流出裏AVなどに特化した動画を無修正または薄消しで配信するサイトです。中でもコスプレ系の動画には根強い人気があり、コスプレマニアを軸に幅広い層から支持を得ています。

H:G:M:O 流出裏AV(2015年12月)



桜井梨花 肉欲主義 SENSUALISM
すらりと伸びたきれいな足、大胆にカットされたハイレグ、ピタリと体に密着したレオタード、胸元からは今にも飛び出しそうな膨らみ・・・。モデル系美人の桜井梨花ちゃん。手足が細く長い、スレンダーなボディと美形の顔立ちが高貴な印象だ。横たわる男の股間に顔を埋め、チンポをしゃぶり始める梨花。チロチロと舌先でカリを刺激していく。チンポはあっという間にビンビンに勃起し、男の口からは吐息が漏れる。「気持ちいい?」男の反応を見て問いかける梨花。手コキを加えながらチロチロパクリを繰り返す。「あ〜、それ気持ちいい〜」思わず男の口から本音が漏れる。ジュボジュボと深くしゃぶっていく梨花。「ねえ、乳首も触りながらしゃぶって〜」興奮しておねだりする男。「触りながら?」梨花は男のリクエストに応え乳首をコリコリと弄りながら咥えていく。「あ〜、気持ちいい〜」喘ぎ声を漏らしながら感じる男。「堅くなってる。」肉棒がさらにビンビンに堅くなっていくのを見ながらさらに攻めていく梨花。「ねえ、オマンコ見たい。」男が梨花のオマンコが見たいとリクエスト。「オマンコ見たいの?いいよ。」と梨花はパンティを脱いで男の顔に跨がっていく。男の舌が梨花のオマンコをクンニすると、たちまち梨花も喘ぎ声を漏らし始める。「オマンコ自分で開いてみて。」梨花は男に言われ自らオマンコを開いていく。「う〜ん、あ〜〜」益々気持ちよくなっていく梨花。再び体制を入れ替えフェラチオし続ける梨花。「あ〜、それすごく気持ちいい〜」梨花のフェラテクに感度がさらに増していく男。「あ〜、イキそう。あ〜イキそう〜。あ〜、あ〜、イク〜!」手コキされがらチロチロとカリを攻め続けられた男は、ドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。「気持ちかった?いっぱい出たよ。」と嬉しそうな梨花。ローターでオナニーする梨花を見て、攻めたくなった男はローターと指マンでオマンコを刺激。「あ〜、イクイク〜」と絶頂へ。モデル系のいい女と一度はヤッてみたい、そんな願望を叶えてくれる作品。

あまみやゆう 森永Cocoa 愛 聖クリトリス学園 〜新任教師 ビンビン淫行物語〜 2
教室で一人の女子生徒森永Cocoaちゃんに迫る男子生徒たち。「ちょっと鞄見せてよ。」と鞄を勝手に開けてしまう。「なんにも入ってないじゃん。」と鞄の中に何も入っていないと馬鹿にする。さらに、おもむろに制服のミニスカートをまくり太股を触り出す。「ちょ、ちょっとやめて。」とイヤがるが「ちょっと見せて、見せて。」とスカートをまくり上げパンティを露出させてしまう。「へぇ〜、こんなパンティ穿いてるんだ?」とあまり抵抗しないここあにさらに「ちょっとおっぱい見せてよ。」とエスカレートしていく。ワイシャツのボタンを外しブラジャーが見えると「胸あるんだね?」と興奮していく。「あ〜、いい匂いがする。」と生徒たちは益々興奮し「ちょっとさぁ、遊ぼうぜ〜」と太股を抱え上げ足を広げてしまう。ロッカーの上に座らせると、足をM字に開かせ「触っていい?」と股間を弄り出す。「気持ちよくない」というここあに「そんなこと言って濡れてるんでしょ?」とパンティをグイッとめくりオマンコを晒してしまう。「オナニーなんてしない」というここあにオナニーをさせる生徒たち。「グチョグチョだよ。グチョグチョ。」とオマンコを指で弄りズブリと挿入してしまう。激しい手マンチョでオマンコを攻めると「なんか出てきたよ。」とビチャビチャとマン汁が溢れ出す・・・。男子生徒たちに教室の隅でエッチなことをさせられてしまう。エロい男子のチンポをしゃぶらされフェラチオで口内発射。制服にザーメンがたっぷりとこびりついてしまう。そして、このことを女教師あまみやゆうちゃんに相談する。「先生のペットになる?」ゆう先生のペットになることを決めたCocoaは、女子更衣室でたっぷりとバイブ攻めでイカされる。そして、ゆう先生は「特別授業」と称して、女子生徒、Cocoaと愛を巻き込んで、エッチな授業をすることに・・・。マン汁とザーメンが飛び散るエッチな学園物語です。

若林樹里 淫乱バイリンガル 〜3カ国語でセックス〜
知的お姉さん系美人の若林樹里ちゃん。帰国子女で語学が堪能なのに「樹里はおチンポが大好きです。」というエロエロ娘だ。男に何度も言わされて「そんな〜、言葉で虐めないで〜」と恥ずかしがる。ミニスカートからヒョウ柄のパンティを覗かせながら英語で「チンポをしゃぶっていい?」と男を誘う。エロトークにガマンできなくなった樹里は、足を開いて股間を手で擦りながらインタビューを受ける。しかし、すぐに気持ちよくなってしまった樹里は、息づかいが荒くなり「股間が湿ってきた。」とパンティの隙間から手を入れ「クリトリスも勃って来ちゃった。」とグリグリと指で弄っていく。パンティをずらしてオマンコを丸見えにすると「あ〜、すごい近くで見られてる。」とオマンコを見られていることにますます興奮していく。ムギュッとおっぱいを鷲掴みにしてブラジャーから取り出すと、乳首をコリコリと弄る。そこへ男がローターを取り出し樹里に「自分でやってごらん」と手渡す。樹里は乳首に押し当てると「気持ちよくなっていい?オマンコの気持ちよくしていい?」とクリトリスにもローターを押しつけていく。「あ〜、はぁ〜」とさらに気持ちよくなっていく樹里。「脱いじゃう。」とパンティを一気に脱ぎ捨てようとするが、パンティが足に引っかかって、オマンコが丸見えのイヤらしい状態のまま固まってしまう。パンティを脱いだ樹里は、太股を抱えるような体勢でローターをおクリトリスに押し当てていく。「あなたのおちんちんしゃぶりたい〜」樹里のおねだりに男は「これをおちんちんだと思ってしゃぶって。」とバイブを手渡す。ベロベロとバイブをしゃぶって濡れ濡れにすると、ズブリとオマンコに挿入していく。「入ってるよ。あ〜〜!」とズボズボとピストンさせていく。腰を激しくグラインドさせながら快感を貪っていく樹里。「あ〜、あ〜、あ〜、あ〜〜〜!」バイブを激しく出し入れしながら体を仰け反らせて絶頂へ達してしまう・・・。かなりの淫乱娘の樹里。感度も抜群で、形のいいきれいなおっぱいにきれいなオマンコがさらに魅力的。イラマチオで喉の奥深くまで肉棒をしゃぶらされ、苦しい表情を見せるも気持ちよくて堪らない様子。最後はたっぷりとザーメンを中出しされてしまう。他に男たちをフェラ抜きでザーメンを吸い出し気持ちよくさせていく。知的淫乱美人の痴態をご堪能ください。

ほしのゆき my lovely sister 〜ぼくの可愛い妹〜
休日の昼下がりに自分の部屋で勉強しているほしのゆきちゃん。メガネの似合う妹系だ。しかし、勉強に集中できずに催してしまう。おっぱいを揉み始め、持っていたペンでコリコリと乳首を弄る。足を開いてペンを股間へと滑らせていく。「あ〜」喘ぎ声を漏らしながらペンを擦りつけていくゆき。パンティの上から、ペンをワレメに食い込ませ、グリグリと押しつけていく。息づかいが荒くなり気持ちよくなっていくゆき。隠してあった電動マッサージ器を取り出すと、スイッチを入れてオマンコに押しつけていく。「あ、あ、あ〜」電マの振動がクリトリスを刺激しさらに気持ちよくなっていく。ゆきは、パンティを脱いでノーパンになると再び電マをクリトリスに押しつけていく。顔を歪めながら感じてしまうゆき。すると突然「ゆき、何やってるんだ?」と部屋に兄が入ってくる。「声がすると思ったら何やってるんだ?」と妹のゆきがオナニーしているところを見つけてしまった兄。兄は電マのスイッチを入れるとゆきの体に電マを押し当てていく。「感じるのか?」顔を歪めながら声を漏らさないようにしているが、明らかに感じてしまっているゆき。兄はそんな妹の姿をエッチな目で見ている。「ちょっと見せてみろ。なんで濡れてるんだ?」股間が濡れていることを見つけた兄は、電マを股間に押しつけていく。ゆきは体を震わせながら感じてしまう。「まだイカせないぞ。」兄の目はすっかり男の目になっていた。パンティを脱がされたゆきは、オマンコをパックリと広げられ、恥ずかしい部分を兄に見られてしまう。しかも、愛液で濡れ濡れになったオマンコをグチョグチョと弄られてしまう・・・。かわいかった妹がいつの間にか女に成長していた。男の妄想を叶える物語。メガネ娘のパイパンオマンコをたっぷりとご堪能ください。

なつみ まり あいこ さりな なおこ ゆう あんな あい さゆり るい 天然素人娘 Vol.3 全裸運動会
「今から運動会を始めます。イェ〜イ!」との掛け声をきっかけに、素人天然娘たちの運動会が開かれることに。まずは、下着姿での準備体操。しっかりと体ができあがったところで、いよいよ運動会のスタート。1種目目は「ボールよけゲーム」男が投げるボールを天然娘たちが懸命によけるゲームだ。しかし、ボールが速くて、キャーキャー言いながら避けていく娘たち。ボールが当たった娘はその場で退場しなければならない。最後まで残った娘にボールの集中攻撃が。2種目目は「ボールぶつけゲーム」壁際に立つ男たちに、娘がボールをぶつけるゲームだ。一人3回のチャンスの中でボールを当てなければならない。しかし、娘たちは、男たちまでの距離が遠くなかなかボールを当てられない。ボールを当てられなかった娘たちは全員全裸になることに。3種目目は「腕立て伏せ」普段腕立て伏せなどをしない娘たちは、みな自信が無い。前の種目で全裸になった娘も、全裸を免れた娘も男の掛け声で一斉に腕立て伏せをする。しかし、体力のない娘たちは長く続けられない。何とかクリアした娘たちは、ホッと胸を撫で下ろす。「隣にいる娘のおっぱいや首筋などを攻めていっぱい感じさせろ!」次の種目は、何ともエロいゲームだ。偶然隣り合わせになった娘たちは、それぞれのテクで体を攻めていく。激しくディープキスを交わし、チュパチュパと乳首を吸っていく。それを見て興奮した男が、一人の娘と激しいキス。「あ〜、すごい興奮してきたな〜。しゃぶってみないか?」とパンツを一気に下ろすと、チンポを娘に咥えさせてしまう・・・。たっぷりとしゃぶってもらった男は、そのまま娘のオマンコに肉棒をズブリと挿入。他の娘たちは、二人のセックスを興奮しながら見ている。激しいピストンでたっぷりと中出しされた娘は「気持ちよかった〜」と嬉し顔。娘たちはそれぞれの感想を語る。素人娘たちのエッチな運動会。リアルな素人娘たちの体を堪能してください。

大沢萌 山下真美 聖コスプレ学園
教室で談笑している女子校生の大沢萌ちゃんと山下真美ちゃん。それを廊下の窓から覗いている男たち。男たちは女子校生たちを物色し、教室に入っていった。すると「かわいいね〜」といいながら、いきなり女子校生たちのおっぱいを揉み始める。制服のスカートをまくり、パンティをおしりに食い込ませて「Tバック〜」とふざけている。「なんだ〜?この膨らみは?」とおしりを揉み揉みしながら、オマンコの膨らみをプルプルと弄んでいる。あっという間にパンティを脱がされ、男たちにオマンコをパックリと広げられてしまう。「出しちゃえ〜」と萌もパンティを一気に脱がされて、オマンコを晒されてしまう。「校則違反のオマンコだな〜」男たちはクリトリスを弄りながら、制服のブラウスを脱がす。「おっぱいでかいぜ〜」とブラジャーを外して丸出しになったおっぱいを代わる代わる吸い出す。ネクタイで目隠しをされ、オマンコには指をズブリと挿入されてしまう。「あ〜ん、いやぁ〜」感じて喘ぎ声を漏らしてしまう女子校生。男の激しい手マンチョに堪らず大量の潮を吹いてしまう。「ホントにイヤらしいなぁ〜」男たちは女子校生のオマンコに興奮していく。男は電動マッサージ器を取り出すと、オマンコに押し当てていく。女子校生は「あ〜、ダメ〜。イッちゃう〜。イクゥ〜!」とあっという間にイカされてしまう・・・。乱入した男たちに、様々な辱めを受けてしまう女子校生たち。何本もの肉棒をぶち込まれ、たっぷりと中出しされてしまう。女子校生好きにお薦めの作品。

レイラ 痴女医の診察室
「では、次の方どうぞ〜」診察室で患者を診察するレイラちゃん。「苦しいの?じゃあ、診てみようね。」と患者の胸に聴診器を当てていく。「どこが悪いのかな?」と聴診器を移動させていく様が「先生、ちょっとエロいですよね。」と患者の男が意識し始める。すると、見透かしたような目で、徐に患者の股間を触るレイラ。「ちょっと、えっ?!」とレイラの突然の行為に驚き顔の患者。「うふふ」と笑みを浮かべて「ちょっと、腫れてるけど・・・」と聴診器ではなく手で触るのは「もう見てわかるから・・・。どうしたのこれ?」とさらに股間の膨らみを確認するように摩っていく。「気持ちいいの?舐めて欲しいの?」誘うようなレイラの言葉に患者もどうしていいかわからず立ち上がる。「えーっ?!いきなり?」と緊張している様子の患者。「でも、ここはこんなに大きくなってるよ?体は正直だね。どうして欲しいの?」と誘惑モードのレイラ。すると「緊張しちゃってるから、いい子いい子して欲しいです。」と甘えたようにおねだりする患者。「こんなに腫れちゃって〜」とパンツの上から膨らんだ股間を擦っていくレイラ。「摩っても治らないね〜。どんどん大きくなってるよ?」とからかうように擦り続けていくレイラ。「楽にして欲しい。」と本音を言う患者に「じゃあ、先生が楽にしてあげる。気持ちよくしてあげる。」とパンツを下ろすと「ちょっと調べてみるね。」とパクリとチンポを咥えだした。「もっと、堅くなっちゃった。どうしたの?エッチだね〜」とあっという間にビンビンに勃起した肉棒をチロチロと舐めていく。「先生、俺だけ裸なのは恥ずかしいから、先生も脱いでよ。」レイラは、白衣を脱ぎ下着姿になっていく。レイラは床に横たわる患者のチンポを足で扱いていく・・・。淫乱な痴女医が患者のチンポの治療までしてくれる。○ay.○にそっくりな痴女医は、時間をかけてチンポを治療する。激しい手コキとフェラチオで患者もガマンの限界に。「あ〜、イクよ、先生〜」ドピュドピュドピュッとレイラの顔に顔射してしまう。患者を治療した後は、先生の治療を患者が。バイブでズボズボとオマンコを治療していく。電マで何度もイカされた後は、手マンチョで大量の潮まで吹かされてしまう・・・。痴女医と患者のエッチな淫乱ストーリー。

あまみやゆう 聖クリトリス学園 〜新任教師 ビンビン淫行物語〜
「初めまして、本日赴任してきましたあまみやゆうです。よろしくお願いします。」と校長と教頭に着任の挨拶をするゆう。「肩の力を抜いてください。」とリラックスさせようとする校長。ソファーに座ると校長から話が。「当学園にはモットーがあります。たとえば、生徒から悪戯されたり、セクハラされたりしますよね?」と女教師なら、必ず直面するといってもいい話だ。「そんなときでも、教師としての一線は守って欲しいんです。」とあくまで教師の立場を忘れないで欲しいとのことだ。「というのは、挿入、即ちセックスはさせてはいけない。わかりますよね?」と当然だが、何か違和感のある話に同意しながらも、何か腑に落ちないゆう。「それにはどうしたらいいか?そういう気力をなくさせることです。」と防止策を話し出す校長。「というのは、生徒の精子を出してしまうこと。それが一番簡単なことなんです。」と射精させて性欲を減退させるのが一番だという。「例えば、学校の備品に電動マッサージ器があるんですが、これを悪用する生徒がいます。そのときにいかに耐えられるか?これから教育をしていきたいと思います。大丈夫ですか?」と教師としての覚悟を問われるゆう。「よろしくお願いします。」と前向きなゆう。「さあ、あなたがどれだけ生徒に耐えられるか?」と言いながらゆうの体をまさぐり出す校長。「校長先生なんですか?」と戸惑いながら振り払おうとするゆう。「実際にこういうことが起こるんですよ。」とおっぱいを揉み揉みする校長。「えっ!?ちょっと待ってください。」とどうしていいかわからないゆう。「教頭、押さえて。」とゆうの体を押さえさせ「何があっても耐えるんです。」とブラウスのボタンを外し、ブラジャーのホックを外す校長。「こういうことをされても我慢するんです。」と乳首をコリコリする校長。「ダメです。耐えられません。」と感じてしまうゆう。「あなたは、感じてはいけない。挿入させてはいけない。このルールを守るんです。」とゆうに言い聞かせるこ校長。ゆうの足を開かせるとパンティの上から割れ目に沿って指を這わせていく校長。「こうやって擦られても反応してはいけない。」と言われ、必死に我慢するゆうだが、体を仰け反らせて感じてしまう。「思いっきり反応してるじゃないか?」とゆうの体が反応していることを指摘する校長。「二人の生徒がこうやって迫ってきたら?さっき教えたよね?」と解決策を問う校長。「フェラですか?」と生徒の性欲を削ぐためにフェラチオで抜くため、校長と教頭を練習台に咥えることに。手コキとフェラで二人同時に気持ちよくさせることが大事だという。「では、次は君が快楽にどれだけ耐えられるか?を試してみよう。」と電マを取り出し、ゆうの体に押し当てていく。乳首に当てられ、堪らず喘ぎ声を漏らしてしまうゆう。「ん〜。あ〜ん。」と反応してしまい「声が漏れてるよ。」と指摘されるゆう。電マを股間に押しつけ「どうした?どうしたんだ?」と感じるのを我慢しているゆうをさらに追い込んでいく。電マのスイッチをさらに強くすると「だめ〜」と我慢できなくなってしまったゆう。「耐えろ、耐えるんだ。」と叱咤する校長だが「絶対耐えられないです。」と速くもギブアップ宣言。「じゃあ、脱がせようか。」とパンティを脱がせるとパンティにシミが。「よし、これからが本番だ。」とオマンコをパックリと広げる校長。再び電マのスイッチを入れると、ゆっくりとクリトリスに押し当てていく・・・。女教師の心得と生徒への対処法を実践で教えるエロ校長と教頭。上司からのセクハラに耐えきれずイカされてしまうゆう。大量に潮を吹かされ校長室はビショビショに。そして、いよいよ生徒の待つ教室へ赴くことに。女教師が生徒からのセクハラをどれだけ耐えられるのか?

真山ゆかり Ultimate Doll アルティメット・ドール 2
女優のU戸○にそっくりな真山ゆかりちゃん。目の前に股間を膨らませた男が立ち、「どう?こういうのが目の前にあると。」とゆかりに聞く。笑いながら股間を触るゆかり。「触るの大好き。」とパンツの上から摩っていく。「見て。」といわれ男のパンツを下ろすと、勃起した肉棒がボロリとあらわに。チンポを握るとシコシコとしごき始めるゆかり。「どうなってる?」しごいた肉棒がどんどん堅くなっていくのを見ながら「堅い。」と嬉しそう。パクリと咥えてカリを舐めると、竿を丁寧に舐めあげていく。U戸○にしゃぶられているようなゆかりのフェラチオを見て「おいしそうにしゃぶるんだね?」と男は興奮していく。「あ〜」ゆかりがジュボジュボとピストンを速めると益々硬度を上げていく肉棒。「今度は、ゆっくりと深〜く、浅〜く。」と喉の奥深くまで肉棒を突き刺していく男。苦しそうなゆかりの頭を押さえてイラマチオする男。「あ〜」とさらに興奮していく男は、ピストンを速めていく。堪らず口から肉棒を抜くゆかり。「うぁ〜、あ〜、イク〜〜!」と男の快感が一気に上昇して、そのままゆかりの口内にドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。「出してごらん。」とザーメンを口から出させると「吸ってごらん。」と再びザーメンを口内に。ゴクリとザーメンを飲み干すゆかり。様々なバイブをオマンコに入れられ、最後はザーメンも注入されてしまう。男二人にたっぷりと可愛がられたあとはたっぷりと中出し。芸能人激似好きの方には必見の作品。

小峰由衣 ドS痴女 攻守逆転 〜アナル二穴攻め〜
「ほら、あんたたち、これで私を気持ちよくしなさいよ。」女王様の小峰由衣ちゃんは男たちにバイブを手渡し命令する。男たちは由比の命令に従い由比をバイブ責めしていく。「あんたたちは女の気持ちいいところもわからないの?」いまいち気持ちよくない由衣は男たちを叱咤する。「そんなんじゃ、全然気持ちよくないでしょ?」男たちは乳首にバイブを押し当て攻めていく。「ほら、早く下もやって。」足を広げて股間も攻めるよう命令する。「気持ち位ところはここでしょ?」と自らバイブをクリトリスに導いていく由衣。「あん、あん〜」と気持ちよくなっていく由衣。「パンティ邪魔。」と自らパンティを脱ぎオマンコを丸出しにすると「ここよ?ここ。」とクリトリスにバイブを押し当てさせる。さらに男がバイブをズブリとオマンコに挿入していく。「あん、あ〜ん。そこ、気持ちいい〜」ズボズボとピストンされるバイブに気持ちよくなっていく由衣。「あ、あ、あ、あ〜イッちゃう。イク、イク〜!」あっという間に絶頂へ達してしまう・・・。男たちに攻めさせる痴女、由衣。電マバイブをズボズボと出し入れされ何度もイカされてしまう。由衣のオマンコからは愛液が溢れ出て気持ちよさを象徴している。それでも快感を貪り続ける由衣。「ほら、もっと入れて〜」男たちは何度もバイブをピストンし続けていく。しかし男は、由衣に無断でアナルにバイブを挿入してしまう。命令に背いたと由衣は怒り出し、オナニーすることに。男たちは由衣のオナニー−を見ながらチンポをしごいていく。男たちのザーメンをたっぷりと飲んだ由衣は、今度は男たちに攻められてしまう・・・。Sだった女が男たちによってM女にさせられてしまう。どちらのパターンも興奮する作品。

榊里緒 加賀美由貴 新村愛 即ハメ結合コンパ 2
男と女が集まれば、自然とこういうことになります・・・。飲み会と称して集まった男女が盛り上がって勢いでセックスしてしまった前回。その流れのまま、愛はチンポをフェラチオし続けている。男は愛のオマンコを手マンチョで攻め続ける。「入れたくなったでしょ?勃ってるよ?」と自分も入れたくなっちゃった様子。一方、里緒は、飲み過ぎてハイになりすぎてしまう。そんな里緒に男が乗っかりズブリと肉棒を突き刺してしまう。ズボズボとピストンを続ける男。里緒は乳首をビンビンに勃起させ感じている様子。「あ〜ん、気持ちいい〜」里緒のオマンコの感度が上昇し、激しく感じまくる。「あ〜ん、いや〜ん、もっとして〜。当たってる〜!」と肉棒に激しさを要求する里緒。里緒を気持ちよくさせようと、男はズボズボとピストンを続ける。「あ〜ん、あ〜ん、あ〜ん、気持ちいい〜。そこいい〜!」と里緒の感度が最高潮に達すると、男もいよいよ我慢の限界に。ドピュドピュッとザーメンを発射してしまう。みんなとは離れて、男と個室に籠もる由貴。人前では盛り上がれないという由貴。ピロートークをする由貴の体にちょっかいを出していく男。まんざらでもない由貴も、この男との戯れに興奮していく。男が由貴のオマンコを弄り出すと「あん」と反応してしまう由貴。ねっちょりとオマンコが濡れて、男の股間も大きく膨らんでいく。その股間を弄り出す由貴。男の手マンチョに顔を歪めながら感じてしまう由貴。グジョグジョとエッチな音を立てて感じていく由貴のオマンコ。男の手マンがスピードを増していく。男の手にぐっちょりと由貴の愛液が絡まる。由貴は「すごくない?」と男のパンツを下ろし、ビンビンに勃起した肉棒をパクリと咥えていく・・・。男女が快楽を追求し繰り広げるエロ群像劇。若者の乱交パーティは夜通し続き、饗宴は静かに幕を閉じていく。

宝月ひかる Sweet Breath スウィートブレス
往年のアイドル似の宝月ひかるちゃん。艶めかしい水着姿でソファーに座り、大胆に足を広げている。妖しい笑みを浮かべながら「一緒にオナニーしようか?」と誘ってくる。「乳首勃ってきた。」と微笑みながら乳首をコリコリと刺激している。ブラを取ってたわわなおっぱいを露出すると「ほら、ビンビン。乳首堅い。」と興奮していく。足を開いて、股間に指を這わせるひかる。「クリも勃ってきた。」とクリトリスを刺激し、すぐに反応していく。パンティの中に手を入れ、直接クリトリスを刺激していくと「はぁ〜、あ〜。」と激しく感じ出す。パンティを脱いで全裸になるとパックリとオマンコを広げて見せてくれる。すでに愛液で濡れ濡れになっているオマンコを開いたり閉じたりと、オマンコ中まで見せちゃうひかる。「次はこれね。」とローターを取り出し、ペロペロと舐めると、スイッチを入れて乳首を刺激。さらqにローターを下半身へと滑らせクリトリスに押し当てていく。「あ〜〜〜」とローターの刺激がクリトリスを襲う。「すごい。オマンコからイヤらしい液が出てきた。」とさらに濡れ濡れになってしまう。ひかるは、極太のバイブを取りだし、ズブリとオマンコに挿入してしまう。ゆっくりとバイブを出し入れし、バイブの感触を確かめていく。バイブのスイッチを入れると、グリグリとバイブをオマンコへ押し込んでいくひかる。「あ〜、下から刺すと気持ちいい〜」と突き上げるような刺激が堪らない様子。ひかるは「あ〜〜〜!」とあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。オナニーでたっぷりと気持ちよくなった後は、「気持ちよくしてあげる」とマグロ男を責め立てる痴女に。イヤらしい視線を向けながら、チロチロと乳首を舐めてくれる。「こっちはどうなった?」と股間をまさぐると「すごい、大きくなってきた。」とチンポが興奮してはち切れんばかりに。「パンツの中じゃ苦しい?出してあげようか?」とパンツを下ろすと、ビンビンに勃起した肉棒が隆々とあらわに。「サービスしてあげる」とひかるの巨乳に擦りつけていく。ひかるは手コキしながら「どうして欲しい?」と意地悪な笑みを浮かべる。手コキ&フェラでたっぷりと肉棒を刺激してくれるひかる。「すごいイキたそうだね?」と手コキを速めていくひかるに、男もガマンの限界に。「近くで見ててあげる。」と手コキし続けるひかるに、男の息づかいが荒くなる。「あ〜〜〜!」とドピュドピュッとザーメンを発射してしまう。堪らない手コキ痴女攻めに3P&中出しと盛りだくさんな内容。痴女好きにお薦めの作品。

真咲ちな 女子校生痴漢電車
T162B82W58H84のキュートスレンダーボディを持つ真咲ちなちゃん、21歳。初体験は16歳の時に経験。今日の下着は「ピンクです」というので、男が早速「見せて見せて。」と盛り上がる。シャツをまくってかわいいピンク色のブラジャーが露わになると、男がブラを隙間から乳首を露出させる。きれいな乳首をコリコリさせながらおっぱいチェック。「もっと大きくなりたい〜」と巨乳願望を持つちな。「下は?」と足を開かせ、同じくピンクのパンティの上から「クリトリスはどの辺?」と指で弄っていく。「お尻は?」と後ろ向きにさせるとパンティをグイッと食い込ませてTバック状態に。「ちょっとアナル見せて。」とアナルご開帳。きれいなアナルに興奮していく男。さらにオマンコチェックするために「これ脱いじゃおうか?」とパンティを脱いでもらう。再び足を開かせると、なかなかの陰毛を持つちな。陰毛をかき分けてワレメをチェックしていく男。グチョグチョと弄りだすと「あ、あ、あ」と感じてしまうちな。男がズブリと指を挿入しグチョグチョと弄っていると「もうダメ。」と途中で止めるちな。このまま気持ちよくなってしまうのを恐れたようだ。制服に着替えたちなは、何とも可愛いロリーター系。さらに三角ビキニ姿で登場。ちなにフェラチオをしてもらいたくて、男たちが先を急いでパンツを脱ぎ出す。そして、若い男が「譲ってくれませんか?ガマンできなくて。」とおねだり。すでにチンポを勃起させてちなの眼前に。ちなはチンポをパクリと咥えてカリを刺激。チンポはさらに堅くなっていく。「あ〜、すごい。」ちなのフェラチオに気持ちよくなっていく男。「玉のほうもしてもらえますか?」と袋舐めをリクエスト。ちなの丁寧な袋舐めにますます興奮していく男。ビンビンに勃起した男は肉棒をちなの舌にたたきつけるように力を込める。手コキも加えながらチンポを気持ちよくさせていくちな。「あ〜、すごい。先っぽをベロベロして〜」とおねだりしながらさらに興奮していく男。ちなのピストンが速くなると「あ〜、すごい。あ〜」と男の快感が一気に上昇。「あ〜、口の中に出しちゃうよ。あ〜、イクよ〜」男の快感が頂点に達し、ドピュドピュッとちなの口内にザーメンを発射してしまう・・・。ほかに、電車内でうたたねをしているちなに、男たちがおそいかかる痴漢プレイも。ちなの抵抗むなしく、パンティの中に手を入れられ、オマンコをグチョグチョにされてしまう。そこへ、勇敢な男が現れ、痴漢男たちを追い払ってくれる。難を逃れたちなは、後日、偶然にも痴漢男と出会ってしまう・・・。女子校生のストーリー物。かわいい制服姿のちなが、バイブでたっぷりと虐められちゃいます。女子校生好きにお薦めの作品。

真咲菜々 巨乳痴女
艶めかしい目でこちらを見つめ、舌なめずりで挑発してくる真咲菜々ちゃん。セクシーなキャミソールから、今にもこぼれ落ちそうな巨乳を揉みしだいていく。たわわなおっぱいを鷲掴みにして乳首を舌でペロペロ。「堅くなっちゃった。」と乳首をコリコリする。ベッドに横たわる男の乳首をコリコリしながら「乳首感じる?」と痴女攻め。シャツをまくり直接乳首を舐めていく。舌先で男の体をリップ攻めにしていく菜々。「私のも舐めて。」とおっぱいを男の顔に寄せていく。「オマンコ見たい?見せてあげようか?」とパンティを脱ぐと、そのまま男に跨がるようにしてオマンコを広げていく。「ほら、よく見て〜」と開いたオマンコにズブリと指を挿入し、そのままズボズボ。「舐めて。」と男の顔に跨がっていく。男の舌が菜々のオマンコを掻き分けるように侵入していく。「あ〜、あ〜、すごい〜。」と激しく感じてしまう菜々。「クリトリスが気持ちいいの。」とクリ攻めをおねだりすると、男はクリトリスに舌先を集中させる。「今度はいっぱい舐めてあげる。」と男のパンツを脱がせると「もうこんなに堅くなってる。舐めちゃうよ。」とビンビンに勃起した肉棒をパクリと咥える。喉の奥深くまで飲み込んで、唾液をたっぷりと使ったフェラチオに、益々堅くなるチンポ。「気持ちいい?」と男の顔を伺うように舐めあげていく菜々。さらにおしりを男に向けると、自分も攻めて欲しいとおねだり。男の手が菜々のオマンコを刺激していく。手コキも加え、袋までたっぷりと気持ちよくさせてくれる菜々。「入れてもいい?」菜々は我慢できなくなり、「二人でもっと気持ちよくなろう?」とズブリと肉棒に跨がっていく・・・。巨乳美女に攻められ、騎乗位のままイカされてしまう男。「もうチンポ汁出しちゃったの?」と中出しされたザーメンをオマンコから出すと、指先をペロリと舐める菜々。さらに屋外の人気のないところでのフェラチオ&パイズリで気持ちよくさせ、口内発射でイカせてくれる。男なら、一度は経験したい巨乳痴女によるマグロ攻め。痴女好きにお薦めしたい作品です。

真山ゆかり Ultimate Doll アルティメット・ドール
ギャル系の美女、真山ゆかりちゃん。セクシーな下着姿で登場。B85W58H85のナイスボディ。エッチ大好きというゆかりに、早速男たちがすり寄り体をまさぐっていく。あっという間にブラジャーを取られおっぱいが丸出しに。「エッチするときのことを妄想して・・・」オナニーするというゆかり。インタビューのあいだ中、男たちは指先でゆかりの体を愛撫していく。パンティまで脱がされ、全裸にされてしまった。時折、感じて吐息を漏らしてしまうゆかり。「ここで、オナニーをして欲しい。」というリクエストに応え、ローターでクリトリスを刺激していくゆかり。グリグリとクリトリスを刺激し、喘ぎ声を漏らすゆかり。「激しい感じのほうがイキやすい。」というゆかり。イキ顔が見たいと「では、激しい感じで。」とさらにリクエストする男。ゆかりはさらにグリグリとローターでクリトリスを刺激していく。男が「さらに激しいいいものがある。」と極太バイブを取り出し、ゆっくりとゆかりのオマンコに挿入していく。顔を歪ませて感じてしまうゆかりに「自分の手で持ってみて。」とバイブを握らせると、ゆかりは激しくグリグリとバイブをピストンさせていく。「あ〜、気持ちいい。」どんどん気持ちよくなっていくゆかりに「そのまま、みんなが見ている前でイッちゃって。」と男。ゆかりはグリグリとバイブを出し入れさせて絶頂へ達してしまう・・・。女優のU○彩に似ているゆかり。オナニーでイッたあとも男たちのバイブ攻めに何度もイカされてしまう。さらに大勢の男たちの前でズボズボと肉棒を入れられながら、それを見ながら興奮した男たちのザーメンを大量に浴びていく。最後はたっぷりとザーメンを中出しされます。

小峰由衣 ドS美女降臨
男たちを裸にしてたっぷりと虐めている小峰由衣ちゃん。「お尻向けなさいよ。」男たちを四つん這いにしてお尻をスパンキングする由衣。「こういうことされて気持ちいいんでしょ?」由衣は笑みを浮かべながら男たちを攻めていく。「ほら、ちゃんと舐めなさいよ。」男たちに足を舐めさせる由衣。「こんなことが好きな変態たちね。」男の口の中につま先をねじ込んでいく由衣。そこへ、出前を配達しに来た男が。ひ弱そうな男を見て由衣は男を中へ引き入れる。状況を見てびっくりしている出前持ちを尻目に「あなたも脱ぎなさい。」と出前持ちの服を一気に脱がせてしまう由衣。さらに唯衣の足を舐めさせる。男を横たわらせパンツの上から股間を足コキしていく。「しようがないから消毒してあげる。」由衣は男のパンツを脱がせると自分の唾液をたっぷりとなじませチンポを足コキしていく。「ホント汚いチンポ。ほら気持ちいいんでしょ?」と足を続けるがイマイチ勃起が足りない。「何、これじゃ満足しないの?しようがないわね・・・」と由衣はパンティを脱いで「ほら、ちゃんと見ておかずにでもしなさいよ。」とオマンコを見せてくれる。「ほら、あんたたちもオナニーしなさいよ。」両脇にいる男たちにオナニーを命じる由衣。「あ〜、あ〜、イキます〜」足コキされていた男はガマンの限界を訴えてドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。ドSな美女に命令されてイカされるM男。消毒を称して手コキされる男。「出したら怒るからね。」手コキしながらイッたら怒るというドS由衣。イキそうだと訴えるも手コキのスピードを緩めない由衣。男はガマンできずに発射してしまう。次々と男をイカせた由衣は、フルーツを使ってオナニーする。そのフルーツを男たちに食べさせる由衣。とにかくドS好きなドM男には堪らない作品。

榊里緒 加賀美由貴 新村愛 即ハメ結合コンパ
男と女が集まれば自然とそういうことになります。若い男女が飲み会と称しホームパーティをしている。集まった女の子は、榊里緒ちゃん、加賀美由貴ちゃん、新村愛ちゃんの3人。談笑しながら愉しんでいる。そこへ新たな男が増えることに。さらに男たちがゲームを提案する。女の子たちが一気をして最後になった女の子がおっぱいを見せるというゲーム。女の子たちもノリでゲームを楽しんだ。ゲームに泣けてしまった里緒が「あかん」と言いつつも胸元から覗く形でおっぱいを見せてくれる。続いて定番の山手線ゲーム。このゲームでは負けた人が服を脱ぐというルール。早速負けてしまった愛は、一枚服を脱ぐことに。男も負けてしまい、一人がいきなり全裸に。ゲームが続き盛り上がる男女。そこで里緒がトイレに行きたいとその場を離れる。トイレでおしっこをした里緒を男が追いかけ、いきなりトイレのドアを開けてしまう。「みんな、おしっこしてるぞ。」と里緒のおしっこ姿をみんなで覗く。里緒は一人の男をトイレに引き入れそのままドアを閉めてしまう。トイレの中で男とキスをする里緒。すると男はパンツを脱いでチンポ丸出しにして「やってやって」とおねだり。「ちんちん舐めるの?」と里緒はチンポを咥える・・・。饗宴に気分が高揚し至るところでエッチな展開になってしまう。無軌道な若者たちの青春群像劇です。

宝月ひかる 手コキ足コキ痴女攻め
往年のアイドル酒○N子似の宝月ひかるちゃん。B85W58H85Eカップのナイスボディ。攻めるのも攻められるのも好きという。インタビューを受けながら、足下で横たわる男のチンポを足コキしている。ひかるの足コキに肉棒はビンビンに勃起してしまう。「おちんちんっておもしろいよね。」とチンポの魅力を語ってくれるひかる。かわいい下着姿で、男が「見せて」とおっぱいが見たいとリクエスト。ブラジャーをずらしておっぱいをポロリと見せてくれた。さらに「チラッとね。」とパンティをずらしてオマンコもチラ見せ。「堅くてパンパンなの好き。」と足コキを続けるひかる。男の息遣いが荒くなり、気持ちよくなっているのがわかる。「イキたいの我慢してるの?楽しい〜。」と攻めるのが楽しそうなひかる。男の息遣いがさらに荒くなり、光は足コキを激しくさせていく。「あ〜、あ〜、イキそうだ〜。」男が限界を訴えると「いっぱい出して〜」と刺激を強めていく。「あ〜、イクよ。あ〜〜!」男は我慢の限界に達し、ドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。イッたあとも足コキを続けるひかる。「イッたあとってダメなんだよね?〜」と笑いながら足コキを続けるひかる。SなひかるがM男を手コキで攻めまくり、最後は中出しと見所満載な痴女好きには堪らない作品。

クリス小澤 淫乱バイリンガル
とある部屋で男と待ち合わせをするクリス小澤ちゃん。妖艶な顔立ちとネイティブな英語がエロモード全開のクリス。現れた男と濃厚なキスを交わす。男のシャツを脱がせながら全身をリップ攻めにしていく。男は堪らずベッドに横倒しになると、クリスはさらにリップ攻撃。男は負けじとクリスを後ろから抱え込むと首筋を舐めながらおっぱいを鷲掴みにしていく。「あ〜〜!」激しく声を上げるクリス。セクシーなヒョウ柄のキャミソールからきれいな足が覗く。肩紐をずらしておっぱいを露出させると、乳首に吸い付いてレロレロと舐め回していく。クリスを四つん這いにするとスカートをまくりお尻を露出。激しくお尻に舌を這わせていく。「あ〜〜〜!」感じて喘ぎ声を上げるクリス。男はTバックパンティをずらしアナルを丸見えにすると、舌先をアナルに這わせていく。「オーマイガー」堪らず声が漏れるクリス。男はオマンコもパックリと広げてしまう。パイパンできれいなピンク色をしたクリスのオマンコ。男はクリスをさらにマングリ返しにしてしまう。パックリと広げられたオマンコに舌先をグリグリとねじ込んでいく。「あ〜、すごい。すごい〜。」男の舌先がクリスのクリトリスを突くたびに激しく感じてしまうクリス。男は全裸になると既にビンビンに勃起した肉棒をクリスの眼前に差し出す。「あ〜すごい。」男の興奮した逸物を愛おしそうにパクリと咥えていく。舌先で亀頭を舐め回し男を気持ちよくさせていく・・・。パイパンバイリンガルが金髪美女並みのリアクションで激しくセックス。手マンチョで大量に潮吹きし、自ら肉棒をオマンコに押し込んでいく・・・。

真咲菜々 痴女に攻められる
妖艶なボディでこちらを悩殺する真咲菜々ちゃん。セクシーな下着姿で横たわる男をリップ攻めにしていく。「攻められるの好き?」男を喜ばせる一言に男も興奮。たわわな巨乳に足を引き寄せ、指先をリップ攻め。男の股間はパンパンに膨らんでいる。「うふ」と男のパンツを脱がせるとすでに立派な肉棒をチュパチュパと舌先攻め。さらにパクリと咥えてジュボジュボと激しくピストン。男はますます興奮して菜々の巨乳にかぶりついていく。菜々は肉棒を巧みに手コキしながら乳首を舐めさせていく。「見たい?」菜々は足を大きく開くと男を引き寄せる。菜々の股間に顔を埋め男は、ベロベロと激しくクンニ。「あ〜、そこ、もっと吸って〜」男の舌技に堪らず声を上げて喜ぶ菜々。男は菜々を四つん這いにさせると、オマンコを丁寧に指攻め。「入れてもいいですか?」男は指をゆっくりとオマンコに挿入していく。菜々は自ら腰を振り男の指をピストンして快感を貪っていく・・・。エロ痴女のアナル&言葉責めにさらに興奮していく男。ビンビンに勃起した肉棒を巧みなテクで手コキしていく。痴女に主導されながら攻められる痴女好きには堪らない作品。

上村愛 MOElist モエリスト 〜My Lovely Maid〜 2
かわいい笑顔が魅力の上村愛ちゃん。むっちりとしたボディも堪らない。「愛が一人エッチするところ見たいな〜」とご主人様に言われ「かしこまりました。愛のこと、いっぱい見てくださいね。」セクシーなメイド服の上からおっぱいを揉み揉みし始める。たわわな巨乳がこぼれ落ち丸見えになる。足を大きく開くとおっぱいを揉みながら割れ目に指を這わせていく。パンティにクッキリとワレメの線が露出し、何ともエロい。愛はパンティをずらすと、クリトリスを指で弄り出す。喘ぎ声が漏れ、息が乱れてくる。「いっぱい、いっぱいエッチになって。」ご主人がリクエストすると、愛はパンティを脱ぎ大股開きでオマンコを丸見えにする。「丸見えだよ。おしりの穴まで見えるよ。ヒクヒクしてる。イヤらしい〜。」ご主人は興奮して思わず声を漏らす。「指入れてそんなにすごいんだからさ、ほら、こんなのがあるよ。」と極太バイブを手渡す。グイングインと唸るバイブを乳首に押し当てていく愛。さらにオマンコにグリグリと押し当てていく。ゆっくりとバイブをワレメに滑らせると、ズブリとオマンコが飲み込んでいく。深く突き刺すたびに「あ〜」と喘ぎ声を漏らす愛。「すごいよ、後ろからも見せて。」愛は、四つん這いになると、パックリとよく見えるような体制に。アナルまで丸見えにしてバイブをグリグリとピストンする愛。「見つめながらイッて欲しいんだ。」ご主人にいわれ、グリグリとバイブをピストン挿せる愛。「あ〜、あ〜イク。あ〜、あ〜、あ〜〜〜ダメ〜〜〜、イクーーー!」腰をビクンビクンと震わせながら絶頂へ達してしまう・・・。ご主人様のリクエストには何でも応えるメイド嬢。さらには、目隠しをされてたっぷりとバイブ攻めされちゃいます。従順なメイドにセックスの相手もさせる男の願望をたっぷりと満たしてくれる作品。

森田めぐみ 生きててよかった
マングリ返しにされてオマンコをパックリと晒されている森田めぐみちゃん。「ザーメンください。オマンコにザーメンください。」とおねだりするめぐみ。男が、バイブをズブリとオマンコに挿入しグリグリ。それを見ている男たちが、チンポをしごきながらめぐみのオマンコへドピュドピュッとザーメンを発射していく。「もっとください。」すると「あ〜イク。」次々と男たちがザーメンをオマンコに発射していく。めぐみのオマンコにかけられたザーメンを、バイブでオマンコの中に流し込んでいく男。「みなさんありがとうございました。」お礼を言うめぐみ。場面変わって下着姿でベッドに。男たちがめぐみの体をまさぐっている。パンティを脱いだめぐみは、ベッドに横たわると、足をM字に開いていく。男が割れ目を指でなぞっていく。「こっちもいいもんだぞ?」男がめぐみのアナルにズブリと指を挿入していく。「これだけじゃダメだな。」と指だけでは満足できないだろうと、まずはアナルを拡張していく。「あ〜、ダメ〜。」めぐみはアナルに挿入された指ですでに感じてしまう。男はローターをクリトリスに押し当て、バイブをオマンコに挿入していく。「あ〜気持ちいい〜」アナルに指を入れられながら、クリと中を同時に攻められて気持ちいいようだ。四つん這いにさせられためぐみは、アナルバイブ、オマンコにバイブ、クリトリスにローターとさらに激しい攻めを受ける。さらに上の口には肉棒を咥えさせられる。「おもちゃよりチンポの方がいいんだろう?」男はめぐみを仰向けにすると、ズブリと肉棒を突き刺していく・・・。パイパンスレンダー美女がたっぷりと羞恥プレイされてしまうM女作品。大量ザーメン、オマンコ、アナル二穴同時攻めと見所たくさん。最後はたっぷりとザーメンを中出しされる。

谷原亜紀 東京熟女中出し Vol.9 亜紀
「最近、旦那さんとエッチしてないんですか?」男がインタビューすると「まあ、そうですね。」と少々欲求不満な様子の谷原亜紀さん。可愛らしい若奥様という印象の亜紀さん。最近のエッチは「1ヶ月前くらい」というので、かなりご無沙汰のようだ。理想は「週一くらいはして欲しい。」という亜紀さん。しかたなく家に一人でいるときは「オナニーします。」という。自分の部屋におもちゃを隠しているという亜紀さん。ローターはもとより、バイブや電マもつかったことがあるという、かなりのエッチ好き。「太めが好きですか?」という質問に「好きですね〜。」と思わず笑みがこぼれてしまう亜紀さん。クリ派よりは「中派ですね」という。「では、裸を見たいので、服を脱いでもらっていいですか?」と男が促すと、ゆっくりと服を脱いでいく亜紀。下着姿になると、奥様らしい肉体があらわに。ブラジャーとパンティも脱いでくれる。男が「それを見せてください。」とパンティのシミを確認する。さすがにまだきれいなままだった。少々残念そうな男。気を取り直して、ソファーでM字開脚をしてもらう。両手でパックリとビラビラを開いてオマンコを丸見えにしてくれる亜紀。「1ヶ月ほど使われていないオマンコですね?」とクリトリスを指で弄り出す男。「あ〜」堪らず喘ぎ声を漏らしてしまう亜紀。「なんか匂いますね。」と男はマン汁を亜紀に嗅がせて羞恥プレイ。シャワーを浴びる亜紀。たわわなおっぱいが若妻の魅力を倍増させる。「僕の体も洗ってくれますか?」男が入ってきたので、亜紀は丁寧にチンポを洗う。部屋に戻った亜紀に、男は「いつものようにオナニーしてくれますか?」とローターを手渡す。亜紀は、スイッチを入れると、ローターをワレメに滑らせていく・・・。ローターが滑るたびにオマンコから愛液が溢れてくる。堪らず男が、ローターを自分でオマンコに押しつけていく。顔を歪ませながら感じてしまう亜紀。「あ〜、ん〜〜〜!」とあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。なかなかの感度を持つ若妻の亜紀。極太のバイブもすんなりと飲み込んでしまう。太めが好きな亜紀は、再びあっという間にイカされてしまう。欲求不満の素人妻が「恥ずかしい」といいながらも痴態をあらわにしてくれます。

白石麻梨子 美巨乳イズム 2
「すごい格好してるよね。」と男も興奮するくらい、ほとんど丸見えな水着姿の白石麻梨子ちゃん。「恥ずかしい・・・」と照れている。男が水着をずらして乳首をコリコリすると、あっという間にピンと勃起してしまう。形のいいきれいな巨乳だ。男は乳首をチュパチュパと吸い始めると「気持ちいい〜」と麻梨子も興奮していく。男の手が麻梨子の股間に伸び、ワレメを刺激。形よく陰毛の処理がされている麻梨子のオマンコ。「もっと見たいな〜」とM字に足を開かせると、水着がオマンコに食い込んでイヤらしい。男は麻梨子の後ろに回り、抱えるように巨乳を揉み揉みしていく。麻梨子の息づかいが荒くなり「気持ちいい〜」とさらに興奮していく。「あ〜」堪らず喘ぎ声を漏らしてしまう麻梨子。「乳首を摘ままれるのが好き」という麻梨子に、男がピンチで乳首を挟んでいく。「摘ままれちゃった。」と興奮する麻梨子。男はオマンコに食い込んだ水着をグイッとずらしてオマンコを晒してしまう。さらにローターを取り出し、乳首に押し当てていく。指はオマンコをグチョグチョと弄り、麻梨子の感度が一気に上昇していく。男は麻梨子をローションまみれにすると、ヌルヌルの巨乳に自らの肉棒を挟み込んでいく。麻梨子は、いきり勃つ肉棒を激しくパイズリしていく・・・。浅○舞似の巨乳美女に、その巨乳でたっぷりとチンポを気持ちよくしてもらう作品。この美巨乳は必見です。