流出裏AVなどに特化した動画を無修正または薄消しで配信するサイトです。中でもコスプレ系の動画には根強い人気があり、コスプレマニアを軸に幅広い層から支持を得ています。

H:G:M:O 流出裏AV(2016年02月)



美咲沙耶 覗かれたオナニー
図書室で何かの本を探している女子校生の美咲沙耶ちゃん。お目当ての本を見つけたようで、そっと本を開く。本の内容にムラムラと催してしまった沙耶は、制服の上からおっぱいをまさぐり始める。そこへ、一人の男子生徒が図書室へ入ってきて、偶然沙耶のオナニーを見てしまう。男子に覗かれていることも知らず、沙耶は気持ちよくなってしまい、セーラー服をまくっておっぱいを露出させてしまう。スカートもまくり、パンティの上からオマンコを弄り出す。堪らず喘ぎ声を漏らしてしまう沙耶。パンティの中に手を入れ、直接オマンコを弄り出すと、快感の上昇を止められなくなってしまう。その場にしゃがみ込み、パンティを脱ぐと、足をM字に開いてクリトリスを弄り出す。周囲を見回しながら、鞄の中からローターを取り出すと、スイッチを入れてクリトリスに押し当てていく。静かな図書室にローターのエッチな音と沙耶の喘ぎ声が響く。「あ、あ、あ、あ〜!」乳首を弄りながらローターをクリトリスに激しく押し当て、絶頂へ達してしまう・・・。「おい、沙耶。おまえいつもあんなことしてるのかよ?」男子生徒たちが沙耶に近づき問いただす。「してないよ・・・。」と否定する沙耶に「おまえ、図書室でオナニーしてただろ?見てたんだぞ。」と沙耶の体をまさぐってくる。「してないよ。やめてよ。」と否定する沙耶だが、後ろめたさから男子生徒たちに抵抗できない。あっという間におっぱいを丸出しにされ、パンティも丸出しにされてしまう。「興奮してるのか?」生徒たちは沙耶のオマンコを弄り始める・・・。

白石ひより 永遠の美巨乳アイドル
永遠のロリアイドル、白石ひよりちゃん。かわいいのに巨乳、しかもノーブラに白いワイシャツと定番のエロいルックで登場。T159B88W59H88のEカップナイスボディは男のチンポをそそる。初体験は17歳の時、当時の彼氏の部屋だという。「はじめは痛くて入らなかった・・・。」という。その後、何度か挑戦して4〜5回目でやっと挿入できたという。そんなプライベートに興味津々の男はインタビューを続ける。ワイシャツのボタンを外したわわな巨乳を見せてもらう。「一日何回くらい潮が噴けるか?」と試してみたいという男。早速ローターを乳首に押し当てていく。白いパンティの上にもローターを押し当てていく。割れ目の後がくっきりと浮かび上がるひよりの股間。パンティを脱ぎ、ぱっくりとオマンコを広げるひより。男はクリトリスを狙いローターを押し当てていく。割れ目にズブリとローターを挿入しズボズボとピストンしていくと、ヌルヌルの愛液がタラリと滴り落ちてくる。「あん〜」と喘ぎ声を漏らしてしまうひより。どんどんいやらしい顔になっていくひより。男はひよりを立たせると、極太のバイブをズブリと挿入してしまう。うなりながらズボズボと出し入れされていくバイブ。ひよりは堪らず立っていられなくなる。ひよりを座らせM字に足を開かせると、電動マッサージ器を取り出し、オマンコに押し当てていく。「あ〜ダメ。」と電マの刺激に堪らず反応してしまうひより。気持ちいいもののなかなか潮を吹かないひよりに、男はズブリと指を宇乳する。手マンチョでグジョグジョと刺激すると「あ〜〜〜」とオマンコから潮が噴き出してくる・・・。その後も角度を変えた手マンチョに大量に潮を吹いてしまうひより。「今度はこちらを気持ちよくしてもらう番です。」とチンポをしゃぶってもらい、オマンコにズブリ。ひよりは快感を貪るように自ら腰を振っていく・・・。

堀江ルイ ド淫乱巨乳美女の饗宴
セクシーな下着姿で階段をゆっくりと降りてくる堀江ルイちゃん。「みんなで私を気持ちよくして。」とおねだりすると、男たちが一斉に近寄ってくる。無数の手がルイの体に伸び、まさぐっていく。あっという間にブラジャーがずらされ、巨乳があらわになると、乳首をチュパチュパと吸われてしまう。「脱いで見せて。」男にパンティを一気に脱がされるとパックリと足を広げてオマンコを丸見えにする。「いっぱい気持ちよくさせて〜」と男たちに体を委ねると、男たちはルイの全身を愛撫していく。「あ〜ん。」と堪らず喘ぎ声を漏らしてしまうルイ。「気持ちいい〜。いっぱいの手といっぱいの舌で、こんなの初めて〜。」とご満悦の様子。男たちはルイの体を抱えると、ズブリとオマンコに指を挿入される。すでにオマンコはグッチョリト濡れ濡れになり、手マンチョでさらに愛液が溢れてくる。「もっといっぱい触って。でもいっぱい触ったら、イッちゃう・・・」と言うやいなや、手マンチョが激しくなる。体をくねらせて感じてしまうルイ。オマンコからは愛液が溢れてくる。「いっぱい擦りつけて〜」とおねだりすると、男たちは肉棒をルイの体に擦りつける。ルイは肉棒をパクリと咥えジュボジュボとピストン。ルイのオマンコは激しくクンニされている。「あ〜、ダメ〜。あ〜、イッちゃう〜!」ルイは肉棒を咥えられなくなり絶頂へ達してしまう・・・。エロボディ巨乳美人が逆ハーレムを愉しむ物語。男たちを気持ちよくさせながら、自分もたっぷりと気持ちよくなっていく。男たちは次々とルイにザーメンを発射し、ルイはザーメンをゴクリと飲み干してしまう。オマンコにも次々と肉棒を突き刺され、ズボズボとピストンされたあげくにドピュドピュッと中出し。上の口も下の口もたっぷりとザーメンまみれにされる饗宴をお楽しみください。

栗原まあや 純情美巨乳イカされ地獄
ピンクのセクシーなキャミソール姿で登場の栗原まあやちゃん。たっぷりと全身を見せてくれる。男が近寄り「かわいいね〜」と愛撫していく。「イヤらしく舐めて。」とキャンディを舐めさせる男。舌技を使いながら舐めあげるまあやに男もその気になり舌を絡めていく。「これもおいしいよ〜」とチンポを勃起させた男が眼前に。パクリと咥えチュパチュパと舐めていくまあや。舌先でチロチロとカリとキャンディを舐め続けるまあや。男たちが増え、代わる代わるまあやを攻めていく。あっという間にパンティを脱がされたまあやは、パックリと足を広げられてしまう。男たちに唾液まみれにされたオマンコに、さらにクンニとローター攻めを続ける男たち。「あ〜、ダメ〜。イッちゃう〜。あ〜。」まあやは恥ずかしい格好のままイカされてしまう・・・。イカされたまあやのオマンコにはズブリとバイブが挿入され、ズボズボとピストンされながら回転していく。ローターでクリトリスも同時に攻められたまあやは、またしてもイカされてしまう。純情な美人娘が男たちに何度もイカされてしまう。そんな変わり果てた姿をご堪能ください。

星野みく こんな入院性活はいかが?
笑顔が素敵な満○Hかり似の美人ナース、星野みくちゃん。誰もいない病室で催してしまったみく。おもむろに体を触りはじめた。セクシーな太股があらわになり、息遣いが荒くなっていく。ナースの制服脱ぎ、下着を露出させると、大きなおっぱいを揉み揉み。下半身へも手を伸ばし、股間を弄っていく。「あ〜〜。」気持ちよくなってきたみくは、ブラジャーから乳首を取り出しコリコリと弄る。パンティをずらしてグイッと股間に食い込ませていく。病室にみくの喘ぎ声が響き渡る。みくはベッドに横たわりパンティの上からクリトリスを刺激しはじめる。堪らずパンティを脱ぎオマンコを丸見えにすると、割れ目に沿って指を這わせていく。たっぷりと唾液で指を濡らすとクリトリスを刺激。ローターを取り出したっぷりとしゃぶっていく。スイッチを入れ乳首に押し当てていく。ローターの刺激が敏感に伝わり喘ぎ声が激しくなっていく。ローターを下半身へと滑らせると、ピンと勃起したクリトリスにゆっくりと這わせていく。「あ、あ、あ、あ。」みくはローターをゆっくりとオマンコに挿入していく。スルリとローターを飲み込んだオマンコはさらに濡れ濡れになっていく。ズボズボとローターをピストンし快感を貪っていくみく。指でクリトリスをグリグリと刺激しながらローターを激しくピストンしていくと「あ、あ、あ、あ、い、い、イク、イク、イク〜!」と絶頂へ達してしまう・・・。病室でオナニーに耽る淫乱看護師。入院で気弱になる患者に優しく下半身の世話をするみく。「おちんちん堅くなってきてますよ。」と肉棒をしゃぶってくれる。体を使った全力ご奉仕に患者も大興奮。バイブでオマンコをズコズコにされ、さらにいきり勃った肉棒で下から激しくピストン。こんな入院生活なら大歓迎?

杏樹紗奈 エロニング娘。 〜巨乳ロリ美少女〜
元モー○ング○。の○N美に似ている杏樹紗奈ちゃん。ブルマ姿が何ともロリエロい。青椒肉絲が大好きという紗奈。「性感帯は右耳とクリトリスです。」という紗奈。B86W56H83のロリ顔に似合わず超ナイスボディ。体操着を脱ぐと、ブルルンな巨乳をワサワサと揺らしてくれる。「そのまま見たいの?いいよ〜」とブルンブルンの巨乳が見たいとリクエストすると、ブラジャーを外してくれる。乳首がピンと勃起した、たわわな美巨乳があらわに。「下も見たいの?しようがないなぁ〜」とブルマを脱いで四つん這いに。いすに浅く腰をかけると、足をM字に開いて股間をぱっくり。パンティを一気に脱ぎ惜しげもなくオマンコをぱっくりと見せてくれる。きれいなオマンコに思わず見とれてしまいそうになると、さらによく見せようと、嫌らしくブリッジしてくれる。「オナニーしようかな?オナニーしたくなっちゃった。」とセーラー服に着替えリコーダーをペロペロと舐め始める。そして、足を開くと股間にリコーダーをスリスリと擦りつけていく。すぐに顔を歪めて感じてしまう紗奈。ローターを手に取りスイッチを入れるとグリグリとオマンコに押し当てていく。「あ〜ん、あ〜。」と喘ぎ声を漏らしてしまう紗奈。おっぱいを揉み揉みしながら快感をむさぼっていく。チンポにそっくりなディルドを舐め濡れ濡れにすると、パンティを脱いでオマンコにグチョグチョと押し当てていく。割れ目を掻き分けるようにゆっくりと挿入していくとズブリとオマンコに飲み込まれていく。「あ〜ん、ん〜〜。」紗奈はディルドをズボズボとピストンしていく。オマンコからは愛液が滴り落ち流れ落ちてくる。オマンコの奥深くまで突き刺しながら快感を貪っていく紗奈。「あ、あ、あ、ん〜〜〜〜!」と絶頂へ達してしまう・・・。イキ顔がTちゃんそっくりで何とも堪らずエロい。フェラチオと手コキで肉棒を気持ちよくさせてくれ、たっぷりとザーメンを口内発射。さらにそのザーメンをゴックンと飲み干し「あ〜、おいしかった。」と嬉しそう。このロリエロニング娘。のロリエロ巨乳ボディは一見の価値あり。

美咲沙耶 M女の悦び 〜イカされ続ける地獄〜
B85W58H88のナイスボディ、美咲沙耶ちゃん。「感じるとプルプルしちゃいます。」という敏感美女。今にも乳首がはみ出そうなくらいの極小ビキニが何ともエロい。沙耶の体に無数の手が伸びてくる。あっという間に乳首は露出されコリコリと弄られる。Tバックパンティをグイッと食い込まされオマンコにパンティのひもが食い込まされてしまう。男たちの手は沙耶の体を這い回り、クリトリスを激しく刺激する。「あ〜、クリちゃんが・・・。」と感じてしまう沙耶。あっという間にビチョビチョに濡れてしまい、インタビューにも答えられなくなる。沙耶のエロ顔を見ながらチンポをしごいていた男が我慢できなくなり、ドピュドピュッと沙耶に顔射してしまう。たっぷりとザーメンをかけられてうれしそうな沙耶。その後も次々と男たちがザーメンを顔射していく。「あ〜すごい〜」と興奮していく沙耶。その間も沙耶のクリトリスは攻められ続け「あ〜、イッちゃう。イッちゃう〜。」と絶頂へ達してしまう・・・。「興奮して、気持ちよくなってイッてしまいました。」と恥ずかしそうな沙耶。M女の沙耶は、この後も次々といきり勃った肉棒をイカせ続ける。さらには全身バイブ攻め絶頂地獄と白目を剥いてイカされ続けます。M女好きには堪らない作品。

紋舞らん バニーガールはチンポがお好き
「ねぇ?どう?この格好。」とバニーガール姿で微笑む紋舞らんちゃん。「似合ってる?」とクルリと回転しバニー姿を惜しげもなく見せてくれる。「なに?おちんちん勃ってきちゃったの?」と男が興奮したので「いいよ、こっちおいで。」とベッドに誘う。男たちががらんにすり寄ると「ムラムラしちゃったの?いいよ、触って。」と男を受け入れる。激しくらんの体をまさぐっていく男たちに「焦らないの。ゆっくり触って。」と窘めるが男たちは興奮し、らんの気持ちいいところを攻め続ける。堪らず息遣いを荒くしてしまうらん。「熱くなって来ちゃった。脱がせて。」と男たちにおねだり。おっぱいを丸出しにして乳首をコリコリ&揉み揉み。「あ〜ん。気持ちいい〜」と興奮していくらん。乳首を吸われ腰を震わせながら感じてしまう。「もうダメ〜。オマンコ触って欲しい〜。」とおねだりすると、男は服を脱がせて網タイツの上からオマンコを刺激していく。「もっとちゃんと触って〜」と焦らす男に堪らずおねだり。男はそれでもじっくりとオマンコを攻めていく。「オマンコヒクヒクしちゃう〜。だめ〜。物足りないよ〜。」とさらにおねだり。男の焦らし指攻めに喘ぎ声を止められなくなってしまうらん。「脱がせて、脱がせて〜」というらんの網タイツを破きオマンコに直接クンニしていく男。すっかり濡れ濡れのオマンコをさらにグチョグチョにしていく・・・。男を興奮させちゃったバニーガールが、逆に男に攻められてグチョグチョにされてしまう。チンポで得オマンコをズコズコと突き刺され中出しまでされてしまう淫乱ストーリー。

堀江ルイ 元グラドルはチンポが好きすぎてド淫乱
「エッチは好きです。」と目をキラキラさせながら満面の笑みで答える堀江ルイちゃん。「気持ちいいエッチが好き。」というルイ。周りには無数の男たちが待ち構え、ルイの体に何本もの手が伸びてくる。男たちの手がルイの体を激しくまさぐり出す。足を開かされ男の指がクリトリスを遅う。インタビューに答えながらも、喘ぎ声が漏れてしまう。ローターが股間に押し当てられグリグリと攻められる。「見られてるとき。」がエロくなるというルイ。パンティを脱がされパックリとオマンコを広げられると、ローターが直接クリトリスを攻める。思わず顔を歪ませて感じてしまうルイ。腰をビクンビクンと震わせながら感じてしまうルイ。インタビューに答えられなくなるほど乱れるルイ。男はズブリと指をオマンコに挿入すると、激しく手マンチョ。「あ〜、ダメ〜」と堪らず反応してしまうルイ。ブラジャーを外され巨乳があらわになると、興奮した男たちが、次々とザーメンをルイに顔射していく。お掃除フェラで発車後の肉棒をきれいにすると、さらに次のザーメンがルイに発射される。ローターがルイのクリトリスを攻め続けていると「あ〜、イク。」と我慢の限界に。絶頂へ達してしまう・・・。おちんちん大好きな淫乱娘が何本ものチンポを咥えイカせていく。たっぷりと口内に発射させるとそのままゴクリとザーメンを飲み干してしまう。フェラと手コキで大量にイカせたルイは、ザーメンをすべて飲み干すと、パイズリでおもてなし。チンポ大好きエロ娘の痴態を存分にご堪能ください。

栗原まあや 美巨乳純情美人徹底焦らし責め
純情そうな顔立ちのお嬢様系美人、栗原まあやちゃん。ピンクのかわいい下着姿が艶めかしい。「舌出して。」男のリクエストにペロペロと指を舐め始める。舐め顔が石○Sとみ似で何ともイヤらしい。「もっと舌出して。動かして。」男の言うままに卑しく舌を動かすまあや。男はまあやの舌に自分の舌を絡ませていく。たっぷりネチョネチョと舌を絡ませると男はまあやのおっぱいを揉み揉み。首筋から舌を這わせていく。堪らず喘ぎ声を漏らしてしまうまあや。男がブラジャーのホックを外しおっぱいを丸出しにする。乳首をコリコリと舐められると「気持ちいい〜」と興奮していく。形のいいきれいなおっぱいをおいしそうに舐めていく男。「あ〜、気持ちいい〜」男はまあやの全身を舐めていく。すっかり男の焦らしテクに興奮してしまうまあや。「オマンコ舐めて〜」自ら男におねだりし、パンティを一気に脱いでしまう。足を大きく広げられパックリとオマンコを晒されると、男が股間に顔を埋めていく。「気持ちいい?じゃあ、おしまい〜。」とクンニをやめてしまう。徹底的に焦らしながらクリトリスを弄り出すと顔を歪めて感じてしまうまあや。「ここを舐められたいんだ?」と男はクリトリスの舌を這わせていく。「あ〜〜〜」とろけるように感じてしまうまあや。よだれを垂らしながら「気持ちいい〜」とすっかり男の虜になってしまう。男がローターを取り出しクリトリス押し当てると、ダラダラと愛液が溢れ出てくる。「あ〜、イッちゃう〜」と限界を訴えると「まだダメだよ。」とクリ攻めをやめてしまう男。「気持ちいいの。イカせて〜。お願い〜、クリトリスイカせて〜」と男に懇願するまあや。男はそれでもまあやがイキそうになるとローターを離してしまう。「イカせて〜、お願い〜。」と懇願し男は再びローターをクリトリスに。「あ〜、イク〜。あ〜。」焦らしに焦らされたまあやはやっとイカせてもらう・・・。しかし、男はさらに強烈な刺激をクリトリスに与えることになる・・・。

伊沢夕 ドスケベな淫乱パイパン女と高級ホテルでセックス
部屋で誰かを待っている男。そこへドアをノックする音が。「どうしたの?こんないいところで。」と笑顔で入ってきたのは伊沢夕ちゃん。きれいなお姉さん系の美人に男も「たまにはエッチなことを撮っちゃおうかなって思って・・・。」と夕を招き入れる。「ビックリしちゃうね。恥ずかしい・・・。」と顔を隠しながら照れる夕。男があまりに近く「近い〜、近いよ〜。」と恥ずかしがる夕。男は「待ち望んでたよ。」と下半身はすでに裸。チンポが丸出しになっていることにビックリの夕だが「しゃぶってよ〜」とフェラチオをおねだり。夕は、舌先でチロチロとカリを舐め始める。「気持ちいい?」と男の反応を見る夕。ねっとりとイヤらしくしゃぶり出す夕。「もっと咥えて〜」と夕の頭を押さえて肉棒を深く突き刺してしまう男。ジュボジュボっと深くまでしゃぶっていく夕。「さっき会ったばっかりでチューもしてないのに〜」と少々ご不満の様子の夕。「チンチン好きだろ?」とチンポ好きを夕の見抜く男。夕を立たせるとおっぱいを鷲掴みにしていく。「暗くして〜」と恥ずかしがる夕にお構いなしに「自分でまくってみて。」とスカートをまくらせる男。パンティがあらわになると男は指をオマンコに這わせていく。「いやぁ〜、気持ちよくなって着ちゃった。」と感じてしまった夕に「ここで下ろせ。」とパンティを脱ぐように命令。「全部?恥ずかしいよ〜」とパンティを脱ぐ夕。「相変わらずツルツルだね〜」とパイパンオマンコに興奮する男。「自分でアソコ開いてごらん。」とオマンコを開くようにいうと「こう?」とパックリとオマンコを開く夕。「こんな恥ずかしいことさせるから・・・。」と恥ずかしくてオマンコが濡れ濡れになってしまった夕。男は夕の足を持ち上げオマンコをクンニしていく。「聞こえちゃったらどうするの?」とエッチな音が外に聞こえないか心配の夕。しかし、夕も興奮して男のチンポをしゃぶっていく。奥深くまで肉棒を飲み込みジュボジュボとしゃぶっていく夕。「欲しいか?だったら四つん這いになれ。」夕は四つん這いになると、お尻を高く突き上げる。男はズブリとオマンコに挿入してしまう・・・。シチュエーションに弱い夕は、こんな恥ずかしい状況にどんどん興奮していく。イヤらしい男と女のプライベートセックスをお楽しみください。

若葉こころ 調教メイド MとS アナル二穴挿入
「さあ、こころ、ゲストの皆さんにおまえのイヤらしいところを見せるんだ。」と男に言われる透け透けのキャミソール姿の若葉こころちゃん。「はい」と返事をすると「さあ、下着を脱いで。」と男に促される。スルリと立ち上がりパンティをすぐこころ。「浅くかけて。後ろに寄りかかって。ゆっくりと足を開いていくんだ。」男のリクエストに従い、足をM字に開脚するこころ。オマンコがパックリとあらわになる。「さあ、その恥ずかしい場所を自分で広げるんだ。」といわれ、こころはパックリとオマンコを広げていく。「そのイヤらしいオマンコをどうして欲しいんだ?」恥ずかしそうな顔で「オマンコを気持ちよくしてください。」とおねだりするこころ。男はローターを取り出しスイッチを入れると、じっくりとこころに舐めさせる。ゆっくりとローターを滑らせ乳首を刺激すると喘ぎ声を漏らしてしまうこころ。「あ〜ん」と顔を歪めながら感じてしまうこころ。さらにオマンコを自ら開くと男はローターを滑らせていく。「あ〜〜」ローターがクリトリスに当たり巨売れる名刺激が走るこころ。割れ目に沿ってローターを滑らせ刺激を強めていく男。「これだけじゃ足りないだろ?」男は極太のバイブを取り出すとスイッチを入れズブリとオマンコに挿入してしまう。「あ〜ん。」と喘ぎ声が激しくなるこころ。男はバイブをズボズボと強烈にピストン。堪らず喘ぎ声が激しくなるこころ。同時に無数のローターがこころの全身を攻めはじめる・・・。男たちのバイブ攻めでたっぷりとイカされてしまうこころ。興奮した男たちはこころの顔面に次々とザーメンを発射していく。M女としてたっぷりと虐められたこころは、今度はS女として男を虐めていく。足コキ手コキで焦らしながら肉棒を責め、顔面騎乗でオマンコを舐めさせる。手コキで最高の発射をさせたこころは、メイド姿でオマンコとアナルを両方攻められてしまうMメイドとなる。MとS両方愉しめる作品。

紅音ほたる 淫乱女潮吹き調教
「よし、たっぷり調教してやる。」と仮面をつけた男たちに体を弄ばれる紅音ほたるちゃん。今にも乳首がはみ出そうな極小ビキニを着せられ、いきなりおっぱいを鷲掴みにされてしまう。「いい女だ〜」とおっぱいにむしゃぶりつき激しく揉み揉み。「気持ちいいだろ?たっぷり開発してやる。」と男は淫乱女に調教しようとたっぷりとほたるを責める。オマンコに食い込んでいる極小Tバックの上からグリグリとオマンコを弄っていく。「これはスケベだ。」と足をM字に開かせ恥ずかしい格好にする。パンティをずらしてオマンコを晒すと、クリトリスを指でグリグリと刺激していく。「あ〜気持ちいい〜」と男たちの攻めに気持ちよくなっていくほたる。「どうだ?もっとグリグリしてやろうか?」ほたるのオマンコを激しく攻めると「あ〜、もうダメ〜」とほたるは限界を訴える。「あ〜、ダメ。あ〜〜ダメ〜〜〜!出ちゃう〜〜〜」と大量の潮を噴き出してしまう・・・。淫乱美人に調教しようとほたるを攻めるが、すぐに開発され潮を吹きまくってしまう。淫乱女好きには堪らない作品。

紋舞らん 制服OLのエッチなおねだり
「ねぇ?似合ってる?私ずっとOLやりたかったの。」とOLの制服姿で話し出す紋舞らんちゃん。「でも、エッチだからムラムラしちゃって仕事できないの。」と大胆な告白。「私と一緒にエッチな子としない?」と艶めかしい視線でこちらを誘ってくるらん。「イヤらしい手つきで触って〜」とおっぱいを揉み揉みさせながらおねだりするらん。「いいのよ、遠慮しないで。」とだんだん気持ちよくなっていくらん。「もっと体中触って〜」と喘ぎ声を漏らしてしまう。「ボタン外して〜」と制服のボタンを外してとリクエスト。「股間も触って。こんなに熱くなってるんだよ?」と足を大きく開いて腰を突き出してくる。「いやだ〜。焦らさないで。ちゃんと気持ちいいところに当てて〜」と敏感なところを攻めてとアピール。男たちはらんの乳首をコリコリしながら気持ちよくさせていく。「お願い〜もっと触って〜」物足りないとばかりに男たちにおねだりすると、男たちはパンティを一気に脱がせる。「私のオマンコ見て〜、もっと見て〜。ちゃんと見て〜。」とパックリとオマンコを開くとすでに濡れ濡れになっている。「中も触って〜」らんのおねだりにズブリとオマンコに指を挿入していく・・・。制服姿で淫乱おねだり痴女になるらん。たっぷりと肉棒をしゃぶったあと、ザーメンをたっぷりと口の中に出してもらう。ローションまみれになり男たちの無数の手でイカせてもらうと体はグッタリ。かわいいのに淫乱なエロ娘をご堪能ください。

黒澤エレナ チンポが欲しくてたまらないの
「いっぱいいっぱい見つめてください。」とセクシーな下着姿で艶めかしい視線を向けておねだりする黒澤エレナちゃん。エレナの周りには欲望の塊となった男たちが群がっている。「ちゃんと見ててね。」とおっぱいを揉み揉みしながら股間をまさぐっていくエレナ。「あ〜」ブラジャーからはみ出した乳首をコリコリと弄りながら、足を開いて割れ目に沿って指を這わせていく。ビクンと体を震わせながら感じてしまうエレナ。ピンと勃起した乳首をピンピンと弄りながら快感を貪っていく。エレナの息遣いが荒くなると、周りで見ている男たちの息遣いも荒くなり、それぞれが股間を弄っている。パンティをスルリと脱ぐとオマンコが丸見えになり、エレナは男たちに見えるようにパックリとオマンコを広げていく。「見てる?ちゃんと。いっぱい見て〜」とクリトリスを激しく擦っていく。「あ〜、気持ちいい〜。あ〜〜。」とヌルヌルになったオマンコをさらに激しく擦っていくエレナ。ローターを取り出すと、スイッチを入れ割れ目に沿って押し当てていく。すると「あ〜、イク〜。あ〜イキそう。あ〜、イク〜〜〜!」とあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。「ねぇ?私のビチョビチョになったオマンコを舐めて〜。いっぱい舐めて〜〜!」と男たちにおねだりすると、エレナの股間に顔を埋めてクンニしはじめる男。「あ〜。イキそう。あ〜、イクゥー!」と再びオーガズムを迎えるエレナ。男たちは代わる代わるエレナのオマンコをクンニする。そのたびにオマンコをビショビショに濡らしてイッてしまうエレナ。感度抜群の淫乱女は何度も絶頂へ達してしまう。興奮した男たちは肉棒をシコシコとしごいて次々とエレナに顔射していく。激しいイラマチオで噎せりながらも大量の唾液でチンポを気持ちよくさせていくエレナ。そのまま手コキでイカせてあげる。全身網タイツの変態シースルーで「チンポが欲しい〜」とおねだりし、肉棒をズボズボに突き刺されて最後はたっぷりと中出しされてしまう。変態淫乱女好きには堪らない作品。

松藤美貴 SEMEN TRANCE ザーメントランス 2
全裸でM字に足を縛られている松藤美貴ちゃん。パックリとオマンコまで丸見えな恥ずかしい格好だ。「どう気分は?」と男に聞かれ「恥ずかしい・・・」と照れる美貴。男の手が美貴のオマンコに伸びパックリとオマンコを開くと「これから、いろいろな物を入れさせてもらうから・・・。」と告げる。「もうヒクヒクしてる。」と美貴のオマンコはすでに反応している。男はローターをクリトリスにグリグリと当てていく。するとすぐに反応する美貴。ズブリとローターをオマンコに挿入すると顔を歪めて感じてしまう美姫。バイブを取り出すとゆっくりと挿入しスイッチを入れる。ズブズブとバイブをピストンしていく男。「もっとぶっといの入れちゃおうか?」とさらに極太のバイブを突き刺していく男。「でも入っちゃうな〜」と、美貴のオマンコは難なくバイブを飲み込んでいく。「次は入るかな?」とさらに極太のバイブをゆっくりと挿入していく。美貴のオマンコをかき分けるように極太バイブが挿入されてしまう。「ずいぶん穴が広がっちゃったんじゃない?」とバイブを抜くとクスコを挿入していく。「どうかな〜?」とクスコを広げていく男。大きく開かれた美貴のオマンコは奥深くまで覗き込める。モニターでオマンコ中を初めて見たという美貴。「次はこの中に精子をいっぱい入れてもらおう。」とクスコで広げられたオマンコに男たちの精子を入れてしまうという。ローターをクリトリスに押し当てながら美貴を気持ちよくさせていく男。その姿を見ながらチンポをビンビンにさせた男たちはシコシコとしごいていく。「あ〜」早くも快感が頂点に達した男が美貴のオマンコにザーメンを発射してしまう・・・。男たちは次々と美貴のオマンコにザーメンを発射していく。男たちはさらにおしっこまで美貴のオマンコに注入してしまう。完全な肉便器にされてしまった美貴。さらに欲望の塊たちが美貴の体を弄んでいく。何本もの肉棒をしゃぶらされ、ザーメンまみれにされてしまう美貴。さらにはオマンコにまで中出しされてしまう。ドSなM女好きにお薦めする作品。

伊沢夕 エロ過ぎるナースのエッチな診察
「おはようございます〜」と病室にやってきたナースの伊沢夕ちゃん。「今日はご機嫌いかがですか?」と患者の体調を気遣う夕。「イヤ・・・あまり良くないかな・・・。」と少し不調を訴える患者。「良くない?どのあたりが調子悪い?」と患者に聞くが「どのあたりって・・・下の方が・・・。」となんだか煮え切らない様子。すると夕は「ここ?」といきなり股間を触る。「あ、あ、あ〜」とびっくりする患者。「ここが調子悪い?」と股間を摩りながら患者の表情を伺う。「ちょっと・・・えぇ・・・。」と恥ずかしがりながらも当たっているようだ。「じゃあ、ちょっと診療してみましょうか?」と艶めかしい視線を向ける夕。すでに患者の股間は夕に触られて膨らんでいる。夕は笑みを浮かべながら「寒くないですか?脱ぎましょうね。」と患者のパンツを下ろしていく。すると、患者の股間からオナホールが出てきてしまう。「あ〜あ〜あ〜、ちょっとこれは・・・違うんです・・・。」と慌てる患者。夕は深く突っ込まずに、すでにビンビンに勃起させている患者に「とにかく診療してみましょう。」下半身が丸出しになった患者の股間を触りながら「胴調子が悪いですか?」と診察する夕。袋から竿にかけて触る夕の感触が堪らないのか、ビクンビクンと腰を震わせてしまう患者。「ここ〜全部調子悪いですか?」と裏筋から袋までゆっくりと指で摩っていく夕。「あ〜〜〜。その辺はダメです〜。」と肉棒をビクビク震わせながら興奮を隠せない患者。「ビクビクしてます〜。でも応急処置しかできないかしら・・・。」と意味深な言葉とともに顔をチンポに近づけていく夕。「あったかい〜」と唾液を袋に垂らしていく夕。さらにゆっくりと袋に舌を這わせていく。「うん、反応は問題ないですね。」と袋を吸う夕。「どこが一番調子悪いですか?このあたり?それともこっち?」と竿をゆっくりと這い上がりカリまでチロチロと舐めあげていく。患者の肉棒は興奮でビクビクしている。夕はパクリと肉棒を咥えていく・・・。なんてエッチなナースなんだ。ビンビンになってしまった肉棒をしゃぶってくれ、さらに手コキでシコシコとしごいてくれる。患者が「脱いでくれますか?」というリクエストにも笑顔で応えてくれる。「病室に変な物は持ち込んではいけません。没収です。」と取り上げると、そのまま肉棒を挿入してしまう。ローターでオナニーまでしてくれ、ローションでヌルヌル診察。そしてパイパンオマンコにズブリと跨がって挿入。エロ過ぎるナースの巨乳にドピュドピュッと発射してしまう・・・。

若葉こころ おもちゃとして育てられたメイド
目隠しをされて男の前に座るメイド姿の若葉こころちゃん。「今日でいくつになった?」と男の質問に「19です」と初々しく答えるこころ。「もう19か。今日で最後だな。目隠しを取ってごらん?」と促す男。すると「この娘ですか?」と男に確認する声が。「ええ、皆様の要望にお応えできるよう育てたつもりです。」と自信を持ってお薦めできるという男。「では、早速。」と男たちがこころに近づいていく。「何ですか?」とこれから何が起こるかわからないこころは不安そうな顔で聞く。男たちは心の体を一斉にまさぐりはじめる。「ご主人様〜」と訴えるこころ。男たちは無言でこころのメイド服を脱がせてあっという間におっぱいを丸出しにしてしまう。さらにこころのおっぱいを鷲掴みにし、乳首をコリコリとつまんでいく。足を開かされピンクのパンティを丸出しにされると男の手が股間に伸びていく。男の指がパンティの中に滑り、スルスルッとパンティを脱がされてしまう。オマンコをパックリと広げられクリトリスを指で弄られてしまうこころ。「あ、あ、あ〜。」堪らず声を漏らしてしまうこころ。全裸にされたこころは「口を開けろ。」と眼前のチンポを咥えさせられる。男は腰を振りこころの口内にチンポをねじ込んでいく。代わる代わるチンポを咥えさせられるこころ。肉棒がこころの喉奥深くまで突き刺さり嗚咽してしまう。次々としゃぶり続けるこころ。男たちも快感が上昇していく。「あ〜、イクぞ〜」口を開けて待つこころにドピュドピュドピュッとザーメンを発射してしまう。「次はこっちだ。」ズブズブとしゃぶらされると「舌出せ。」とドピュドピュッと口内発射。こころは最後の肉棒もたっぷりとしゃぶらされてしまう・・・。男を悦ばすためのおもちゃとして育てられたメイドのこころ。恥ずかしい格好をさせられ、おしっこまでさせられてしまう。羞恥プレイ好きには堪らない作品。

紅音ほたる 痴女探偵
探偵事務所を営む紅音ほたるちゃん。オマンコが見えそうなセクシーな下着姿で嬉しそうに男の股間を足で弄っている。「どう?気持ちいい?」と男に聞く。「もうビンビンになってるじゃない?」と男の股間が大きく膨らんでいるのを確かめながらからかうと男は恥ずかしそうな顔でしどろもどろに。「いやぁ、恥ずかしいですよ。」と照れる男に「恥ずかしいのに勃っちゃうの?」とさらに挑発。「踏んづけられて勃っちゃうなんて変態ね〜」と言葉責め。「好きなの?」と男に顔を向けると「好きです・・・」と恥ずかしそうに答える男。「チンポ、どうして欲しいの?」と意地悪っぽく聞くと「気持ちよくして欲しいです。」と男。「そんなこと聞いてないわ。何をして欲しいの?」と具体的に答えるよう詰め寄る。「そうですね・・・咥えて欲しいです。」と希望をおねだり。「咥えて欲しいの?フェラで抜いて欲しいんだ?」とからかうようなほたる。「じゃあ、パンツ脱いでチンポ見せて。」とパンツを脱がせると、すでに興奮してチンポは半勃起状態。人前でパンツを脱ぐ姿に「恥ずかしくないの?」とからかうほたる。「恥ずかしいです・・・。」と照れるもこれから起こることに期待して益々興奮していく男。「立って」と男を立たせると、チンポを握るほたる。「熱くなってるじゃない〜。」とシコシコと手コキ。乳首をつまみながら弄ると「気持ちいいです。」と興奮していく男。「乳首ばっかり触られたら勃ちますよ。」と勃起したことのいいわけをする男。「もうビンビンだもんね?そんなに咥えて欲しいの?」とチロチロとカリを舐め始めるほたる。パクリとカリを咥えると「あ〜すごい〜」と男は益々興奮していく。ジュボジュボとイヤらしい音を立てながら深くピストンしていくほたる。オマンコどころかアナルまで見えそうなTバック姿のほたるは、さらにチンポを気持ちよくしていく。「先っぽがガチガチになってきたよ?どうしたの?」と手コキでさらにシコシコ。「出してもいいのよ?私の口に出したいでしょ?」と唾液をたっぷりとまぶして激しく手コキ。「出そうだね?」と肉棒が興奮していくのが堪らないほたる。「出していいですか?あ〜、イキそうです〜。あ〜!」ほたるが口を開けて待ち構えると男は我慢できずにドピュドピュッと発射してしまう・・・。イヤらしいドS痴女が言葉攻めで抜いてくれる堪らないシーン。そこへ事務所に依頼がくる。女を辱める悪党教団を懲らしめて欲しいという。ほたるは依頼を受けて出動することになった・・・。極太バイブでオナニーすると大量の潮を吹いてしまうド淫乱が、悪党に近づこうとしたところ、逆に捕まってしまう。ほたるは、男たちに性のおもちゃとして、たっぷりと弄ばれてしまう・・・。

桐谷アンノ おまえは肉便器だ
「もっと欲しいだろ?」下着姿でテーブルの上に四つん這いになっているモデル系美人の桐谷アンノちゃん。「はい」とはにかみながら頷くアンノ。「さあ、仲間をいっぱい呼んである。」と男たちを呼び込む。「おいしいチンポ味わうんだぞ。口開けろ。いっぱいしゃぶるんだ。」とアンノの口を開けさせる男。アンノの目の前にすでにチンポを勃起させた全裸の男が現れる。アンノは口を大きく開け肉棒を待ち受ける。パクリと咥えると口の中でカリを転がすように舌で舐め回し、ゆっくりとピストンしていく。「そうだ。」アンノのフェラチオに満足する男。「イヤらしい音を立てて舐めるんだ。」アンノは口からチンポを零しながら舐め続けていく。「あ〜。お〜。すげぇ〜。」アンノのフェラに周りのと男たちからどよめきが起きる。唾液を絡ませてしゃぶるアンノに「どうだ、うまいか?」と聞くと「おいしいです。」としゃぶりながら満足そうに答えるアンノ。「奥までしゃぶるんだ。」とチンポの根元までしゃぶるよう命令する男。頃合いを見計り「よし、次だ。」と男を入れ替える。「イヤらしく舐めるんだぞ。」アンノは手コキも加えながらしゃぶっていく。「あ〜。う〜。」うめき声を上げながら感じてしまう男。「よし、次だ。変われ。」とまたも男を交代させる男。アンノは次々と男たちの肉棒をしゃぶっていく。「もっと楽しませてやるよ。押しを広げろ。」とアンノの足をM字に広げさせると、パンティを取り外しオマンコを丸見えにしてしまう。「オマンコの中にいっぱい出してもらおうか。自分の手で広げろ。」とアンノにオマンコをパックリと広げるよう命令する。パックリと指でオマンコを広げていくアンノ。ピンク色のオマンコの中はすでにグッショリと濡れている。「男たちがおまえを見て扱いているぞ。」しゃぶられた男たちはアンノの生オマンコを見ながら興奮してチンポを扱いている。「私のオマンコに出してください。」アンノが男たちにおねだりすると、「あ〜、イキそうだ〜。」と男がアンノのオマンコめがけてドピュドピュッとザーメンを発射する。「あったかい〜」とザーメンがオマンコにかかり男の興奮を生で感じるアンノ。「あ〜、イク。」次の男がアンノオマンコにザーメンを発射する。「いやぁ〜、あったかい。」と男の欲望に興奮するアンノ。「私のオマンコにもっとください〜」アンノのさらなるお願いにドピュドピュドピュッとザーメンをかけていく男。「あ。イク。」アンノのオマンコは男たちのザーメンで毒々しくなってしまう。「ザーメンを押し込んでやるよ。」男は極太バイブを取り出すとズブリとアンノのオマンコに突き刺してしまう。ザーメンはバイブのピストンとともズボズボとオマンコの中に押し込まれていく。「あん、あん、あん、あ〜。」感度が一気に上昇してしまうアンノ。「もうイキそう。イク〜、あ〜イク〜〜〜!」アンノはあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。ザーメンまみれにされ、オマンコに流し込まれてしまうアンノ。嬉しそうなアンノはさらに男たちに弄ばれてしまう・・・。美女を弄びたい方にお薦めする作品。

黒澤エレナ 私をメチャクチャにしてください
「あの?すいません、まだですかね?」と車を走らせる男に質問する黒沢エレナちゃん。「もうすぐです。」と冷静な男に「早くしてください、お願いしますよ。あと、男の人ちゃんと用意してくれるんですかね?」となにやら不安な様子のエレナ。「大丈夫です。」と極めて冷静に答える男。「本当に大丈夫なんですか?もう〜我慢できないんですけど・・・」と自らおっぱいを揉みくちゃにし始めるエレナ。さらに股間に手を伸ばしてまさぐっていく。なんとか目的の場所に到着したエレナたち。「こちらが今回依頼人のエレナさんです。」と男が、待ち構える男たちに紹介するやいなや、エレナは男たちの元に駆け寄っていく。「もう我慢できない〜。ちょっと早くベルト外してください。」と男たちのズボンを脱がせようとするエレナ。「どうやって外すの?ボタン取れない・・・」と男たちのズボンを早く下ろそうと必死になるエレナ。「早く出して、早くチンポ出して〜」と一気にズボンを下ろして下半身を丸出しにするエレナ。「愛しいチンポかわいい〜」と言いながら2本のチンポを握るとシコシコとしごきはじめる。すぐにパクリと吸い付きジュボジュボとピストン。チンポはあっという間に硬直していく。しかし、もう1本は、なかなか硬直しない。「う〜ん、元気がないわね〜」と集中的にしゃぶっていくエレナ。代わる代わるしゃぶり続けると「私も脱いでいい?」と興奮して下着姿に。おいしそうにチンポを貪っていくエレナ。自らブラジャーを剥ぎ取りおっぱいを丸出しにすると、乳首に肉棒を擦りつけていく。「おチンポから早く精子頂戴〜。」手コキで刺激しながらカリを舐めるエレナ。「あ〜イキそう〜」と男が限界を訴えると「いいよ、イッて〜」とエレナは口を大きく開けて準備万端。「あ〜、イク。」男はエレナの口内にドピュドピュッとザーメンを発射する。「あ〜、そっちも早く出して〜」ともう一人の肉棒をしゃぶり手コキしていくエレナ。たっぷりと唾液をつけてチンポをヌルヌルにすると、男の息遣いが荒くなる。「あ〜イキそう。口開けて。」と男は一気に限界に。エレナの口内にドピュドピュッと発射する。「じゃあ、次はバイブ攻めでいいですね?」男の質問にエレナは「はい、してください〜」と次のプレイを楽しみにしている様子。今度は複数の男たちがエレナを攻めていく。「もっと虐めて〜」自ら被虐のプレイを望み、男たちに攻めさせる変態女エレナ。男たちはエレナを満足させようと、様々なバイブテクニックで攻めていく。エレナのリクエストに次々と応えてイカせ続ける男たち。最後はご主人様にご奉仕するメイドとしてたっぷりと肉棒を堪能する。ドM変態コスプレ痴女と余すところなく愉しめる作品。

松藤美貴 SEMEN TRANCE ザーメントランス
22歳なのに、かなり大人っぽい雰囲気の松藤美貴ちゃん。自分の体で一番気持ちいいのは?「クリトリスです。」という美貴ちゃん。「弄られるのが好き。」だという。早速足を開かされる美貴。「すでに透けて見えてるね〜」と真っ赤なパンティが透けてオマンコが見えそうになっているエロい下着だ。男がクリトリスの位置を確認していく。「おもちゃは使ったことない」という美貴に、男がローターを見せる。スイッチを入れ、早速クリトリスに押し当てていく。「いいよ、自分でいい感じにして。」とコントローラーを美貴に手渡す男。「直接してあげるね。」とパンティをずらしてクリトリスに直接押し当てていく男。「あ〜ん」堪らず声を漏らす美貴。「これは?」と男がバイブを取り出す。美貴はスイッチを入れると、その動きに思わず笑ってしまう。クネクネと激しく動くバイブをズブリとオマンコに挿入してしまう。付属のローターがクリトリスを同時に刺激していく。四つん這いにさせられると、後ろ向きでグリグリとバイブを出し入れされる。「ちゃんとお尻突きだしてて〜」とオマンコがパックリと見える体制になる美貴。「あ〜ん。」バイブが美貴のオマンコの中を攻めていく。「締まりがよくて止まっちゃうね。」美貴のオマンコの締まりが強く、バイブが回転を止めてしまう。「これ、なんだかわかる?」と電動マッサージ器を取り出すと「肩たたき。」と使い方を知らない様子の美貴。男はスイッチを入れるとクリトリスに押し当てていく。「あ〜、あ〜ん」と、美貴は顔を歪ませながら感じてしまう・・・。電マでイカされてしまった美貴。「ヤバイっす」と電マの刺激が堪らないという美貴。「今度はこっちだ」と男たちをフェラチオでイカせることになった美貴。頭を押さえつけられイラマチオで男たちは快感が一気に上昇する。「あ〜、うっ、うっー」と美貴の口内にドピュドピュッと発射してしまう。美貴はザーメンをグラスに出すと「一気に飲め」と男に命令される。美貴はザーメンを一気に飲み干す。さらに、大勢の男たちのいる前で肉棒をオマンコに突き刺されながら、それを見ている男たちが次々とザーメンを発射していく。たっぷりと中出しされた美貴のオマンコに、男たちが放出したザーメンが注入されてしまう。ザーメンまみれにされてしまう美女好きには堪らない作品。

菅野亜梨沙 囚われの美女 2 〜脱出編〜
「こいつらをイカせろ。そうしたら自由にしてやる。」男たちが拘束されている場所に連れてこられた菅野亜梨沙ちゃん。「本当?」男の言葉に疑いを持ちつつも、男の股間をまさぐり出す亜梨沙。「どう?熱くなってきちゃった?」と男の反応を確かめるような小悪魔的な亜梨沙。「ほら〜もっこりしてるよ?どうしちゃったの?こんなに汗かいちゃって。ドキドキしてるの?」と男をからかうような亜梨沙。股間の匂いを嗅ぎパンツからチンポを取り出すと「もうヌルヌルしちゃってるよ?」と肉棒が興奮していることをからかう亜梨沙。チロチロとカリを舐めながらパンツを一気に下ろすと「ほら、見て?舐められてるよ?」とパクリとカリを咥えていく。肉棒はあっという間に硬直し、亜梨沙は手コキを加えながらジュボジュボペロペロと舐めていく。「あ〜、すごい〜、熱いよ〜。気持ちいいんだね?」と男の興奮を愉しむようにしゃぶり続ける亜梨沙。「ちゃんと目を開けて見て〜」たっぷりと唾液をつけ手コキで扱き続ける亜梨沙。「出したいの?」舌先でチロチロとカリを舐めながら激しく手コキしていく亜梨沙。はち切れそうなくらいに硬直した肉棒を、クチュクチュさせながら扱いていく亜梨沙。「あ〜、ちょうだい〜、あ〜。」亜梨沙が興奮して扱くと「あ〜、出ちゃいます。あ〜出ちゃう、出る〜!」男は興奮の限界を迎えドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。亜梨沙はザーメンをきれいに舐め、チンポをお掃除すると「出ちゃったよ、精子。」とザーメンを弄んでいく。別の男には、自らオマンコを見せながらイヤらしい言葉責めで足コキしていく。チンポは一瞬でビンビンに勃起してしまう。たっぷりと気持ちよくさせた亜梨沙は足コキで男をイカせると「これで自由になれるの?」と条件を満たしたことを男に告げる。しかし男は「気が変わった。今から3分時間をやろう。その間に逃げられれば、晴れて自由の身だ。」と亜梨沙を皮スーツに着替えさせる。亜梨沙は組織から逃げようとするが行く手には男たちが待ち受けていた・・・。果たして亜梨沙は無事に逃げ切れるのか?

長谷川なぁみ 狙われた美女 2 〜ザーメン地獄〜
「仲間をいっぱい呼んである。おまえをいっぱい感じさせるためにな。」と男に告げられる長谷川なぁみちゃん。セクシーな下着姿でソファーに座る。「さあ、みんな入ってこいよ。」男の言葉に、なぁみの周りに男たちが群がってくる。「一派触りまくっていいぞ。」男の言葉に、一斉になぁみの体をまさぐり出す男たち。吐息を漏らして感じてしまうなぁみ。「ブラジャーとか取っちゃってもいいぞ。おっぱい舐めたいんだろ?」なぁみの体を貪るようにむしゃぶりついていく男たちは、嬉しそうにブラジャーを剥ぎ取ると乳首に吸い付き始める。「パンティもズリ下ろしていいぞ。」男たちはなぁみのパンティを下ろすと「おお〜」と興奮してどよめく。足を大きく開かされパックリとオマンコを広げられると、男が顔を埋めてクンニし始める。堪らず喘ぎ声を漏らしてしまうなぁみ。「手で扱いてもらえ。」男の言葉に、手のひらを唾液で濡らすと、すでにいきり勃った肉棒を握るなぁみ。その間も、なぁみのオマンコは男が代わる代わるクンニされている。「こういうのがあるぞ。」男は、ローターやバイブを手渡すと一斉におもちゃがなぁみの体を這い回っていく。なぁみのオマンコもすっかり濡れ濡れになり、バイブがズブリと挿入される。ズボズボとバイブが出し入れされ、そのたびになぁみの口から喘ぎ声が漏れる。巨乳を揺らしながら男たちの肉棒を次々としゃぶり、少女のようにきれいなオマンコにはズボズボとバイブをピストンされる。「おまえら、この女に出したいか?」と男がいうと、群がる男たちは次々となぁみの口内にドピュドピュッとザーメンを発射していく。なぁみは受け止めたザーメンをグラスに移し、新たなザーメンを受け入れていく。その間もバイブはなぁみのオマンコで唸り続けている・・・。なぁみは、マングリ返しにされると、大量に出されたザーメンを注射器でオマンコに注入されてしまう。「興奮するだろ?オマンコの中にこんなにたくさんのザーメンが入ったぞ。このバイブでオマンコの中にもっと押し込んでやろう。」男はオマンコにバイブを突き刺すと、ズボズボとオマンコの中にザーメンを押し込んでいく。「あ〜、イッちゃう、イク〜〜〜!」なぁみは何度も抜き差しされるバイブに快感が一気に上昇し絶頂へ達してしまう・・・。S男たちによってたっぷりとザーメンまみれにされてしまう美女。さらには、4Pでオマンコをグチャグチャにされ、たっぷりと中出しされてしまう。ドSな方、M女好きには堪らない作品。

上原みき ザーメン処理器 〜もっとください〜
「だいぶここの生活にも慣れただろう?」セクシーな水着姿で座る上原みきちゃんの顔を触る男。「今日は、仲間をいっぱい呼んだから楽しませてやれよ。」とみきのおっぱいをまさぐる。「立て」と男に命令され、その場に立つみき。「いい体してるだろう?」とみきの体をまさぐっていく男。周りにいる男たちがざわめく。「おもちゃにしていいぞ、おまえら。何でも好きなことしていいからな。」と男が仲間たちに告げると男たちがどよめきながらみきの体に群がってくる。「楽しませろよ。」男がみきに告げる。男たちはみきの体をまさぐっていく。「もっと激しく触ってやれよ。」男の言葉に、仲間たちは激しくみきの体を触り出す。ブラジャーを外されきれいなおっぱいがあらわになると再びどよめきが。男たちは思い思いにみきの体を触っていく。乳首を吸い、オマンコを弄り、太股を摩り、男たちの攻めに顔を歪めて感じてしまうみき。「オマンコも見たいだろ?遠慮するな。」男の言葉にパンティを一気に脱がせる仲間たち。「自分で開け。」みきは男の言葉に自らオマンコをパックリと開いていく。「こういうのもあるぞ?いっぱい使え。」男はローターを仲間たちに手渡すと、男たちは一斉にローターをみきの体に押し当てていく。「あん、あん、はぁ〜」と吐息を漏らして感じてしまうみき。ローターをクリトリスに押し当てるとみきの顔が激しく歪んでいく。「あ、あ、ダメ、イク、イクイク〜」みきは堪らずイカされてしまう・・・。男たちはみきがイッたあとも攻めの手を緩めず、代わる代わるクンニで攻めていく。みきの口でたっぷりと濡らされた電動バイブをオマンコにズブリと突き刺していく男。唸りながら出し入れされるバイブに肉棒を咥えながら感じてしまうみき。「イッちゃう・・・」みきは再び絶頂へ達してしまう・・・。男たちに言葉責め、おもちゃ責め、肉棒攻めでたっぷりとイカされてしまうM女みき。いきり勃った肉棒が、みきの口内にドピュドピュッとザーメンを発射していく。「もっとください」みきは大量のザーメンを受け止めると、男がそのザーメンを注射器でオマンコに注入してしまう。さらには3Pで次々と肉棒をぶち込まれたっぷりと中出しされてしまう。ドM好きには堪らない作品。