まらないんだもん。」快感を貪るようにローターを押しつけるりん。さらにズボリとローターをオマンコに挿入していく・・・。

晴華れい 逆恨みされた女教師
「みなさん、今日は関数の問題ですね。」と教科書を開き授業を始める女教師の晴華れいちゃん。しかし、れいには忌まわしい過去があった・・・。ある日の放課後のこと、突然元教え子たちが教室に入ってくる。するとれいの腕を掴みおっぱいを揉みくちゃにしてしまう。男たちはロープを取り出すとれいを縛り上げてしまう。「退学になったこと、逆恨みしてるの?」と説得しようとするが、男たちは聞く耳を持たない。「先生さぁ、ずっとこんなのことしたかったんだよね。」と激しくおっぱいを揉みまくる男たち。ブラウスを引きちぎるとブルルンの巨乳ブラがあらわに。さらにブラジャーをずらされおっぱいを露出されてしまう。「きれいなおっぱいしてるじゃないか。」と先生の巨乳に興奮していく男たち。激しく乳首を舐め上げていくと同時にスカートをまくられストッキングの上からオマンコを弄られてしまう。体をくねらせてよけようとするが、男たちに机に上に座らされてしまう。足をM字に開かされ、パンストが破られてしまう。白いパンティの上から割れ目を弄られ、弄られた乳首は勃起してしまう。クリトリスをピンポイントで弄られると声を上げて反応してしまう。パンティの中に手を入れられオマンコを直接弄られると「あるはずのものがないんだけど?」と男がパンティをめくると、陰毛がきれいに剃られたパイパンオマンコだった。「校則違反じゃないのか?」ときれいなピンク色のオマンコに大興奮の男たち。れいのおまんこは、男たちにグチョグチョに弄られてしまう・・・。

哀川りん 褐色の贅沢尽くしボディ 1
ギャル系ショップ店員の哀川りんちゃん。スーツの胸元からおっぱいがはみ出そうなくらいの巨乳だ。そこへ、男の客が入ってくる。「よろしければ、私がコーディネートしますよ。」と早速お客にお薦めする。早速試着室で着替えるが、お客はあまり満足していない様子。「もう少し地味目のものを・・・」とのリクエスト。りんは「めんどくさいなぁ」と愚痴をこぼしつつ別のシャツを持っていく。りんが試着室のカーテンを開けるとお客はパンツ姿だった。「結構いい体してますね〜」と男の肉体に欲情してしまう。お客の体を触り始め「何かついてますよ。」と乳首をコリコリし始める。「いやいやいや・・・」と戸惑うお客の乳首を舐め始めていくりん。「結構汗かいてますね。」と乳首を舐めながら言うりん。「やめて欲しいんですか?ピクピクしてますよ?」と戸惑いを見せるお客。「こんなところじゃ・・・」と言うお客に「カーテン閉めたら大丈夫ですよ。でも興奮してるでしょ?」と挑発するように乳首を舐めるりん。さらに「あ〜ここもすごい濡れてる〜」と股間を摩ってくる。「洗濯物の匂いがする〜」と股間の匂いを嗅ぐといったん試着室から出て行く。そこへ別のお客がズボンを試着したいという。「今、他のお客様が使用中なので、よろしければここでお測りしますよ。」とお客の股間にメジャーをあてがい計測し始める。しかし、測り方がどうもおかしいとお客は怪訝な顔をし始める。りんは、「ちょっといいですか?」とお客のズボンを脱がせるとパンツの上からチンポに押しつけるようにメジャーで測り出す。「今時の測り方はこういう測り方なんですよ。」とチンポに擦りつけるように測るりん。「なんかピクピクしてますけど・・・どうしたんですか?」と股間が膨らんでしまうお客をからかうりん。そして、股間に触りながら「堅くなってきちゃったらズボン捌けないですね。いったん収めましょう。」とお客のパンツを一気に下ろしてしまう。すでに勃起しているお客のチンポをギュッと握りシコシコとしごき始めてしまう。「でかいですね〜」と肉棒をメジャーで測り出すりん。「18センチあります。テンション上がりました。」とシコシコと手コキしカリをぺろりと舐めていく。「こうやったらもっと大きくなりますか?」とパクリと咥えてジュボジュボとピストンし始めるりん。奥深くまで飲み込んだりんは「あ、試着室にお客さんいたんだ。だから静かにね。その方が興奮しません?」と痴女モード全開でジュボジュボと咥えていく。「あ〜こんなの、口に入らない。」と肉棒の大きさにびっくりしながら、両手で手コキも加えていく。「気持ちいいですか?」激しい手コキに喘ぎ声を漏らしてしまうお客に「静かに」と合図しながら、さらに激しく手コキをしていくりん。唾液でヌルヌルになったチンポはかなり気持ちよさそうだ。手コキをしながら口の中でカリの周りを舌攻めしていくりん。お客の反応に「あ〜楽しい〜」と完全に痴女なりん。そこへ、試着を終えたお客が試着室から出てきてしまう・・・。

園原りか 園原りかと青姦しよ 2
「りかのおっぱい見たいの?」とはにかみながら微笑む園原りかちゃん。プールサイドのチェアに座りながら「乳首も見たい?うふ、ちょっとだけだよ。」と手招きして、ブラジャーをぺろんとまくってしまう。「乳首勃っちゃってるけど。」と乳首をコリコリさせながら、早くも興奮気味のりか。「オナニーするとこ見たい?じゃ、見ててね。」とおっぱいを激しく揉みながら、足を大きく広げてショートパンツの中に手を入れ始める。オマンコを弄りながらすぐに気持ちよくなっていくりか。ショートパンツを脱ぎ、こちらを手招きして股間へ誘導していく。パンティへ手を入れオマンコをグジュグジュと弄っていく。「りかのオマンコよく見てね。」とパンティをずらしオマンコを露出させるとグリグリとクリトリスを弄っていく。とたんに激しく感じ出すりか。ズブリと指を挿入し奥深くまで突き刺していく。「あ〜気持ちいい〜」と快感を貪っていく。激しくクリトリスを擦りながら「あ〜気持ちいい〜」とクリ攻めの激しさを増していく。「あ、イキそう〜。イクとこよく見て〜。」とクリトリスを集中的に攻め絶頂へ達してしまう・・・。

桜井梨花 Gold Angel 12 ゴールドエンジェル 2
セクシーなビキニ姿でソファーに座っている桜井梨花ちゃん。そこへ無数の電動マッサージ器がうなりながら梨花の体に迫っていく。これから、原色ローションまみれ&連続絶頂&連続ぶっかけの攻めが待っているとは知らず、足を大きく広げている。電マが梨花の体を這うように動きまわり、激しい喘ぎ声が漏れてしまう。乳首、股間、太ももと男たちは容赦なく電マで責め立てていく。ひもブラが解かれ、おっぱいを丸出しにされると直接乳首に電マが押し当てられていく。さらに電マはオマンコに押し当てられ激しい振動が梨花を襲う。堪らず足を閉じようとするが、男たちは逆にパンティを脱がせてしまう。丸見えになったオマンコに電マが押し当てられていく。「あ〜そこ。そこ、気持ちいい〜」と電マの刺激に激しく感じていく梨花。「あ〜イッちゃいそう〜。」梨花が漏らした言葉に男たちはさらに電マを押しつけていく。「あ〜、イッちゃう〜。イク、イク、イク〜」梨花はあっという間に絶頂へ達してしまう。男たちは梨花をさらに責め立てるべく、梨花の全身に原色ローションを垂らしていく。全身をヌルヌルにされた梨花の体を男たちの無数の手が這い回る。男がうなりながら回転するバイブを取り出し、梨花に見せると、梨花はうれしそうに微笑む。男は梨花のお望み通りズブリとバイブをオマンコに突き刺していく・・・。

真咲まみ ENCORE Vol.29 恥汁ダダ漏れマンコに大量中出し!! 2
ギャル系の美人真咲まみちゃん。下着姿でソファーに座っている。男に「イッたことはある?」と聞かれ「イッたことはあると思うけど、まだあまりよくわからない。」という。では「体を開発しましょう」ということで足をM字に開かされる。「クリトリスの位置を指で指してみて。」といわれ指さすと男が「こういうのを当ててみましょうか。」と電動マッサージ器をオマンコに押し当ててくる。「あ〜ん。」とすぐに振動に感じ始めてしまうまみ。見たことはあるが使ったことはないというまみ。「気持ちよくなってくる、だんだん。」と激しい刺激に喘ぎ声が止まらないまみ。男は電マを乳首に滑らせ、押し当てていく。ブラジャーをとり直接乳首に電マを押し当てると体をくねらせて感じてしまうまみ。電マは再び下半身へ。オマンコに押し当てられ激しい振動がまみを襲う。「あ〜気持ちいい〜、イッてもいいの?」と体をピクピクと震わせながら「あ〜気持ちいい。あ〜イク。イク。」とあっという間に絶頂へ達してしまう。「次は直接当てるから、パンティ脱いじゃおうか。」とパンティを脱がせると、再びM字に足を広げさせる。男が電マをオマンコに押し当てると「あ〜、気持ちいい〜。ダメ〜。あ〜、ダメ。イッちゃう〜。あ〜気持ちいい、あ〜イク。」とあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。

あずみ恋 パイパンアイドルCRB48新曲はセンターで歌いたいの
超絶美人のあずみ恋ちゃん。新曲の衣装ができあがってきたということで早速試着することに。更衣室へ移動した恋は、着ている服を脱いでいく。前屈みになるたびに突き出されるおしりが何とも堪らなくエロい。下着姿になると自分のプロポーションを確認するように鏡を見ている。衣装を取り出し「かわいい〜」と一言。衣装に着替えいろいろなポーズでかわいさを確認。事務所に戻るとマネージャーのほかに新しいスポンサーの社長が待っていた。新曲を聴いてみることになり、恋はいい曲だと大変気に入った。この曲がスポンサーのCMソングに決まったという。スポンサーは恋をセンターに据えたいと希望しているが、恋にお願いがあるという。新商品を実際に試して欲しいという。「チャンスを生かそう」とマネージャーに促され、快諾する恋。「では、早速我が社の商品開発室へ移動しよう。」と3人は移動する。なにやら真っ黒な部屋で不審に思う恋。「もっとお近づきになりたいね。」と社長は恋の耳元でささやく。「芸能界はこういうところなんだよ。わかるよね?」と社長は恋に迫っていく。マネージャーにも背中を押され渋々受け入れることにした恋。「じゃあ、キスをしよう。舌を出して。」社長にいわれゆっくりと舌を出す恋。社長のキスに戸惑いながらも受け入れていく恋。「商品を宣伝するために、いい表情ができるかどうか、チェックさせてもらうよ。」と社長。「は、はい。」と頷く恋のカラダを触っていく社長。「もう子供じゃないんだから。」と足を広げながら太ももを愛撫するマネージャー。「ここはどうだ?」とオマンコを弄り出す社長。後ろ向きにされ四つん這いにさせられると、衣装をまくられおしりを愛撫されていく。「かわいいおしりだね。」と指をオマンコに滑らせていく。「あん」思わず声が漏れてしまう恋。社長の指が割れ目に沿って激しく上下されていく。「そこ、弱いんです・・・。」喘ぎ声を漏らしながら感じてしまう恋。「さあ、これが新商品だ。」といいながら社長は恋のカラダにローションをかけていく。「おー。ヌルヌルだね〜。君はうちの商品が一番似合うね〜。」と体にかけられたローションを伸ばしながらブラジャーの中に手を入れていく二人。「こんなにも乳首が勃ってるじゃないか?」とブラをずらされおっぱいが丸出しになる。ローションは下半身へもかけられ、股間がヌルヌルになってしまう。社長の手がワレメを滑っていく。「気持ちいいです。」足をM字に開かされ社長の指が股間をじっくりと攻めていく。パンティをぐいと引っ張られ、ワレメに食い込んでいく。「君のアソコにも、うちの商品を試してもらおうか。」と大量のローションを垂らしていく。オマンコに食い込んだパンティの上を指が滑るたびに激しく感じてしまう恋。「そんなに気持ちいいなら、直接見てあげよう。」とマネージャーにパンティを脱がされてしまう。露わになったオマンコは見事なほどツルツルなパイパンオマンコだった・・・。

加斗レア カトレア Cattleya 2
ショートパンツ姿がキュートな加斗レアちゃん。B85W56H84Dカップというナイスボディだ。ベッドに座っていると後ろから男がおっぱいを揉み揉みしてくる。うなじを舐められるのが感じるという。男はうなじを舐めながら性感帯を聞いていく。「そこ、乳首が感じるの。」と男の乳首攻めに早くも激しく反応する。「一番はアソコ。」と自ら足を開いていくレア。男はショートパンツの上から割れ目を刺激していく。喘ぎ声を漏らしながら感じてしまうレア。男はショートパンツの隙間から指を滑らせていく。直接クリトリスを刺激され「あん、ちょっと・・・」とさらに感じてしまう。男の指がクリトリスからワレメに滑り込みグジュグジュと攻め込んでいく。「マンコの中ですごい動いてる・・・」男はさらに激しく指マンで攻めていく。「あ〜ん、気持ちいい〜。オマンコの上の方が気持ちいい〜」とすっかり指マンの虜だ。「あん、あん、ダメ。イッちゃう。あ〜イッちゃう〜」と絶頂へ達してしまう・・・。

来栖りお Temptation Lady テンプテーションレディ 2
セクシーなシースルーランジェリー姿でダイナマイトなボディを見せてくれる来栖りおちゃん。ソファーに座りブラジャーの上からおっぱいをまさぐっていく。首のひもをスルリとほどき、ブラが滑り落ちるとブルルンとした巨乳がプルンとあらわに。指を舐めて乳首をコリコリ。両手でおっぱいを揉みしだく。表情が艶やかになりゆっくりと足を開くとパンティの中に手を入れていく。指先が割れ面をかき分けるように食い込んでいく。中指がスルリとワレメに滑り込む。Tバックパンティを一気に脱ぐとローターを取り出したっぷりと唾液で濡らしていく。中指はクリトリスを攻め、ローターは乳首を攻める。ローターを下半身へと滑らせ、オマンコをパックリと開くとクリトリスにローターを押し当てていく。堪らず喘ぎ声が漏れ出し、カラダをビクンと震わせて感じてしまう。極太バイブを取り出しスイッチを入れると、乳首に押し当てていく。バイブの振動が乳首を刺激しカラダが反応する。バイブはりおのカラダを滑り降り、開かれたオマンコにズブリと挿入される。りおは体制を変えると、突き刺したバイブをズボズボと出し入れしていく。バイブの刺激はりおのカラダを襲い、激しく感じてしまう。仰向けになり足を大きく開くと再びズブリとバイブを挿入していく。オマンコからは愛液が大量に溢れ出てバイブをヌルヌルにしてしまう。快感を貪っていくりおは「あ、あ、イクッ。」と絶頂へ達してしまう・・・。

園原りか 園原りかと青姦しよ 1
鏡に映る自分を見ながらため息をついている園原りかちゃん。ツインテール姿がキュートでかわいい。「よし、ちゃんとしよ。」と意を決したように机に向かい勉強を始める。「簡単なのにしよう。」と英語の書き取りを始める。しかし「あ〜もうわからないよ。」とはかどらない。ついには勉強をやめてしまう。するとおもむろに乳首を弄りはじめ「勉強よりこっちが好きだな。」とオナニーを始めてしまう。おっぱいを揉み揉みし、足を開いてペン先でオマンコを擦っていく。すぐに気持ちよくなり喘ぎ声を漏らしてしまう。ペンでは満足できなくなり、パンティの中に手を入れると直接オマンコを弄っていく。快感はすぐに上昇し喘ぎ声が激しくなっていく。パンティを脱ぐと「気持ちくなってきちゃった。」とオマンコをぱっkると開きクリトリスを擦っていく。再びペン先でワレメを滑らせ同時にクリトリスを攻めていく。ズブリとペン先をオマンコに挿入するとズボズボと激しく出し入れしていく。「あ〜気持ちいいよ〜」と快感を貪っていく。「あれ使おうかな〜」と引き出しからローターを取り出すとスイッチを入れペロペロとローターを濡らし、すぐにオマンコに押し当てていく。かき回すようにローターを押し当て、さらにズブリとローターを挿入していく。オマンコの中でローターはうなりながら震えている。ゆっくりとローターを出し入れし、クリトリスに押し当てていく。ペン先をズブリと挿入し、同時にローターでクリトリスを攻めていくと快感は一気に上昇する。「あ〜、気持ちいい〜。我慢できない。あ〜イッちゃう〜〜。」と体をくねらせながら絶頂へ達してしまう・・・。

桜井梨花 Gold Angel 12 ゴールドエンジェル 1
足を大きく開いてソファーに座る桜井梨花ちゃん。おっぱいを激しく揉み揉み。そのため乳首がブラからはみ出てしまう。オマンコが丸見え状態なままワレメを激しく擦っていく。すでにビショビショに濡れているため滑らかに指が滑っていく。パックリオマンコを開くと、クリトリスを激しく擦っていく。「あ〜気持ちいい。我慢できないからローター使ってもいい?」とローターを取り出すとスイッチを入れローターを舐めていく。乳首に押し当てるとすぐに刺激が襲い喘ぎ声が大きくなる。「あ〜気持ちいい〜」ローターをクリトリスに押しつけグリグリとかき回していく。「あ〜気持ちいい〜。あ〜もうダメ〜。」と激しい快感が梨花を襲う。「あ〜、イッちゃう〜、あ〜イク、イク〜。あ〜イクッーー。」とあっという間に絶頂へ達してしまう。バイブを取り出し、カリをたっぷりと唾液で濡らしていく。「入れてもいい?」と立ち上がると、足を開いてオマンコにバイブをズブリと挿入していく。「あ〜気持ちいい〜。あ〜。」とバイブを深く挿入しズボズボとピストンしていく。「あ〜気持ちいい〜。あ〜もうダメ。ダメダメ〜。」と快感を貪っていく梨花。「あ〜オマンコ気持ちいい〜」バイブをグリグリとかき回しながら四つん這いに。「あ〜イッちゃう〜。あ〜イクイクイク〜」ビクンとカラダを震わせて再び絶頂へ達してしまう・・・。

真咲まみ ENCORE Vol.29 恥汁ダダ漏れマンコに大量中出し!! 1
セクシーなランジェリー姿で登場の真咲まみちゃん。B83W57H85のキュートスレンダーだが、ブルルンなおっぱいが堪らない。ブラを取ってその巨乳を手で隠すが隠しきれない。服を着てインタビューされるまみ。男から「まみちゃんの裸が見たい。」といわれ、恥ずかしがりながらゆっくりと服を脱いでいく。「上も?」とブラジャーをゆっくりとはずす。「下も?」頷く男に、照れながらTバックパンティを脱いでいく。「一番大事なところを、M字開脚して。」といわれ、「恥ずかしい・・・」といいながら足を大きく開いてM字に開脚する。「自分でオマンコを広げてみて。」ゆっくりとオマンコを広げていくまみ。「あ〜恥ずかしい・・・。」といいながらパックリと広げてくれる。そこへ全裸の男が現れる。「クンニは好きですか?」と聞かれ、好きというやいなや、いきなりマングリ返しをされ、強烈なクンニをされてしまう。お返しにとチンポを舐め始めていく。「太いのが好き」というチンポ好きのまみ。パクリと咥えジュボジュボとピストンしていくとみるみる大きくなっていく。手コキも加えながらカリを集中的に攻めていく。「激しくして。」といわれ、手コキとピストンを速めていくまみ。男の息づかいが荒くなり快感が一気に上昇する。「あ〜」とまみの口から肉棒を抜くとドピュドピュッとまみの口内に発射してしまう・・・。

あずみ恋 パイパンナースの剃毛チン察
「気分はどうですか?」と患者に声をかける看護師のあずみ恋ちゃん。「今日は午後の手術があるので剃毛しに来ました。」と患者の陰毛を剃りに来たという。突然の宣告にびっくりしてためらう患者。なんとか回避しようとあれやこれやと逃げようとするが、頑として受け入れない恋。「じゃあ、僕の願いを聞いてもらえますか?」と交換条件を出そうとする患者。「内容をいわないとお受けできないです。言えない?」という恋に、患者は、ためらいながら恋の手を取り自分の股間に導いていく。「ちょっとだけ触って欲しいんです。」と訴える患者。「なに言ってるの?もうちょっとで手術なんだよ。」と断ろうとする恋。「触ってもらったら毛を剃ります。」と恋にお願いする患者。「これやったら、剃らせてくれる?ホントにちょっとだけだよ。」と渋々患者の股間を擦っていく恋。「こうでいいの?」興奮してパンパンに膨らんでいる股間を弄っていく恋。「直接触って。」とさらにお願いする患者。「ちょっとだけだよ。」と渋々患者の要望を聞く恋。パンツを下ろすとビンビンに勃起した肉棒が屹立している。手コキでシコシコとしごき始める恋。「もうちょっと近くでやってもらっていいですか?」と恋の顔を股間に近づける患者。しかたなく手コキを続けていく恋。「これ、どのくらい続ければいいのかな?」とそろそろ終わろうとする恋に、「ちょっとだけ舐めてもらえませんか?」とさらにお願いする患者。「しようがないな・・・。ちょっとだけだよ。」とペロリと舐める恋。それでは満足できない患者は、さらにおねだり。「口の中に入れて・・・」しかたなくパクリと咥えるも「もうちょっと、もうちょっと・・・」と要求はどんどんエスカレートする。観念したように「わかったよ。これが終わったら全部剃るからね。約束して。」と患者のパンツを脱がせパクリと咥えていく。ジュボジュボとピストンし患者を早くイカせようと激しくフェラチオをする恋。堪らず喘ぎ声を漏らしてしまう患者。先っぽをチロチロと舐めながら巧みなフェラテクを見せる恋。「あ〜すごい。」と大興奮の患者。裏スジから竿、袋までをねっとりと舐め上げていく恋。「気持ちいい?」と患者に聞くと満足そうに返事をする患者。すると「はい、じゃあおしまい。」とフェラを辞めて剃毛しようとする恋。寸止めで不満の患者は、再び抵抗し始める。恋は、なんとか剃毛させようと「私もパイパンだから・・・。」と説得するが、「じゃあ、見せて。」といわれ、パイパンオマンコを見せざるを得なくなってしまう・・・。

加斗レア カトレア Cattleya 1
セクシーな競泳水着姿で優雅に泳ぐ加斗レアちゃん。プールの中で水着を脱ぎ、全裸で泳ぐ姿はまさにマーメイド。控え室に戻り、コーチと柔軟体操をするレア。足を開いて体を折り曲げていく。後ろからコーチが体を押し柔軟体操をしやすくしている。足を大胆に大股開きにして体をかがめていくレア。体はかなり柔らかいようだ。続いてスクワットの練習。屈伸するたびに膝を折り曲げるので、股間がイヤらしい。大きく体をのけぞらせ、体を伸ばしていく。やはり股間がイヤらしい。するとコーチが「今日は特別な訓練をするからな。この特訓をすれば肺活量が劇的に向上するから。」とズボンを脱ぎレアの眼前に迫っていく。「まずは、先生の股間を堅くしてごらん。これを大きくしないと特訓にならないからな。」とレアの手を取り自らの股間に導いていく。コーチはパンツを脱ぎチンポを握らせる。シコシコと手コキをさせながら「さあ、特訓だぞ。」とあくまでも練習の一環であることを強調する。ためらうレアに「優勝したいだろ?さあ。」とチンポを口に含ませていく。みるみるビンビンになっていくコーチの肉棒。「奥までゆっくり。」と奥深くまで飲み込むように指導するコーチ。レアは「苦しい・・・」と訴えるも「これが特訓になるんだぞ。」とレアの頭を押さえつけて肉簿をさらに突き刺していく。コーチの長い肉棒はレアの喉まで突き刺さっていく。「そうだ、頑張れ、苦しいけど頑張れ。」とレアの苦しさに反比例するように気持ちよくなっていくコーチ。「そうだ、手も使って。」と手コキも加えながらジュボジュボとフェラチオをするレア。特訓の成果が発揮され、早い手コキにジュボジュボピストンでコーチの肉棒を気持ちよくさせていくレア。「いいぞ、その調子だ。」徐々に呼吸が荒くなり快感が急上昇していくコーチ。「あ〜」とレアの口から肉棒を抜くとドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。

来栖りお Temptation Lady テンプテーションレディ 1
落ち着いたお姉さん系美人の来栖りおちゃん。裸で横たわる男の乳首を舐め始めていく。チロチロとゆっくりとした攻めだ。りおの全身リップ攻めに男は体をビクンと震わせて反応してしまう。りおがキャミソールを脱ぐと、プルルンとした、たわわな巨乳があらわに。すっかり膨らんだ男のパンツを脱がせると、その巨乳で挟み込んでいく。さらに丁寧に袋を舐め上げ、カリをパクリと咥え出すりお。深いストロークを繰り返すとあっという間にビンビンに勃起していく。ジュボジュボとエッチな音を立てて、肉棒を飲み込んでいくりお。手コキも加えながらのフェラチオにチンポは悲鳴を上げそうだ。りおがピストンを速めていくと男は呼吸を荒くして反応してしまう。裏スジを舐めながらの手コキに、男は堪らず喘ぎ声を漏らす。「あ〜出そうだ。」男が限界を訴えるとりおは激しくスパートする。「あ〜イクよ。」ついに我慢の限界に達した男は、ドピュドピュッとりおの口内にザーメンを発射してしまう・・・。

桜子 Gold Angel 11 ゴールドエンジェル 2
「いい格好だな。おまえの気持ちいい姿を見させてもらうよ。」と穴あきパンティ姿で足をM字に開かれたままの状態でソファーに縛られている桜子ちゃん。身動きがとれない状態の桜子に男たちがローターをうならせて迫っていく。乳首、太股、股間と男たちはそれぞれの部位を攻め始める。思わず喘ぎ声を漏らしてしまう桜子。それを見た男が「もう感じてんのかい?そうやって感じてる姿を見るのが大好きなんだ。」と興奮していく。「変態」と思わずつぶやく桜子に、さらに強烈なローターが襲っていく。オマンコの周りを焦らすようにローターが当てられ、桜子は体をビクンと反応させてしまう。「気持ちいいんだろ?気持ちいいといってごらん?」と男に促され「オマンコが気持ちいい〜」と本音を漏らしてしまう桜子。オマンコはパックリと開かれそれをなぞるように強烈ローターが滑っていく。堪らず「気持ちいい〜」と声を漏らしてしまう。「我慢しないでもっと大きな声を出していいんだぞ。」クリトリスに強烈ローターが直接押し当てられ、激しく喘ぎ声を上げる桜子。「あ〜、あ〜、あ〜、イク、イク、イク〜〜」とあっという間に絶頂へ達してしまう。「もうイッちゃったのか?じゃあ、今度はもっと気持ちいいモノを与えてあげよう。」と男は超極太のバイブを取り出し「そのいやらしいオマンコにぶち込んでやるから。」とズブリと突き刺していく・・・。

波多野結衣 ENCORE Vol.28 清楚な顔して超欲しがりな女 2
「何で私、正座させられてるんですか?」と不満を漏らす波多野結衣ちゃん。すると「自分の胸に手を当てて考えてみてください。」と促される結衣。「えっ?」と考え込むが思い当たる節がない様子の結衣。すると「メイクルームで何してたんですか?」と問われ、思わずニヤついてしまう結衣。「何ニヤついてるんですか?」と咎めるように言われ、うなだれる結衣。「黙っててもこちらには証人がいるんですからね。」と動かぬ証拠があるようだ。そこへ「結衣さんにヤラれました。」と訴える男の証言が。「ちょっと待ってくださいよ。」と何か言おうとする結衣を遮るように、「言い訳なんて聞きたくありません。」と言われてしまう。「玩具で責めちゃってください。」と男がローターを目の前に取り出し「いいですか?罰ゲームですから・・・。」と結衣の乳首に押し当てていく。「罰ゲーム?」とあきらめたように受け入れる結衣。男は結衣の服をまくりブラジャーの上からさらに乳首を責めていく。思わず喘ぎ声を漏らしてしまう結衣。ブラがペロンとまくられ、きれいな巨乳があらわになると、直接乳首を責めていく男。急所に当たるたびにビクンとカラダを震わせて感じてしまう結衣。「もっとして〜」四つん這いになり、男におねだりし始める結衣。後ろからオマンコにローターを当てられると、腰を振りながら感じてしまう。「あ〜気持ちいい〜」と思わず声が漏れる。「直接やって欲しい〜」男は結衣のパンティを下ろすとあらわになった結衣のオマンコに直接ローターを押し当てていく・・・。

あすかりの(常盤りの) Red Hot Fetish Collection Vol.67 あすかりの 2
「それじゃ、始めるよ。」と男に促され「いいわ。」と答える全裸で座るあすかりのちゃん。するとりののカラダに無数の手が伸びてきて、全身をまさぐり始める。男たちの手がりのの体に触れるたびに感じて喘ぎ声を漏らしてしまう。足を大きく広げられオマンコをパックリと開かれると、オマンコはすでに濡れている。男たちの指がパックリと開かれたオマンコに容赦なく攻めてくる。クリトリスを弄られ同時にズブリと中指を挿入され、激しく感じてしまう。「気持ちいい〜」と喘ぎ声が激しくなっていくりの。さらには男たちの全身リップ攻撃に感じまくるりの。「僕からいいプレゼントをあげよう。」と男がりのの体に液体をかけていく。デルタゾーンに堪った液体を男たちは次々と飲み干していく。「全部きれいにしてあげよう。」と液体で濡れ濡れになったオマンコをベロベロと激しいクンニできれいにしていく。男の舌技に悶えまくるりの。「今度は僕たちにもして。」とチンポを出した男がりのの眼前に。パクリとしゃぶってジュボジュボとピストンしていく。「ほら、反対側にもあるよ。」りのは別の男のチンポもしゃぶっていく。りののフェラチオにより、すっかりビンビンに勃起した肉棒たちが、りのの口に激しく迫っていく。入りきらない肉棒たちを手コキで刺激していく。「気持ちよくしてあげよう。」男が電動マッサージ器を取り出し、りのの乳首を攻め始める。チンポをしゃぶりながら感じてしまうりの。電マは下半身へと滑り、クリトリスを攻めていく。電マ攻めにカラダを震わせて感じてしまうりの。「ほら、何度もイクんだよ。」と足をM字に大きく広げられ、電マがクリトリスに押しつけられていく。とてつもない快感がりのの体を襲い、「亜〜、亜〜、イク、イク〜」と激しく絶頂へ達してしまう・・・。

鈴房ありさ STYLISH COS スタイリッシュコス 2
キュートなテニスウェアでラケットを振っている鈴房ありさちゃん。それに少し疑問を感じ「コーチ、これで大丈夫ですかね?」とコーチにアドバイスをもらうありさ。「じゃあ、このボールを打って見ろ。」とコーチがありさにボールを投げ、ありさはボールを打ち返していく。「ダメだ、ダメだ。全然わかってないな。」とコーチはありさのラケットの持ち方が悪いと指摘する。「そうだな。じゃあこいつを握って見ろ。」とコーチは自分の股間を指さす。「えっ?全然意味がわからないんですけど・・・。」と戸惑うありさ。しかし「テニスの基本は?ペニス。」と教えられ納得するありさ。コーチはズボンを脱ぐとチンポを握らせる。コーチは握り方を教えシコシコと手コキさせていく。「次はどうすればいいですか?」とコーチに尋ねると「手でわからないときは、口だ。」とチンポをしゃぶらせる。舌先でペロペロと刺激していくありさ。「よし、もっと深くまで咥えてみようか。」とさらにチンポを飲み込ませて。「よ〜し、アドバンテッジは取ってるからな。一気にたたみ込むぞ。」と横たわり、さらにしゃぶらせていく。「スナップもきかせてな。」と手コキも加えるよう指示。コーチの肉棒はビンビンに勃起している。「こうですか?コーチ。」とジュボジュボと咥え、手コキで激しくピストンしていくありさ。「いいぞ。」とありさのフェラと手コキに興奮するコーチ。ありさの手コキにスピードが速くなりグジュグジュとエッチな音が響いていく。思わず吐息を漏らして感じてしまうコーチ。「よ〜し、一気に決めるぞ。口も仕使え。」とフェラチオを指示するコーチ。ありさは再びチンポをパクリと咥えると高速ピストンでジュボジュボとしゃぶっていく。「よ〜し、イクぞ。あ〜イク〜あ〜」とコーチはありさの口内にドピュドピュッと発射してしまう。ありさは「コーチ、出ました。」と大量のザーメンを手のひらに出す・・・。。※デジタルノイズあり

中野美奈 Stylish Body スタイリッシュボディ 2
「美奈ちゃん、息が荒くなってるよ。」下着姿で足をM字に開かされ、縛られている中野美奈ちゃん。その状況に興奮して、思わず息づかいが荒くなってしまった美奈。ブラジャーをまくられ乳首を刺激しただけで、激しく喘ぎだしてしまう美奈。男はローターのスイッチを入れ直接乳首に押し当てていくとさらに激しく感じてしまう。男が股間を触ると「おもちゃで弄られたい〜」とおねだりする美奈。男はパンティの上からローターを這わせていく。ビクンとカラダを震わせて反応する美奈。男はパンティをめくりオマンコを丸出しにするとすでにオマンコはじっとりと濡れていた。男はクリトリスにローターを当てていくとさらに激しく感じてしまう美奈。「あ〜だめ〜。あ〜。」と腰を激しく振るわせて感じていく美奈。男はさらにローターをクリトリスに押し当てると「あ〜だめ〜イッちゃう〜」とあっという間に絶頂に達してしまう。男はさらに極太バイブを取り出すと「じゃあ、このバイブでいっぱいほじくってあげようか?」と美奈にバイブを舐めさせる。グリグリと回転するバイブがたっぷりと濡れたところで、美奈のオマンコにズブリと突き刺さしていく。バイブは美奈にオマンコの中をグリグリとかき回しながらピストンされていく。美奈は「あ、あ、あ、ダメ〜、イッちゃう〜」激しく喘ぎ声を上げてあっという間に絶頂に達してしまう・・・。

桜子 Gold Angel 11 ゴールドエンジェル 1
モデル系超絶美人の桜子ちゃん。B86W57H83Fカップの超ナイスボディだ。うなだれている桜子の前に男が現れ「これを返して欲しければ、依頼人の性欲を満たすんだ。できるな。」と条件を示される。受け入れて依頼人の所に行く桜子。待っていた依頼人は「なかなかの上玉だな。」とご満悦の様子。「まずはこれをしゃぶってもらおう。」と依頼人がズボンを脱ぎチンポを桜子の眼前に差し出す。パクリとくわえ込んでいく桜子。「舌を使うんだ。」といわれジュボジュボと飲み込んでいく。「こっちは手で触ってもらおうか。」ともう一人の依頼人がチンポを握らせる。ジュボジュボとピストンしながら手コキで刺激していく桜子。ペロペロと舌先でカリを刺激し手コキも加えていく。「こっちもしゃぶってもらおうか」と手コキさせていた男がチンポを咥えさせる。「二本同時に咥えるんだ。」と2本の肉棒を頬張っていく桜子。再び1本を咥えジュボジュボとピストンを繰り返しながら手コキで刺激を激しくしていく。ビンビンに勃起した肉棒ははち切れんばかりだ。あまりの気持ちよさに男は一気に我慢の限界に。「あ〜、イキそう、イクぞ。口開けろ。」と桜子の口内にドピュッと発射してしまう。「きれいにしろ。」と桜子はたっぷりとザーメンにまみれたチンポをときれいにしゃぶっていく。「今度はこっちで挟んでもらおうか。」もう一人の依頼人は桜子の服を脱がせ、その巨乳でパイズリしてもらいたいようだ。桜子は巨乳でチンポを挟みこみ上下にピストンしていく。男の先走り汁でヌルヌルになったチンポは気持ちよさそうに挟まれていく。「あ〜いいぞ〜。」一気に快感が上昇した男は「あ〜イク。」とドピュドピュッと発射してしまう・・・。

波多野結衣 ENCORE Vol.28 清楚な顔して超欲しがりな女 1
超絶美人の波多野結衣ちゃん。男が控え室にいる結衣を呼びにドアを開けると結衣が足を大きく開いてオナニーをしていた。思わずそれを覗き見してしまう男。結衣は男が覗き見しているとは知らずに激しくおっぱいを揉みながらオマンコを弄っている。指を激しく上下に擦りながら快感を貪っていく結衣。服をまくってブラジャーから乳首を露出させると、メイクで使うブラシで乳首を刺激し始める。すっかり興奮した結衣はパンティを一気に脱ぐとメイク道具でオマンコを擦り始めた。オマンコはすっかりグチョグチョに濡れている。ズブリとメイク道具をオマンコに突き刺していく結衣。ゆっくりとピストンしながらグチョグチョとオマンコをかき回していく。エッチな音をさせながら腰をぐねぐねとくねらせて感じてしまう結衣。カラダをビクンと振るわせながらあっという間に絶頂に達してしまう。「何やってるんですか?」と結衣が絶頂に達したところを見計らって部屋に入っていく男。結衣は「ねぇ〜、ちょっとだけ手伝ってよ。」と男に声をかける。「何手伝うんですか?」と期待する男。「触って」と男を誘惑する結衣。「まじすか?」と一気に興奮する男。男の手を導きながら「優しく触って。」と男におっぱいを揉ませていく結衣。「乳首も触って」男は言われるがままに結衣のカラダにのめり込んでいく・・・。※デジタルノイズあり

あすかりの(常盤りの) Red Hot Fetish Collection Vol.67
とあるバーで働くあすかりのちゃん。そこへ一人の男がやってくる。男がある言葉を告げると「伺いましょう」とりの。すると「りのさんの口で僕を癒やしてください。」と男。りのはカウンターから客席へ移動し、男のうなじを愛撫し始める。「私の唇で癒やされたいのね。」と男に激しくディープキスしていく。「舌をもっと出して」と促しながら男の服を脱がせていく。男の乳首を舌先で攻めながら乳首を吸う。「う〜ん、堅くなってきた。」と男の乳首が勃起してきたことに満足そうなりの。指先で乳首をコリコリ攻めながら上半身をリップ攻め。「だんだん体も熱くなってきましたね。」と男が興奮してきたのを楽しんでいる様子。「さあ、腰を浮かせて。」と男のズボンを脱がせると、足の指を舐め始めるりの。唾液が足の指に絡み糸を引いている。「どうですかこれ?気持ちいいでしょう?」とたっぷりと足先から太股へとリップ攻めするりの。「ここも私の唇で気持ちよくして欲しいのね」と股間を弄りながら上目遣いで男を見つめる。パンツを一気に脱がせるとチンポの先から袋までチロチロと舌先で舐め上げていく。裏スジをチロチロと舐めながら「亀頭のスジの所、気持ちいいでしょう?」と舐めテクで男を興奮させていく。パクリとカリを咥えてジュボジュボとピストンすると「なんか、私も熱くなってきました。」とエプロンをはずすりの。勃起したチンポをパクリと咥えながら上目遣いで見つめてくるりの。「お客様、興奮してる?すごく堅くなってきた。」とりのの口の中でチンポがどんどん堅くなっているようだ。「なんか、私も興奮してきちゃいます。」と肉棒を咥えながら服を脱ぎ始めるりの。「もうこんなに堅い。ピクピクしてるじゃないですか。」と男が興奮していることに満足するりの。「お客様、こんなにビクビク反応しちゃって、私も興奮してきた・・・。」と自らパンティを脱ぎ始めていくりの。チンポを咥えながら左手でクリトリスを刺激し始めていくりの。「あ〜気持ちいい〜」と感じていくりの。「お客様も、もっと気持ちよくなって〜」と手コキでシコシコと扱きながら袋舐めで攻める。男は手コキと裏スジ舐めに堪らなくなり「あ〜イク〜」とりのの口内にドピュッと発射してしまう・・・。

早川瀬里奈 Gold Angel 10 ゴールドエンジェル 2
「瀬里奈のイヤらしい姿をいっぱい見て。」とおねだりしてくる早川瀬里奈ちゃん。ドレスを脱ぐと、張りのあるきれいなおっぱいが丸出しに。さらにゆっくりとパンティを脱いで全裸に。おっぱいを揉みながら、取り出したローターをクリトリスに押し当てていく。すぐに感じて喘ぎ声を漏らす瀬里奈。乳首はすっかりピンと勃起している。オマンコからは愛液が滴り落ち濡れ濡れの状態に。バイブを取り出した瀬里奈はその濡れ濡れのオマンコにゆっくりと挿入していく。スイッチを入れオマンコの中がかき回されていく。「ねぇ〜、みんな瀬里奈のこと見て興奮してる?いっぱいザーメンかけて。その方が瀬里奈も興奮するから。ほら、オマンコに入ってるとこ、よ〜く見て。すっごくイヤらしいでしょ?」とこちらを悩殺してグリグリとオマンコをかき回していく。足を大きく開いてグイグイバイブを突き刺していく瀬里奈。そこへ、瀬里奈のオナニーを見て興奮した男がチンポを扱きながらやってくる。男は「あ〜」と瀬里奈のおっぱいにドピュドピュッとザーメンを発射する。瀬里奈はさらに足を広げてバイブでオマンコをズボズボと突き刺していく。すると別の男が「イクッ」と瀬里奈の太股にザーメンを発射。さらに別の男が「舌出して」と瀬里奈の口内にドピュドピュドピュッとザーメンを発射する。瀬里奈の口はザーメンまみれになり、溢れたザーメンを体中に塗りまくる。瀬里奈はバイブをオマンコの奥深く突き刺すとカラダを激しくくねらせながら絶頂へ達してしまう・・・。