流出裏AVなどに特化した動画を無修正または薄消しで配信するサイトです。中でもコスプレ系の動画には根強い人気があり、コスプレマニアを軸に幅広い層から支持を得ています。

H:G:M:O 流出裏AV(2016年06月)



海野わりん 欲求不満の若妻に迫る誘惑
「どうしたの?そんなイライラして・・・」夫を仕事に送りだそうと玄関まで見送ろうとする海野わりんちゃん。しかし、夫はなぜだか機嫌が悪い。「どうしたの?あなた営業マンなんだからもっと優しい顔しなきゃ。」と窘めようとするわりん。「はい、お弁当〜」と笑顔で手作り弁当を持たせるわりん。「もう〜イライラして〜。じゃあ、いつものアレしようか?」と夫の機嫌を直すべく夫のズボンを下ろしながら「あなたこれ好きだもんね?」とチンポを丸出しにすると丁寧に舐め始める。袋から竿まで舌を這わせて気持ちよくさせていく。夫のチンポはあっという間にビンビンに勃起してしてしまう。「気持ちいい?元気出てきたね。」と夫の機嫌が直っていくのを嬉しく思うわりん。「あ〜、それ気持ちいいな。」わりんのフェラテクに興奮していく夫。ジュボジュボと手コキを加えながらピストンしていくわりん。「あなた気持ちいい?」夫の興奮を確認しながら咥えつづけると夫もわりんの乳首を刺激。「そんなとこ触ると感じちゃうよ。」とわりんも興奮していく。舌技を使ったカリ舐めと手コキで息づかいの荒くなっていく夫。「あ〜、イキそうだ。舌だせ、もっと出すんだ・・・」一気に快感が上昇した夫はわりんの舌にドピュドピュッとザーメンを発射する・・・。「あなた、薄いわ〜。もっと栄養つけなきゃ・・・」と夫のザーメンを飲み干すわりん。夫の機嫌を直して仕事に送り出した若妻は部屋の掃除に精を出す。一段落したわりんは「最近オナニーもしてないしな・・・。やっちゃおうかな・・・」と催してしまいオナニーを始める。男たちに激しく攻められる様を妄想しながらオナニーに耽る。おもちゃでメチャクチャにイカされてしまう妄想で絶頂を迎える。買い物に出かけた若妻は訪問セールスに捕まってしまう。その男は大人のおもちゃのセールスマンだった。男は巧みな言葉で家に上がり込み、若妻に迫っていく。欲求不満の若妻が昼下がりに男を連れ込み不倫をしてしまう物語。人妻好きには堪らない作品。

笠木忍 I Doll Vol.2 笠木忍大全集 Part.2
「これから相互オナニーをします。わかりますか?」と男に聞かれ、恥ずかしそうに「お互いにオナニーをする?」と答える笠木忍ちゃん。オナニーは「恥ずかしいですね・・・」という忍。普段家ではオナニーをするという忍にピンクローターを手渡す男。「使ったことあるよね?」ときかれ、コクンと頷く忍。まずは足を開いて股間をまさぐり出す。おっぱいを揉み揉みし始めると喘ぎ声が漏れ出す。「もう少し足開いて・・・。パンティ見せて・・・。」とリクエストされ大きく足を開いていく忍。艶めかしい視線を向けながら服を脱ぎ始める。ブラジャーの肩紐を落としブラをずらすとおっぱいが露出。男は「俺が触ってるのも見て」とチンポを見せつける。徐々に息づかいが荒くなっていく忍。ローターを手に取るとスイッチを入れ乳首に押し当てていく。「あ〜」ローターの刺激が乳首を直撃し思わず声が出てしまう。男の息づかいも荒くなり興奮していくのがわかる。男のチンポはパンツの中でビンビンに勃起している。忍はローターをグリグリと乳首に押しつけながら気持ちよくなっていく。ローターを下半身へと滑らせクリトリスに押し当てていく忍。割れ目をなぞるようにローターを滑らせるとクッキリとパンティに割れ目が写る。クリトリスをグリグリと刺激していく忍。「あ、あ、あ、あ〜」足をM字に広げてパンティをずらすとイヤらしいオマンコが丸見えに。ローターを直接クリトリスに押し当てていく忍。腰をビクンビクンと震わせながら快感を貪っていく。四つん這いになってパンティの中にローターを仕込むと割れ目とクリトリスを同時に攻める体制に。パンティを脱いでオマンコとアナルが丸見えになり、かなりエロい体制に。パックリと広がったオマンコにローターをグリグリと押しつけていく。「あ、あ、あ、あ、あ〜〜」顔を歪ませながら一気に快感が上昇する忍。「あ、あ〜イキそう〜」忍の興奮に男も一気に感度が上がる。「俺もイキそう。一緒にイコう。あ〜、イク。あ〜イク〜〜。」男は忍の掌にドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。ロリ系アイドルの忍ちゃんが相互オナニー、フェラ抜き、大量顔射とエロエロやってくれます。懐かしシリーズ。

朝霞舞 ラブホで楽しむ女子校生
男とラブホテルへやってきた女子校生の朝霞舞ちゃん。「どう?この部屋、広いでしょ?」と男に言われまんざらでもない様子の舞。二人はソファーに座ると「これが邪魔でしょ?」と肘掛けが邪魔な様子。「興奮してきちゃったな〜」という男に「早いよ。」と笑う舞。「いいじゃない、そういうところなんだから・・・」と男は舞を引き寄せるとゆっくりとキスを交わしていく。舌の先でチロチロと絡め合いながら興奮していく二人。「すっごい興奮してきた。キスだけで勃ってきた。」と舞に股間を触らせる男。「うふ、大きくなってる。」と男の股間をまさぐっていく舞。男は舞の制服のボタンを外していく。白いブラジャーがあらわになりおっぱいを鷲掴みにしていく男。ブラのホックを外しおっぱいを丸出しにしてしまう男。舞を横たわらせると乳首を刺激していく。スカートをまくりパンティを露出させると、パンティの中に手を入れオマンコを刺激し始める男。堪らず喘ぎ声を漏らし感じてしまう舞。パンティの中で男の手がイヤらしく動き回る。「気持ちいい〜」とすっかり感じてしまった舞。ベッドに移動すると男は改めて舞のおしりを愛撫。「かわいいね〜」といいながら四つん這いにさせると舞のエロい格好にさらに興奮していく・・・。女子校生が彼氏とラブホへきて、いろいろ楽しんじゃう物語。おもちゃの動きにウケながら実際にも試して気持ちよくなっていく。普通にラブホでセックスしている女子校生モノです。たわわなおっぱいもエロい美人女子校生をご堪能ください。

木之内ルル ㊙ドッキリ大作戦
スチール撮影をしている木之内ルルちゃん。カメラマンの要望を次から次へと受け入れてエロティックなポーズを決める。衣装チェンジの時間となったが「汗かいちゃったのでいったんシャワー浴びていいですか?」とバスルームへ。撮影現場を片付けているADに声をかける男。どうやらこのADは偽物で正体は男優のようだ。すると男から「ちょっとさあ、今、シャワー浴びてるから、どっきり何かちょっと触ってきてよ。」とリクエストされる。「なんて言うかな?うまいんでしょ?」と言う男に「まあ、自然な形で入っていけます。」と自信ありげ。バスルームにはあらかじめカメラが仕込んである。シャワーの温度を調節しながら、まさしく浴びようとしているルルがそこに居る。そこへいきなり勢いよくバスルームへ入っていく男。びっくりした様子のルルに「あ、ごめんなさい。すみません。気づきませんでした。」と低姿勢に謝る男。「あ、あの、カメラマンさんのカメラバッグがここにあるって言われたんですけど・・・」と使いを頼まれたという男。「ここにはないんじゃないですか?」と裸を隠すようにしゃがみながら答えるルル。「すみません、あ〜、どうしよう。怒られちゃうな・・・」と同情を引こうとする男。「まだ新人なもので・・・いつも怒られてばかりなんです・・・」とバスルーム内を捜す男。「ここにおいてあるって言われたんですけど・・・」と困り顔の男。「うふふ、ないですよ。」と笑顔で男に接するルル。すると、男はルルの体を見ながら「あの・・・背中流しましょうか?」といきなりの提案。「いや、大丈夫ですよ。自分で・・・」というルルに「でも、時間とか、もうまずいですよね?」という男。さらに「バッグも探せないで・・・怒られちゃうんで・・・。流しますよ。流しますよ。」とルルに近寄っていく男。困っているルルは「・・・いいですか?」としかたない様子で背中を流してもらうことに。男はボディシャンプーを手に取り、服のままバスタブの中に入ると「濡れちゃいますよ。」とルルに言われる。これ幸いと服を脱ぎパンツ姿になる男。丁寧にルルの体を洗っていく男。さりげなくおっぱいを触りながら前進を洗っていく。あくまでもADの立場を強調してルルに理解させようとしている男。男が股間を洗おうとすると「ここは大丈夫ですよ。」と拒否られるが、男は構わず洗おうとする。男の手がルルのオマンコを刺激し、ルルは堪らず喘ぎ声を漏らしてしまう。男は体を洗うことをメインに、ルルの体を刺激していく。そうとは知らないルルは素直に感じてしまい声が漏れる。男はルルのオマンコを集中的に洗っていく。そのうち、男の指がルルのオマンコに滑って入り込んでいく。「あ、もう大丈夫ですよ。」ADに攻められて感じちゃうのはまずいと思うルルは必死にガマンしているが、男は本格的に手マンチョで攻めていく。ルルの喘ぎ声が本気になり激しくなってしまう。男は激しい手マンチョでルルのオマンコを攻めていくと、ルルも本気でよがってしまう・・・。スチール撮影と称してドッキリを仕掛けていくドキュメンタリー。本気で撮影だと信じているルルに、次々とドッキリが仕掛けられていく。仕掛けられた美女がどんどん深みにはまってしまう作品。

うさみ恭香 Erotica Body Vol.1 エロティカボディ 1
アイドル系美女のうさみ恭香ちゃん。そうっと部屋の扉を開けて中に入っていく下着姿の恭香。「何やってるの?」と男に声をかけると「えっ?勉強・・・」と弱々しい声で答える男。「いいよ、そんなのやらなくていいよ〜。こっち来て。」と男を誘う。「気持ちいいこと教えてあげる・・・」と男の股間をまさぐり出す恭香。下着姿のセクシーな美女に迫られ戸惑いながらも身を委ねてしまう男。「チンポ気持ちいい?」男の股間が反応しているのを確認すると笑みを浮かべながらからかうような恭香。「き、気持ちいい〜」と興奮を隠せない男。「下ろしてもいい?」恭香はズボンのベルトに手をかけるとゆっくりと外していく。「ちゃんとお勉強してたんだ?偉いね。」と男を褒めながらズボンを脱がせる恭香。パンツがテントを張っている男に「チンポが堅くなってるよ。」と嬉しそうな恭香。「チンポ撫で撫でされると気持ちいい?直接見てもいい?」恭香はパンツを下ろすとビンビンに勃起している男の肉棒があらわに。ゆっくりと指を這わせながら「チンポ舐めてもいい?」とパクリと咥えていく恭香。「あ〜」と気持ちよさで思わず声を漏らしてしまう男。ジュボジュボと肉棒を飲み込んでいく恭香。「チンポビンビンだよ?」と言葉責めで恥ずかしがらせる恭香。手コキも加えながら気持ちよくさせていく。気持ちよくて息づかいが荒くなる男。「あ〜、は〜、う〜」声を漏らす男に「いつでもイッていいよ。」と優しい恭香。「あ〜イキそう〜。あ〜イク〜〜!」男は一気に限界を迎えドピュドピュッと発射してしまう・・・。男を気持ちよくさせるとその場を離れる恭香。「キスしてもいい?」次の男にキスを迫り今度はこの男を気持ちよくさせていく。巧みなフェラチオと手コキで「そんなにされたらすぐにイッちゃいますよ。」と気持ちよさを訴える男。「イッてもいいよ」と手コキで攻め続ける恭香。「あ〜イキそう、イキそう。あ〜イキますよ〜あ〜〜〜」男はドピュドピュドピュッとザーメンを発射する・・・。巧みな手コキで男をイカせる美女・恭香。きれいなおっぱいにきれいなボディラインは男を興奮させる。ロリ系アイドル美少女が痴女攻めで男をイカせまくる作品。

菅野愛里 Erorist Vol.5 エロリスト 5
ベッドに縛り付けられている女子校生の菅野愛里ちゃん。セーラー服はまくられおっぱいが見えそう。ミニスカートの下から覗くパンティまでもエロい。そこへ男が近寄り愛里の足を摩り出す。足首から太ももにかけてエロい手つきでまさぐっていく。「はぁ〜はぁ〜」興奮した男の息づかいが荒くなり、ミニスカの中に手を入れた。ミニスカはまくられパンティが丸出しになると、割れ目をなぞるように指を這わせていく。「いや〜」パンティの上からオマンコを刺激され声を出してしまう愛里。男の興奮は増しおっぱいを鷲掴みにしていく。セーラー服をまくりブラジャーの上から激しくおっぱいを揉んでいく。「やだ〜。恥ずかしい・・・」縛られたままの羞恥プレイに堪らず声を上げてしまう。男はブラジャーをハサミで切りおっぱいを丸出しにしてしまう。さらにセーラー服も切ってしまい、愛里は恥ずかしい格好に。男は愛里の口に指を挿入すると、舐めさせながらおっぱいをまさぐっていく。さらに男がミニスカをハサミで切ってしまい、あどけないパンティにも手をかけていく。割れ目がクッキリと浮かび、男の指が這い回る。「おねがい・・・」苦悶の表情を浮かべる愛里に男はハサミで割れ目を弄っていく。グリグリとハサミを割れ目に食い込ませていく男。堪らず喘ぎ声を漏らしてしまう愛里。焦らすように攻め続ける男はパンティも切り取ってしまう。女子校生にしてはセクシーすぎるパンティラインに男はますます興奮していく。「恥ずかしい・・・おねがい・・・」今にも胃万個が見られそうなくらいパンティを切られて恥ずかしさで堪らなくなる愛里。男は構わずパンティを切りすすめ、オマンコを丸出しにしてしまう・・・。女子校生をたっぷりと辱めていく羞恥プレイ物語。あどけない美少女のオマンコを執拗に攻め続けていく変態男。羞恥責めしたいSな方にお薦めする作品。

翼裕香 夫の目の前で辱めを受ける美人妻 〜若妻の悲劇 2〜
「あれから一週間、期日の日がやってきました。しかし・・・」幸せな結婚をしたはずが、過去の自分の行為に対する後始末をつけさせるために、男たちに家に乗り込まれてしまった若妻の翼裕香ちゃん。強面の男たちが裕香の周りに陣取りながら言葉を発する。「一週間って言ったろ?」約束の期限までにお金を作れなかった裕香に詰め寄る男たち。「すみません・・・」と頭を下げるしかできない裕香に「これ以上待てねえんだよ!」と凄む男。「もうちょっとだけ待ってください。」と懇願する裕香に間髪入れず「そうはいかねえな。」と男。「払えねえんだったらしかたないよな。おい、楽しめよ。」と周りの男たちを促す。すると裕香の首筋を愛撫し始める男たち。「やめてください」という裕香に構わず体をまさぐっていく。足を大きく開かされパンティの上からオマンコを弄られてしまう。「いやぁ、触らないで〜」と懇願するが男たちは裕香を裸にしてしまう。すると「ただいま〜」と玄関から声が。「いやぁ〜こないで〜」旦那が帰宅したと思い、こんな状況を知られたくない若妻が訴える。しかし、男たちは旦那を捕まえるとあっという間に縛り上げてしまう。男たちに状況を聞かされた旦那。「こっちも商売なんでな、ただで帰るわけにはいかないんだよ。」と旦那に肩代わりをさせようとするが旦那もお金がない。「おもしろいこと思いついた・・・。旦那の目の前でオナニーしてみろよ。」恥ずかしいことをさせられそうになり「できない」と断る裕香だが、近所に借金のことを触れ回るぞと言われ、しかたなく受け入れることに。パンティを脱がされオマンコを丸出しにされた裕香は「見ないで〜」と懇願しながらオナニーを始める・・・。若き美人妻が旦那の目の前で辱めを受ける羞恥プレイ物語。男たちにたっぷりとバイブ責めにされ、何度もイカされてしまう。アナルにまでバイブ責めされ、男たちの欲望のザーメンをたっぷりと飲まされてしまう。羞恥プレイ好きには堪らない作品。

笠木忍 I Doll Vol.2 笠木忍大全集 Part.1
「先生ね、さっきこのビデオカメラで忍くんの部屋を撮ってたんだ。」とベッドに横たわっていた元祖ロリ巨乳アイドルの笠木忍ちゃんに話しかける先生。「わかるよね?」さらに意味深な言葉を発する先生。顔を曇らせる忍に「さっき彼氏とラブラブだったじゃないか。」と忍と彼氏の行為を盗み見ていたという。「いいなぁ〜彼氏。こんなかわいい忍くんと・・・毎日エッチしてるの?」とセクハラ発言。答えに詰まる忍だが首を横に振って否定する。「本当か?・・・じゃあ、これはどうだ?」と電動バイブを取りだし忍に突きつける先生。「先生だって、おまえがかわいそうだから・・・めくりなさい、まず!」と制服をまくりだす先生。白いブラジャーがあらわになり「やめてください」と拒む忍。しかし、先生は「かわいい下着つけて・・・」とバイブのスイッチを入れて乳首に押し当ててしまう。「いやっ」と堪らず声が漏れてしまう忍に「彼氏とエッチして敏感になってるじゃないか。」と興奮する先生。「自分でブラをまくり上げなさい。」と忍におっぱいを丸出しにさせる先生。「先生、わたしのおっぱい見てください・・・」と先生に言わされた忍に先生はバイブのスイッチを強にして忍を攻めていく。スカートがまくられ白いパンティがあらわになると、スルリと下着を脱がされ、パックリとおしりを広げられてしまう。さらにバイブをアナルに押し当ててしまう・・・。何も言えずにセクハラ先生の言いなりになってしまう女子校生。たっぷりとバイブ責めされてしまったロリ巨乳の女子校生は、さらにハメ撮りまでされてしまう。そして男たちに3Pまでさせられてしまう。目隠し、縛り、言葉責めと羞恥プレイの連続に堪らず声を漏らしてしまうM女。ロリ巨乳女子校生が辱められる姿を存分にご堪能ください。

檸衣 究極のエステ2 〜オマンコだけではなくアナルも気持ちよくします〜
割れ目が透け透けのセクシーなレオタードを着て足をM字に開いている檸衣ちゃん。すると「それじゃ、パックをする前に女性ホルモンをいっぱい分泌させましょう。」と男の声が。檸衣は噂の性感エステに来ていた。嬉しそうな笑みを浮かべながら、恥ずかしい格好をさせられている檸衣。「いいですか?」と複数の男たちが檸衣の体に群がって一斉に体をまさぐり始めた。堪らず喘ぎ声を漏らしてしまう檸衣。男たちの手は、檸衣のおっぱいを揉み、乳首を弄り、股間を這っていく。「では、もっと感じやすくなるように、これで・・・」と男が水流発射機を使って檸衣の股間に水流をかけていく。水流がピンポイントで檸衣の体を直撃し顔を歪ませて感じてしまう。「どうです?」と檸衣の反応を確かめる男。同時の檸衣の体を攻める男たちの手が激しくなっていく。「今度は下から・・・」と水流は割れ目を目掛けて発射される。水流がオマンコを直撃するたびに喘ぎ声が激しくなってしまう檸衣。「女性ホルモンが分泌してきた証拠ですね。」と素直に反応する檸衣の体にさらに、イボイボ電動バイブを押し当てていく。檸衣はさらに激しく感じてしまう。男はここパンティをずらしてオマンコをあらわにすると直接イボイボバイブを押し当てていく・・・。究極の性感エステにやってきた美女が本物の快感を得るまでの物語。様々なバイブでオマンコからアナルまで攻められイカされ続ける、羞恥プレイ好きには堪らない作品。

木之内ルル お宅訪問濃密中出しサービス
雑然とした事務所にやってきたアイドル系の木之内ルルちゃん。事務所にいた男から「まずはメールを見て欲しいんだけど・・・」とパソコンのメールを見ることに。「ルルちゃんのことが大好きだという男が是非会いたいと言ってるんだけど・・・」と意味深な言葉。「嬉しいですね。」と笑みを浮かべながらも戸惑いも残るルルちゃん。「でも、会うだけじゃないんですよね〜。」とその先があるような含みの言葉に「まさかの?」と反応するルル。「そうです。まさかのじゃあなく、会って気持ちよくなりたいっていう・・・。どう思います?」という男。戸惑いながらも「ちょいちょい嬉しいですよね。」と半ば覚悟を決めた様子。「アポは取ってないんですけど、今日これから行っちゃおうかな〜って・・・」といきなりの展開に。「でも、大丈夫なんですか?いないとか、ないですよね?」と空振りに終わるのを心配しているルル。「ないとは思いますけど・・・途中で確認の電話は入れるつもりですけど・・・」と行き当たりばったりな感じの男。「まさか、ルルちゃんが今日行くとは思ってないと思うんですよ。」とドッキリ企画でもあるという男。「喜んでくれるなら・・・いいですけどね。」というルル。そして、早速男の家に向かうことに。マンションのインターフォンを押すと返事があった・・・。しょこたん似のアイドル系美少女が、ムラムラしている男の家を訪問する。いきなりのお宅訪問にびっくりする男に、家の中を物色したりと楽しんでいるルル。お宅訪問の結末はどうなってしまうのか?突撃密着ドキュメンタリー。

永井あいこ 絶叫・アナル調教 〜巨乳ロリのアナルに肉棒が突き刺さる〜
たわわな胸の谷間を強調するような衣装の永井あいこちゃん。この巨乳に埋もれてみたくなるほど魅力的だ。「そんなに溜まってるの?じゃあ、あいこがお口で気持ちよくしてあげるね。」と笑顔で。あいこの目の前に男が立つと「すっごい堅くなってる。」と股間を触るあいこ。「おちんちんパンパンに張ってるのわかる?あいこが一生懸命お口で気持ちよくしてあげるからおいしいザーメンいっぱい出してね。」と微笑むあいこ。「じゃあ、パンツ脱がしてあげる。」と男のパンツを一気に脱がせると、パクリとカリを咥えるあいこ。いきなりの即尺で丁寧に竿を咥えていく。袋まで下を這わせてお口でご奉仕。「玉玉も気持ちいい?」と裏筋から苅間で舐めあげていく。「早くザーメン欲しいな〜」とピストンを速めていくあいこ。「あ〜〜〜」と男が思わず喘ぎ声を漏らしてしまう。頭を激しく揺らしながらピストンしていくと「あ〜、それ気持ちいい〜。」と男も大興奮。「あ〜、イキそう〜。いい?お口に出して言い?」と一気に限界を迎えてしまう男。「舌出して、あ〜〜〜」とあいこの口から肉棒を抜くと、ドピュドピュッとあいこの舌にザーメンを発射してしまう・・・。たっぷりと口内にザーメンを受け止めたあいこは、嬉しそうに「飲んでいいの?」とゴクリと飲み干してしまう。「えへへ〜ありがとう〜」とお礼を言うあいこ。男はさらに「お掃除して」とお掃除フェラをおねだり。「は〜い」とあいこはペロペロとお掃除フェラでチンポをきれいに。「きれいになったよ」と嬉しそうなあいこ。「舐めていいの?」全裸の男があいこの前に現れ、あいこは再び嬉しそうにチンポを咥えていく・・・。チンポ好きのギャル系美女がフェラチオで男のザーメンを貪っていく。そして、イヤらしい格好をさせられ、男たちにたっぷりと弄ばれてしまう。巨乳を強調するようなブラジャーにおしり丸見えのTバックパンティに男たちは大興奮で責め続けていく。アナルにまでバイブを入れられオマンコにも同時挿入。ズボズボと激しいピストンに絶叫してしまうあいこ。羞恥プレイの連続にM女好きには堪らないシーンが続く。アナル調教されたM女を存分にご堪能ください。

中村シノ 特別な卒業試験 〜これに耐えられたら卒業させてやる〜
全裸でロープで縛られている女子校生の中村シノちゃん。たわわな巨乳が縄の編み目から溢れ出て何ともエロい。オマンコはなんとパイパンのシノ。そこへ「今日は卒業式だな。」とスーツ姿の先生がシノの股間をいきなり弄り出す。「おまえ、ずいぶん学校に迷惑掛けたらしいな?」と別の男が詰め寄る。「だからおまえは留年なんだよ。」とシノの乳首を激しくつまむ男。「卒業したいか?じゃあ、特別試験だ。」と先生がシノの体を後ろ向きにさせるとおしりをパックリと広げる。「この試験に合格したら、卒業にしてやってもいいぞ?」とおしりをスパンキングする先生。「あ、あ、うう〜」と反応してしまうシノ。「もっと突き出すんだ。」とおしりを突き出させると、パックリと広げてアナルに指を這わせていく。「あ、そこは・・・」と口にするシノに「そこは何だよ?」と先生が畳み掛ける。「おしりの穴はやめてください・・・」と拒むシノ。しかし、先生はお構いなしにズブリと指を挿入してしまう。「あ、あ〜」堪らず声を漏らしてしまうシノに「卒業したいんだろ?じゃあ、これに耐えるんだな。」とアナルバイブをズボズボと挿入していく男たち。「なんか変な感じ・・・」というシノに、アナルから飛び出ようとするバイブを何度も押し込む先生。「下も欲しいだろ?」先生はオマンコにもバイブをズブリと挿入してしまう。「あ〜ん」と堪らず喘ぎ声を漏らしてしまうシノ。「気持ちよくない・・・」と言うシノに「卒業したいんだろ?じゃあ、気持ちよくなるまで耐えるんだな。」とシノの体をマングリ返しにして恥ずかしい格好にさせる男たち。オマンコとアナルが丸見えになり「恥ずかしいです・・・」と口にするシノ。「次はこれだ。」と先生が双頭バイブを取り出し、オマンコとアナルに同時に挿入する。さらにクリトリスを同時攻めするとシノも堪らず喘ぎ声を漏らしてしまう・・・。卒業するために課せられた特別試験という名の羞恥プレイの数々に、パイパン女子校生はどこまで耐えられるのか?先生と同級生に辱めを受け続ける物語。巨乳パイパンドM女子校生はどうなってしまうのか?

翼裕香 若妻の悲劇 〜夫のいない間に咥えさせられ・・・〜
新婚3ヶ月の翼裕香ちゃん。やさしい夫に恵まれ幸せ絶頂の若妻だ。お目覚めのキスで燃え上がり夫が求めてくる。「どうしたの?」とねぼけぎみの裕香に「今日から出張なんだよ?いいだろ?」と裕香の体をまさぐり出す。「遅れちゃうよ?」といいつつ夫の攻めにまんざらでもない裕香。キャミソールの下はノーブラの裕香。たわわなおっぱいが丸出しになると、夫は激しく乳首を舐めだした。巨乳を揉み揉みしながら乳首を吸うと「あ〜、気持ちいい〜」と息づかいを荒くする裕香。キャミソールを脱がされ足を広げられると、股間を指で刺激される。「気持ちいい〜」とオマンコを刺激され喘ぎ声が激しくなっていく裕香。パンティの上からクリトリスを刺激していた夫は、パンティを脱がせて直接クリトリスをクンニし始める。「あ〜〜〜」堪らず喘ぎ声を激しくさせる裕香。夫は指をズブリとオマンコに挿入すると、ズボズボとピストン。顔を歪めて感じてしまう裕香。愛液で濡れ濡れになってしまうオマンコをパックリと広げてさらにグジョグジョにしていく夫。「気持ちいいのか?」と手マンチョでさらにグジョグジョにしていくと「あ〜〜〜〜」とシーツがビショビショに濡れてしまうほど愛液が。「今度は俺のも触ってよ。」夫が求めると裕香は嬉しそうに夫の股間をまさぐり出す。すでに膨れあがったパンツを愛おしそうに愛撫していく裕香。乳首を舐めながら焦らし責め。ゆっくりとパンツを下ろしていく。ビンビンに勃起している肉棒をパクリと咥え深く飲み込んでいく・・・。幸せの絶頂にいる新婚の若妻が過去のトラブルに巻き込まれてしまう物語。突然男たちが自宅に押し寄せ、夫のいない間に様々な辱めを受けてしまう・・・。美人妻を待ち受けている悲劇とは?羞恥プレイ好きには堪らない作品。

田村りか イカせびと 〜天国へイカせるお仕事 Part.2〜
「ただいま〜。あれ?どうしたの?なんか怒ってる?」と家に帰ってきたOL系美人妻の田村りかちゃん。そこで待っていた夫はなんだか機嫌が悪い。すると夫がテレビの電源を入れた。「何だよ、これは!?」と明らかに怒っている夫。そこに映っていたのは、男にバイブで攻められているあられもない姿のりかだった。「ち、違うの・・・。話聞いて・・・。これは・・・違うの・・・」と取り繕うとするりかだが「何が違うんだよ?誤魔化してるんじゃねぇ。」と怒りを激しくさせている夫。「これは違うんだって。私の話もちゃんと聞いて。」と夫に説明しようとするりか。「何を?」とりかに詰め寄る夫。「汚らわしい。淫乱女。」と怒り心頭でりかを罵倒する夫。「違うの、ちょっと落ち着いて話を聞いて・・・」となんとかなだめようとするりか。「そんなしゃぶりてーのか?しゃぶりてーのか?」とりかを跪かせる夫。そして「俺のもイカせてくれよ。」とベルトを外しズボンを下ろす夫。「えっ!?」と戸惑うりかに「できるだろ?」とさらに詰め寄る夫。「夫のはできねーのか?」とパンツを脱いで迫る夫。そこでりかが「それでは性感の儀、執り行わせていただきます。」とチンポをパクリとしゃぶり出す。りかのフェラチオにあっという間にチンポをビンビンに勃起させてしまう男。ジュボジュボとピストンするりかに「ほら、もっとしゃぶれよ。」とりかに命令する男。「あ〜、りか気持ちいいよ〜。先をもっとペロペロして。」とリクエストする。「もっと奥まで咥えてくれよ。」男のリクエストに応えて肉棒を深く飲み込んでいくりか。「お〜、イカせてくれよ、りか。」とさらに気持ちよくさせて欲しいと要求。玉袋も丁寧に舐めて気持ちよくさせていくりか。手コキも加えて激しくしゃぶっていくりか。「あ〜、イカせてくれ〜、あ〜、イク〜〜!」と我慢の限界に達した男はりかの口内にドピュドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。「りか、俺が悪かった。仕事がんばれよ。」気持ちよくさせてもらった夫はりかの仕事に理解を示すようになる・・・。男を気持ちよく天国へイカせる性感を儀を仕事にしている美女りかの物語。スタイル抜群のイカせびとの性感の儀をたっぷりとご堪能ください。

檸衣 究極のエステ 〜最高の快感をご提供します〜
思わずむしゃぶりつきたくなってしまうほどのきれいな足が何とも悩ましい檸衣ちゃん。ホットパンツ姿で誰かに電話をしている。「究極のエステです。」と相手の男。「ネットで見たんですけど・・・」と予約を入れる檸衣。いよいよ予約の日となり、そこを訪れることに。「あの〜すいません・・・」と受付の男に告げると「ご予約の檸衣様ですね。お待ちしておりました。今日はとっておきのメニューを用意させていただきました。幻想的な世界を楽しんでください。」と中へ案内される。「それでは檸衣様。まずは心と体、特にアナルの準備をしましょう。大丈夫ですか?」と確認する男。「まずは裸になって・・・」と促され服を脱ぎ始める檸衣。ブラジャーから乳首がはみ出してしまい、早くもエロい檸衣。ブラじゃ-のホックを外すとたわわなおっぱいがあらわに。「きれいな体だ。」と思わず男がつぶやく。「それでは、どのくらい感度がいいか、調べさせてもらいますね?」とおとこがローターのスイッチを入れると檸衣は早くも反応してしまう。男がローターを乳首に触れさせるだけで声を漏らしてしまう檸衣。足を開かせ股間にもローターを触れさせると喘ぎ声が激しくなる。「・・・なるほど」と男が檸衣の感度を確認すると、ソファーに浅く腰を掛けさせパンティを少しずらしていく。「こちらに興味があるのですよね?」とアナルが丸見えになった状態に「恥ずかしい・・・」と檸衣。「でもよく見ないと、エステはできませんからね。どのくらい締まりがいいか、これで確認してみましょう。」と男はアナルバイブをズブリと挿入していく。「あ〜ん」とゆっくりと出し入れされるアナルバイブに反応して声を漏らしてしまう檸衣。「気持ちいいです。」と早くも満足げな檸衣。「なるほど、本当にすばらしいアナルだ。もう少し広げるように指を入れてみましょう。」男はゆっくりと指を挿入していく。「あ〜、きつい。」締まりのいいアナルに興奮しながら男はさらに指を突き刺していく。男は挿入した指をグリグリと動かしながら、アナルの壁から膣側の壁を刺激していく。「あ〜、あ〜、あ〜ん」気持ちよさで喘ぎ声が止まらない檸衣。「せっかくなので、アナルだけではなく全部気持ちよくなってください。」とパンティを脱がせてしまう・・・。究極のエステにやってきた美女が、アナルを開発され気持ちよくなっていく。さらに全身の性感帯を刺激され最高のオーガズムを迎える物語。ナイスボディの巨乳美人を開発していく様子を存分にご堪能ください。

永井あいこ 痴女王様 〜どうして欲しいか言いなさい〜
「はぁ〜ん」艶めかしい喘ぎ声を漏らしながらオナニーしているK下優○菜似の永井あいこちゃん。足を大きくM字に開きパックリとオマンコを広げている。ジュルジュルと唾液をたっぷりとオマンコに塗り「クリトリス、誰かに舐めて欲しい〜」腰をグラインドさせながらつぶやくあいこ。「乳首もいっぱいつねって欲しいの〜」とエロエロな願望を妄想しながらオマンコを弄っていく。たっぷりとローションを体に垂らすと体中をヌルヌルにしていく。オマンコがローションまみれになりイヤらしい音を立てながらグジョグジョに弄っていく。「あ〜〜〜、あ〜〜〜!」激しく喘ぎながら快感を貪っていくあいこ。そこにチンポを勃起させた男たちが現れる。「おちんちん触って欲しいの?」願ってもない肉棒の登場に「おちんちんペロペロしちゃおう〜」と早速パクリと咥えてしゃぶり出すあいこ。肉棒はさらに硬直し男たちは興奮していく。「おちんちん2本ちょうだい〜」ダブルでチンポをおいしそうにしゃぶるあいこ。男たちは、チンポをあいこの脇の下に挟みローションで濡れ濡れになりながらピストンしていく。あまりの気持ちよさに男の息づかいが一気に荒くなる。「いっぱい締め付けてあげる。」とあいこは脇の下に挟んだ肉棒を気持ちよくさせる。「あいこも気持ちよくなってきた〜」バイブのスイッチを入れるとオマンコにズブリと挿入してしまう。手コキとフェラチオで肉棒を責めながらバイブをピストンしていくあいこ。「もっと奥まで入れて〜」バイブをさらにズブリと突き刺しピストンしていく。「もっとグリグリして〜」快感を貪るようにオマンコを掻き回していくあいこ。「あ〜、あ〜あ〜、イキそう〜。あ〜〜〜〜!」あいこの快感が一気に上昇し絶頂へ達してしまう・・・。一度では物足りない淫乱美女のあいこは電マでクリトリスを責めていく。さらにチンポを気持ちよくさせるため素股でチンポをクリトリスに押しつけていく。手コキも加えながら激しくグラインドさせると男はガマンの限界にドピュドピュドピュッとザーメンを発射させてしまう・・・。「こっちのザーメンもちょうだい〜」激しい手コキで責め立てるあいこ。「出るときちゃんと言わないとダメだよ。」あいこの手コキにガマンできなくなった男は「あ〜、イク〜」とあいこの手の中で果ててしまう・・・。淫乱痴女が男を責め立てる女王様系の物語。S女に責められたいM男には堪らない作品。

水城麗奈 初体験 〜電マ地獄責め&絶頂〜
全裸でソファに座る水城麗奈ちゃん。そこへ「これ、なんだか知ってるでしょ?」と男がローターを差し出す。「はい」と笑みを浮かべて答える麗奈。男はローターを麗奈の乳首に当てると、ビクンと体を震わせて反応してしまう。「もう一個あるから・・・」と男がダブルでローターを乳首に押し当てていくと、麗奈は堪らず喘ぎ声を漏らしてしまう。男はローターを麗奈に持たせて自分で乳首に当てるように指示。足を大きく開かせパックリとオマンコを広げていく。クリトリスをゆっくりと刺激すると「あ〜、あ〜、あ〜」と声を出して反応する麗奈。「気持ちいい?」麗奈の反応にあわせてクリトリスを弄っていく男。ローターを手に取り、クリトリスに押し当てていく男。ローターの刺激に堪らず顔を歪めて感じてしまう麗奈。「あ、あ、あ〜〜」ビクビクと体を震わせて気持ちよくなっていく麗奈。男はローターをズブリとオマンコに挿入してしまう。「あ〜〜」ローターが膣の中でブルブルと振動し、さらにクリトリスにもローターが押し当てられる。「あ、あ、あ、あ〜〜〜ん。イッちゃいそう〜」顔を歪ませ体を震わせる麗奈。「イキたいでしょ?」男の言葉に頷く麗奈だが「まだ・・・」と男は焦らしてイカせない。男は電動マッサージ器を撮りだしクリトリスに押し当ててしまう。ローターよりも強い刺激に「あ〜、ダメ〜〜」と激しく感じてしまう麗奈。「イッちゃいそう〜」と快感が上昇していく麗奈。男はイキそうになる麗奈を見ながら「イッちゃダメだよ。」と寸止めを繰り返し焦らしまくる。男は何度も何度も焦らして、麗奈の体を弄んでいく。「あ〜、イク。あ〜〜〜、イク〜〜〜」男はついに麗奈を絶頂へと導いていく・・・。スタイル抜群の足長美人が初めての電マ地獄責めに遭う。オマンコには次々とザーメンを注入されオマンコは精子まみれに。グチョグチョになったオマンコをバイブで激しく責め立てる。M女好きには堪らない作品。

中村シノ 線香花火の女 〜パイパン女子校生の悲劇〜
浴衣姿で一人で線香花火を楽しんでいる中村シノちゃん。そこへ3人の男たちが通りかかる。シノに気づいた男が一人で線香花火をしているシノを見てキモイと咄嗟に口にする。しかし、「ちょっといってみようぜ。」とシノに興味を持った男たちは近づいていく。「おい、中村。なに花火やってんだよ。」とシノに声をかける男。「ここ、花火禁止だぞ?罰金だな。」とシノにちょっかいを出す。慌てて花火を消すシノに「おせえよ。」とシノの腕を掴みどこかへ連れて行ってしまう。人気のないところにシノを連れこんだ男たちは「火事になったらどうするんだよ?」とシノに詰め寄る。「先生に言っちゃうぞ?」とシノの体を触り出す男たち。「・・・だめ。」と嫌がるシノに男たちは調子に乗っていく。「俺たちが遊んでやるよ。」浴衣の帯を解きおっぱいをまさぐっていく男。「柔らかいな〜」おっぱいを揉み揉みして興奮していく男たち。「脱がせちゃおうぜ〜」男たちはシノの浴衣を脱がせると「なにおまえ?ツルツルじゃん?」とシノのオマンコがツルツルのパイパンオマンコだと気づく。興奮した男たちは「抱えちゃおうぜ。」とシノの太ももを抱えパックリとオマンコを広げてしまう。「すげえ〜」とますます興奮していく男たち。「感じてるんだと?」シノが堪らず喘ぎ声を漏らしてしまい、男たちの攻めがエスカレートしていく。「オマンコ舐めてやるよ。」男はシノのオマンコをベチョベチョと舐め始める。グジョグジョとエッチな音をさせるシノのオマンコ。「なんか勃ってきちゃったよ。」男たちは次々とズボンを下ろしいきり勃った肉棒をシノの眼前に向ける。「ほれ、しゃぶれよ。」男たちはシノの口にチンポを突き刺していく・・・。同級生たちにおもちゃにされてしまう女子校生の物語。次々とチンポをしゃぶらされザーメンを飲まされてしまう。心霊スポットに連れて行かれ、そこでオナニーをさせられてしまう。さらにこの女子校生には家庭にも問題が・・・。ストーリー物好きにお薦めする作品。

和泉千里 巨乳ナースに迫るエロ患者 〜ダメ・・・みんなにバレちゃう〜
病室のドアをノックする音がする。そこへ笑顔のかわいい美人ナースが入ってきた。はち切れんばかりの巨乳の持ち主の和泉千里ちゃん。病室へ入るとゆっくりと患者のベッドを見回っていく。「風邪引きますよ〜」と布団を掛けてあげる千里。「あれ〜?まだ起きてるの?」と寝付けない様子の患者に声を掛ける。「調子悪いの?」と声を掛けると「なんだかちょっと熱っぽくって・・・」という患者。しかし千里は「食べ過ぎなだけじゃないの?」とあまり深く取り合わない。先生に隠れてお菓子を食べたりしていることも原因だという千里。それでも病状を訴える患者。しかし、病状を訴えると同時に千里のおしりを触ってくる。「ちょっとおしり触らないで。」と牽制する千里だが、患者はおしりやおっぱいまで触ってくる。「みんなにばれちゃうからダメよ。」と止めようとするが、患者さらに調子に乗って千里のナース服を脱がせようとする。患者はスカートをまくりおしりにまとわりついてくる。「見せて、見せて」と興奮した患者に「見せてあげたらねる?」とブラジャーを見せてあげることに。しかし、患者はさらに興奮しブラジャーをずらしておっぱいを丸出しにしてしまう。巨乳にむしゃぶりついていく患者。「ダメ〜。見るだけって言ったでしょ?」と乳首に吸い付いてくる患者を止めようとする千里。しかし、患者はナース服を脱がせてブラジャーまで取ってしまう。千里の巨乳を鷲掴みにしながらオマンコを攻め始めた患者。千里はついに下半身まで脱がされてしまう・・・。病室で起こった患者とナースの怪しい出来事を赤裸々に綴る病院物語。看護師好きには堪らない作品。

田村りか 天国へイカせるお仕事 〜私が成仏させてあげます〜
とあるビルを訪ねるOl系美人の田村りかちゃん。エレベーターを降りて事務所の中へ。「面接に来た田村と申しますが・・・」と男に声を掛ける。「あ〜、面接ね。どうぞどうぞ。」男に促されてソファーに座るりか。「こちらの広告を見てきたんですけど・・・どういったお仕事なんですか?」仕事内容を男に確認するりか。「・・・仕事は簡単なんで、安心してください・・・」という男に「旅のお手伝いと書いてあるんですけど、それって旅行関係かなんかですか?」とさらに詳しい話を聞こうとするりかだが、男はりかの持ってきた広告をぐしゃぐしゃに丸めてしまう。「えっ!?」少しびっくりしたりかを尻目に「・・・まあ、旅行関係というか・・・天国へ行かせるお仕事ですね。」と意味深なことを言う男。「て、て、て、天国ですが?」いきなり天国と聞いて戸惑うりか。すると、男が突然りかの足を抱え「じゃあ、オマンコ見せてくれる?」とりかの足をM字にパックリと広げパンティをずらしてしまう。男はあらわになったりかのオマンコを指でパックリと広げると「う〜ん、う〜ん」となにやら確認している様子。男はそのままパンティを元に戻しソファーに座ると「採用。」と一言。「さ、採用って、まだ何も聞いてないんですけど・・・」と戸惑いを隠せないりか。「お〜い」そんなりかにお構いなしに男が「名刺作って」と事務所の奥に声を掛ける。「ま、すぐ慣れるから・・・」とりかを安心させようとする男。少し笑みを浮かべながら「はい」と頷くりか。この先、りかにどんな仕事が待ち受けているのか?・・・。仕事を求めて面接に来た美女が、天国へと導く仕事に就くことに。かつて経験したことのないエロい儀式に美女が挑む。美女を待ち受ける仕事とはいったい何なのか?そのエロい儀式とはいったい何なのか?・・・。

藤木のえる 痴女の欲望 〜もっとして欲しいの〜
セクシーな下着姿でおっぱいを鷲掴みにしている藤木のえるちゃん。腰をクネクネさせながら男を誘っているようだ。足をM字に開いて股間をまさぐっていくのえる。ブラジャーをずらし乳首をコリコリと刺激していく。顔を歪ませながら感じてしまうのえる。股間をまさぐる指がクリトリスを刺激するたびにビクンビクンと体を震わせる。手にしたローターをたっぷりと舐めると乳首に押し当て刺激。堪らず喘ぎ声が激しくなってしまう。のえるはローターを下半身へと滑らせると、ゆっくりとクリトリスに押し当てていく。「あ、あ〜〜ん」ローターの振動がクリトリスに伝わり快感へと変わっていく。パンティの中に手を入れたのえるは、ローターをクリトリスに当てていく。パンティをグイッと掴むと、割れ目に食い込ませるようにグイグイと引っ張っていく。パンティを脱いで全裸になったのえるは、再び足をM字に開脚しローターをオマンコに滑らせていく。さらに、ローターをズブリとオマンコの中に挿入すると何度も出し入れしていく。「あ〜、あ〜、あ〜ん〜」バイブを取り出したのえるは、オマンコにズブリと挿入してしまう。ズボズボとピストンしていくのえるのアナルに、今度はアナルバイブが挿入されてしまう。二穴を同時に攻められ、激しい快感が一気にのえるを襲う。「あ〜〜〜〜」男がバイブでオマンコを激しくピストンし続けると、体をビクンビクンと震わせながら絶頂へ達してしまう・・・。淫乱美人がオナニーで快感を貪っていると、それを見て興奮した男たちが肉棒をしごいて美女に次々と顔射していく。ザーメンまみれになっても、まだ快感を貪ってオナニーをやめない好き者女。さらには両手を縛られ、男たちに電マで攻められ続ける。何度もイカされながらも、男たちの責めは終わらない。肉棒で激しく突かれ、ローションまみれにされたあげくのクリトリス攻め&絶頂。SEX好き美女の限りなき欲望をご堪能ください。

遥めい チンポが好きで堪らないの 〜たくさんの肉棒で私を責めて〜
立ち入り禁止のテープが貼られた部屋でソファーに座る遙めいちゃん。セクシーな下着姿で体をまさぐっている。艶めかしい視線をこちらに向けながら吐息を漏らす。おっぱいがあらわになり鷲掴みで揉み揉み。パンティの中に手を入れクリトリスを弄っていく。下着のひもを解き完全におっぱいが露出。下半身も割れ目が覗き見えてしまう。「あ〜、あ〜」喘ぎ声を漏らしながら、パンティがずれてオマンコを丸出しにして弄っていく。割れ目をなぞるように指を滑らせていく。ローターを手にするとオマンコに押し当てていく。堪らず喘ぎ声が激しくなっていくめい。グリグリとクリトリスにローターを押し当て、快感を貪っていくめい。「あ、あ、あ〜、イク〜。あ〜、あ〜〜〜」快感が一気に上昇し、絶頂へ達してしまう・・・。だが、めいのオナニーをずっと覗いていた男がいた。早くからその男に気づいていためい。「オナニー見てそんなになっちゃったの?いいわ、こっちに来て。」チンポを勃起させた男を呼び寄せ丁寧に玉袋を舐めていくめい。カリをパクリと咥えると手コキを加えながらジュボジュボとピストンしていく。ますますいきり勃ってしまう男の肉棒。めいは意識的に手コキのスピードを速めていく。すると「あ〜、イク〜」突然男に限界が訪れ、男はめいにザーメンを発射してしまう・・・。「気持ちよかった?」男を気持ちよくさせた満足感溢れるめい。しかし、めいの欲望は止まることを知らずディルドでおなにーを続けてしまう・・・。チンポ好きの淫乱美女が体を縛られ無数の男たちに攻められていく。髪を振り乱しながらチンポをしゃぶり、オマンコにはいきり勃った肉棒を入れさせる。淫乱好きには堪らない作品。

水城麗奈 debut デビュー 〜初めての中出し〜
緊張した面持ちでインタビューされる水城麗奈ちゃん。男が思わず「足長いね〜」とつぶやくほどきれいな足がミニスカートから覗いている。T170というモデル体型の麗奈。立ち姿が美しい。男が思わずミニスカの中を覗きたくなり、すぅっと下から覗いていく。ゼブラ柄のパンティが丸見えで興奮する。B87のDカップという麗奈。好きなタイプはマッチョな格闘家だという。パンツ姿の男が現れ、すでに股間が膨れあがっている。男がパンツを脱ぐとビロンと勃起したチンポが。肉棒を握ると「いい感じですね〜」となかなかの感触の様子。チンポを握りながら、さらに体を触られながら男のインタビューが続く。徐々に脱がされ下着姿に。「おっぱい見たいですね。」と男がブラジャーのフロントホックを外す。ポロンときれいなDカップおっぱいがあらわに。男は乳首をコリコリと刺激していく。「勃ってきちゃった〜」と麗奈の乳首がピンと勃起してしまう。「こっちも見たいです。」と男が下半身を脱がせていく。パンティを一気に下ろすと陰毛少なめのきれいなオマンコが。「おお〜」男たちが興奮し思わず声が出てしまう。足をM字に開かされオマンコをじっくりと観察。ビラビラがエロい系のオマンコだ。パックリと開くときれいなピンク色の膣。マン汁をクリトリスにつけながらコリコリと刺激。すぐに息づかいが荒くなり感じ出す麗奈。「弄られるとしゃぶりたくなっちゃう」という麗奈。握っていた肉棒をパクリと咥えていく。男は麗奈の頭を押さえつけ肉棒を喉の奥深くまで飲み込ませてしまう。嗚咽しながらしゃぶり続ける麗奈。初めてのイラマチオにびっくりしながらも「イカせてください。」とフェラチオでイカせることを求められる。口内でカリを刺激しながらピストンを繰り返す麗奈。男の息づかいが荒くなり「あ、あ〜、イク〜」と男は我慢の限界を迎えドピュドピュッと発射してしまう・・・。男のザーメンを手のひらに出すと再び口の中に入れてしまう麗奈。「いつもは飲んでます。」とザーメンをゴクリと飲み干してしまう・・・。モデル系美人が初めてのファックに挑むデビュー物語。スタイル抜群の初々しい美女の新鮮な絡みは見物。初物好きな方にお薦めする作品。

KAREN アナル調教二穴責め
バスタブの縁にオマンコを擦りつけているKARENちゃん。喘ぎ声が何とも悩ましい。腰をクネクネとさせておっぱいを揉みしだいている。KARENの体に大量のローションが掛けられヌルヌルが全身に行き渡ると滑りの良さでさらに快感がアップしていく。顔を歪めながら感じていくKAREN。足を大きく開き、パックリとオマンコを広げながら激しくクリトリスを攻めていく。ローションの滑りでクリトリスへの刺激が倍増する。「あ〜、あ〜、イク〜」あっという間に快感が上昇し絶頂を迎えてしまう・・・。まだ物足りないKARENはおもちゃを手に取りオマンコに擦りつけていく。ズブリとおもちゃを挿入しズボズボとピストン。「あ、あ、あ、イク〜〜」感度が一気に上昇し再びオーガズムへ。電動バイブを手にしたKARENはたっぷりと舐めるとズブリとオマンコに挿入。グリグリとオマンコの中を回転していくバイブ。さらに小刻みはピストンで簡単にイッてしまう・・・。快感を貪り続けるKARENは体位を変えさらにバイブをズボズボ。そこへ男がアナルにバイブを挿入してピストン。二穴同時責めに「あ〜、イクゥー」と昇天。アナルに目覚めたKARENはアナルバイブを挿入しグリグリ。性欲が激しすぎるKARENのオナニーが止まらない・・・。たっぷりと気持ちよくなったKARENは着物姿で男たちの前へ、裾がはだけて見えた股間はなんとノーパン。男たちに手を縛られていく。少女のようなきれいなオマンコがあらわになり、男によってパックリと開かれる。すでに愛液が光っている・・・。男たちに言葉責めされながらゆっくりとオマンコを攻められるKAREN。男たちはアナルまで調教していく・・・。M女を調教しアナルを開発。後ろから肉棒でズボズボとピストン責め。二穴挿入でたっぷりと責め続ける。M女好きにお薦めする作品。

和泉千里 痴女巨乳ナース 〜Fカップ看護師のエッチな診察〜
かわいいナースの和泉千里ちゃん。看護師姿が何ともキュートだ。制服の下はなんとノーパン。椅子に座り足を大胆に開いてみせる。パックリとオマンコを広げてビラビラがエロいうねりを見せると、ズブリとディルドを挿入していく男。ゆっくりと割れ目に出し入れしていく。千里は自らディルドを掴むとゆっくりとピストンを繰り返す。愛液が糸を引きディルドに絡みついていく。千里はさらにオマンコにクスコを挿入しパックリと広げられたオマンコを見せる。膣の奥深くまで丸見えになってしまう千里のオマンコ。場面変わって、千里はトイレへ。催してしまいおっぱいや股間を弄ってしまう。千里は個室に入るとオナニーを始めてしまう。喘ぎ声が漏れてしまうトイレ。そこへ誰かが入ってきてしまう。ドアを閉め忘れた千里はオナニーを覗かれてしまう。オマンコを激しく弄り喘いでいる様子が外に丸見えだ。男は堪らず近寄って覗いてしまう。千里は男に気づくと「何見てるのよ?いつからそこにいるの?」と男を個室に引っ張り込んでしまう。男の膨れあがった股間を弄るとあっという間にパンツを下ろしてしまう。勃起したチンポを握るとシコシコと手コキ。さらにカリをパクリと咥えてしまう。チュパチュパとイヤらしい音をさせながら咥えていく千里。「気持ちいいんでしょ?」と笑みを浮かべながら咥えていく千里。肉棒は気持ちよさでビンビンに硬直している。千里のフェラテクに男の息づかいが荒くなっていく。手コキも加えた高速ピストンに男も我慢の限界が。「あ〜、あ〜、あ〜!」男は千里の口内にドピュドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。千里は男の欲望を手のひらに出すと再びそれを口の中へ。ゴクリと音をさせて飲み込んでしまう。淫乱美人ナースが病院の中で繰り広げる数々のエッチな行為に患者たちは堪らずチンポを硬直させてしまう。Fカップ巨乳看護師のエロ診察物語。コスプレ好き、巨乳好きには堪らない作品。

清水早紀 ドM調教絶頂地獄責め
首に鎖をつながれセクシーに体をくねらせている清水早紀ちゃん。すると「脱げよ。脱ぐんだよ。」と男の声が。「えっ!?」と表情を強張らせる早紀。しかたないという表情で「はい」と小さくつぶやくとゆっくりとコートを脱ぐ。ゼブラの下着姿になると「上も取れ」とブラジャーを取るように言われる。さらに「下、ずらせ」とパンティをずらしてオマンコを見せるよう要求。「もっと股開けよ。腰振れ。」と次々と要求してくる。「自分でビラビラ開いて見せろ。中まで見せろ。」オマンコをパックリと開くよう言われ「恥ずかしいです・・・」といいながらもオマンコを開いてみせる早紀。「丸見えだな。」と興奮する男。早紀の鎖を掴み「こっちに来い」と早紀を引き寄せると、男の乳首を舐めさせる。「ほら、しっかりと舐めろ。」リップ攻めを要求し男の全身を舐めさせる。犬のように這いつくばりながら男の体を舐めていく早紀。「よ〜し、ご褒美をあげよう。これが欲しいんだろ?くださいは?お願いしろ。」とさらなる要求。「お願いします・・・」と早紀が答えると男たちは肉棒を早紀の口内に押し込んでいく。「まずはこっちからだ。」と早紀の口内にいきり勃った肉棒を喉の奥深くまで挿入してしまう。「欲しいんだろ?」嗚咽しながら肉棒を咥えこむ早紀。男の肉棒はますます興奮して硬直していく。「こら、こっちもだ。」もう一人の男の肉棒を咥えさせる。「おぇ〜」苦悶の表情を浮かべながら咥える早紀に「こっちもあるぞ」と別の男がチンポを勃起させて早紀の眼前に。男は早紀の頭を押さえつけて肉棒を飲み込ませていく・・・。囚われの美女が男たちの言いなりになって調教される物語。次々と肉棒をイラマチオさせられ、喉の奥まで咥えさせられる。「ほら、口の中にぶちまけるぞ。ほら。」男は快感の頂点を迎え早紀の口内にドピュドピュッと発射してしまう・・・。早紀は放出されたザーメンを飲み込むと「ちゃんと飲んだか?口開けてみろ。」と男に確認させられる。「次はこっちだぞ。」いきり勃った肉棒を再び咥えさせられる早紀。男は早紀の頭を押さえつけ、激しいピストンを繰り返す。「ほ〜れ、舌出せ。」男はドピュドピュッと早紀に発射する・・・。「お楽しみはこれからだ・・・」男たちは早紀にさらなる調教をするべく早紀を吊し上げる・・・。ますます激しくなる調教、おもちゃで攻められ、何度もイカされてしまう。M女好きには堪らない作品。