流出裏AVなどに特化した動画を無修正または薄消しで配信するサイトです。中でもコスプレ系の動画には根強い人気があり、コスプレマニアを軸に幅広い層から支持を得ています。

H:G:M:O 流出裏AV(2016年05月)



藤木のえる インテリ痴女 〜濃厚なセックスが好き〜
とあるビルの非常階段を降りてくる藤木のえるちゃん。ゆっくりとした足取りで男に迫っていく。笑顔で視線を男に向けると「こっちに来て〜」と手招き。扉を開けビルの中に入っていく。誰もいないロッカールームへ男を連れ込むと、着ていたコートを脱ぎだした。セクシーな網タイツにノーパン、ブラジャーからは乳首がはみ出そうな露出系スタイルだ。「もっと見て〜。どう?」のえるの誘いに男は全身を舐め回すように凝視していく。のえるはベンチに座ると「私の体、もっと近くで見て〜」と悩ましい視線を送る。「早く〜、早く来て〜」躊躇う男をよそにエロ視線で誘う痴女のえる。すると我慢できなくなった男たちがのえるの体に群がっていく。「まずは、おっぱいから・・・」のえるは男たちの手を自らのおっぱいに導いていく。恐る恐る触る男たちに「早く触って〜。乳首勃たせて〜」とおねだり。「舐めて〜」と言われた男が乳首に吸い付いていく。男たちはのえるの体をリップ責めにしていく。のえるのリクエストに次々と応えていく男たち。「あ〜気持ちいい〜。」と興奮していくのえる。オマンコをクンニさせたのえるはさらに快感が上昇していく。「あ〜気持ちいい〜。イッちゃいそう〜。もっと激しくして〜」男はジュルジュルと激しいクンニで攻めていく。「あ〜、イッちゃう〜。あ〜あ〜あ〜!!!」のえるは腰を震わせんがら絶頂へ達してしまう・・・。「気持ちよくしてもらったから今度は私が気持ちよくしてあげる」のえるは男たちのズボンを下ろし、パクリと肉棒を咥えていく・・・。知的な美女が痴女となって迫ってくる。フェラチオと手コキで気持ちよくしてくれ「早く出して〜」とザーメンを自らのおっぱいに掛けていく。堅いチンポが大好きというセックス好きなのえるは硬直した肉棒を素股でイカせてしまう・・・。 何度でもイケるという感度抜群のインテリ美女の痴女攻め&濃厚セックスをたっぷりとご堪能ください。

遥めい 囚われの美女 〜バイブ&電マ地獄絶頂〜
目には眼帯、全身包帯だらけでソファーに横たわる遙めいちゃん。気がついて体を起こすが表情は冴えない。虚ろな目をしながら体をまさぐり出すめい。おっぱいは丸出しで足を大きく開き、オマンコも丸見えの状態だ。そこへ男が現れめいを横たわらせる。男はめいのおっぱいを激しく揉み出し大きく開かされた股間の中心にローターを押し当てていく。パックリと開かれたオマンコの周りを這うようにローターが滑る。割れ目の中心でローターが刺激を咥え続けるとめいの口から喘ぎ声が漏れ出す。男はめいの体を横向きにしてローターをグイッとオマンコに押し当てていく。「ハ〜、ハ〜」めいの息づかいが荒い。男はバイブを握るとズブリとオマンコに突き刺してしまう。めいは堪らず喘ぎ声を激しくさせる。男はズボズボとバイブをピストンし、オマンコの奥深くに突き刺していく。「あ〜、う〜」めいは顔を歪めて感じてしまう。男は突き刺したバイブをいったん抜くと、パックリと開いたオマンコに怪しい液体を注入してしまう。男は電動マッサージ器を取り出すと、めいのオマンコに押し当てていく。電マの激しい刺激がめいのオマンコを襲う。めいは体を激しくくねらせながら快感に耐えている。「あ、あ、あ、あ〜〜」電マの激しい刺激に耐えていためいは堪えきれずに絶頂へ達してしまう・・・。めいの体に大量に注入された謎の液体がオマンコから流れ出てくる。鎖でベッドに繋がれ身動きがとれない美女が恥ずかしい格好をさせられ性的刺激を受け続ける羞恥プレイ物語。美女を虐め抜きたい方には堪らない作品。

水澤りの 夢から逃げる女
部屋でうたたねをしている水澤りのちゃん。なんだか変な夢を見た。その夢に起こされて現実に戻る。体をまさぐられたかのような錯覚を起こしたりのは、周りを確認すると不可解なことに気づく。「ここは?・・・実家の私の部屋だ・・・」あり得ないはずの光景が理解できないりの。学生時代のままの部屋のレイアウトに驚いているりの。すると、突然部屋のドアが開けられ3人の男たちが入ってきた。びっくりした表情のりのに「おい、水澤。おまえ学校サボって何してるんだ?」と当時の学校の先生がそこに立っていた。さらに同級生たちもその場所にいた。「せっかくいい大学に入ったのにしようがないヤツだな・・・」と現在のりのの立場を残念がる先生。「これもきっと、俺の指導が悪かったせいだな・・・」と生徒指導の失敗を後悔する先生。さらに「このようなチャンスに巡り会えたことを心から感謝します。」と何とも意味深な言葉が。状況が理解できないりのは「イヤだってば〜」とその場から逃げ出そうとする。しかし、同級生たちに腕を掴まれ逃げ出すことができない。「大丈夫だ。先生がしっかりと教えるからな。」と服を脱ぎ出す先生と同級生たち。「触れ、ほら。」と股間を触らされるりの。同級生はチンポをむき出しのまま握らされる。先生もパンツを脱ぎ手コキさせられると、パクリと咥えさせられてしまう・・・。女子校生時代に戻ってしまったりのは、先生と同級生たちに何をされてしまうのか?3人の男たちは肉棒をビンビンに勃起させてりのに迫る。りのの運命はどうなってしまうのか?魅惑のタイムトラベルミステリー。

KAREN 体が火照ってしかたないの・・・
天狗の鼻をおいしそうにしゃぶっているKARENちゃん。「おいしいです。」うれしそうに頬張る顔が何ともイヤらしい。まるでチンポをしゃぶっているかのようなKAREN。「乳首舐めてもいいですか?」天狗男の乳首を舐め始める。すでに全裸の天狗男のチンポはビンビンに勃起している。「おいしいです。」と天狗男の乳首を舌で転がすように舐め「おちんちんも舐めていいですか?すごい堅くなってる・・・」とカチコチの肉棒をパクリと咥えジュボジュボとピストンしていく。再び天狗の鼻をしゃぶりながら肉棒を手コキするKAREN。パンティを脱ぎ男が横たわる顔の上に跨がる。天狗の鼻にゆっくりと腰を落としてオマンコに挿入していくKAREN。「あ〜」ズボズボと天狗の鼻がKARENのオマンコに挿入されると、そのまま69の体制で肉棒をしゃぶり出す。KARENのオマンコを掻き分けるようにズブリと挿入される天狗の鼻。すると新たに二人の天狗が現れる。硬直させた肉棒をKARENの顔に近づけると、KARENはパクリと肉棒を咥え出す。「あ〜、イク。」男は一気に快感が上昇し限界を迎えると、KARENの口内にドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。KARENは放出されたザーメンをゴクリと飲み干すと次のチンポを咥え出す。KARENの舌使いに男は一気に我慢で限界へ。「あ〜、イク〜。舌出して。」とKARENの口内にドピュドピュドピュッとザーメンを発射する・・・。口内にたっぷりと出されたザーメンを再びゴクリと飲み干し、3本目の肉棒を咥える。男はKARENの頭を押さえると喉の奥深くまで肉棒を咥えさせる。イラマチオに嗚咽しながらもしゃぶり続けるKAREN。男は激しく腰を振りながらイラマチオで快感を貪っていく。「あ〜」限界に達した肉棒から、KARENの口内に欲望の証がたっぷりと放出される・・・。体が火照って仕方ないという淫乱美人のKAREN。3本の肉棒では飽き足らず、さらに欲望をあらわにする。欲望はとどまることを知らず、アナルにまでバイブが突き刺さる。知的美人の淫乱ぶりをご堪能ください。

RINKA ヒッチハイクの女 〜妖艶な美女が男たちを虜にする〜
「送ってくれてありがとう。」男とドライブデートを楽しんだRINKAちゃん。「・・・お礼にいいことしてあげようか?」と意味深な言葉。「えっ!?何?」と戸惑いを隠せない男にゆっくりと迫るRINKA。「わかるくせに・・・」と男の股間をまさぐっていく。「えっ、いやぁ、いいよ〜悪いからさ〜」と遠慮する男に「早く倒してよ」とシートをリクライニングさせるRINKA。男がシートを倒すとベルトを緩めズボンを脱がせていく。パンツの上から股間に触れると「あったかい〜」と笑顔を見せる。コートを脱ぐとセクシーなヒョウ柄の下着姿に。「すごい格好してるね〜」と興奮する男。服をまくり乳首を舐め始めるRINKA。股間を触ると「もう反応してるよ。」とチンポが勃起していることをからかうように笑みを浮かべる。「きついでしょ?」とパンツを脱がせるとビンビンの肉棒を取り出しカリをチュパチュパと舐め始める。「おいしい〜」とパクリとカリを咥えゆっくりと飲み込んでいく。「どう?」男の反応を確かめるRINKA。「送ってあげただけなのに悪いね。」と疑いを拭いきれない男に手コキと高速ピストンで攻めていく。「あ〜、イキそう〜。あ〜〜〜!」男は一気に限界を迎え、RINKAは手コキとピストンをさらに激しくする。「あ〜、イクイクイク〜。あ〜〜!」男はRINKAの口内にドピュドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。男のザーメンを受け止めると「ねえ?続きは私の家でやらない?」と男を自宅へ誘う・・・。ドライバーが神隠しに遭う事件が続発していると刑事がRINKAの自宅を訪ねてくる。「私、外にはあまり出ないので、よくわからないです。」と事件への関与を否定するが・・・。妖しい美女によるミステリアスな事件に巻き込まれた複数の男たちが、次々と美女の虜になっていく物語。妖艶な美女の妖しいオーラに包まれながら男たちが美女の中で果てていく・・・。

清水早紀 喰らいつく女 〜バイブでもチンポでもいいの〜
シャワーをオマンコに当ててオナニーしている清水早紀ちゃん。「あ〜」漏れる吐息が何とも色っぽい。体をビクビクと震わせながら快感を貪っている。「あ〜、あ〜、あ〜〜」腰をビクンビクンと震わせながらあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。場面変わって手錠を掛けられてソファーに座っている早紀。男が早紀の体をまさぐっている。おっぱいがはみ出し感じてしまう早紀の口から喘ぎ声が漏れる。男はローターを取り出し乳首に押し当てていく。下半身へとローターを滑らせると「そこはダメ〜」と反射的に訴えるが、男はかまわずローターをパンティの中へ入れてしまう。クリトリスを刺激し続けるローターの振動に感じてしまう早紀。手錠を外されパンティだけにさせられると、男が早紀の体にローションを垂らしていく。「ああ〜」ローションの冷たい感覚とヌルヌルに思わず声が出てしまう。自分でローションを体中に塗っていく早紀。股間にも大量のローションが掛けられ早紀は自らパンティを脱ぐ。ローターを手に取るとゆっくりとオマンコを刺激していく。おっぱいをまさぐりながら時折ローターがクリトリスに触れビクンと体を震わせる。男は取り出したバイブを早紀に舐めさせると、スイッチを入れオマンコにズブリと挿入してしまう。「入っちゃう〜」ズボッと挿入されたバイブはゆっくりと早紀のオマンコの中を掻き回していく。「あ〜、ハ〜」早紀は自らバイブを握るとズブズブとオマンコの奥深くに突き刺していく。「あ〜、一気にイッちゃいそう〜」グリグリとオマンコを掻き回しながら「イッちゃいそう〜。あ〜、イク。あ〜〜!」ビクンビクンビクンと震わせながら絶頂へ達してしまう・・・。エロセクシーな美女が快感を貪るためにバイブとチンポに喰らいついて離さない物語。淫乱な美女がお好きな方には堪らない作品。

日之内優 蝶 〜私、飛べたかな?〜
エレベーターから降りてきた男を突然誘う日之内優ちゃん。「いい女じゃん。飲み行こうよ〜」とノリノリの男に「飲むだけ?」とその先を連想させる優。「どこかで会ったことあったっけ?」と心当たりがありそうな男にいきなりキスをしてその口を塞ぐ優。激しいキスに興奮していく男に「いいモノ持ってるじゃない?しゃぶってあげようか?」と男の下半身へと視線を向ける優。男の股間を触るとすでに興奮してチンポが勃起している。優はその場にしゃがみズボンのベルト外していく。スルリとズボンを下ろすとチンポをいきなりしゃぶり出す。「あ〜気持ちいい〜。」とあっという間にビンビンになってしまう肉棒。「人が来ちゃうよ・・・」と言う男に、「やめる?」と意地悪に言う優。男は優のフェラチオにますます興奮し肉棒をさらに堅くしてしまう。巧みなテクでしゃぶり続ける優。自らシャツを脱ぐとたわわなおっぱいにチンポを挟んでいく。すると「あ〜、イク〜」突然限界を迎えた男は、優の口内にドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。このままホテルへ行こうと誘う男に「冗談でしょ?」と取り合わない優。謎の美女が男たちの前に現れ「私をイカせてくれるなら、たっぷりとお礼を弾むわ。」とエロい格好で迫る。エロエロ淫乱美女のあり得ない行動にきっと大興奮。淫乱好きには堪らない作品。

梅宮あん 判決 〜アナル責めと二穴挿入の刑に処す〜
とあるバーにやってきた3人の男たち。「どうだ?いい店だろ?」とここへ案内した男が言う。他の男たちもこの店が気に入った様子。そこへ一人の女が現れる。セクシーな下着姿に網タイツと男をそそる格好だ。「ねえ?おちんちん舐めさせて。」といきなり男を誘う梅宮あんちゃん。「ちょ、こんなとこでまずいだろう?」とあんの言葉に耳を疑い驚いている男たち。すると「全部飲んであげるから。」とザーメンを飲むとさらに男を誘うあん。「ねえ?いいでしょう?」と男たちを誘い続けるあんに戸惑いながらも「どうしたらいい?」と動揺を隠せない男たち。「まあ、いいか。やってもらえよ。」と若い男をけしかける。「じゃあ、頼もうかな・・・。」と立ち上がりズボンを脱ぎ出す男。「気持ちよくしてくれよ。」と男が期待を込めるとスゥッと股間に顔を近づけるあん。パクリとチンポを咥えゆっくりとピストンしていく。「エロいな〜」と興奮していく男。「あ〜、うまいじゃないか。」とあんのフェラチオに気持ちよくなっていく男。「おちんちんおいしいわ〜やっぱり。」と舌でカリを舐め回していく。「充分楽しませてもらえよ。」と若い男が気持ちよくなっている様子を見ている男たち。「どうだ?うまいか?」ビンビンに勃起した肉棒をしゃぶるあんに確認する男。「あ〜、気持ちいい〜。」ますます気持ちよくなっていく男。「お〜、イキそうだ。もっと激しくしな。もっと激しく・・・」とさらに要求する男。手コキも加えながらピストンを速めていくあん。「イキそうだぞ。イクぞ・・・、イク。イク・・・あっ、あ〜」男が限界を訴えるとあんはその手を緩めることなく咥え続け男のザーメンを口内に発射させた・・・。あんの口からダラダラと流れ落ちるザーメンを手のひらで受け、再び口の中へ入れ飲み込んでしまうあん。「こっちのチンポもしゃぶらせてくれるの?」あんは次の男のチンポを求め、興奮した男の肉棒をパクリとしゃぶる。「あ〜、ダメだ。もう我慢できない・・・。イクぞ。出すぞ・・・」男はあっという間に限界を迎えると「あ〜、イク〜」とあんの口内にザーメンを発射してしまう・・・。セックス依存症の美女が次々と男を誑かしザーメンを吸い取っていく。あんは、猥褻の罪で捕まりアナル責めと二穴挿入の刑に処される。チンポが好きで堪らない女の淫乱姿を存分にご堪能ください。

水澤りの 構成作家の女
トイレでおしっこをしている水澤りのちゃん。用を足し、トイレットペーパーでオマンコを拭く。構成作家をしているりのは、依頼された仕事のアイデアが出ずにイライラしていた。パソコンに向かうも一行も書くことができずに、催促の電話だけが鳴り響く。それがまた、りのを苛つかせ仕事が滞ってしまう。悪いことは重なるもので、パソコンの調子が悪くなってしまった。焦りとイライラが焦燥感となってりのを襲う。それでも鳴り響く催促の電話。イライラが頂点に達したりのはソファーに座る。鳴り響く電話を手に取りオマンコに押し当ててしまう。意外にもその振動がオマンコを刺激し気持ちよくなってしまう。バイブを取り出すと、足を開いてオマンコに押し当てていく。「あ〜」ローターの刺激がオマンコを熱くしていく。ローターを乳首に当て、ゆっくりと下半身へと移動していく。「あ〜」パンティを脱いでローターを直接オマンコに押し当てると同時にバイブをたっぷりの唾液で濡らしていく。ズブリとバイブをオマンコに挿入すると「あ〜、気持ちいい〜」とズボズボとピストンさせていく。グリグリとオマンコを掻き回すようにバイブをピストンしていくりの。ローターをクリトリスに押し当てバイブを激しくピストンしていくと、快感が一気に上昇していく。「イキそう・・・」体をビクンビクンと震わせながら絶頂へ達してしまう・・・。そのままねむりこんでしまったりのは、夢なのか現実なのかわからない体験をする。構成作家の仕事に追われ結果を出せないりのに襲いかかる悲劇とは?美女作家が体験したミステリーとは?ストーリー好きにお薦めする作品。

初花 羞恥病院 〜セックス依存症地獄の治療〜
警備員が、真夜中の病院内を見回りしていると、面会謝絶の病室内からなにやら妖しい声が漏れてくる。そっと警備員が病室のドアを開けると、ベッドに明かりが灯っている。ベッドのカーテンを開け「ど、どうしました?だ、大丈夫ですか?」足を大胆に広げてオナニーしている初花の姿を見て、びっくりしている警備員。「おじさん、ちょっとこっちに来てくれない?」と誘う初花に「イヤ・・・。ナースコール押しましょうか?」と躊躇う警備員。「いいから、こっちに来て。」と警備員を誘う初花。美女に誘惑された好奇心と、エロい姿に悩殺されそうな警備員は「持ち場に戻らないと・・・」というが、初花はさらに誘ってくる。恐る恐る初花の体を触り始める警備員。おっぱいを揉み、その手を下半身へと滑らせていく。パンティの上からオマンコを弄ると、初花の喘ぎ声がさらに激しくなる。初花は警備員の指をベロベロに舐めて「これを外してくれない?外してくれたらいいことしてあげる・・・。」と拘束具を外して欲しいと懇願する。「そんなことしたらクビになっちゃいます・・・」と躊躇する警備員だが、初花の誘惑に勝てずに言うことを聞くことに。自由になった初花は警備員のズボンを下ろし、チンポをパクリと咥えてしまう。「あ〜、気持ちいい」思わず声を漏らしてしまう警備員。あっという間にチンポをビンビンに勃起させてしまう。「横になって・・・」警備員をベッドに横たわらせると、再びパクリと肉棒を咥え出す初花。「おじさんのおちんちんすごいおいしい。すごいビンビンだよ。」とはち切れそうな肉棒をおいしそうにしゃぶっていく初花。「見つかったらクビになっちゃいます。」と、ビビリながらも興奮を隠せない警備員。するとそこへ別の警備員の声が。「おまえ、仕事中に何やってるんだ?」と患者にフェラチオされている同僚を叱り飛ばす。しかしその警備員も初花のフェラチオに興奮し、仕事を忘れてしまう。「俺にもやらせろよ。」警備員二人は初花を裸にして自らの欲望を満たそうとする・・・。セックス依存症で入院中の美女が、押さえきれずに警備員を誘惑しセックスしてしまう病院ストーリー。治療の確立されていない病気のため、おもちゃで徹底的に攻められ治療に当てるという医師の指導の下、おもちゃ地獄に陥ってしまう。イカされ続ける初花のオマンコには、男たちの欲望のザーメンが、たっぷりと掛けられる。果たして、初花の治療はうまくいくのか?医師を初め、病院関係者たちが総出で淫乱美女の治療に当たる。セクハラ好きにも堪らない作品。

RINKA 奉仕しなさい 〜S系淫乱痴女を満足させる〜
セクシーな下着姿で足を大きく広げているRINKAちゃん。股間にはローターが押し当てられている。「あ〜」思わず声が漏れてしまう。セクシーな体は無数の男たちの手でまさぐられている。仮面をつけた男たちが、RINKAのおっぱいを揉みしだき、太ももをフェザータッチで攻めていく。「あ〜、あん〜」ローターを股間に押し当て気持ちよくなっていくRINKA。「気持ちよろしゅうございますか?」男がRINKAに確認すると「まだまだ。もっと気持ちよくして。」と男たちにさらなる攻めを要求するRINKA。「かしこまりました。」男たちは、RINKAのおっぱいを鷲掴みにし、乳首をコリコリ&吸い始める。「あ〜ん。もっと、もっと激しく〜」とリクエスト。「パンティが邪魔ね。脱がせて。」RINKAのリクエストに「かしこまりました」とパンティを脱がせる男。あらわになったきれいなオマンコに興奮していく男たち。パックリとオマンコを広げ、指攻めしていく男たち。「気持ちいい〜」ローターを直接クリトリスに押し当てながら気持ちよくなっていくRINKA。「あん、あん、あん、ダメ〜。イッちゃう〜〜!あ〜、イクーーー!」あっという間に絶頂へ達してしまう・・・。「もっと、もっといろんなの・・・」RINKAは、一度だけではなく、何度もイカせて欲しいと、男たちにさらなる奉仕を要求する・・・。男たちを侍らせて、快感を貪っていくセクシー系美女。たっぷりと男たちのザーメンをオマンコに掛けさせ、何度もオーガズムを迎える。さらに「ヤリたいんでしょ?」と男を誘惑し、痴女責めしていく小悪魔キャラで、男を気持ちよくさせていく。S系美女の痴女SEXは、下半身暴発注意の淫乱作品。

双葉このみ Wish Vol.2 ウィッシュ 2
寒空の中、ブルマ姿で足をモジモジさせている双葉このみちゃん。「おしっこしたいです・・・」と訴える。すると男が「おしっこ?これに出せ。」とグラスをこのみに差し出す。首を振ってイヤがるこのみに「これに出せ。」と再度指示をする男。「はい、わかりました・・・」と仕方なく受け入れることにしたこのみ。地面にグラスを置くと、ゆっくりとブルマを下ろし、パンティも下ろしていく。足を大きく開きながらしゃがみ込むと、グラスに勢いよくおしっこをし始める。たっぷりとグラスに注がれた美少女のおしっこ。部屋に入った二人。男が「おい、そこにバイブがあるだろ?」と机の上にスイッチの入ったバイブがうなっている。それを確認したこのみに「オナニーしろ。」とまたも指示を出す男。このみは、首を振って「いい・・・」と断るが、「オナニーしろ!」と再度指示をする男。「・・・はい。」小さな声で渋々承諾すると「鏡におまえのイヤらしいところ、いっぱい写すんだぞ。」とさらなる指示。このみはバイブを手に取ると体操着の上から乳首に押し当てていく・・・。ロリ系美少女が、男の指示のままエッチなことをさせられてしまう物語。まだあどけない娘が、バイブオナニーで気持ちよくなってしまう表情は必見。ロリ好きには堪らない作品。

日之内優 蝶 〜自由に空を飛びたいの〜
夜更けの街のとあるビル。階段を降りてくるミニスカートのきれいな足。立ち止まり目の前にあるドアをノックする。「入って。」男の返事がしてゆっくりとドアを開け中へ入っていく日之内優ちゃん。怪しい男が待ち構え、優の体を舐めるように見ると「君?」と優に問いかける。優は「はい」と返事をすると「そう。それじゃ、裸になってベッドにいって。」と男は当然のように優に指示をする。「えっ!?ここで?」と戸惑いを見せる優に「何しに来たの?」と逆に優に問いかける男。優は、諦めたようにゆっくりと服を脱ぎ始める。めがねを外し、ミニスカを脱ぐと上半身も裸に。ブラジャーからポロリと丸見えになったおっぱいがたわわでイヤらしい。スルリとパンティを脱ぎ全裸になると、自らベッドに横たわる。男はポンと雑誌をベッドに投げると「それで、何がいい?」と優に確認する。「蝶、蝶がいい・・・」と希望をいう優。「いくらですか?」男は「ただでいいよ。その代わり、終わったら抱かせてくれ。」男は交換条件を出すが、優は「いいよ。」と一言。男は優の胸に蝶の入れ墨を彫る。男たちに罵倒されている悪夢が思い出される優。この蝶のように自由に飛びたかった。「終わったぞ。」男は彫り終えると「じゃあ、約束通り・・・」と後ろから優の体をまさぐっていく。ベッドに押し倒し、激しいキスをする男。たわわなおっぱいは揉みしだかれ、乳首は激しく吸われていく。男の激しい欲求が優の体を貪るように欲していく。男の指がクリトリスを刺激し、そのたびに喘ぎ声が漏れてしまう。「さあ、足を開け。」大きく開かされた足の中心をパックリと広げると「こうして・・・」とクリトリスを丁寧に指攻めしていく・・・。過去にトラウマがある女が、自らを変えることで乗り越えようとしていく。女は、その代償として自らの体を差し出す。女は生まれ変われるのか?蝶のように自由に飛べるようになるのか?異色のストーリーで送る官能作品。

梅宮あん 公然猥褻
「これ、店からのプレゼント。」とマスターにご馳走になる梅宮あんちゃん。「君、よく来るよね?」とよく一人でバーに来ているあん。仕事は?と聞かれ「仕事は、キャバ。・・・sと、掛け持ちでデリ・・・」と夜の世界で働いているという。「スタイルいいよね?」とあんの体を舐め回すように見ているマスター。「スリーサイズとか教えてくれる?」マスターの大胆な質問に「上から、B85W58H86・・・」と答えるあんに「エロいよね?」と少し興奮するマスター。「性感帯は?」と続けざまに質問するマスターに「乳首とクリかな。」と答えるあん。「オナニーは?好きなの?」とエロい質問を続けるマスター。「オナニー・・・、たまにするかな?」と正直なあん。「したくなったらどうするの?」と聞かれ、少し言葉を濁すあん。すると「うちの店でやってないよね?」と確認するマスター。「やってないよ。」とすぐに否定するあん。「オナニーは好き?」とさらに聞かれ「好きだよ。」と明るいあんに「じゃあ、見せてよ。」と大胆な話をしてくるマスター。「えっ?!」と、戸惑うあんに「閉店だし、大丈夫、大丈夫。みんな俺の知り合いだから・・・」と店にいる客は知り合いだから問題ないと安心させるマスター。「みんなに見せてよ。ねえ?みんな見たいよね?」と他の客を煽るマスター。促されるようにルーレットの台に乗るあん。「みんなも来いよ。見せてもらおうぜ。」と客を集めるマスター。あんは、おっぱいをまさぐり出し、すぐに露出させる。「きれい・・・」と客が興奮していく。「写真撮っていい?」客が次々とケータイで写真を撮っていく。「すごいね、もっと見せてよ。」あんは、マスターに促されるように服を脱ぎ、裸体をあらわにしていく・・・。成り行きで、バーにいる客の前でオナニーをする羽目になってしまったギャル系美女。男たちもローターをあんの体に押し当て興奮していく。「イキたくなったら、イッちゃっていいよ。」男たちはあんをイカせようとローター攻めを激しくさせる。「あ〜、イッちゃう、あ〜イクーーー!」あっという間にイカされてしまうあん。男たちは、さらに極太のバイブであんを攻めていく・・・。ロー○似の美女が図らずも公然猥褻の罪に問われてしまうクライムサスペンス風物語。ギャル系美女好きには堪らない作品。

たかこ スクーラーズ Vol.2 女子校生リアルドキュメント Part.2
キュートなセーラー服女子校生のたかこちゃん。元気なロリ娘だ。制服のスカートはミニスカで、下から覗くと白いパンティが見えてしまう。「パンティくらい、大丈夫。」と見られることはたいしたことないというたかこ。「でも痴漢はイヤ。」と痴漢被害に遭っていることも告白。清楚な白いパンティが男をそそるたかこ。今までの男性経験は「20人くらい・・・」というたかこ。同年代から年上まで幅広いつきあいをしていたようだ。後ろ向きになって、前屈みにさせると、パンティが丸見えになり男も大興奮。T153B75W64H87だというボディを早速見たいと、セーラー服をまくっていく男。なんとノーブラでおっぱいがすぐにあらわに。かわいい乳首が少女っぽくて堪らない。乳首をコリコリと刺激していく男。すぐにピンと堅くなるたかこの乳首。男たちはたかこの体を身体検査していく。スリーサイズを測り、四つん這いにさせるとパンティをスルリと下ろしていく。「アナルをチェックします。」とおしりをパックリと開かれアナルをマジマジと見られてしまう。男が味見をした後、「直腸検査」と称して、体温計で計測。最後は綿棒を挿入してアナルをきれいに。ソファーに座らせ、陰毛の状態をチェック。パンティを完全に脱がせると、足をM字に開かせ、オマンコをパックリと開く。成長過程のきれいなオマンコに男たちもさらに興奮していく。ネチョネチョとオマンコの濡れ具合をチェックした後、クリトリスへ。コリコリと刺激を加えると、たかこの表情が紅潮してくる。男が味をチェックするためタカコの股間に顔を埋めていく。男のクンニに顔を歪めて感じてしまうたかこ。「あ〜あ〜あ〜う〜」男の手マンでオマンコをグチョグチョにされてしまう。体を仰け反らせて感じていくタカコ。体操着とブルマを着せられたタカコは、いきり勃った肉棒をしゃぶっていく。男もたっぷりと69でオマンコを気持ちよくした後、後ろからズブリと肉棒を挿入していく・・・。オマンコを開発された女子校生とのセックスに大興奮の男。女子校生好きにお薦めする、誰もがいつもよりチンポがビンビンになってしまう作品。

初花 セックス依存症の女
「あなたは重度の性依存症という診断結果が出ました。」診察室で医者に告げられる初花ちゃん。「残念ですが、入院しての治療がベストだと思います。」と話を続ける医者。「不特定多数の性交渉をこのまま続けると、大変危険です・・・。」とこのままでは、初花にとってリスクが大きいと説明。「先生、私ってそんな危険?」医者の話を聞きながらも、性衝動を抑えきれず、自ら体をまさぐってしまう初花。さらに自ら足を開いてパンティまで丸見えにしてしまう。「セックスって気持ちいいじゃない?ねえ?先生。」とヒールを医者の股間に押しつけ、おっぱいを揉み出すと、股間まで触り始める初花。「こんなところで・・・よしなさい。」医者は初花の行動を止めようとするが、初花パンティをずらしてオマンコまであらわにしてしまう。「だって、気持ちいいんだもん。」おっぱいも露出してオナニーを始めてしまう初花に「ここは病院だよ?早くしまいなさい。」と冷静に初花を諭そうとする医者。しかし初花は「先生、触って、触ってよもっと・・・」と医者の手を取り自らの体に導いていく・・・。初花の誘惑に負け股間に顔を埋めてしまう医者・・・。性依存症で超淫乱なギャル美女が病気と知りながらもセックスに溺れてしまう超絶淫乱物語。シチュエーション物語好きには堪らない作品。

叶志穂 目隠しプレイでイカされるM女 〜アナル二穴挿入〜
目には目隠し、耳にはヘッドホンをされ、全裸でソファーに座る叶志穂ちゃん。たわわなおっぱいが大きくて美しい。そこに忍び寄る男の手が。ゆっくりと志穂の乳首に近づきピクンと触れる。さらに男たちの手が一斉に志穂の体をまさぐってくる。何も見えない状態での刺激に思わず喘ぎ声を漏らしてしまう志穂。喘ぎ声を聞き、一気に興奮して志穂の体を激しくまさぐっていく男たち。おっぱいは揉みくちゃにされ、股間には男の顔が。同時に乳首を吸われ気持ちよさで激しくよがってしまう志穂。男たちはローターを一斉に志穂の体に押し当てていく。「あ、あ、ああ〜〜〜、いい〜〜〜〜」無数のローターが一斉にオマンコに集中する。パンティの中にローターを入れられ直接割れ目を刺激。顔を歪めながら感じてしまう志穂。パンティを脱がされ、イヤらしくもきれいなオマンコがパックリと広げられてしまう。男が股間に顔を埋め、舌を伸ばして割れ目を愛撫していく。「あ、あ、あ、いい〜」激しくオマンコを吸われさらに気持ちよくなってしまう志穂。男たちは代わる代わる志穂のオマンコをクンニし、濡れ濡れにすると、ディルドをズブリとオマンコに突き刺してしまう。ズブズブと飲み込んでしまう志穂のオマンコ。男は自らの興奮した肉棒を志穂に咥えさせる。すると、次から次へと男たちが肉棒を志穂にしゃぶらせていく。男は志穂を四つん這いにさせると、再びズブリとディルドを突き刺す。さらに、アナルにもアナルバイブをズブリと挿入してしまう。激しいアナルピストンに志穂の快感は一気に頂点へ。「あ〜、イク。イク、イク〜〜〜」志穂は堪らず絶頂へ達してしまう・・・。目隠し羞恥プレイで気持ちよくなってしまうM女の物語。電マで責められ続けながら、男たちの大量のザーメンで体中をヌルヌルにされてしまう。膣とアナルの二穴同時挿入に「あ〜、気持ちいい〜」とよがりまくるM女好きには堪らない作品。

伊藤れん エロコーチの肉体改造 〜もっと強いのをください〜
レオタード姿の伊藤れんちゃん。休憩のために水を飲んだが、なんだか催してしまう。おっぱいをまさぐり出しオナニー。レオタードをずらしておっぱいを露出させると、きれいな巨乳があらわに。乳首をコリコリと刺激すると喘ぎ声が漏れ、下半身へと手を伸ばしていく。足を開き割れ目に沿って手を擦りつけていくれん。息づかいが荒くなり、持っていたバトンをオマンコに押し当て始める。レオタードの股間部分をずらしてオマンコを露出させるとバトンをズブリとオマンコに挿入してしまう。グリグリとバトンを出し入れしていくれん。顔を歪めながら感じていく。バトンでは飽き足らずローターを取り出したれん。スイッチを入れオマンコにズブリと挿入。乳首を刺激しながら、オマンコのローターをピストンしていく。「あ〜、あ〜、あ〜、イク。イッちゃう・・・。あ〜、イクイクイクイク〜〜」あまりの快感に激しいオーガズムを迎えてしまう・・・。ビーチバレーの練習中にコーチから肉体改造を勧められ、エロエロな肉体改造を施されてしまう。コーチによる肉体改造は、肉棒での激しいピストン運動とザーメンの中出しであった・・・。スポーツ美女が美しい肉体を見せてくれ、SEXまで見せてしまうシチュエーション物語。スタイル抜群のスポーツ美女好きには堪らない作品。

栗山帆花 おもちゃにされる女子校生 〜アナル二穴挿入〜
超絶セクシーな下着姿でソファーに座る栗山帆花ちゃん。鎖で繋がれた帆花は金網越しに何かを求めている。金網に体を押しつけ体をまさぐっていく。ビキニをずらしおっぱいを露出させると包み込むように揉み揉み。さらに下半身へと手を伸ばし股間を弄り出す。パンティの中に手を入れ、直接オマンコを刺激するとすぐに喘ぎ声を漏らしてしまう。おしりを金網に押しつけながらスルリとパンティを脱いでしまう帆花。プリンとしたきれいなおしりがあらわになり、四つん這いになってソファーまで這っていく。おっぱいを揉みながら手を後ろ手にし、オマンコを弄る。「ああ〜、はは〜ん」仰向けになり足を大きく開くとパックリとオマンコを広げて中指をズブリと挿入。すでにグジョグジョに濡れているオマンコがあっさりと指を飲み込むと、激しくよがりながら腰を振っていく帆花。グジョグジョと自らエッチな音をさせながら快感を貪っていく帆花。よだれを垂らしながら気持ちよくなっていく帆花。「あ〜、あ〜、あ〜イクゥ〜〜〜」帆花はあっという間に最初の絶頂を迎えてしまう・・・。腰をピクピクと震わせながら、次の快感を貪っていく帆花。「あ〜、イッちゃう〜。イク〜〜〜」激しい手マンチョで再びオーガズムを迎えてしまう・・・。金網越しにチンポを差し出す男が現れ、躊躇なくパクリと咥え出す帆花。むしゃぶりつくようにチンポをしゃぶり、男も気持ちよさで喘ぎ声を漏らしてしまう・・・。ロリ系のギャル美少女が制服を剥ぎ取られて男たちに体を弄ばれてしまう物語。欲望の塊のチンポをしゃぶらされ、イラマチオまでさせられてしまう。巨乳美少女がアナルまで攻められてしまう羞恥プレイの連続。二穴挿入で気持ちよくなってしまう女子校生好きには堪らない作品。

椿花鈴 エロエロな実験 〜男たちの欲望がオマンコに注がれる〜
ワイングラスを片手にインタビューされる椿花鈴ちゃん。笑顔がかわいらしい美女だ。お酒を飲むと女はエロくなるのか?を実験することに。「では、オナニーしてみてください。」男に言われホルターネックのブラを解く花鈴。ポロリとおっぱいが丸見えになり、やがて全裸に。恥ずかしそうに足を閉じながらおっぱいをまさぐっていく花鈴。「あん〜」思わず声を漏らしてしまう。ゆっくりと足を開きながら股間に指を這わせていく。中指で割れ目をなぞりクリトリスを刺激していく花鈴。男は花鈴にバイブを手渡し「これ、使ってごらんよ。」とスイッチを入れる。バイブの先端が花鈴の乳首を刺激し喘ぎ声が漏れる。割れ目にゆっくりと這わせていくとズブリと押し込んでいく花鈴。ズボズボと花鈴のオマンコに飲み込まれていくバイブ。「あ〜、あ、あ、あ」ゆっくりとピストンしながら気持ちいいところを刺激していく花鈴。バイブの振動がクリトリスも刺激していく。「うううう〜、あ、あっ!」腰をビクンと震わせながらあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。感度のいい花鈴に男も興奮していく。「今度は直接飲ませてあげるよ」男が花鈴のオマンコにクスコを挿入すると、グイッと広げて直接飲ませていく。「なんか、暑い。」体が火照って敏感に敏感になった花鈴のオマンコにバイブを押し当てていく男。「掻き回してあげるから」男はズブリとバイブを挿入するとズボズボとピストンしはじめる・・・。どんどん敏感になっていく花鈴の体。手マンチョで大量の潮を吹きながら、男たちの欲望のザーメンを顔射される。男たちのエロエロな実験がさらに激しくなりながら続いていく・・・。

みほ スクーラーズ Vol.2 女子校生リアルドキュメント 1
超絶かわいいセーラー服姿のみほちゃん。ミニスカから覗く足が何とも言えずエロい。買い物好きのみほはT154B83W58H83と均整のとれたナイスボディだ。「今日は・・・水色かな」下着の色を確かめようと男がミニスカの下から覗く。エロいアングルに男も大興奮。インタビューのあと、セーラー服をまくるとなかなか大きなおっぱいが。ブラジャーの上から乳首を刺激していく。ブラをずらし乳首を露出させるとコリコリと刺激。張りのあるたわわなおっぱいに「すげえエッチだ。」とますます興奮していく男。乳首をコリコリさせるとみほの乳首がピンと勃起してくる。「下はどうかな?足開いて・・・」と足を開かせるとパンティをグイッと食い込ませてしまう男。陰毛がパンティからはみ出してエロい。クリトリスを刺激しみほの気持ちを高めていく男。美保を四つん這いにさせるとミニスカからTバックが覗く。それを見た男はさらに興奮。「きれいなおしりだな〜」としばし見とれている。パンティをずらしアナルを露出。アナルセックスも経験済みというエロ娘に男もびっくり。割れ目を刺激していくとパンティがオマンコに食い込んでいく・・・。女子校生に大興奮してチンポをビンビンに堅くした男。それをしゃぶるみほの顔はエロ女そのもの。ロリギャル好きには堪らない作品。

美瀬純 最後の中出し
水着姿でソファーに座るモデル系美人の美瀬純ちゃん。そこを男たちが取り囲む。男たちは純の体をまさぐりだす。おっぱいを丸出しにされ男の指が乳首に絡んでいく。さらに舌先が乳首をチロチロと攻め純の口から吐息が漏れる。足をM字に開かせ股間の中心を指でサワサワと刺激。パンティをずらしオマンコを晒すと一気にスリとリスを攻めていく。顔を歪めて感じてしまう純。オマンコから愛液があふれ、男が指でグジュグジュと刺激していく。「あ、あ、あ、あ〜」堪らず声を漏らしてしまう純。男は純のパンティを脱がせオマンコを集中的に攻めていく。四つん這いにさせると、後ろからズブリと指を挿入しグジョグジョ。恥ずかしい格好でオマンコからは喜びの愛液が溢れてくる。興奮した男たちは自らの肉棒を純にしゃぶらせ、たっぷりと気持ちよくしてもらうと、純のオマンコにズブリ。イヤらしい音がと純の喘ぎ声が部屋中に響き渡ってしまう・・・。新○Y愛似の美女をたっぷりと気持ちよくさせていく物語。いい女好きには堪らない作品。

叶志穂 しゃぶりつく女
セクシーな下着姿で足を大きく開き、おっぱいを激しく揉みしだいている叶志穂ちゃん。喘ぎ声を漏らしながら気持ちよくなっていく。パンティのひもを解きスルリと滑らせるとイヤらしいオマンコがパックリとあらわになる。指でオマンコを開き、クリトリスを刺激すると、喘ぎ声がさらに激しくなっていく。顔を歪めて感じてしまう志穂。濡れ濡れのオマンコにズブリと指を挿入していく。ズボズボと指が出し入れされるたびに志穂が喘ぐ。飲みかけの瓶を空にすると、ズブリとオマンコに挿入してしまう志穂。「あ〜〜〜」グリグリと瓶の先端がオマンコの中で掻き回されていく。速度を速めた志穂の快感は一気に上昇してしまう。「あ〜〜〜、いい〜〜〜」快感が頂点に達しオーガズムを迎えてしまう・・・。「あ〜、おちんちん、おちんちん。」本物のチンポを求める志穂にパンツ姿の男が。志穂は待ちかねたように男のパンツを一気に脱がせていく。ビロンとそそり勃つ肉棒にむしゃぶりついていく志穂。自らのオマンコを指で刺激しながら丁寧にしゃぶっていく。男は志穂の頭を押さえつけ、肉棒を志穂の口内に深く突き刺していく。たっぷりの唾液が肉棒にまみれ気持ちよさそうな男。手コキも加えて男の喜ばせていく志穂。「いいぞ、気持ちいいぞ。あ〜、イキそうだよ。」男が限界を訴え始めると志穂はさらにフェラを激しくさせる。「あ〜、もうイクよ。イクよ〜」試補の手コキが激しくなり、男は志穂の口内にドピュドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。チンポが好きで堪らない女が肉棒をしゃぶりつくし、オマンコにも求めていく。アナルにもバイブを入れ同時に挿入されたチンポでイカされてしまう好き者の作品。

伊藤れん スポーツしましょ
インドアでテニスの練習をしている伊藤れんちゃん。ミニスカ姿が何ともキュートで、そそる足が覗く。アンダースコートがおしりに食い込み、イヤらしさが倍増。その食い込みがオマンコにまで。「お疲れ様、ちょっと休憩しよっか?」と男に話し、汗をぬぐうれん。「どこ見てるの?」男がれんの体に視線を向けている。「あ、堅くなってるよ?」と男の股間が膨らんでいるのに気づき、さわさわと触りながら「軟式から硬式だね。」と笑う。「ダメだよ〜。どうしようかな?」男のおねだりに恥ずかしそうに「ちょっとだけだよ。」とパンツを下ろすれん。「そんなに咥えて欲しい?」パクリとカリを咥えジュボジュボ。「どんどんビンビンになってくるね。」シコシコと手コキも加えながら刺激し続けるれん。チンポからはガマン汁が溢れだし「エッチだね。」とおもしろがるれん。「興奮してきた?もっと興奮して。」と肉棒を深く飲み込んでいくれん。「すご〜い、はち切れそうだよ。」男の興奮がれんの口内に伝わっていく。「早くされるの好き?」れんがピストンの速度を速めると男は一気にガマンの限界に。「あ、イキそう・・・」男は肉棒を抜くとれんの口内にドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。「いっぱい出たよ。おいしかった。」とザーメンを飲み干すれん。すると別の男がチンポをビンビンにさせて現れる。「君もなの?」れんは、固い肉棒を咥え込んでいく。巨乳テニス娘が練習中にテニスではなくペニスを気持ちよくさせる。競泳水着を着た美女たちがレズでお互いの体を気持ちよくさせていくシーンも見物。ゴルフのレッスン中にコーチにいたづらされてしまうシーンも。スポーツシミュレーションコスプレ物語。セクハラもの好きにもお薦めする作品。

栗山帆花 女を縛っておもちゃにする
目隠しされ、全身を縛られている栗山帆花ちゃん。そこへ、電dぷばいぶを取り付けたラジコンカーが迫っていく。足をM字に開かされている帆花の股間の中心へと狙いを定めラジコンカーがゆっくりと進む。グイッとオマンコにバイブが当たるたびにビクンと体を震わせて反応してしまう帆花。ラジコンは帆花のオマンコの割れ目にバイブをねじ込むと、グイグイと前へ前へと進んでいく。割れ目を掻き分けるようにズブリと刺さるバイブに堪らず声を上げてしまう帆花。バイブがズブリとオマンコの奥まで突き刺さり、特異な動きでピストンしていく。帆花を気持ちよくさせたバイブが走り去ると、今度は大勢の男たちが帆花の周りを囲んでいく。無数の手が帆花の体を揉みくちゃにしていく。たわわな巨乳があらわになり男たちがむしゃぶりついていく。クリトリスには男の指が滑り、さらに濡れ濡れにしていく。男たちの欲望の象徴を次々としゃぶらされる帆花。さらにオマンコには肉棒がズブリと挿入されてしまう。激しくピストンされながら、男たちがザーメンを帆花の体に発射していく。四つん這いにされた帆花は、なんとアナルにまで肉棒を入れられてしまう・・・。男たちの欲望の塊を一身に受け止めていく巨乳美女の物語。

椿花鈴 いきなり入れられてしまう女
現場に現れた椿花鈴ちゃんをいきなり男たちが襲いかかる。訳もわからずベッドに横倒しにされてしまう花鈴。男が一気に下半身をむき出しにして、花鈴の顔へ股間を近づけていく。「はいはい、しゃぶってしゃぶって。」男に言われるがままにチンポをしゃぶらされる花鈴。頭を押さえつけられ力任せにピストンさせられてしまう。「脱がせて、脱がせて。」男が花鈴のパンティを一気に脱がせて足を大きく広げてしまう。さらに肉棒をズブリと突き刺してしまう。堪らず喘ぎ声を漏らしてしまう花鈴。「濡れてるじゃん。」いきなり挿入したにもかかわらず、花鈴のオマンコは濡れていたようだ。「お口があいてるじゃん。」男は花鈴を四つん這いにさせると、開いている口にズブリと肉棒を突き刺していく。「そういえばまだおっぱい見てなかったよね?」と花鈴を仰向けにすると、チンポを抜き差ししながら、上半身を裸にしていく。順序がバラバラな攻めで花鈴を気持ちよくさせていく男。クンニでオマンコを濡れ濡れにすると、手マンチョで激しい潮を吹かせてしまう。興奮した男が花鈴の口に肉棒を突っ込むとフェラチオでイクまでしゃぶらされる。「精子好きでしょ?」男は我慢の限界に達し、花鈴の口内にドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。いきなりのSEXで襲われるように責められてしまうS男には堪らない作品。たっぷりと実験されてしまう美女をご堪能ください。