流出裏AVなどに特化した動画を無修正または薄消しで配信するサイトです。中でもコスプレ系の動画には根強い人気があり、コスプレマニアを軸に幅広い層から支持を得ています。

H:G:M:O 流出裏AV(2016年09月)



中根ゆま Illusion DX Vol.1 イリュージョンDX 1 Part.1
ショートヘアーとサングラスが格好良く似合っている中根ゆまちゃん。今は大学生だというゆま。彼氏はいないという。過去に付き合った彼氏は6人。初体験は15歳の時。今までの経験人数は6〜7にんくらいという。バイト時代に時給を上げてもらう代わりに店長とエッチしてしまったというブラックな経験を持つゆま。このインタビューの後、事実に基づいたストーリーへ・・・。「お疲れ様です〜」と仕事を終えたゆまは更衣室へ。制服に着替えているとそれを覗いている怪しい男が。それに気づかず着替えを終えると店長から給料をもらう。「あの〜、時給を上げてもらえませんか?」と店長に直訴。「ゆまちゃん次第では時給アップできなくもないけど・・・」と意味深なことを言う店長。ゆまの手を取るといきなり股間を触らせる。「まだ、コックさんとかいますよ。」と戸惑うゆまに「大丈夫、俺が見張ってるから。」とズボンを脱いで下半身を露出してしまう店長。「ゆまちゃん次第だけどね。」と念を押す店長。ゆまは「これで、時給をアップしてくれるの?」と再度店長に確認すると「もちろん、ゆまちゃん次第だけどね。」と調子のよい返答。「本当に?」半信半疑なゆまは店長のチンポを握りながら意を決してパクリと咥え出す。「あ〜」ゆまのフェラチオに気持ちよさを隠せない店長。「気持ちいいよ。」とあっという間にビンビンに勃起してしまう。「あ〜」吐息を漏らしながら喘ぐ店長。そこを覗いているコックの姿があった。竿から袋まで丁寧に舐めあげるゆま。「あ〜すごい気持ちいい。」とビンビンに硬直させた店長。「あ〜、イッちゃうよ。」と早くも限界に近づいた店長。「あ〜出る〜。」店長はゆまの口内にドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。「じゃあ、お疲れ。」とその場を去って行く店長。翌日、学校の帰り道、ゆまを待ち伏せする店長。「学校の帰り?遊びに行こうよ。」と自宅へ連れ込む店長。学校生活のことを聞く店長に少し照れながら答えるゆま。「ちょっと目をつぶってて。」店長に言われ「怖いよ」といいつつ目をつぶるゆまに唇を重ねていく店長。「ダメですよ。」と抗うゆまの制服を脱がせていく店長。「すごいいい体だね〜」若い女子校生の魅力に耐えられなくなった男が時給アップを餌に体を弄ぶ物語。実体験に基づいたストーリーでかなりの興奮モノ。女子校生好きにも、ストーリーモノ好きにもお薦めできる作品。

星野あいか ドMペット美少女絶頂調教
男にペットとして飼われることになった星野あいかちゃん。四つん這いになって部屋を歩かされる。おしりをスパンキングされながら「最近うちのペットが言うことを聞いてくれないんだ。みんな協力してくれ。」と周りにいる男たちに協力を仰ぐ。「あいか、今日はみんなが指導してくれるんだ。だからみんなのことを先生と呼びなさい。」周りの男たちはバイブを持ってあいかを見つめている。「はい、わかりました先生。」ソファーに座らされると「もっと足を開いて、先生たちに見せつけるんだ。」と足を開かされるあいか。すでにアナルにはローターが挿入されオマンコは丸見え状態。イヤらしく口をパックリと広げている。「先生方、どうですか?」ご主人様はあいかのオマンコをさらけ出し男たちを促す。「みんなに気持ちよくしてもらいなさい。」ご主人様の言葉を合図に男たちはバイブのスイッチを入れ、一斉にあいかの体を愛撫し始めた。すぐに喘ぎ声を漏らしてしまうあいか。「中にも欲しいだろう?」オマンコをパックリと広げられズブリとバイブを挿入されてしまう。「どうしたらイクんだ。ちゃんと先生たちに教えなさい。」パイパンオマンコをズボズボとほじくられながら全身をバイブ攻めされると腰を震わせながらあっという間にオーガズムに達してしまう・・・。「イッたのか?じゃあ、こっちに来て足を上げてみなさい。」体の柔らかいあいかはまっすぐに足を抱え上げオマンコをパックリと丸見えにする。男たちは再びバイブをズブリと挿入し激しくピストンしていく・・・。ペットとなってしまった美少女が男たちに調教される物語。激しいバイブ攻めに何度もイカされ、男たちの肉棒を咥えさせられる。男たちの欲望を搾り取りゴクリと飲み干すドMペット。こういうペットなら飼ってみたいという方にお薦めの作品。

素人 スワッピングカー大走行 Part.2
青姦ができる場所を求めて森の中を歩いている男と女。するとその先にはすでに先客がいた。おしりを丸出しにされオマンコを攻められている美女が。喘ぎ声も憚らずに「イク〜」と男に攻められまくっている。言葉責めもされながらオマンコはグチョグチョになっている。男がズボンを下ろすとすでにビンビンに勃起したチンポが。パクリとチンポを咥えおいしそうにシャブリ出す。男は自ら腰を動かしピストン。「どんなことしてるか見られてるぞ。全部見られてるぞ。」美女の羞恥心を煽りながら興奮していく男。美女を立たせ前屈みにさせると後ろからズブリと肉棒を突き刺していく。「見られてもいいの?」男はズボズボとピストンしながら言葉責め。「いいの、いいの。あ〜イッちゃう〜。」と興奮した美女はあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。青姦好きの二組のカップルが出会い意気投合。同じ車に乗って合流することになる。そして男は自分の彼女の足を広げさせ、男に触らせる・・・。名前も知らない男女がお互いをスワップしてしまう物語。知らない男の肉棒を咥えオマンコにも挿入する。はじめは見ているだけだった男の彼女も裸になってしまう。好きな人には本当に堪らない大乱交モノの作品。

さやか 恥女モノ狂い 女子アナSEX・・・ 2
男に連れられ車に乗るさやかちゃん。すると男がいきなりおっぱいを揉み始める。服の上からでもはっきりとわかる巨乳に男は興奮していく。「すごいよ〜。カーテン一枚で仕切られてるだけで、外にはいっぱい人がいるよ。」と誰かに見られるかもしれないという羞恥心を煽る男。「誰か来たら困ります」というさやかに「ちょっと隙間から見える?」とカーテンの隙間を見させさらに羞恥心をくすぐる男。「見られてるかもしれないと思うと興奮するでしょ。」と男も興奮していく。服を脱がせブラジャー姿になると「あ〜、すごい。すごい。この中も見たいな。」と興奮すると「ダメです。」と焦らすさやか。「見せつけるように、イヤらしく脱いで。」とブラジャーを取らせるときれいな巨乳がポロリ。「ため息が出ちゃうな〜」というくらいの巨乳にますます興奮していく。後ろから激しく揉み揉みすると「ダメ、ダメです〜」とイヤがるさやか。後ろ向きにさせるとおしりを突き出させるような格好に。「ジーパンをひっぺがえして〜」とイヤらしくいうさやかに興奮して一気にジーパンを脱がせるとエロいおしりにさらに興奮していく男。「脱がせちゃいますよ。」パンティを一気に脱がせるとオマンコとアナルが丸見えになってしまう。男は「もっと足開いて〜」足を広げさせるとズブリと指をオマンコに挿入してしまう・・・。素人OLがナンパされ行きずりのセックスをしてしまう物語。2日前に彼氏とエッチしたばかりなのになんてイヤらしいのでしょうか。見せられたバイブに興奮し、自ら腰を突き出してくる淫乱ぶり。さらにはアナルにまでバイブを咥え込む。こんな淫乱な美女と一度はヤッてみたい、そんな願望を叶えてくれる作品。

素人 チ○○コ願望OL温泉旅行 Vol.1 Part.1
とある温泉街にやってきた二人の美女。「お昼ご飯食べてからお風呂入るんだよね?」とプランを確認し合う二人。温泉街のお店を巡りながら旅行を楽しんでいる様子。名所巡りをして旅館に着いた二人は「ご飯食べようね。」と途中で買ったお弁当を広げる。「めちゃめちゃおなかすいた〜」と互いの弁当を羨ましがりながら食べる二人。「ねえ〜知ってる?ここの温泉、混浴なんだって〜」と早くも出会いを予感させる。「すごい嬉しそうだよね。」とお互いに興奮を隠せない二人。「どうする?男が入ってきたら。」というと笑みを浮かべながら「襲う」と一言。「逆ナンしようよ〜」とアバンチュールを期待している。「いつもヤルことしか考えてないんじゃん〜」とからかうと「自分だってそうじゃん〜」とやり返される。「ヤロうと思ってるんでしょう?」と本音を聞くと「思ってるよ〜」とやる気満々の様子。食事を終えた二人は「そろそろお風呂入りに行く?」と浴衣に着替えることに。他愛もない話をしながら下着姿に。「相変わらずボインだよね〜」と巨乳を羨ましがるとさらにエッチなトークに。「オナニーとかするの?」と聞くと「するよ。」と恥ずかしがりながらも告白。そして、オナニーのやり方まで話し出す二人。トイレでおしっこの後そのままオナニーするというので「パンティも取っちゃおう。」とひもパンをスルリと解き全裸に。そのままオナニーすると「あ〜、恥ずかしい〜。自分も見せてよ〜」と相手のパンティを脱がせると「クリ派?中派?」とさらにエッチなトークが深掘りに。「なんかこの辺・・・」と言いながらクリトリスを弄り出すと「恥ずかしい〜。」と温泉に来てまでオナニーしている自分たちに笑い出す二人。「そろそろ温泉に行こうよ。」と浴衣に着替えて浴場へ。脱衣所で浴衣を脱ぐと念願の温泉へ。二人の美女が温泉をかけていると露天風呂にカップルと発見する。「あの二人、なんか怪しいね〜」とカップルを見ていると、女が先に出て行った。それを確認した二人は残された男のいる露天風呂へ。徐々に近づくと「こんにちは〜」と逆ナン。全裸を堂々と見せながら男を挟むように湯に浸かる。さっきの女は妻だという男の乳首をつまみ出し、コリコリし始める二人。「二人ともエッチなんだね〜」まんざらでもない様子の男の股間を触るとすでにチンポは勃起していた・・・。温泉で逆ナン、さらに二人の美女に白昼堂々と攻められるという、男にとっては最高のシチュエーションを体験できる物語。二人の美痴女がこれでもかと攻めてくれ肉棒は破裂しそうになってしまう。露出好き、痴女好きにお薦めする作品。

雨宮沙紀 非日常的青姦浪漫 1
とある高層ビルのエレベーターに乗る美女、雨宮沙紀ちゃん。女優の北○K子似の超絶美人だ。待ち合わせていた男と初めて会い「ちょっと緊張してます。」という沙紀。普段はOLをしているという沙紀は「普段味わえない刺激を求めたいなって・・・。ちょっと変わったエッチとか、普通の生活では体験できないようなことをしたい。」という沙紀に「外で脱いだことあります?」と質問。「ないです〜」という沙紀に「体験したことないことをしてみたいと思います。」という男。早速、服をまくってブラジャーを見せてもらうことに。いつ誰が来てもおかしくない場所で、谷間クッキリのおっぱいを見せてくれた。「では、下も見せてくれますか?」とパンティを見せてくれる。「隣のビルから見えますよ。」という男に「恥ずかしいですね・・・」と照れる沙紀。「後ろを向いてくれますか。」と後ろ向きにするとおしりを覗く男。Tバックのセクシーなパンティがあらわに。前を向かせて胸元からおっぱいを覗く男。乳首が丸見えになり恥ずかしがる沙紀。「思いっきり感じてる?」と聞かれ、恥じらいながら頷く沙紀。人の気配がするので「とりあえず行きましょうか?」とエレベーターへ。男はここでも乳首を露出させ羞恥プレイをする。さらにノーブラにさせ乳首がピンと勃っているところが丸わかりになる。二人は電車に乗ると男が持ち込んだ服に着替えて欲しいという。狭いトイレで着替える沙紀は裸になる。たわわな巨乳がタプンタプンと揺れ堪らない。着替えた沙紀は座席に戻ると静かにオナニーをさせられる。オマンコを激しく弄るように言われグリグリと刺激。「声出せない・・・」と気持ちいいのに喘げない表情が堪らなくエロい。周りに人がいる車内でクリトリスを弄り続けると顔歪ませながら喘ぎ声を我慢している。しかし「あ〜」と小さく声が漏れなんと絶頂へ達してしまう・・・。美人素人OLが非日常的な世界を求める物語。電車内オナニー、電車内露出、温泉の男湯に潜入してのセックスと羞恥プレイの連続。スリルたっぷりの内容に下半身も大興奮。露出好きにお薦めする作品。

すぎはら美里 M-Mode Vol.5
「すごくいいね〜」おっぱいが丸見えのセクシーランジェリー姿で登場のすぎはら美里ちゃんに男もはじめから大興奮。「聞きたいことがあるんだけどいいかな?」と言う男に「どうぞ。」と笑顔の美里。「オナニーとかするの?」と小声でいきなりの直球質問。「オナニーですか?何で小声なの?」と笑う美里。そして、「オナニーしますよ〜。美里は週に4回とか5回とか・・・多いときで7回くらい。」と性欲が強いという美里。「何か想像とかでするの?」という男に「持ちネタはあります・・・。正直に言うの?・・・辱められてる・・・」と一瞬躊躇する美里だが「一つは洋物ポルノのものすごく激しい内容を思い出しながら・・・」と、激しく攻められるシーンが堪らないという、どちらかというとM女な美里。「2つめはマシュマロみたいなポニョポニョな女の子が犯罪をしそうなおじさんにヤラれちゃってる所を想像して・・・」とこちらもM女丸出しの美里。「ではそのどちらかでオナニーしてください。」とリクエスト。足をM字に開いて指を割れ目に沿って這わせていく。たわわなおっぱいを揉みながらすぐに感じだし喘ぎ声が漏れる。パンティの中に手を入れ直接オマンコを弄り出すと顔を歪めて感じてしまう。「パンティ脱いで見せて。」とおねだりされイヤらしくパンティを脱ぐとパックリとイヤらしいオマンコが丸見えに。指をグリグリとクリトリスに押し当て快感を貪っていく。ソファーに横になり両手でオマンコを穿り出す。「気持ちいい〜」という美里に男がバナナローターを手渡す。マイローターを4つ持っているという美里は「これは初めてですね。」と新しいローターに心躍る。スイッチを入れると軽く乳首に触れ、徐々に下半身へ。ゆっくりと割れ目をなぞるように滑らせていく。グイッとクリトリスに押し当てると快感が上昇していく。そこへ全裸の男がチンポを勃起させて眼前に。「舐めたい〜」と美里は男の肉棒をパクリと咥え出す。舌先でチロチロと裏筋を舐めあげ焦らすように咥える。バナナローターはクリトリスを責め続けている。手コキを加えながらカリをジュボジュボとしゃぶっていく美里。「美里のお口にザーメン出して〜。美里のお口にいっぱい出して〜。」とろけるような顔で懇願する美里に男の息づかいが荒くなっていく。「イキそう、イキそう〜、あ〜〜〜」男は我慢の限界に達し美里の顔にドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。放たれたザーメンを巨乳に塗りたくる美里。ローターはクリトリスを刺激し続けている。「ダメ。すぐイキそう〜。あ、あ、あ〜〜〜〜!イク!!!」快感が一気に上昇し絶頂へ達してしまう・・・。キムタクと共演経験もあるグラマラス美女が濃厚なオナニーからフェラ抜き、そしてマグロ男を痴女責め。さらには2人の男に恥ずかしい体位で攻められ続ける淫乱ストーリー。巨乳好きにお薦めする作品。

星野あいか ペットを飼うことになりました 〜美少女ペットアナル調教〜
ケージの中でペロペロと水を飲んでいるかわいい美少女、星野あいかちゃん。先月、寒空の下でうずくまっていた所を男に拾われたという。「あいか、よくねむれたか?」と聞くと「はい、ご主人様。」と笑顔で答えるあいか。男はケージの扉を開けると「朝ご飯の時間だぞ。」とボールを差し出す。すると嬉しそうにケージから出てくるあいか。食べたくて興奮するあいかに「何、勝手に食べようとしてるんだ?まずやることがあるだろ?」と「お手、お座り、伏せ」とご主人様の指示通りにするあいか。「オナニー。」と指示されるとあいかは、まだ覚えが悪い様子。「ほら、こうやって自分の手で触るんだ。」とご主人様はあいかの手を取ると乳首を弄らせる。「体をもっと起こして。足ももっと開いて。」次々とご主人様の指示が出るが、あいかは、まだ気持ちよさがわからない様子。「じゃあ、これを乳首に当ててみろ。気持ちいいぞ。」とローターを手渡される。スイッチを入れ乳首に押し当てると息を乱して喘ぎ出すあいか。「あ〜、は〜」と気持ちよくなっていく。「今度はこっちも触るんだ。」とオマンコを弄らせる。「あいか、ちゃんと見せなさい。」とパンティをずらしてオマンコを見せるように指示されると「はい、ご主人様。」とパックリと指で広げてみせる。「気持ちいいところを触るんだぞ。」あいかはグリグリとクリトリスを弄り出す。「あ〜、あ〜」割れ目をなぞるように指を這わせると「指を入れてみろ。気持ちいいぞ。」とご主人様。ズブリと指を挿入すると愛液が指に絡みついていく。「おしりにも指を入れてみろ。」「はい。」あいかは、ズブリとアナルにも指を挿入する。男はローターを手渡しさらにクリトリスを刺激させる。「ご飯の前のおやつだよ。」男はバイブを咥えさせたっぷりと舐めさせると「自分で入れてみなさい。」とバイブを手渡す。あいかはゆっくりとバイブをオマンコに挿入する。「あ〜」喘ぎ声が激しくなると「ちゃんとイクまでやるんだぞ。」ご主人様の命令にズボズボとピストンを速めるあいか。「あ〜ん、あ〜、あ〜、うぁ〜〜〜」腰を震わせながら絶頂へ達してしまう・・・。捨てられていた美少女をペットとして飼うことにしたご主人様と美少女ペットの物語。ご主人様は美少女ペットをかわいがり、たっぷりと気持ちよくさせる。きれいに剃られたパイパンオマンコとアナルを調教し、ご主人様のチンポにむしゃぶりつくようになっていく。ドM美少女好きには堪らない作品。

素人 スワッピングカー大走行 Part.1
「朝早くから起こされたからねむいよ。」とぼやく男。「しようがないじゃん〜」ときれいなロングヘアーの美女。「早く着かないかな〜」と楽しみな様子の男。「楽しみなの?」と彼女に問いかけると笑顔で「うん。」と答える。「やっぱり若い娘の方がいいんでしょ?」と男に聞くと「俺はね。でもおまえもそうでしょ?」と逆質問。「そうだけどね。」とこちらも若い男を期待している様子。「スケベだな〜。」と彼女の体をつつく男に「お互い様じゃん〜」と彼女も戯れる。これからどこへ向かうのか?いろいろ期待しながら車中の会話を楽しむ二人。車は渋滞の中をノロノロと走る。男は彼女の手を取ると「時間つぶしでもするか。これで・・・」と自分の股間を触らせる。「もう〜エッチなんだから〜」と二人はキスを交わす。「もう濡れてるんじゃないか?」とスカートをまくるとTバックパンティの上からオマンコを弄り出す。「外から見えちゃうんじゃない?」と周りの車から見えないかと不安になる彼女。「大丈夫。スモークガラスだから見えないよ。」と男。男は彼女の足を広げて窓の外へ向けてしまう。見えてそうで不安が増す彼女に「じゃあ、外に出てみてみれば?」と車外へ。外からは見えないことを確認し安堵する彼女。「ノーパンで外に出たの?」と彼女はすでにパンティを脱いでノーパンで外に出ていた。男は再び彼女の足を開き外に向けてオマンコを弄り出す。「あん」とすぐに感じてしまう彼女。男はおっぱいを丸出しにして乳首を吸い始める。「あ〜」男が指をズブリと挿入すると喘ぎ声が激しくなっていく。「あ、あ、あ〜〜」と顔を歪ませて感じてしまう彼女。「入れて欲しいの?何本?」と指を増やしてオマンコをピストンする男。「入れて欲しい・・・。あ〜〜〜」彼女がおねだりするとさらにズブリと奥まで挿入する。「あ〜、イッちゃう〜、イッちゃう〜。」と快感が一気に上昇する彼女。「まだイカせないよ。」と手マンチョをやめる男。バイブを取り出すとクリトリスに押し当てグリグリ。クリへの刺激でまたもやイキそうになってしまう彼女。「四つん這いになって。」彼女を四つん這いにさせるとズブリとバイブを挿入する。「あ〜〜〜」うなりながら回転するバイブをズボズボとピストンすると「あ〜、イク〜。ダメ〜〜〜!」とあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。バイブを入れただけであっという間にイッてしまうほどエロエロな彼女。車は目的の地へ到着する。二人は車を降りて湖へ。ボートを借りて漕ぎ出すと別のカップルに遭遇する。「向こうも興味あるんだよ。ちょっと足を開いてみな。」と足を開かせパンティを見せる。その様子を見ていたカップルが人気のない方へとボートを漕いでいく。カップルと追いかけ岸に着くと二人はさらにカップルを追いかけ森の中へ。するとカップルが森の奥でキスを交わしていた・・・。二人に刺激されたカップルはそのままセックスへなだれ込む・・・。青空の下での野外セックスを楽しもうと湖にやってきたカップルが別のカップルの野外セックスを目撃してしまう物語。人目を気にしながらも快楽を追求する様は興奮もの。普通の女の子が大胆に野外セックスをしてしまうのも驚き。青姦好きには堪らない作品。

みなみ 恥女モノ狂い 女子アナSEX・・・ 1
男に促されワンボックスカーに乗るみなみちゃん。すると早速男と濃厚なキスを交わす。男はみなみのおっぱいを激しくまさぐっていく。「ブラジャー取っちゃおうか。」と男に言われ服を脱ぐとたわわな巨乳が。「すごい大きいよ。」興奮しておっぱいを後ろから揉み揉みする男。ホックを外しおっぱいを丸出しにすると乳首に吸い付いて愛撫。「あ〜〜」激しい喘ぎ声を漏らしてしまうみなみ。「スカート脱いじゃおうか。」みなみがスカートとストッキングを脱ぐと男はパンティの上からオマンコを弄り出す。「あ〜〜〜」激しく感じてしまうみなみに「すごい感じやすいんだね。」とオマンコを攻めていく。「横から指入れちゃおうかな。」とパンティの隙間から指を入れオマンコを弄ると「すごいビチョビチョ。何でもう濡れてるの?何でか言わないと虐めちゃうよ。」男が意地悪を言うがみなみは恥ずかしくて答えられない。男はオマンコにパンティを食い込ませると「イヤらしい格好してるの見てみな。」とさらに恥ずかしがらせる。パンティを一気に脱がせるとオマンコをパックリと開いたり閉じたりする。「あ〜、舐めちゃおうかな。」グジョグジョとクンニすると「あ〜〜〜」とまたも激しく喘いでしまうみなみ。「ダメダメダメ〜」顔を歪ませながら感じてしまうみなみに男は指を2本ズブリと挿入してしまう。「どうして欲しい?」グジョグジョとピストンしていく男。電動バイブを取り出すと乳首に押し当てていく。男はさらにバイブをオマンコに押し当てグリグリとクリトリスを攻めていく。「ダメ、ダメ〜」みなみはさらに貪欲に快感を欲しがり自分でバイブをオマンコに挿入してしまう。「あ〜自分で・・・」男はズブリと挿入されたバイブをグリグリと掻き回しながらピストン。さらにアナルにまでバイブを挿入してしまう・・・。体をくねらせながら感じまくる淫乱美女。男の言葉責めとバイブ攻めであっという間に絶頂へ達してしまう。これほど乱れながらイキまくる女を男なら一度は抱きたいもの。アナルまで調教され2本責めも。清楚な美女を裸にしたらこれほど淫乱になるかと思うと堪らず大興奮。お薦めの作品。

素人 ゲット!ストリートファック
「今日のテーマはナンパです。」二人の男たちに課せられたミッションはナンパして女の子とヤルこと。すると一人は得意だというがもう一人は苦手な様子。「今まで声をかけてうまくいった例しがない。」と自信がないという。「まあ、どこまで行けるかやってみましょう。」と、とある繁華街へ繰り出す男たち。「どんな娘に声をかけようか?」と街を歩きながら「とにかくきっかけ作りが大事。」と極意を披露する男。「ご飯とかお茶とかどうですか?」バイト帰りだという女の子に声をかけるも撃沈する男たち。「まずは慣れないとね。」と失敗にめげない男たち。その後もナンパを続けるもなかなか難しい。「これから買い物しようと思って・・・」というかわいい女の子に声をかける。「とりあえず数秒でいいからお茶だけ飲みましょうよ。」とナンパ成功。女の子も半信半疑ながらついて行く。お茶を飲みながら世間話をすると徐々に打ち解けていく。ゲーセンでプリクラを撮ったあと、とあるビルの非常階段へ。なんとフェラチオをさせることに成功する。Wフェラをさせながら、実は「おちんちん好き」という素人娘の本音を聞き出す。手コキとフェラで男たちの興奮が盛り上がってたところにあるハプニングが起こってしまう・・・。男たちが繰り広げるナンパ即お持ち帰りをリアルに描くドキュメンタリー。二人は何人の素人娘をゲットできるのか?そしてどこまでイケるのか?

渡邊久美 NUDE ヌード
たわわなおっぱいをむき出しにしたセクシーな美女、渡邉久美ちゃん。おっぱいを揉み揉みして見せつける。網タイツにガーターベルトですらりと伸びた足が何ともエロい。「大好きなので毎日やってます。」というセクシーな衣装に男も興奮している。「毎日こんな格好で何を待ってるの?」と聞くと「エッチを待ってるの。」とエロい言葉。「イヤらしいエッチ。やったこともないエッチを待ってるの。」と男としては興奮を抑えられないほどのエロ娘。「オナニーはします。」という久美。「胸とか下です・・・」といきなりパンティを脱ぎ始める久美。「イヤらしいところはここを弄ります。・・・オマンコ。」と恥ずかしがりながらオマンコを弄り出す久美。張りのある巨乳を自ら激しく揉みながら気持ちよくなっていく。「気持ちいい〜。乳首・・・」と男に鷲づかみにされ揉みくちゃにされると顔を歪ませて感じていく。「Dの85」という久美の巨乳。「オナニーは15の時から・・・」という早熟なエッチ娘。「これどうなってる?」男はズブリとオマンコに指を挿入してグジョグジョさせながら久美に言葉責め。「経験人数は15人くらい」という久美をいすに座らせると足を開かせオナニーを続けさせる。「イヤらしい男が好き。」という淫乱娘。自ら指をオマンコに挿入してグジョグジョ。そこへ、興奮した男たちが久美の巨乳を揉みくちゃにし始める。「あ〜、いい〜」おっぱいを鷲づかみにされ興奮していく久美。男は乳首を激しく舐めながらバイブを当てていく。「もっとペロペロ舐めて〜」男におねだりすると男は久美の口にバイブを咥えさせる。たっぷりと唾液を絡ませると男はバイブをオマンコに。クリトリスにバイブを当て言葉責め。久美に恥ずかしい淫語を言わせる。「入れて〜」グリグリとうなりながら回転するバイブを見ておねだりする久美。男はクリトリスを弄りながら焦らすようにゆっくりとバイブを挿入していく・・・。エッチの貪欲な娘が恥ずかしがりながらも快感を貪っていく物語。男たちに淫語を言わされながらオマンコにバイブを咥える。マングリ返しでオマンコをパックリと広げられながらバイブをズボズボとピストン。「やめないで〜」とバイブ責めをおねだりする。こんなエロ娘と一度はヤッてみたい、そんな方にお薦めする作品。

杉本セリカ M-Mode Vol.4
ミニスカート姿がキュートなお姉さん、杉本セリカちゃん。ソファーに座り自らおっぱいを揉み出す。すぐに気持ちよくなり吐息が漏れ出す。「は〜ん」目をとろけさせ股間にも手を伸ばしていく。ミニスカがまくれパンティがあらわになる。割れ目をなぞるように指を這わせると溜まらず喘ぎ声が漏れてしまう。ローターを取りだしブラジャーの上から乳首を刺激。「あ、あ、あ」ブラジャーの隙間からローターを乳首に直接当てる。足を開くとグリグリとローターをクリトリス押し当てていく。パンティの隙間からオマンコが見えエロい光景になる。四つん這いになり後ろから攻められるような格好に。アナルから割れ目へとローターを動かしていく。「あ、は〜あ〜。あ〜、あ〜、あ〜〜」激しい快感がセリカを襲い腰をグリグリと動かしながらあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。「気持ちよくなっちゃった・・・」恥ずかしい顔をしながらもオナニーで気持ちよくなった美女。エッチ好きな顔そのままにチンポ好きだという。キュートなスレンダーボディでスタイルは抜群。男ならスタイル抜群の女と一度はヤッてみたい。そんな願望を叶える作品。エロ美女好きにお薦め。

香川りお 初めての二穴挿入 〜ペットM美女ザーメンまみれ〜
とある廃墟ビルに屯する怪しげな男たち。「ほら、行けよ。」と男に言われ、下着姿の香川りおちゃんが犬のように連れられてくる。男におしりをスパンキングされるりお。すると「あれ?ペット変えたの?」と別の男が近寄ってくる。「ああ、今日が公園デビューなんだよ。遊んでやってくれよ。」とりおのお披露目だという男。「散歩したいよな?」と別の男にリードを渡すと、りおは男と散歩する。男たちの前をぐるぐると回りながらおしりにスパンキングされるりお。「みんなに顔を見てもらえ。」ち男がりおの目隠しを取ると「こいつ、チンポ大好きなんだよ。」とりおのチンポ好きをアピール。「誰かよ、えさの代わりに咥えさせてくれよ。」というと「ほら、おまえの大好きなチンポだぞ。手を使わず口だけでやってみろ。」と男がりおの口内にチンポを突き刺していく。ペロペロと舌を使って舐め回しパクリとカリを咥えていく。りおはおいしそうにチンポにむしゃぶりついていく。「他のやつも舐めさせてくれよ。」と男が言うと「俺のも頼むよ。最近溜まってるんだよ。」と勃起した肉棒を咥えさせる。袋までおいしそうに舐め回すりおに男も大興奮。男たちは次から次へと肉棒を咥えさせていく。「あ〜、気持ちいいな〜。」りおの頭を押さえつけズボズボと肉棒を口内に突き刺していく男。代わる代わるチンポを咥えられて嬉しそうなりお。男たちはこぞって肉棒をりおの口に突き刺していく。「おい、イクぞ。」興奮の限界に達した男はりおの口内から肉棒を抜くとりおの口元にドピュドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。「きれいにしろ。」ザーメンにまみれたチンポをペロペロと舐めてきれいにするりお。すぐに別の男のチンポを咥え激しくピストン。「あ〜、イク〜」男がドピュドピュッと顔射する。「ほら、こっちもだ。」激しく頭を揺らしてピストンすると「イッちゃいそうだ。イクぞ。」りおの顔にザーメンが勢いよく放たれる・・・。ペットとして飼われた美女が大好きなチンポを咥え次々とイカせる。男たちが放出したザーメンをペロペロと舐めゴクリと飲み干す。そして、ほとんど経験がないというアナルセックスで新たな自分を見つけるべく二穴挿入までしてしまう。生粋のドM美女が自分の限界に挑む物語。ドM好きには堪らない作品。

古河由摩 お姉さんにぶちまけて!
エロ本を見ながらオナニーしている男。そこへ「ただいま〜」とミニスカートを穿いた美女、古河由摩ちゃんが帰宅する。それに気づかずオナニーを続けている男。由摩は、ふと気になって男の部屋の扉を少し開けた。ビンビンにチンポを勃起させしごき続ける男。それを覗いてしまった由摩は自らも催してしまう。息づかいが荒くなりおっぱいをまさぐり出す。セーターの上からでもわかる巨乳。ミニスカをまくり股間を弄り始めた。由摩は我慢しきれなくなり男の部屋に入ってしまう。「お姉ちゃん。」びっくりしてオナニーの手が止まってしまう弟。「ねえ、出てってよ。」という弟に「あなた、いつも一人でこういう本見て、一人でしてるの?」と近寄る由摩。「見ないで、お願いだから出てってよ。」と恥ずかしさのあまり股間を隠して懇願する弟。「そんなに抵抗するならお父さんに言うわよ。」と告げる由摩に「それはやめて。」と諦めたように言う弟。「ねえ、いい子だからお姉ちゃんの言うこと聞いて。」と弟の頭を撫でる由摩。エロ本を取り上げ、股間を隠した手をどける。さらに「触ってごらん。」と弟の手を取り自らおっぱいに導く由摩。さらに股間にも触らせる由摩。「お姉ちゃんが優しくしてあげるから。」と弟のチンポを握るとパクリと咥えだした。「いいから言うこと聞きなさい。」とビンビンの肉棒をシコシコとしごきながら唾液でヌルヌルにしていく由摩。「このことは秘密よ。」由摩は弟のチンポを手コキしていく・・・。弟のオナニーを覗いてしまった姉が自ら弟の肉棒を握りオナニーのお手伝い。ダメだと思いながらも弟は抵抗できずにチンポをビンビンに勃起させてしまう物語。こんなに美人でエロいお姉ちゃんがいたら・・・という男の願望を叶える作品。

愛川かおり 淫らで卑猥な果実たち 2
「君はバストが大きいね。」居酒屋の店長から言われ上目遣いで見つめる愛川かおりちゃん。「だいたいいくつくらい?」とさらに聞いてくる店長に「カップで・・・Dくらい・・・」と答えるかおり。髪をかき上げながら、いい女系の風情を漂わすかおりは「マスターも飲めば?」と勧める。「そうだな。」とお酌してもらうと「乾杯といこうか。」と誘うが「乾杯することなんて何もないよ。」とかおりはつれない。「今日はダメ・・・。」と店長の肩に凭れるかおり。すると「横になれるところがあるからあっちへ行くか。」とかおりを座敷へ誘う店長。「あっつい。」と暑さを訴えるかおりに「そうか?じゃあ脱いじゃえよ。汗かいて風邪引いちゃうぞ。」とかおりのブラウスのボタンを外し出す。「優しいね。」とかおりは店長のされるがままに。ブラウスを脱がせると大きなおっぱいがあらわに。店長は後ろからおっぱいを鷲づかみにして「やっぱりブラの上から見ても大きいな。」とかおりのおっぱいを揉み揉み。「じゃあちょっとな、ブラジャーで締め付けると気分が悪くなっちゃうからな。」と後ろのホックを外してしまう店長。形のいいきれいな巨乳があらわになり、直接おっぱいをまさぐっていく店長。「いいおっぱいしてるな。」と乳首をコリコリ。「マスター、そんなことしたら感じちゃう〜。責任取ってくれるの?」とかおり。「いいんだよ、感じて。大丈夫だよ、責任取ってあげるから。」と興奮していく。かおりを横たわらせると、靴を脱がせ、スカートも脱がせる。「何で脱がせるの?」というかおりに「締め付けがダメなんだよ。」とストッキングも脱がせてしまう店長。さらに「ちょっと見てみるかな?」とパンティをずらしてオマンコを丸見えにしてしまう店長。「よく見てみようか?」店長はかおりのオマンコを広げると「指を入れてみようか?」とズブリと指を挿入してしまう・・・。行きずりの男と女がその場でセックスをしてしまう物語。言葉巧みに巨乳美女の服を脱がせ、丸裸にしてしまう居酒屋のエロ店長。お店だとお客が来るからと店長は自宅に美女を連れ込んでしまう。自宅に連れ込んだ店長は美女を大人のおもちゃで弄りまくる。こんな出会い方でセックスしたい方にお薦めの作品。

渋谷りな (上戸さや) 女子部 ラクロス部 Part.2
ラクロス部に所属する女子校生の渋谷りなちゃん。部室でユニフォームに着替えると大胆に足をM字開脚。そのままパンティをグイッとオマンコに食い込ませる。若い割れ目に食い込んだパンティが何ともイヤらしい。さらにパンティを脱いでオマンコをパックリと丸見えに。ビラビラを指で開いてピンク色のオマンコの中まで丸見え状態に。イヤらしく口を開いたオマンコは興奮する。そこへどこからかバイブが登場。ゆっくりとりなのオマンコへバイブが挿入される。ズブズブっとバイブを飲み込んでいくオマンコ。バイブはゆっくりと出し入れされ、りなのオマンコがヒクヒクしている。バイブが抜かれると今度はクスコがズブズブっとオマンコに挿入される。挿入されたクスコはゆっくりと開かれ、りなのオマンコの奥まで丸見えになってしまう。オマンコの奥が愛液で濡れ濡れになっている。場面変わって強面の教師に呼び出されるりな。「何で呼び出されてるかわかってるだろ?」先生に聞かれるが「何ですか?」とりなは理解できていない。「おまえは学校に何しに来てるんだ?」と聞かれるが答えられないりな。「そんなに男が好きなのか?」と問い詰める先生。「そんなことないです・・・」とか細い声で答えるが「先生嘘言ってますよ。」と先生の後ろから男子生徒が言葉を挟む。「僕見ちゃったんですよ。トイレの中で他の男子生徒をフェラチオしてたんです。」と言葉を続ける。「おまえのしてることはみんなわかってるんだよ。」先生はりなの行動をすでに把握しているようで、りなのおっぱいをまさぐり始めた。「そんなに男が好きなんだろ?」と下半身を触り出す。「こういうことやられたいんだろ?」と先生はりなの股間をグリグリと弄り出す。戸惑うりなに詰め寄るように男子生徒も「先生に聞かれてるだろ?何とか答えろよ。」とりなの体をまさぐり出す。「男のモノが好きなんだろ?口に咥えたりここに入れたいんだろ?」先生はりなのスカートをまくりパンティの上からオマンコをまさぐっていく。「してくれるのか?してくれるんだろ?俺らも頼むよ、気持ちよくしてくれよ。」と先生はネルとを外しズボンを脱いでしまう。「しゃがみなさい。」と促され先生の股間の前にしゃがむりな。りなは丸出しにされたチンポを手に取るとパクリと咥えていく・・・。学校でフェラチオをしているところを見られてしまった女子校生が先生と男子生徒にセクハラを受ける物語。エロ教師は女子生徒をおもちゃにし、男子生徒もここぞとばかりに女子生徒の体を弄んでいく。女優の上○Aにそっくりな美少女が白昼教室でセクハラされる様をご堪能ください。

高崎紀香 CLOSING GIRLS クロージングガールズ
制服姿がキュートでかわいい女子校生の高崎紀香ちゃん。ミニスカからパンティが覗くイヤらしいアングルだ。「丸見えだね〜」と白いパンティが丸見えになり男も興奮。男の股間からチンポを取り出しペロペロと舐め始める。「あ〜気持ちいい。」とビンビンに勃起していく・・・。イメージビデオのような展開のオープニングからインタビューへ。B84W57B80のナイスボディな紀香はサッカー部のマネージャーをしているという。初体験は2歳上の文化祭で知り合った男だという。つきあった男だけでなくクラブで知り合った男ともエッチしてしまったという紀香。純情そうな顔立ちなのに大胆な面もある紀香。初めてのフェラチオは二人目の男と。「最初はイヤだなって思ったけど、気持ちよさそうにしててうれしくなった。」という紀香は口内射精もされたという。体操服に着替えた紀香は跳び箱の上に座る。オマンコに食い込んだブルマが何ともイヤらしい。「これからどのくらいエッチなのか調べてみたいと思います。」と体操服の上から体に触っていく男。エッチな身体検査が始まり紀香の顔も歪んでいく。ブルマの隙間からオマンコに指を挿入するとズボズボと激しくピストン。「あん〜」と素直に反応する紀香。男はローターをオマンコに押し当てていく。さらにブルマにはさみで小さく穴を開けると「イヤらしい〜」とエッチな光景に大興奮する男。パンティの穴から指でオマンコを弄り紀香の反応を確かめていく男。ズブリと指を挿入しズボズボとピストン。「2本入れていい?」男は指を2本挿入しグジョグジョと手マンチョで攻めていく。イヤらしい音とともに紀香のオマンコが激しく濡れていく・・・。あどけない女子校生の赤裸々な体験に興奮していく男。女子校生の好奇心と男の欲望が交差して快感を追求していく。ピチピチの若い体好きには堪らない作品。

今井える 狂乱美虐淫猥姦魔
往年のアイドル似のかわいい娘、今井えるちゃん。とあるビルの屋上に男と二人。男はえるの胸元を見ると「おっぱい大きそうだね。」と早くも興奮する。エッチは「結構好き」というなかなかのエロ娘は今まで20人くらいと経験したという。今までも野外でエッチをしたことがあるという受け身のえる。どうやら言われたら断れないタイプのようだ。それを見透かしたように言葉を続ける男。「あまりやってくれないとやってあげない。」とちゃんと攻めてくれないと気持ちよくしてあげないというえる。男はエルのおっぱいが気になって仕方がなく「ちょっと見せて。」と胸チラさせるときれいな乳首があらわに。ピンク色の乳首はすでにピンと勃起しているえる。「ちょっと触ってもいいかな?」と乳首をコリコリと弄り出す男。「舐められるのが好き。」というエルを座らせると足を広げさせる。「あれ?なにこれ?」とえるのパンティに何か仕込まれているのを見つける。「いやん」男がスイッチを入れるとえるのパンティの中でローターがうなり出す。「気持ちいい〜」とローターがクリトリスに当たってるというりお。普段は電動マッサージ器でオナニーするというりおは「お休み前の日課。」というほどオナニー好き。オナニストなりおを前にますます興奮していく男。りおは仕込まれたローターをクリトリスに押し当て始める。「咥えたくなったらいつでも咥えて。」とりおの眼前に立つとゆっくりと口に含んでいく。あっという間にビンビンに勃起した肉棒を手コキも加えて激しくピストンしていく。息づかいを荒くしながら気持ちよくなっていく男。「あ〜、イキそう、あ〜」りおの口からチンポを抜くやいなやドピュドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。なかなかのエロボディを持つエロ娘がマン汁を垂らしながら快感を貪っていく。常に受け身のM娘に目隠しや縛りでたっぷりと責めていく物語。グチョグチョとイヤらしい音を立てながら顔を歪ませていくM娘をご堪能ください。

香川りお ドM美女イカされ地獄
T158B83W58H85のスレンダーボディ、香川りおちゃん。「自分ではMだと思う」というりお。オナニーが大好きで週3〜4回はするという。すると「じゃあ、ここでして。」と男がSっぽく指示。「え〜、ここでですか?」と恥ずかしがるが「好きなんだろ?」と男に促され足を広げる。オマンコに食い込んだパンティの隙間からクリトリスを弄るとすぐに感じ出す。「そんなの脱いじゃえよ。」とパンティを脱ぐように言われ一気にパンティを脱ぐりお。割れ目をなぞるように指を這わせていく。「おもちゃとか使うの?」と聞かれ「おもちゃ・・・好きです。」となかなかエロいりお。いくつかおもちゃを用意したと男が差し出すと、ローターを手に取りスイッチを入れる。クリトリスに押し当てるとすぐに喘ぎ声を漏らして感じてしまうりお。「丸見えだよ。」とオマンコが丸見えになってるとM心を刺激。「スケベだね。見られてるよ。」とさらに刺激する男。「恥ずかしいけど気持ちいい。」とローターをグリグリと押し当てていく。すると「なんかつまんないな・・・。手伝ってやれよ。」と別の男に指示すると、オマンコとアナルのダブルバイブを取り出す。アナルにズボズボと挿入すると同時にオマンコにもズブリとバイブを突き刺してしまう。「あ〜、あ〜、あ〜、イク〜」と一気に感度が上昇してしまうりお。クリトリス、オマンコ、アナルと3点責めに顔を歪ませて感じていくりお。「どうして欲しいか言えよ。」激しいバイブ責めに「あ〜、あ〜、イク、イク〜〜〜!」と絶頂へ達してしまう・・・。「こんなんじゃ、物足りなそうだな。」と男はさらに強烈な電動マッサージ器を取り出す。「ぶち込んでください。」りおは男に懇願すると、伝馬をズブズブとオマンコとアナルに挿入していく。すると「あ〜、あ〜、イクイク〜〜〜」とあっという間にオーガズムへ達してしまう・・・。何度もイカされるドM美女。感度抜群でオマンコに入れるとすぐにイッてしまう淫乱娘を存分に虐める男たち。言葉責めとともにたっぷりとご堪能ください。

宝来みゆき I Doll Vol.16 宝来みゆき大全集 Part.2
全裸で公園のベンチに座る宝来みゆきちゃん。たわわな巨乳を揉みしだきながら艶めかしい視線を向ける。「ん〜、あ〜」市をゆっくりと開くとオマンコもパックリと開く。「すごい乳首気持ちいいの〜」乳首をコリコリしながら気持ちよくなっていく。「こうして乳首をコリコリするとオマンコが濡れてきちゃうの〜」さらに乳首をコリコリすると「あ〜、すごい。乳首見て〜、こんなに堅くなってるの〜」とさらに興奮していく。「オマンコも濡れてきちゃう〜」足をM字に開き割れ目をなぞるように指を這わせていく。クリトリスをグリグリと刺激すると「ほら、見て。見られてるとすごい興奮してきちゃう〜」とクリトリスを刺激。「オマンコ見える?こんなに熱くなってきちゃった。」と指に愛液が絡む。ズブリと指を挿入すると「あ〜気持ちいい〜。当たる〜。」オマンコを貪るようにグリグリと刺激。さらに激しくピストンしていく。「あ〜、すごい〜。」グジョグジョとエッチな音をさせながら指マンを激しくさせる。「だめ〜、イッてもいい?イッてもいい?あ〜〜イクゥ〜〜〜!!」快感が頂点に達し絶頂を迎えてしまう・・・。人気のない公園で激しい声を出しながらオナニーする美女。人目を憚らず快感を貪っていく。さらに「触ってるだけで気持ちいいの」とチンポを握りシコシコ。「舐めて欲しい?」と焦らすようにゆっくりと口に含んでいく。実においしそうにチンポをしゃぶり、あっという間に肉棒はビンビンに硬直。手コキも加えたテクに男も我慢の限界に。「あ〜〜」と激しい勢いでドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。淫乱美人が野外露出でオナニー&フェラ&手コキ。さらには3Pでたっぷりと気持ちよくしてもらう物語。長○Y子似の淫乱美女が激しく乱れ狂う様をご堪能ください。

愛川かおり 淫らで卑猥な果実たち 1
とある居酒屋のカウンター席に座る愛川かおりちゃん。そこへ「はい、おつまみ。」と差し出す店主の男。「今日は、お客さん、あんまりいないからね・・・」という店主。どうやら彼氏と待ち合わせをしていたかおりだが、彼氏にドタキャンされた様子。「これないときもあるよね。」と理解を示す店主に「でも、もっと早く連絡くれたらいいのに・・・」と不満げなかおり。すると「じゃあ、そういう彼氏とは別れちゃいなさい。」とバッサリいう店主。買い物に出かけた店主に代わり、かおりの隣に座る客の男。「ちょっと盗み聞きしたんだけど、彼氏来ないんだって?」と話のきっかけを作る男。「そうなんですよ〜。来ないんですよ〜。」と愚痴るかおり。「冷たいね〜」とかおりに同情する男。さらに「俺、優しいよ。優しそうな顔してるでしょ?」と自分をアピールする男。「これも何かの縁だからね」と一緒に飲もうという男。かおりは彼氏が来ない不満からどんどん飲んでしまう。「介抱してあげるから。そっちで横になりなよ。」と座敷へ誘う。「これ、脱いじゃいなよ。脱いだ方が楽だからさ。」とかおりの服を脱がせて下着姿にしてしまう。さらに「これも苦しいでしょ?取っちゃおうか?」とかおりのブラジャーまで外してしまう。「楽になったでしょ?マッサージしてあげるからね。」とかおりのきれいなおっぱいを揉み始める。「吸っちゃおうかな。」と乳首にしゃぶりつく男。「あ〜ん」と感じてしまうかおりに「気持ちいい?」とエスカレートしていく男。かおりを座布団の上に横たわらせると「脱いじゃおうか。」とパンツを脱がせ始める。「黒いパンティだね。」とかおりのパンティの上から股間を弄り出す。「安心していいからね。何もしないからね。」と言葉とは裏腹にかおりのオマンコを弄る男。パンティをずらすと直接オマンコを弄り出す・・・。居酒屋に居合わせた男と女が行きずりのセックスをしてしまう物語。「何もしないから・・・」といいながら美女の体をどんどん攻めていくエロ男にすっかりヤラレてしまう美女。そこへ店主が買い物から帰ってきてしまう。美女の痴態を見て興奮してしまった店主は美女を自宅へお持ち帰り。今度は店主におもちゃにされてしまう。行きずりの関係は女を淫らにさせる、そんな女好きには堪らない作品。

渋谷りな (上戸さや) 女子部 ラクロス部 Part.1
部活を終えてロッカールームで着替えている渋谷りなちゃん。女優の上○彩にそっくりのかわいい娘だ。コーチはりなに労いの言葉をかけると先にロッカールー卯を出て行ってしまう。すると突然りなの背後から男が抱きついてきた。ビックリして振り向くと「あ、先輩、お疲れ様です。」と笑みを浮かべながら挨拶をする。しかし、先輩はそれには答えずりなのおっぱいをまさぐり始める。「先輩、どうしたんですか?」と戸惑うりな。っどうしていいかわからずされるがままのりなのおっぱいを激しく揉みまくっている先輩。「ダメですよ・・・」と拒もうとするりなに激しくキスをする先輩。「ダメですよ。人が来ちゃいますよ。」というが先輩はりなの胸元からおっぱいを露出させると乳首をコリコリと刺激していく。堪らず喘ぎ声が漏れてしまうりな。先輩は服をまくりりなおおっぱいを丸出しにしてしまう。激しく揉みしだかれるりなのおっぱい。プルプルと揺れる若いおっぱいに先輩は興奮し息づかいが荒くなっていく。スカートをまくるとりなのパンティの上から割れ目をなぞるように指を這わせていく。クッキリと割れ目が映し出されパンティが食い込んでいく。クリトリスを刺激され喘ぎ声を漏らすりな。後ろ向きにされおしりを揉まれるりな。張りのある締まったおしりにますます興奮していく先輩。再び前を向かされたりなのおっぱいに先輩が吸い付いていく。先輩はりなのパンティに手をかけるとスルリと脱がせてしまう・・・。着替え中に部活の先輩がいきなり更衣室に侵入。誰もいないのをいいことに女子校生の体をおもちゃにしてしまう物語。先輩のセクハラ行為はこれだけでなく、トイレに連れ込まれフェラチオで口内射精までされてしまう。かわいい後輩女子校生をたっぷりとおもちゃにしたい願望を存分に満たしてくれる作品。

沙里奈ユイ M-Mode Vol.3
大胆なレオタード姿でベッドに座る沙里奈ユイちゃん。ローターを取り出すとベッドに横たわり足を広げて股間にローターを当てていく。すぐにローターの刺激で喘ぎ声を漏らしてしまうユイ。「あ、あ、あ〜」ローターをクリトリスの押し当て気持ちよくなっていく。レオタードをずらしておっぱいを露出すると乳首をコリコリと刺激。そこへ全裸の男が近づいてくる。ユイにチンポを握らせるとレオタードをずらしてオマンコを露出。ローターを直接クリトリスに押し当てていく。「手コキして。」男はユイにリクエストすると、ユイはローターをクリトリスに押し当てながら手コキ。さらには肉棒をパクリと咥えていく。男はチンポを咥えさせたまま四つん這いにさせる。レオタードを脱がせおっぱいを丸見えにさせると、ユイのきれいな巨乳でチンポをパイズリして欲しいとリクエスト。ユイの巨乳に挟まれた肉棒はますます興奮していく。男は再びユイに手コキをさせると「そのままイカせて。」と激しくてコキさせる。「あ〜、イクぞ。」男はユイの巨乳にドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。まれに見る美巨乳の持ち主が手コキでイカせたあとは、おしっこを見せてくれる。さらに「メチャクチャにして〜」とエロエロなおねだり。エッチなレオタード姿のまま、3P。言葉責め、パイズリ、Wフェラ、手コキ抜きと盛りだくさん。美巨乳美女好きには堪らない作品。

柳こずえ Beauty Vol.2 ビューティ 2
居酒屋のアルバイト募集の張り紙を見ている柳こずえちゃん。内容が気になったこずえは店の中へと入っていく。「ごめんください。」と声をかけると「いらっしゃいませ。」と男の声が。「外のバイトのチラシを見てきたんですけど・・・」と告げると「じゃあ、面接しましょうか。」と奥のテーブルに促されるこずえ。世間話でこずえの緊張を解そうとする男。飲食店での経験を聞かれたこずえは以前ファミレスで働いていたという。男は「ちょっと立っていただけます?」とこずえを立たせると「スタイルいいですね〜」とこずえのナイスボディを褒める。「うちは時給も高いので普通の居酒屋とは違っていろいろとサービスをしてます。」と説明する。さらに「ちょっと脱いでいただけます?」とこずえに服を脱ぐよう告げると「は、はい・・・。脱ぐんですか?」とこずえは躊躇いながらも下着姿に。ヒョウ柄のブラジャーに形のいいおっぱいが包まれているのを見て「素敵だ〜。いいですね〜。ヒョウ柄。」と興奮する男。さらに男はパンティも見せて欲しいと促す。「いいプロポーションですね〜」とこずえの体をまじまじと見つめながら興奮していく男。「恥ずかしいですか?でも次第に慣れていきますから・・・。」と羞恥心を減らそうとする男。「せっかくですからブラも取っちゃいましょうか。」と言葉巧みに脱がせてしまう。きれいなおっぱいが丸見えになり「きれいだ〜」とますます興奮していく。男はさらにこずえに様々なエッチなポーズを取らせていく。こずえは男に言われるがままパンティまで脱いでしまう・・・。居酒屋のアルバイトの面接にやってきた美女が、面接と称して全裸にされてしまい、さらには様々なエロ面接をされてしまう物語。男なら一度はしてみたいエッチな面接。そんな願望を叶えてくれる作品。

美里みく セックス更正プログラム 〜変態子供相談室の実態〜
「お嬢さんのことですが、もう家出はしません。ご安心ください。」と自信たっぷりで父親に報告する子供相談室指導員の男。「本当ですか。ありがとうございます。」と一安心の父。「しかし、この格好は・・・。もう解放してやってもいいんじゃないですか?」と娘の美里みくの様子を見て心配する父。なんと、娘の未来は制服姿で両手を縛られ、床に横たわっていた。そこへ「甘い、甘いよあんた!」と父を叱責するかのように入ってきた別の指導員の男。「だから娘さんに家出されるんですよ。」と父親の甘さが原因といわんばかりの口ぶりだ。さらに、みくのミニスカートをいきなりまくり上げパンティを丸見えにしてしまう。「ちょっと何やってるんですか?」娘を恥ずかしい姿にされ指導員を咎める父。しかし指導員は「見なさい。」とみくの足を広げると一気にパンティを脱がせてしまう。「あなた何やってんの?」と娘がされていることに怒りをぶつける父親。しかし、指導員はかまわずみくの足を大きく広げてオマンコを丸見えにしてしまう。「えっ!えっ!?」と動揺を隠せない父。娘のツルツルのパイパンオマンコを見せつけられてびっくりしている父に「娘さんがこんなにツルツルしてるのあんた知ってました?」と父親が娘のことをよくわかっていないことを知らしめようとする指導員。「知らなかったでしょ?今日はここで娘さんに謝罪してもらいます。」と父に告げるとさらに「あなたには見届ける義務がありますからね。」と告げる。「誤りな。誤りな。」とみくを促す指導員。さらに父も娘に謝罪を促す。しかし、みくは素直に謝ろうとしない。指導員はみくの体を起こすとさらに謝罪を促す。しかし、みくはそれでも謝ろうとはしない。「仕方ないね・・・」指導員は別の指導員たちに声をかけるとみくの体を縛っているロープを解き出す。「ちょっと、何やるの?」これから娘が何をされてしまうのか心配な父をよそに、みくに指導員たちの股間を触らせ始める・・・。家出娘を更正させるため依頼した父の目の前で、娘の更正プログラムを見せつけられる。娘を従順にするためにチンポを咥えさせる指導員たち。この激しい攻勢プログラムはどこまで行ってしまうのか?女子校生みくが辱めを受ける姿を目の当たりにした父の行動は?変態更正所で起こる様々なセックス更正プログラムを最後まで見届けられるのか?足を踏み外した女子校生の運命や如何に。