流出裏AVなどに特化した動画を無修正または薄消しで配信するサイトです。中でもコスプレ系の動画には根強い人気があり、コスプレマニアを軸に幅広い層から支持を得ています。

H:G:M:O 流出裏AV(2016年01月)



桐谷アンノ 悲劇のセールスレディ
「立て付けが悪いなぁ〜」と、あるマンションの一室に入っていく男。ドアの締まりがよくないようだ。部屋の番号は606号室だが、勢いよく閉めたせいで609号室に変わってしまう。一方、約束の時間に遅れそうになり、先方へ電話を入れる新宿商事の桐谷アンノちゃん。「すみません、遅れちゃって。今、駅に着いたのですが、どちらの方に向かえばよろしいですか?」と先方の場所を確認する。「609号室ですね?今から向かいますのでよろしくお願いいたします。」とマンションへ向かう。609号室に着き「新宿商事の桐谷です。」とインターホンを押すと、ドアから出てきた男にいきなり部屋へ連れ込まれてしまう。「な、何ですか?」と訳のわからないアンノに「部屋間違えてるんだよ。残念だったな。」と男が告げる。男たちは、アンノをあっという間にロープで縛り上げてしまう。両手を縛られ、無残にも足をM字に広げられた状態で太股を縛られてしまう。ストッキング越しにパンティが丸見えになった恥ずかしい状態にさせられてしまったアンノ。アンノの抵抗むなしく、ブラウスのボタンを外され、おっぱいを丸出しにされてしまう。男はアンノ股間に顔を埋め、イヤらしく匂いを嗅いでいく。ストッキングを破られパンティの上からオマンコをグリグリと触られてしまう。男は再び股間に顔を埋めると、匂いを嗅ぎながらオマンコを舐めていく。パンティをグイッとずらされ、ピンク色のオマンコがパックリと晒されると、グチョグチョとクンニしはじめる。「いやぁ〜」図らずも男のクンニに感じてしまいオマンコを濡らしてしまうアンノ。「何これ?」男たちはローターを取り出し、スイッチを入れると乳首とクリトリスに押し当てていく。「あ〜、いや〜」ローターの刺激に堪らず声を上げてしまうアンノ。男はアンノオマンコをパックリと開くと、容赦なくローターをクリトリスに押し当てていく。「あ、あ、あ、あ〜」堪らず反応してしまうアンノのオマンコにズブリと指を挿入してしまう男。オマンコの奥深くをグチョグチョと指マンしていく男。バイブを咥えさせられ、しゃぶらされると、ズブリとバイブをオマンコに挿入されてしまう。オマンコの中でグリグリとうなりを上げるバイブ。ズボズボとピストンされ喘いでしまうアンノ。「あ、あ、あ、あ、イク。あ、あ、あ、あ〜!」とアンノはイカされてしまう・・・。「イッちまいやがって。」男たちは、もっと強力な電動マッサージ器を取り出し、オマンコに押し当てていく。さらなる刺激にオマンコからはビチョビチョとエッチな液体が流れ落ち「あ、あ、あ、イク、イク〜」とあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。男たちに何度もイカされてしまったアンノ。訪問先を間違えてしまったために、男たちに次々と恥ずかしいことをされてしまった、セールスレディのアンノ。フェラチオで肉棒をイクまでしゃぶらされ、恥ずかしい全身網タイツを着せられ、セックスさせられる。ドSな方にお薦めする作品。

さくらの 肉体接待のお仕事
「いらっしゃいませ。こちらにどうぞ。」と薄暗い部屋へ招き入れるさくらのちゃん。「えっと、じゃあ、服脱いでください。」と男に促すと自らもキャミソールを脱いでいく。「よく来るんですか?」と他愛もない会話を交わすさくらの。「じゃあ、こっちに横たわってください。」とベッドへ促し「失礼します。」と男の乳首を舐め始める。男はさくらのを口説こうと電話番号を聞こうとするが「お店に電話してください〜」と軽くいなす。全身を舐めながら下半身へと舌を滑らせると、パクリとチンポを咥えていく。あっという間にビンビンに勃起してしまう肉棒。男はさくらのの乳首を触りながら「コリコリしてるよ。」と感触に興奮していく。さくらのは、チンポを乳首に擦りつけながら手コキしていく。男はさくらのの股間に手を伸ばし、オマンコを弄り出す。「潤ってるよ。」とオマンコを濡れていることを告げると、恥ずかしそうに照れるさくらの。手コキしながらオマンコを押し当て素股していくさくらの。チンポがクリトリスに当たり、自分も気持ちよくなっていくさくらの。「こっち見られると恥ずかしいね。でも見てて欲しい。」と男のMっぽい言葉に、男を見つめながら手コキ&素股を続けるさくらの。グチョグチョとエッチな音を立てながら扱かれていく肉棒。「あ〜、すごい〜」男の息づかいが荒くなりますます興奮していく。「気持ちいい〜。イッちゃうかもしれない・・・」と限界が近づいていく男。腰の動きを速めるさくらのに「出していいの?」と聞くが、一気に快感が頂点に。「あ〜やばい。出ちゃう〜。あ〜、イク〜!」とドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。風俗嬢として男を気持ちよくさせた後は、プライベートオナニーで自分も気持ちよくなるため、バイブでオマンコ責め。電動マッサージ器でクリトリスを責め続け「イキそう〜、あ〜、イクゥーーー!」と絶頂へ。そして、キャバ嬢としてお客を接待するも、粗相をしてしまい、お詫びに男をイカせることに。フェラチオと手コキで最高の発射をさせる。最後は3Pでたっぷりと肉棒を入れられて中出しされてしまう・・・。

藤井彩 真性痴女 〜手コキ・素股・足コキでイカせまくる美女〜
とあるビルのエレベーター内にセクシーなランジェリー姿で乗ってくる美女、藤井彩ちゃん。中にいた男にズンズンと迫っていく。はち切れんばかりの胸の膨らみが眼前に迫りたじろぐ男。彩は男を壁に追い詰めると、股間を触り「堅くなってる・・・」と挑発するような視線でいう。身動きがとれない男は、彩のするがママを受け入れるしかない。彩は音とキスを交わしながらパンツを一気に脱がせてしまう。すでにビンビン硬直した肉棒が露わになると、唾液を垂らしてヌルヌルにしてしまう。ゆっくりと肉棒を握り、シコシコと手コキをしていく彩。男は息づかいを荒くしながら興奮していく。「イキそう?濃くて臭いのいっぱい出して。ザーメンいっぱいちょうだい〜」彩は手コキの速度を速め「出そうな時は言うのよ。」とさらに扱いていく。グチョグチョとイヤらしい音を立てながら手コキされると「あ〜、イキそうです〜」と男はガマンの限界に。「いっぱい出して〜」男は彩の手のひらにドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。「いい匂い、おいしそう〜」と男の発射したザーメンを飲み干す彩。根っからの痴女な彩は、オナニーを覗いていた男を部屋に入れ、素股でイカせてしまう。さらには、足コキで男を気持ちよくさせ、ドピュッとイカせてしまう真性の痴女。男二人に攻められ、大量の潮を吹きながら絶頂へ。さらには、男たちのザーメンを上と下の口で受け入れる・・・。

菅野亜梨沙 囚われの美女
組織に抵抗し、組織から脱出しようと試みるも、組織に見つかってしまう菅野亜梨沙ちゃん。「逃げても無駄だ。組織を裏切ってタダですむと思ってるのか?」武器を構え抵抗しようとするも組織に捕まってしまう。しかたなく再び組織に囲われることになった亜梨沙。シャワーを浴び、体をきれいにする。何ともきれいな体だ。バスタオルを体に巻き、男が横たわる部屋へ入っていく亜梨沙。「待った?ゴメンね。」と男に乳首をチロチロと舐め始める亜梨沙。「あ〜」気持ちよさで思わず喘ぎ声を漏らしてしまう男。亜梨沙は舌先で男の上半身を舐め回していく。「もっこりしちゃったね。おちんぽちゃん。」と男の股間を触り、男の興奮を確認すると「チンポ見せて。」と男のパンツを一気に脱がせていく。すでにビンビンに勃起した肉棒にキスをし、チロチロとカリの先を舐めていく。チュパチュパとカリを吸い、パクリと咥えていく。「大きい。お口に入らないよ。」と精一杯飲み込んでいく。「ビンビンになっちゃったね〜、おちんぽね〜。」と手コキでカリを擦っていく亜梨沙。「お尻も、チンポも、たまたまも全部気持ちいいの?堅いの嬉しい〜」とますます硬直していく肉棒をおいしそうにしゃぶっていく。男も亜梨沙のオマンコに指をズブリと挿入し、グチュグチュと出し入れしていく。「あ〜、ダメ〜、気持ちいい〜」亜梨沙も気持ちよくて激しくよがってしまう。「クリちゃん、気持ちいい〜」男の舌技に顔を歪めて感じていく亜梨沙。「あ〜、イク、イク、あ〜〜!」亜梨沙は堪らず絶頂へ達してしまう・・・。男はさらに亜梨沙を攻め、手マンチョでもイカせてしまう。肉棒でズボズボとピストンされ、ガマンの限界に達した男は、ドピュドピュッと顔射する。男を気持ちよくさせた亜梨沙は「もうガマンできないの・・・」と男を殺してしまう。しかし、組織は亜梨沙を再び捕まえる。再度囚われの身になった亜梨沙に、これまで以上の厳しい責めが待っていた・・・。

長谷川なぁみ 狙われた美女
パソコンでなにやら怪しげにターゲットを検索している男。ターゲットになったのは、遊び人の長谷川なぁみちゃん。男は、さらにインターネットでなぁみを一緒に襲おうと仲間を探していた。計画を実行に移した男は、なぁみを車内に連れ込むことに成功する。「何なんですか?」と男たちに車に連れ込まれ、訳のわからない状態のなぁみ。男たちは、遊び人と評判のなぁみを車内に連れ込み、なぁみの体を弄ぼうとしていた。「イヤらしい格好しちゃって〜。」とショートパンツ姿が男たちの視線を誘うなぁみ。男たちは、なぁみの足を抱えるとパックリと広げてしまう。「男を誘うような格好して〜。だからこういうことされるんだよ。」と男たちは自分たちの行動を正当化する。「ツルツルだぜ。若い娘はいいね〜。」となぁみの太股を触り興奮していく男たち。「いい体してるじゃないか〜」男はなぁみのおっぱいを鷲掴みにして激しく揉んでいく。「どんな匂いがするか嗅いでやるよ。」となぁみの股間に顔を埋めていく男。「いい匂いがするな〜」となぁみの体にますます興奮していく男たち。服をまくられ、ブラジャーをずらされると、ポロリと巨乳が露わになる。「あ〜、おっぱいだ〜」なぁみの巨乳にさらに興奮していく男たち。乳首を吸われ、股間をまさぐられてしまうなぁみ。「脱がしちまうか。」なぁみはあっという間にショートパンツを脱がされてしまう。Tバックのセクシーパンティをめくられ、オマンコが晒されてしまう。「処女みたいなオマンコだな。」となぁみのきれいなオマンコに興奮する男たち。「触ってくれよ。」男たちは、興奮した肉棒を触らせようとチャックを下ろすとチンポを取り出す。すでにビンビンに勃起した肉棒を「しゃぶってくれよ」となぁみの顔を引き寄せ咥えさせてしまう。しかたなくチンポをしゃぶってしまう・・・。誰かの恨みを買ってしまい、男たちのも茶にされてしまう美女。ローターでオナニーさせられ、イラマチオさせられる。手コキを加えたカリ舐めでイカせると、今度はなぁみが手マンチョで大量の潮を吹きながらイカされてしまう。極太の肉棒を激しくピストンされたあげく、たっぷりとザーメンを中出しされてしまう・・・。S男にお薦めする羞恥作品。

上原みき 屈辱的なオナニー 〜中出しまでされてしまうセックス〜
男たちの部屋に連れてこられてしまった、お姉さん系美人の上原みきちゃん。ソファーに座らされ足をM字に開かされると、セクシーな黒いパンティがあらわに。ブラジャーを取られおっぱいを丸出しにされてしまう。Tバックのパンティも剥ぎ取られ、オマンコも晒されてしまう。パックリとオマンコまで広げられてしまうみき。ポラロイドカメラでパックリと開いたオマンコを撮影されてしまうみき。男はさらに携帯電話でもオマンコを広げた写真を撮影する。「自分でやってみて。」男にリクエストされオナニーをさせられてしまうみき。しかたなくクリトリスを弄り出すみき。「ちょっと開いてみ。」男に言われるままオマンコをパックリと広げるみき。そこへソーセージを擦りつけていく男。みきにソーセージを手渡すとオマンコに入れさせる。「次はこれね。」と男はみきに空き瓶を手渡す。ズブリと瓶を挿入していくみき。ズボズボとピストンさせられるみき。男はさらにみきにゆで卵を手渡し、ゆっくりと挿入させていく。「あ、いや。」みきのオマンコにスポッとゆで卵が飲み込まれていく。みきはオマンコに力を入れるが卵は出てこない。男はみきのオマンコに指を挿入し、卵を掻き出していく。男たちはみきを別室へ連れて行くと、自らのいきり勃った肉棒をみきに咥えさせていく。男はみきの頭を押さえつけ、ズボズボと喉の奥深くまで突き刺していく。苦しそうに肉棒をイラマチオさせられるみき。男はピストンを高速化させみきの喉に肉棒を突き刺していくと、ドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。男たちに屈辱的に攻められ続ける美女。最後はたっぷりと中出しまでされてしまう。ドSな方にお薦めの作品。

さいとう真央 優しく虐めて
「優しく虐めてね。」両手を縛られ、三角ビキニ姿で足をM字に固定されているさいとう真央ちゃん。男たちがすり寄り真央の顔にそっと触れていく。焦らすように男たちの指先が真央の体を触り始めた。おっぱいを揉みくちゃにし始めると真央の口から吐息が漏れ始める。「あ〜ん」三角ビキニがずらされ乳首が露出されると、すでに乳首はピンと勃起していた。乳首をコリコリと弄られ、股間にも男の手が伸びていく。「あ〜ん。」グリグリとパンティの中に滑らせた指がオマンコを刺激していく。グイッとパンティをめくると真央のオマンコはすっかり濡れ濡れになっていた。男の指が割れ目を開きクリトリスを弄り出すと真央は激しく喘ぎ声を上げる。パックリと開かれたオマンコに男たちの指が交互にズブズブと挿入されていく。そのたびに体を仰け反らせながら喘ぎ声を漏らす真央。「あ〜ん、あ〜あ〜あ〜〜!」男の激しい手マンチョに顔を歪ませながら感じてしまいオマンコからは大量の潮を吹き出してしまう。感度が上昇したクリトリスにローターを押し当てていく男。「あ〜〜〜〜、あ〜〜〜、イク、イクーーー!」真央はあっという間にイカされてしまう・・・。それでもローターをクリトリスに押し当て続ける男。ついには、極太の電動バイブをズブリとオマンコに挿入してしまう・・・。電動マッサージ器でクリトリスを攻められながらチンポを咥えさせられ、ドピュドピュッとザーメンを顔射される。電マで何度もイカされながら、男たちが次々とザーメンを真央の口内に発射していく・・・。ローションでオマンコをヌルヌルにしながらのエロいオナニーと淫乱セックスでたっぷりとザーメンを中出しされてしまう、M女好きには堪らない作品。

さくらの エロ過ぎるゴルフレッスン
ギャル系の美人、さくらのちゃん。B83W55H83のロリエロボディで、キュートなヒップが堪らなくエロい。性感帯は「ありとあらゆるところ。」というかなりのエロボディだ。「たぶん一番感じる。」という乳首を服の上からチェックする男。「おっぱい見せてもらっていいですか?」男のリクエストに応え服をまくってブラジャーをずらす。きれいな乳首がポロリとあらわに。すでにピンと勃起した乳首に男がローターを当てていく。ビクンと体を震わせて反応してしまうさくらの。ローターが乳首に押し当てられたままデニムを脱ぐと、ピンク色の可愛いパンティ姿に。男はパンティの上からローターを押し当てていく。「クリトリスに当たったら教えて。」と言われ、ゆっくりとローターを滑らせる男の動きに合わせて「ピンポン。」と正直な反応をするさくらの。「じゃあ、これ脱がせちゃうね。」男はパンティを脱がせるとオマンコがあらわに。少女のようにきれいなオマンコに驚く男に、恥ずかしそうに股間を手で覆うさくらの。男はパックリとオマンコを開いてオマンコをチェックしていく。「もう濡れてるじゃないですか〜」と早くも濡れちゃってるさくらの。「クリ派です。」というさくらののクリトリスにローターを当て続ける男。同時にズブリと指を挿入し、ゆっくりと出し入れ。顔を歪めながら感じてしまうさくらの。男は足をM字型に開かせると挿入した指をグジョグジョと動かし続ける。「あ〜ん、う〜ん〜」と男の動きに比例して、感度が一気に上昇していくさくらの。男は新たにバイブを取りだしさくらのに見せると「こんなの見たことない。」と驚く。先端がイボだらけのバイブをゆっくりと挿入していく男。スイッチを入れ、ズボズボとピストンしていくと「あ〜、ダメ〜」と体を仰け反らせながら感じてしまうさくらの。さらに男がピストンを続けると「あ、あ、あ、あ〜イク。イクゥーーー!」とイッてしまう・・・。全身性感帯という感じのさくらの。ゴルフのレッスンで、コーチからレッスンと称したセクハラを受ける。ゴルフがうまくなりたいために、コーチのチンポクラブをしゃぶることに。エロコーチのエロゴルフレッスンで、さくらのは裸にされてしまう。コーチのチンポクラブをズボズボとピストンされ、ゴルフは上達するのか?

藤井彩 エロ巨乳ボディ 〜イカせるのが好き〜
セクシーな下着姿で登場の藤井彩ちゃん21歳。大人っぽい顔立ちで早くもお色気たっぷりだ。見た目とは裏腹に、性格はお淑やかで、おとなしいという。普段は家でDVD鑑賞しているという。見た目がSっぽく見られるが、実際は受け身のエッチだという。弄られるとすぐに「イッちゃう。」という感度抜群の体。「男が気持ちよくなるところが好き。」という、男には天使のような存在だ。「イカせる自信もある。」というフェラチオ。早速、見せてもらうことに。男は早くもガマン汁を出しながら眼前に。口に含むとすぐにビンビンに勃起する肉棒。舐めていたらオマンコも「濡れてきちゃった」という彩。オマンコに指を挿入するとグチョグチョとイヤらしい音が。ズブリとバイブを挿入しズボズボと出し入れすると、顔を歪ませて感じてしまう彩。肉棒をしゃぶりながら、オマンコにズボズボと入れられるバイブ。手コキでチンポを気持ちよくさせながら、咥え続ける彩。「これは知ってる?」と電動マッサージ器を見せられる彩。「がんばって気持ちよくさせないと、イカせてあげないよ。」と言われ、手コキとカリ舐めを繰り返す彩。同時にオマンコには電マが押し当てられる。「あ〜、イッちゃう。あ、あ、あ〜」イキそうなのをガマンしながら、手コキで肉棒をイカせようとする彩。彩の反応を愉しむかのように電マがオマンコに押し当てられる。男をイカせようとジュボジュボと咥え続けると男が限界に。彩の顔にドピュドピュッと大量のザーメンを発射してしまう。これで、イカせてもらえるようになった彩。電マがオマンコに押し当てられると、あっという間に「あ、あ、イク、イク〜」と絶頂へ達してしまう・・・。M○y.Jをエロくしたような顔立ちの彩。体も巨乳のナイスボディ。全身網タイツで透け透けの体はエロくて必見。

レイラ まや 雛子ひな 真咲ちな 悪徳芸能事務所 3 〜アイドル志願者たちの実態〜
アイドルの面接にやってきて、悪徳芸能事務所の男たちによって捕らわれてしまった、レイラちゃん、まやちゃん、雛子ひなちゃん、真咲ちなちゃんの4人。彼女らは再び男たちによって体を弄ばれることに。チンポを咥えさせられるひな。「オマンコ見ようぜ。」ソファーに座らされ、足をM字に開かされると、オマンコをパックリと広げられてしまう。「濡れ濡れじゃないか。」グリグリと指を入れられ「どうだ?どうなんだ?」と喘ぐひなを攻め続ける。ローターをクリトリス押し当て、グリグリと攻めていく。「ぶっといの、入るのかな?」男は極太のバイブを取り出すと、ズボズボとひなのオマンコに挿入してしまう。「気持ちいいか?イッちゃえ。」男がズボズボとバイブをピストンさせると「あ〜、イッちゃう・・・。」と堪らず絶頂へ達してしまう・・・。次々と男たちのおもちゃにされてしまうアイドル志望の3人と女子マネージャーのちな。バイブでズボズボにされ、手コキさせられる。男たちの欲望はとどまることを知らず、肉棒をズボズボとピストンされ、快楽の白濁をたっぷりとオマンコに注入されてしまう・・・。

武田まこ Cospiay Wife コスプレチックな若妻
キュートなアイドル系若妻の武田まこちゃん。胸の谷間が何ともイヤらしくそそる。キャミソール姿でベッドに横たわるまこちゃん。体をもぞもぞとさせ、おっぱいをまさぐっていく。股間に手が伸び、自然と足が開いていくと、割れ目に沿って指を這わせはじめた。キャミソールの肩紐をずらすと、ポロンと巨乳があらわに。ピンと勃起した乳首がイヤらしい。吐息を漏らしながら感じてしまうまこ。パンティの中に手を滑らせると、指先がワレメを掻き分けていく。「はぁ〜、あ〜。」と息遣いが荒くなる。ローターを取り出すと、スイッチを入れオマンコへ押しつけていく。「あ〜。」すぐに敏感に感じて喘ぎ声を漏らしてしまうまこ。パンティが邪魔になり、一気に脱ぎ捨てると、ローターをワレメにグリグリと押し当てていく。クリトリスにローターを押し当て、腰を激しく動かしながら感じていくまこ。「あ〜、あ〜、あ〜〜!」快感は一気に上昇し、オーガズムを迎えてしまう・・・。旦那のいない昼間に、オナニーで体の火照りを鎮める若妻。旦那が帰宅すると、旦那と激しくキスを交わす。旦那も我慢できなかったかのようにまこの体にむしゃぶりついていく。グリグリとオマンコをグショグショにされ激しく悶える若妻。嬉しそうに旦那の肉棒をしゃぶり、気持ちよくさせると、ズブリとオマンコに挿入。巨乳をタプンタプンと揺らして最後は勢いよく中出しでフィニッシュ。

甘衣かおり 私は淫乱なスケベ女です 〜大量潮吹き二穴ファック〜
「こんな風に拘束されて嬉しいのか?」セクシーな下着姿で両手を拘束されている、甘衣かおりちゃん。「そんなに好きなら、たっぷりと虐めてあげよう。」男に言われ、嬉しさを隠すように顔を背けるかおり。「おまえは淫乱な女なんだろ?」男に言葉責めされるかおりは「はい」と小さく頷き「私は淫乱なスケベ女です。」と男の目を見る。「じゃあ、たっぷりとおまえの体を弄んじゃおうかな〜」無数の男たちの手が伸びてきて、かおりの体をまさぐっていく。「あ〜、感じます。」男たちの愛撫にすぐに感じてしまうかおり。「私のイヤらしいオマンコを触ってください。」とお願いすると、男の手がオマンコを弄り出す。すぐにパンティの中が湿り出すかおり。「見てやろうか、イヤらしいオマンコを。」パンティをずらしてオマンコを晒すと、オマンコはすっかり濡れていた。クリトリスをコリコリと弄るとかおりの喘ぎ声が激しくなる。「ケツの穴までよく見せろ。」パックリと足を広げられ、アナルまで広げられてしまうかおり。オマンコにはズブリと指を挿入され、グチョグチョといやらしい音を立てて掻き回される。「ここに何か入れて欲しいだろ?」男はローターを取り出すと、クリトリスの押し当てていく。「あ〜、あ〜、あ〜、ダメ〜。イッちゃう〜〜!イク〜〜!出ちゃうよ〜〜!」かおりの快感はあっという間に上昇し、イカされてしまう。同時に、かおりのオマンコから大量の潮が噴き出してくる・・・。ドMの淫乱美人が、オマンコから大量の潮を吹きながら気持ちよくなっていく。さらに極太バイブでピストンされながら、アナルにまでバイブを入れられてしまう。男たちは、さらなる刺激に電動マッサージ器を使いオマンコを攻めていく。「もっとください〜」と快感を貪っていくかおりに、男たちは、大量のザーメンを浴びせていく。二穴ファックでオマンコとアナルを同時にピストンされ、そのまま中出しでオマンコの中までドピュドピュに。ドM淫乱美人を虐めたいフェチにお薦めする作品。

さいとう真央 気持ちよくなりたいの 〜チンポが欲しい〜
「ねぇ、私、今、すごく気持ちよくなりたいの・・・」艶めかしい目でこちらを見つめる、さいとう真央ちゃん。「私のオマンコ舐めてみない?」と足を大きく開いて股間を擦っていく真央。「いっぱい舐めて〜。気持ちよくなりたいの。」と、妖しく微笑みながら、パンティを脱いでオマンコを丸見えにしてくれる。「ほら、オマンコ丸見え。舐めたくなってきたでしょ?」とパックリとオマンコを広げていく。少女のようなきれいなパイパンオマンコに、男も興奮して顔を近づけていく。舌先をワレメに沿って這わせていくと「ほら、しっかり舐めて〜」とリクエスト。「丁寧に舐めるのよ。ほら、もっとベロを突き出して〜」と舐め方をおねだり。男も真央のリクエストに応えようと、ベロベロと舌先を滑らせていく。「いっぱい、いっぱい気持ちよくしてよ。」真央は後ろ向きになり、自らオマンコを広げていく。「クリちゃんも舐めて〜」男の舌がクリトリスを刺激し、真央の息づかいが荒くなる。「横になりなさいよ。しっかりと押しつけてあげる。」男を横たわらせると、男の顔に跨がってオマンコを押しつけていく真央。「あ〜、チンポが欲しい〜。チンポが欲しい〜。」すると、真央の眼前にチンポを硬直させた男が。すぐにむしゃぶりつく真央。肉棒はさらに硬度を増し、ビンビンに勃起してしまう。ペロペロとカリをおいしそうに舐め回す真央。そこへ、さらにチンポを勃起させた男が入ってくる。真央はそのチンポもペロペロと舐め回していく。「あ〜、おいしい〜。」嬉しそうに肉棒をしゃぶっていく真央。「堅い〜」チンポも気持ちよさそうにビンビンに硬直する。男は、真央の頭を押さえつけ、肉棒を咥えさせると、奥深くまで咥えさせる。唾液を漏らしながらイラマチオする真央。男は頭を押さえつけた激しいイラマチオで、一気に快感が上昇してしまう。真央の口からチンポを抜くと、ドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。立て続けに3本の肉棒を咥え、イカせた真央。「あ〜、もうダメ。あ〜イク、イク〜!」男の顔に跨がったクンニで自らも絶頂を迎えてしまう・・・。チンポ好きに淫乱美人、真央は「あなたのおちんちん、いっぱい気持ちよくさせて上がる。」と次々と男たちの肉棒をしゃぶっていく。ドピュドピュとザーメンを発射させ、自らも大量のザーメンを浴びる。肉棒にピストンされながらザーメンまみれにされ、そのまま中出しで絶頂へ。美人お姉さんをザーメンまみれにさせたいフェチにお薦めする作品。

横山あさ美 淫乱若妻 〜裸にエプロン〜
「あさ美ちゃん素敵だよ。そういう下着って、なかなか着ける機会ないもんね。」セクシーな下着を身につけ、男に素敵だと褒められ嬉しそうな横山あさ美ちゃん。「もっと、よく見せて。」男はあさ美のセクシーな体がもっと見たいとリクエスト。あさ美はソファーに座り直す。男からプレゼントされた下着を気に入った様子のあさ美。「すごいエッチな気分になっちゃう。」というあさ美に「じゃあ、オナニー見せてよ。」とおねだりすると男。「えー。」と恥ずかしがるあさ美に「いいじゃん、見せてよ〜」と食い下がる男に「わかった〜」とブラジャーをずらして乳首を弄り出すあさ美。「乳首が感じるの。」と乳首を強めに摘まみコリコリと弄っていく。喘ぎ声を漏らし始めるあさ美。「感じる。堅くなってきちゃった。」と早くも興奮し始めるあさ美。ソファーにうなだれて気持ちよさそうな表情のあさ美に興奮していく男。ブラの肩紐をずらしておっぱいを丸出しにするあさ美。グリグリと乳首を刺激していくと「あ〜、感じる。感じちゃうの。」と興奮していくあさ美。足を大きく開き恥ずかしい格好のあさ美。ワレメに沿って指を這わせながら「あ〜気持ちいい〜」と喘ぐあさ美。「オマンコ見せて。」男のリクエストにパンティをずらしてオマンコを丸出しにするあさ美。「もっと見せて。」男に言われ、パックリとオマンコを広げていくあさ美。すっかり愛液で濡れ濡れになっているオマンコ。鏡の前に座り、オマンコをパックリと開いている自分の姿を見て「なんかヤダ。ホントに恥ずかしい・・・」と照れるあさ美。クリトリスを弄りながら「気持ちいい〜」と快感を貪っていくあさ美。「エッチだね〜」と極太のバイブを取りだしあさ美に咥えさせると「でも、これ大きい・・・」と自分のオマンコには入りそうにないというあさ美に「僕に任せて。気持ちよくしてあげる。」と男はバイブのスイッチを入れるとグリグリとオマンコに押し当てていく。「入れていい?」あさ美が頷くと男はズブズブとバイブをオマンコに挿入していく・・・。見た目と違いかなりののエッチ好きなあさ美。バイブをズコズコとピストンされ「気持ちいい〜、それ気持ちいい〜」と悶えてしまうあさ美。男にたっぷりと気持ちよくしてもらった後は、キッチンで料理をする。裸にエプロンをした姿に興奮した男は、後ろからちょっかいを出していく。あさ美の料理もそこそこに、あさ美を食べ始める男。キッチンで、裸にエプロン姿で料理する若妻に興奮し、その場でセックスしてしまう男の願望物語。コスプレハメ撮りの番外編もあり。

姫野杏 イカされ続ける地獄
両足をM字型に固定され、恥ずかしい格好をさせられている、女優の香○奈に似た姫野杏ちゃん。「動けないのはイヤ。」という杏に男の手がすり寄ってくる。ゆっくりとしたフェザータッチで杏はすぐに悶えてしまう。男たちの手が無数に伸びてきて、杏の全身を襲う。シリコンバイブを取り付けた電動マッサージ器を取りだし、男はゆっくりと杏の股間に当てていく。電マの刺激がシリコンバイブに伝わり、オマンコを刺激する。喘ぎ声を漏らす杏に、男たちは複数のローターで全身責めしていく。バイブの先端が杏のクリトリスを責めると「あ〜、イク。」と早くも限界を訴える。しかし、男は「ダメだよ〜」と寸止めで電マを離してしまう。イキたいのにイケないもどかしさで悶々としてしまう杏。男は構わずバイブをオマンコに挿入し膣とクリトリスを同時に攻めていく。「あ〜、あ〜、あ〜、イク。」と電マの刺激が杏の快感を頂点に導いていく。男は寸止めせずに杏をイカせると、そのままバイブを抜かずに攻め続けていく。「あ〜〜〜、イク〜〜〜!」杏は堪らず絶頂へ達し、腰を激しくグラインドさせる。男はグジョグジョになったオマンコからバイブは抜かずに攻め続け、杏は何度もイカされてしまう・・・。男たちの執拗な責めで絶頂地獄を味わった杏。今度はセーラー服姿で登場。教室でも恥ずかしい格好をさせられてしまう。肉棒を何本も咥えさせられ、次々とオマンコに挿入されてしまう・・・。

真咲ちな 雛子ひな 悪徳芸能事務所 2 〜タレントだけじゃなくマネージャーまでも〜
ミニスカートにメガネ姿の知的女子系美人、真咲ちなちゃんとウサギの耳が何ともロリ可愛い雛子ひなちゃん。「今日の面接がんばってね。」とひなを励ますちな。二人は、ひなの面接に芸能事務所を訪れた。事務所の男に「うちのひなちゃんをよろしくね。たくさん仕事を入れてあげてね。またいつものようにサービスしてあげるから・・・。」と意味深な言葉のちな。すると男が満面の笑みで嬉しそうな顔になる。「ほら、こっちに来なさいよ。」と男をソファーに座らせると「ほら、いつものよ。」と男の股間をハイヒールで踏みつけていく。「これが気持ちいいんでしょ?」とグリグリと足攻めすると、パチンと男の頬を平手打ち。「ひぃ〜」と喜ぶ男。ちなは、さらにヒールでグリグリと股間を踏みつけながら「これが気持ちいいの?」と言葉責め。ちなのミニスカから白いパンティも覗く。「変態〜」と男をバチバチと叩きながら足攻めは続く。「ちょっとうるさいから黙ってて。」と男の口をテープで塞ぐと、男のズボンを一気に下ろしてしまう。ヒールで直接チンポを踏みつけながら「変態だな〜」と男の性癖を責めるちな。「もっと気持ちよくなりたい?」ビンビンに勃起した肉棒をシコシコと手コキすると「う〜、う〜、う〜〜!」と男はあっという間にザーメンを発射してしまう・・・。「きったないわね。どうしてくれるの?うちの子にちゃんと仕事あげてよ。」と男に念を押すちな。一方、別室で面接しているひなは、男から仕事の説明を受ける。「最初は、水着とかの仕事をしてもらうんですけど、体を見せてもらえますか?」面接官に言われ、下着姿になるひな。「手ブラって知ってます?」と手ブラ姿が見たいとリクエストする面接官だが「それはちょっと・・・」と躊躇するひな。「それでしたら、今日はこのまま帰っていただくことになります。」と面接は終了と告げられる。ひなは、渋々ブラジャーを外すと、手ブラ姿になる。面接官は「喘ぎ声の練習できますか?」となんとも妖しいリクエストをする面接官。「こういうのを当てながらやった方がリアリティが出るので・・・。」とローターをひなの体に押し当てていく面接官。リアルに感じてしまい、本気の喘ぎ声を漏らしてしまうひな。男たちの面接はエスカレートし、パンティまで脱がされたひなにとって、エッチで激しいセクハラ面接となってしまう・・・。芸能人似なれるという触れ込みで面接に訪れた美少女は、面接官たちのエッチな毒牙にかかってしまう。演技指導と称し、オマンコを手マンチョされ、大量の潮を吹かされてしまう。「うちの子をよろしく」と男たちに頼んでいたマネージャーのちなも、男たちの毒牙にかかってしまう。悪徳芸能事務所の実態を心ゆくまで堪能してください。

武田まこ コスプレチックな巨乳
今にもおっぱいがはみ出そうなセクシーなキャミソール姿の武田まこちゃん。何とも悩ましい姿にチンポがムクムクしてしまう。天気のいい屋外でベンチに座るまこ。タンクトップにミニスカートと、こちらも悩ましい姿だ。男が現れ「自由にしていいの?」とズボンを下ろすと、パクリとチンポを咥えていく。見る見るとこう長駆していく肉棒。ジュポジュポとピストンしていくまこに「あ〜」と気持ちよくて喘ぎ声を漏らしてしまう男。ガマンができずにベンチに座る男に、手コキも加えてフェラチオしていくまこ。しゃがみ込んだまこのミニスカからパンティが覗き、何ともエッチな姿に。「あ〜、あ〜、イッちゃいそう、イッちゃいそう〜、あ〜〜〜!」男はガマンの限界に達し、ドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。「くすぐったい?」といいながら、お掃除フェラできれいにしてくれるまこ。野外フェラは「ちょっと恥ずかしい・・・」と照れる。場面変わって、メイド姿で登場すると、ご主人様に身も心もご奉仕していく・・・。巨乳娘が野外フェラでイカせたあとは、メイドのコスプレで男を満足させる。気持ちよさそうにビンビンに勃起した肉棒をたっぷりとしゃぶり続けるフェラは必見。ご主人様に肉体でご奉仕するロリメイドセックスは興奮ものです。

甘衣かおり 淫語で攻める痴女
セクシーなキャミソール姿でベッドに横たわる甘衣かおりちゃん。ため息をつきながら「また同じ夢だわ・・・」と、なんだかすっきりしない様子。悶々とした体を鎮めるように股間に手を伸ばしていくかおり。パンティの中に手を入れワレメを擦っていくと、すぐに喘ぎ声が漏れ出す。クチョクチョとエッチな音が響き、パンティをずらしてオマンコを丸見えにする。テカテカに濡れているオマンコを指先で激しく弄っていくかおり。ソファーに移動すると、おっぱいをまさぐっていく。キャミソールの肩紐をずらし、おっぱいを露出。パンティも一気に脱いでしまう。中指が割れ目をなぞり勃起したクリトリスを刺激していく。ズブリと中指を挿入すると、ズボズボとピストンしていく。愛液をクリトリスに滑らせながら快感を貪っていく。2本の指を挿入したかおりは、ズボズボとさらに激しくピストンしていく。「あ、あ、あ、あ〜、イク、イク〜〜!」かおりの快感は頂点に達しイッてしまう・・・。「ねえ、こっちに来て、かおりが気持ちいいことしてあげる。」透け透けのセクシーランジェリー姿で男を誘うかおり。「チンチン、カチンコチンだよ。」と、すでにはち切れんばかりにビンビンに勃起した肉棒がかおりを興奮させる。「こんなに大きい。パンツを脱いで見せてちょうだい。」かおりに言われ男がパンツを脱ぐと、隆々と勃起した肉棒が眼前に。「こうやってゆっくり扱かれるのは気持ちいい?」肉棒を握りシコシコと手コキしていく。優しく淫語で攻めながら、チンポを乳首に擦りつけていく。「気持ちいいの?チンポ、ヒクヒクしてる。」おっぱいに肉棒を挟み、ズリズリとパイズリしていくかおり。あっという間に限界を訴える男に「出していいよ。お胸の中にいっぱい出して。」とパイズリと激しくさせていく。「ヒクヒクしてる、イッちゃう?」男はドピュドピュッと胸の谷間にザーメンを発射してしまう・・・。淫語パイズリで抜いた後も、さらに手コキとフェラチオでチンポを攻め続けるかおり。男は堪らず再びイカされてしまう。淫語で攻め続けるだけではなく、自らのアナルまで攻めさせる痴女。バイブを突き刺しながらオマンコに肉棒を咥える。最後は肉棒をアナルにズボズボさせ中出しと、内容盛りだくさんです。

浜乃ゆい ドM淫乱娘羞恥責め
「何に使うかわかるでしょ?」男にバイブやローター、鏡、ロープなどを見せられる浜乃ゆいちゃん。「うふ、わかんない。」はにかみながら答えるゆい。顔を赤らめながら、これから起こることに期待して気持ちが上がってきたようだ。「こっちへおいで。」と男に抱き寄せられるゆい。「スケベなんだってね?虐められたりするの好きなんだ?」と男に聞かれ、嬉しそうに「うん」と頷くゆい。「じゃあ、こういうの見てるだけで、この辺が熱くなってくるんだ?」と下腹部をまさぐっていく男。「なる」と早くも男のいうとおりに下半身が熱くなっていくゆい。男の焦れったい攻め方にもじもじしながら反応するゆい。男はスカートをゆっくりと脱がせ太股をまさぐっていく。「ん〜〜」喘ぎ声を漏らしながら感じてしまうゆい。「この辺は汗じゃないでしょう?」パンティの上から股間をまさぐる男は、ゆいの股間が熱くなっているの指先で感じる。パンティをグイッと脱がされ、お尻を揉みくちゃにされてしまうゆい。男はその手でオマンコをまさぐると、もうすっかり濡れていた。ゆいをソファーに座らせた男は「見せてごらんよ。」とゆいに足を開くように促す。恥ずかしそうにゆっくりと足を広げていくゆいに「もっと、もっと、もっと開いて。」とパックリと広げさせる。「恥ずかしいな〜。若い娘がこんなに大股を開いて。」言葉攻めでゆいの羞恥心を擽る男。「もっと見えやすいようにしちゃおうかな?」男は、ゆいの足と手をロープで縛り、M字開脚させてしまう。「見てごらん?すごい格好してるよ?」とゆいに鏡を見せる。オマンコを濡れ濡れにしてクリトリスも勃起させているゆい。男はローターを手に取ると、いよいよ直接クリトリスを攻め始める・・・。ドMの淫乱娘が徹底的に羞恥責めされてしまう作品。ゆいが、恥ずかしいながらもたっぷりと感じてしまう表情は必見。※デジタルノイズあり

横山あさ美 新妻の妄想
結婚3ヶ月の新妻、横山あさ美ちゃん。新しい生活にもやっと慣れてきたところにある悩みが。旦那が「ちょっとエッチなとこ」が悩みだという。トイレに入ろうとするあさ美を追いかけ「おしっこするとこ、見たいな〜」と旦那がエッチなおねだり。「ダメダメ〜」と恥ずかしがるあさ美に「お願い見せて。ちょっとだけだから〜」と食い下がる旦那。「ちょっとだけだよ。」しかたなく旦那におしっこするところを見せることにしたあさ美。しかし普通に便座に座るあさ美に「それじゃあ、見えないよ。便座の上に乗っかって。」とM字に足を開いておしっこするようリクエスト。あさ美はチョロチョロとおしっこをする。「恥ずかしい・・・」と顔を背けるあさ美に「いっぱい出たね。」と興奮する旦那。場面変わって、なかなか起きてこない旦那を起こしにベッドルームに行くあさ美。「起きないならこうしちゃうぞ。」と旦那のパンツを脱がせてチンポをパクリ。朝立ちした旦那の肉棒が新妻のフェラチオでさらに堅くなっていく。袋まで丁寧に舐めあげていくあさ美。気持ちよさで旦那は目覚め喘ぎ声を漏らす。ジュボジュボとピストンしたあさ美の唾液でヌルヌルになった肉棒。「あ〜、イク〜」旦那はあさ美の舌先にドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。朝から新妻のお目覚めフェラで気持ちよく抜いてもらった旦那。実は自分もかなりエッチなのではないか?と思ってしまうあさ美。それは、旦那が仕事に出かけた後に、エッチな妄想をしてしまう自分に気付いたから。あさ美は、制服のまま教室で大胆にセックスし、極太の肉棒をズボズボとピストンされてしまうという妄想で股間を濡らしてしまう・・・。

姫野杏 感じてる顔が好き
B85W60H84のナイスボディ、女優の香○奈に似た姫野杏ちゃん。「言葉攻めとかが好き。」という、攻めるのも攻められるのも好きという性癖。「私が触ります。」と男のズボンを一気に脱がせ「これをペロペロするのが好きです。」とチンポをパクリ。舌を巧みに使いゆっくりとピストンしていくと「気持ちいいです。」と興奮していく男。杏もパンティを脱いで男の顔に跨がっていく。男の舌が杏のオマンコを舐めると「もっと激しく舐めて〜」とリクエスト。杏の口から喘ぎ声が漏れ出す。「私も舐めたくなっちゃった〜」と体位を入れ替え69の体勢へ。ジュボジュボとチンポをピストンしていく杏。手コキも加えながら肉棒を刺激していく。「元気になったから抜いてあげるね。」杏は服を脱ぎおっぱいを丸出しにすると再びチンポを咥え出す。「あ、あ、イキそう・・・」と男は早くも限界を訴える。「あ、あ、あ」ビクンビクンと腰を震わせ、口内発射してしまう・・・。なかなかのエロ娘の杏ちゃん。男をアナル舐め、足コキ、フェラチオと攻めていく。中出し&顔射でたっぷりとザーメンを注がれます。

レイラ まや 悪徳芸能事務所 〜アイドルになるための恥ずかしい面接〜
地図を見ながら訪問先を探しているレイラとまやの二人。「たぶんこれだと思う。」と、とあるビルに入っていく。「すみません〜、募集を見てきたんですけど・・・。」事務所に入ると二人の男がいた。「こちらに座って。」男に促され椅子に座ると、まずは名前と年齢を聞かれる。「アイドルになりたいんだ?」男たちが二人に聞くと「夢なんです。」と目をキラキラさせる。親友だという二人は、かわいい顔立ちで、すぐに面接をクリア。「早速、プロフィール用の写真を撮影しよう。あとは君たちのやる気だから・・・。」と面接官は説明する。「やる気はあります〜」と面接官たちに見せる二人。早速、写真撮影を始めると「いいね〜。」「ポーズ変えてみて。」「二人揃って。」と彼女たちを乗せながら男がシャッターを切っていく。「じゃあ、今度はこの衣装に着替えて。」露出の高い極小ビキニを差し出された二人は「ここで着替えるんですか?」と疑問を持つ。「モデルの体もちゃんとチェックしないといけないから・・・。」と面接官に言われ、二人はその場で生着替えすることに。「恥ずかしい〜」と言いながら後ろ向きになり、下着を脱いでいく。極小ビキニになった二人は「ここに上ってみて」とデスクの上に。M字に足を開かされ撮影される。「恥ずかしい〜」と照れるが、、アイドルになるために受け入れていく。「じゃあ、そのままの姿勢でブラジャーを外してみて。」と面接官の要求が。「えー?恥ずかしいよ。」とためらう二人に「みんなやってるよ。」と、これが普通のことであると強調する。流れでブラジャーを外した二人は、おっぱいを丸出しに。「次は、下も取っちゃおうか。」と全裸になるように要求。「アイドルになりたいなら当然だよ。」とためらう二人の背中を押す男。言われるままに全裸になってしまった二人は、足を開かされパックリとオマンコを広げられてしまう・・・。悪徳芸能事務所を訪問してしまった二人の美女。面接官の口車に乗ってしまい、エッチな面接で体を弄ばれてしまう。「こんな面接はおかしい。」といったんは事務所を出ると言った二人だが、「さっき撮った写真がどうなるかわからないよ?」と男たちに脅される。「バイブで友達をイカせてあげて」とローターとバイブをズブリ。「ダメ、イッちゃう、イッちゃう〜。イクーー!」イカされてしまったレイラは、今度は、まやをイカせることに。アイドルを目指した恥ずかしい面接がさらに続いていく・・・。

大沢萌 山下真美 安達このみ 遠藤千明 聖コスプレ学園 3
あられもない格好で縛られているB100W60H84Fカップの超ナイスボディ、女教師の安達このみちゃん。男たちに巨乳を弄ばれている。「先生、感じてるの?」このみが思わず喘ぎ声を漏らしてしまったことで、男たちはさらにこのみの体を弄り出す。足はM字に開かされ、股間にはロープが食い込んでいる。「指、突っ込んじゃおうよ。」男たちは、このみのパックリと開いたオマンコにズブリと指を挿入してしまう。「ゆっくり広げちゃおうぜ。」男たちの指に広げられたこのみのオマンコは、奥深くまで丸見えになってしまう。そこへ、3人の女子生徒たち、大沢萌ちゃん、山下真美ちゃん、遠藤千晶ちゃんが連れてこられる。男の顔の上に座らされ、股間をクンニされたり、制服を脱がされおっぱいを丸出しにされて吸い付かれたりと、男たちに辱めを受けてしまう。「パンティ脱がせちゃおうぜ。」女子校生たちは男たちにノーパンにされてしまう。「あ〜、おしっこが漏れちゃう・・・。」このみ先生は男たちに攻められ続け、その場でおしっこをさせられてしまう。ノーパンにさせられた女生徒たちは、クリトリスを攻められ、オマンコをグチョグチョにされてしまう。このみ先生は、男たちにズボズボとバイブ攻めされ、教え子たちの前で、何度もイカされてしまう・・・。このみ先生と女生徒たちは、男たちにクスコを入れられ、オマンコの奥深くまで覗かれてしまう。男たちが好き放題に女教師と女生徒たちを弄ぶドS作品。

真中かおり 裏切られた女子校生
「先生、昨日はありがとうございます。」先生のおかげで元気を取り戻した真中かおりちゃん。「先生のこと、好きになっちゃんだもん。」と笑顔で語るかおり。「そうか?今日はちょっと刺激的なことをやっちゃうか?」と先生がかおりに告げると「なんか興奮しちゃうな〜」とまんざらでもない様子のかおり。すると先生は「野島先生〜、来いよ〜。」と同僚の先生を呼ぶ。かおりは突然の言葉に顔が硬直していく。野島先生はかおりの腕を掴み羽交い締めにしようとする。「先生、どういうことなんですか?」と抵抗しながら、事態が飲み込めず先生に助けを求める。しかし先生は「こういうことだよ」と最初から同僚の先生とかおりを攻めるつもりだったようだ。「ひどい。」と信頼する先生に裏切られてしまったかおりは必死に拒もうとする。「騙されちゃったな〜、信頼する先生に。今日は愉しんでやるからな〜。」野島先生はかおりとたっぷり愉しもうとしていた。「私のこと好きになっちゃったんだろ?」と口に拘束具をつけられてしまうかおり。目隠しをされたかおりは、おっぱいを揉みくちゃにされてしまう。「もう、乳首が硬くなってるじゃないか。」と制服のボタンを外されおっぱいを丸出しにされてしまう。形のいいきれいな巨乳が露わになり、激しく揉み揉みされる。足を開かされパンティの上からオマンコを弄られかおり。「ベッドに連れて行こうぜ。」かおりは野獣と化した聖職者たちにたっぷりと恥ずかしい目に遭わされてしまう・・・。先生を好きになってしまった女子校生が、その先生に辱めを受けてしまう羞恥プレイ物語。巨乳女子校生がバイブで何度もイカされ、ズボズボ似されちゃいます。

浜乃ゆい Private video プライベートビデオ
「おいで、ここに座って。」男に促され椅子に座るかわいい系の浜乃ゆいちゃん。するとしきりに股間をもぞもぞとさせている。「どうしたの?」という男に「気になる」と答えるゆい。ミニスカートから覗くパンティがエロい。「見せて。」と男がミニスカの奥に手を伸ばしていく。「あ〜、動いてるね。あ〜これだ。」とパンティの上から動いているものを確認する男。「恥ずかしかった?」ゆいのパンティに仕込まれたローターがゆいを気持ちよくさせていく。男は、ゆいが恥ずかしがっていることに興奮し、ゆいのおっぱいを揉み揉みし始める。「おっぱいを揉まれているのが恥ずかしい」というゆいの服をまくりおっぱいを露出させてしまう男。「両方出ちゃった。」乳首が丸見えになりコリコリと刺激していく男。「ん〜」感じて声が漏れてしまうゆい。「そんなにしないよ〜」とオナニーすることを恥ずかしがるゆい。男が乳首を吸い始めると、さらに顔を歪めて感じてしまうゆい。「舐められるの・・・好き。」というゆい。男はミニスカをまくりパンティの上からローターをオマンコに押し当てていく。「取っちゃおうかな〜」男はゆいのミニスカを脱がせると、足をM字に開かせ股間の中心を指で弄り出す。「当たってるの?」ローターがクリトリスに当たって気持ちよくなっているゆいに「オナニーするときにどこ触ってるの?」言葉にするのが恥ずかしいゆいは答えられない。パンティを脱がされ、オマンコを攻めていたローターが丸見えになると、さらに恥ずかしくなってしまうゆい。「あ〜、濡れてる。」男は唯のオマンコを開き、さらにローターを押し当てていく・・・。素人系のプライベートセックスの風景。ハメ撮りで自分の女を攻めていく雰囲気が満載。拘束しておもちゃで攻め続ける男とそれをされるM女の痴態をたっぷりとご堪能ください。※デジタルノイズあり

若林樹里 淫乱バイリンガル 2 〜ド淫乱女にバイブ攻め〜
エッチをするために海外から帰ってきたという、生粋の淫乱美女若林樹里ちゃん。裸の男たちに囲まれ、これからのことを期待した笑みを浮かべている。「樹里は、チンポが大好き!」と笑顔で話してくれる樹里。「敏感なので」という体は、男たちが触るだけで、激しく仰け反らせながら感じてしまう。ビクンビクンと体を震わせ、顔を歪ませながら感じてしまう敏感ボディ。「みんなで触っちゃいましょう。」と男たちが一斉に樹里の体を触っていく。三角ブラから乳首が露出し、男たちは乳首を攻めていく。足を開かされ「一番感じるところも責めちゃいますよ〜」と股間を触っていく。男たちはローターやバイブを取り出し、樹里の体に押し当てていく。「あ〜、あ〜、あ〜〜!気持ちいい〜〜〜!」とバイブ攻めに激しく感じてしまう樹里。「あ〜、あ〜、イッちゃう〜、イッちゃう〜〜!」とあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。パンティ越しのイカされてしまった樹里は、パンティを脱がされ直接オマンコにバイブを当てられてしまう。パックリと開かれたオマンコに「ズッポリいっちゃおうかな。」とズブリとバイブが挿入される。ズボズボとピストンされながら、クリトリスにはローターが押し当てられる。「あ〜あ〜あ〜あ〜、イッちゃう、イッちゃう、イッちゃう〜〜〜!」と再びイカされてしまう・・・。何度もイカされ、潮まで吹かされてしまう樹里。それでも「オマンコをビクビクさせて〜」とおねだりする真性の淫乱女。ザーメンをオマンコにたっぷりと注ぎ込まれ、男たちの限界までたっぷりと快楽を追求させられるド淫乱女の痴態を心ゆくまでご覧ください。