流出裏AVなどに特化した動画を無修正または薄消しで配信するサイトです。中でもコスプレ系の動画には根強い人気があり、コスプレマニアを軸に幅広い層から支持を得ています。

H:G:M:O 流出裏AV(2015年05月)



ささきふう香 PHEROMONE WOMAN フェロモンウーマン 2
ゆっくりと檜風呂につかっているグラマー系美人のささきふう香ちゃん。キャミソールがスケスケになりかなりエロい。たわわなおっぱいとグラマラスなヒップが堪らないふう香。Iカップだというおっぱいはかなりの巨乳だ。男は、ふう香の体をチェックするように下半身を触っていく。足を開かせ、パンティの上からワレメを弄る。触り心地がいい、と男も興奮していく。おっぱいを触り、乳首を探すように指先で弄る。「これ、取っちゃおうか?」とブラジャーを取るとボロンと巨乳があらわに。乳首を弄るとふう香も堪らず喘ぎ声を漏らしてしまう。パンティも脱がせパックリとオマンコを開くと、すでに濡れ濡れ状態。男は指先でクリトリスをコリコリと弄り「エッチな女の子だ。」と興奮していく。ズブリと指をオマンコに挿入すると、指先でオマンコの中を確認する。「天井がザラザラだね。」かなりの名器だと確信した男はますます興奮してしまう。男は、「自分のチンポだと満足させられないから」とバイブを取り出すと、ふう香に挿入させる。すでに気持ちよくなってしまったふう香は、グリグリとバイブをこね回し、快感を貪っていく。「あ〜、あ〜、ああっ〜。」と喘ぎ声が激しくなったとたんに、あっという間に絶頂へ達してしまう。「気持ちよくなりたい?」今度は自分が攻める番と、横たわる男に迫っていくふう香。男の股間はすぐにパンパンに膨らんでしまい、パンツからカリがはみ出てしまう。「こんなにヒクヒクしちゃって。」ふう香は焦らすようにゆっくりと肉棒を触っていく・・・。

沢井真帆 Marvelous Hip マーヴェラスヒップ 2
「大好きです。」エッチは好きですか?と聞かれ、笑顔で答える沢井真帆ちゃん。「太くて堅いのが好きです。」どんなおちんちんが好き?と聞かれ、嬉しそうに答えてくれる。早速、しゃぶってもらうことにした。パンツ姿で現れた男の体を触ると股間がすぐに膨らみ始める。その膨らみを真帆が触れていく。パンツを下ろすとすでに半勃起状態のチンポ。真帆は焦らすようにゆっくりと指先で触れていく。するとチンポはみるみると勃起してしまう。「すごいビクビクいってる。」大きくなった肉棒を嬉しそうに見つめながら触れていく真帆。「こうやって、焦らしながら触られるのって、気持ちよくないですか?」と男の反応を確かめながら、ゆっくりと肉棒を口に含んでいく。舌を竿に絡めて、たっぷりと唾液をまぶしていく。ジュボジュボとピストンしたり、カリを舌先で舐め回したりと、男も思わず喘ぎ声を漏らしてしまう。「ダメ〜、そんなにビクビクさせたら。」チンポをビクビクと反応させてしまう男を制止するように、チンポを握りパクリと咥えていく。男に視線を向け、男の反応を確かめながら、手コキと袋舐めへ。男をソファーに横たわらせると、激しい勢いで高速ピストン。「触ってもいいですか?」男は堪らず真帆のおしりを触りまくる。強烈な高速ピストンに、男は声を上げて反応する。「あ〜、扱いて〜。あ〜。」素早い手コキにカリ舐めを加えた真帆。「あ〜、あ〜、気持ちいい〜。ヤバイよ。出ちゃうよ〜。あ〜〜、イクー!」男は我慢の限界を訴えるが、真帆は構わず手コキを続けながら肉棒を咥えると、ドピュドピュッと口内発射してしまう・・・。

姫野りむ 淫攻痴女 1
超セクシーなモデル系美人の姫野りむちゃん。セクシーな下着姿で体をくねらせ、イヤらしい視線を向ける。まるでこちらを挑発しているようだ。すると、パンティを脱いで足を大きく広げ始める。きれいなオマンコがあらわになり、こちらも興奮する。ベッドに横たわる男に、キスで攻め始めるりむ。舌を絡ませて次第に首筋を攻めていく。唾液をたっぷりと垂らし男に飲ませると、男の舌を吸うようにさらに絡ませていく。ゆっくりと動きながら乳首を舐める。そのまま全身をリップ攻めしながら下半身へ。男の股間はすでにパンパンに膨らんでいる。パンツの上から軽く舐めたあと、パンツを下ろす。すでにビンビンに勃起した肉棒がビロンとあらわになる。りむは、肉棒を握ると、カリをペロペロと舐めながら、さらに竿をじっくりと舐めていく。男の息づかいが荒くなり、かなり気持ちいい様子。手コキを加えながら袋もペロペロ。りむの唾液にまみれた肉棒はグチョグチョとエッチな音をさせながら扱かれる。チンポを舐めて興奮したりむは、手コキで肉棒を扱きながらパンティを脱ぐ。すると男の顔に跨がりオマンコを男の舌先に。男は堪らずオマンコをクンニしていく。すぐに気持ちよくなってしまったりむは、息づかいを激しくする。69の体勢に体を入れ替えると、りむはチンポをギュッと握りシコシコ。男はりむのクリトリスを舌先で攻めていく。男は指先でオマンコをグジョグジョさせ、クリトリスを攻める。パクリとカリを咥えたりむは、いきなり激しい高速ピストン。再び体勢を入れ替え、りむはチンポに大量のローションを垂らし始める。堪らず男が喘ぎ声を漏らすと、ジュボジュボと激しく手コキ。あまりの気持ちよさに、男の喘ぎ声が漏れ続ける。さらに、カリを舐めながらの激しい手コキを繰り返すりむ。「あ〜。あ〜、出そう〜。あ〜〜、イクゥ〜〜〜!」男は堪らず限界を訴え、ドピュドピュッとりむの口内に発射してしまう・・・。

栗田ひろみ TransFormation トランスフォーメーション 1
セクシーなTバック姿で女豹ポーズをしている栗田ひろみちゃん。こんなにかわいい顔して女豹ポーズをしていると、早くおしり側に廻ってみたくなる。そんな姿に興奮したのか、男が後ろから抱え込むようにおっぱいを愛撫。同時に下半身をゆっくり、じっくりと攻め始める男も。男たちのフェザータッチに堪らず喘ぎ声を漏らし出すひろみ。足を開かされパンティの上からオマンコに触れていく。同時におっぱいを丸出しにされ乳首をコリコリされる。男が耳元を愛撫し始めるとさらに激しく喘ぎ声を漏らす。パンティをグイッと食い込ませるように持ち上げ、オマンコにTバックが食い込んでいく。その脇から男の指が滑り込み、指先がオマンコを直接弄り出す。クチュクチュとすぐにエッチな音をさせてしまうひろみのオマンコ。男たちのフェザータッチ攻めにすっかり気持ちよくなってしまったひろみ。すると、男がローターを取りだし、パンティの上から軽くオマンコを刺激する。クリトリスに当たると体をビクンとさせて反応するひろみ。ここで、男はひろみのパンティを一気に脱がせ、オマンコをパックリと広げていく。すっかり濡れ濡れになってしまったひろみのオマンコに、男の指がネチョネチョと絡んでいく。男はオマンコをパックリと広げ、ローターをクリトリスに押し当てていく。「あ〜、あ〜。いやぁ〜。」ひろみはあまりの気持ちよさに思わず声を上げてしまう・・・。

松下ゆうか パイパンオマンコ&アナル バイブ地獄調教
スケスケのセクシーランジェリー姿でソファーに横たわる松下ゆうかちゃん。そこへ男たちの手が伸びてきておっぱいをまさぐり出す。足を開かされ、股間にも男の手が伸びてくる。じっくりと焦らすように弄り出す男たちの手に、ゆうかは堪らず感じて喘ぎ声を漏らしてしまう。「あ〜気持ちいい〜」思わず声を上げてしまうゆうか。男がパンティをめくろうとすると「あ〜、いや〜。」と声を上げるが、男は構わずパンティをめくってしまう。陰毛のないきれいなパイパンオマンコがあらわになり、男の指がパックリとゆうかのオマンコを広げてしまう。男は指でクリトリスをグリグリと攻めていく。「あ〜、気持ちいい〜。」男の指攻めに堪らず声を上げるゆうか。男は織あっクリとビラビラを開くと、股間に顔を埋めていく。露出したクリトリスに舌を這わせ、ベロベロとクンニしていく。「あ〜、気持ちいい〜。」男のクンニに声を上げて反応してしまうゆうか。男は、再び指でオマンコを攻めるとズブリと突き刺してしまう。「あ〜〜。」ズボズボと出し入れされるたびにゆうかは喘ぎ声を漏らす。男は、ゆうかのオマンコに大量のローションを垂らすと、ヌルヌルとオマンコを攻め続ける。ローションがゆうかの感度を上昇させ、絶叫してしまう。オマンコとアナルをヌルヌルにした男は、二本の指をオマンコとアナル同時に挿入してしまう。「あ〜〜、だめ〜〜〜。」ズボズボと出し入れされるたびに、ゆうかは絶叫する。男がアナルバイブを取り出すと「あ〜、無理無理無理〜。」と抵抗するが、ゆうかのアナルは簡単に飲み込んでしまう。男は、さらに極太バイブを取り出すと、スイッチを入れズブリとオマンコに突き刺してしまう。「あ〜〜〜。大きい、おっきい〜。」絶叫するゆうかに2本のバイブが突き刺さる。男が2本のバイブをピストンさせると「あ〜、動かさないで〜。」あまりにも気持ちよすぎたゆうかは「いやぁ〜。あ〜、気持ちいい〜〜。」と快感を貪っていく・・・。

星乃まりん SEX STYLE セックススタイル 1
かわいい系の星乃まりんちゃん、21才。B85W58H85のナイスボディだ。初体験は16歳の時に、当時つきあっていた彼氏と。感想は「痛かった。」というまりん。2人目からは気持ちよくなってきたといい、経験人数は10人ほど。セックスは気持ちがいいので生派、しかし中出し経験はないという。性感帯は首とクリトリスで、首は舐められるが気持ちいいという。逆にクリトリスは舐められるより指で弄られる方が好きという。痴漢をされたことがあり、最悪な人は、パンティの中まで手を入れてきたという。その時は、されるがままで何も言えなかったが、気持ちよくなってしまったこともあったというまりん。オナニーは、たまにするというまりん。ローターを使ってオナニーするというまりんに「偶然持ってた」といってローターを手渡す男。「これで、最初にやったオナニーみたいにしてみて。」とリクエスト。スイッチを入れペロリとローターを舐めるまりん。足を広げてスカートをまくると、ローターをクリトリスに押し当てていく。すぐに喘ぎ声を漏らし出すまりん。「もっとやりやすいようにしてあげようか?」男は、まりんのストッキングをビリビリと破いてしまう。パンティの上からローターを押し当てるまりん。刺激が強くなったのか、すぐに顔を歪ませて喘ぎ出すまりん。「オマンコ見せて」男は、まりんにさらにリクエストすると、まりんはパンティをめくってオマンコをさらけ出してくれる。まりんはローターを直接クリトリスに押し当てていく・・・。

青山りん PHEROMONE WOMAN フェロモンウーマン 1
セクシーな下着姿で登場の青山りんちゃん。胸の谷間がクッキリしてこちらをそそる。「性感帯は乳首。」というりんに、早速男はブラジャーの上から乳首を弄り出す。すぐに体をくねらせて反応してしまうりん。「ちょっと見せてみて。」とブラじゃ-を取らせるとおっぱいが丸見えになる。たわわなおっぱいをタプタプさせ、乳首をコリコリする男。「初体験は18歳」というりん。体をビクビクさせながら感じてしまうりんに「敏感だね〜」と男も興奮していく。足を開かせクリトリスを狙って指で弄り出すと、こちらもすぐに感じてしまう。「なんだか湿ってるよ。」すでにオマンコが濡れてしまい指先に愛液が伝わってくる。「だって、気持ちいいんだもん。」少し開き直るりんのパンティをめくると、きれいなオマンコがびっしょりと濡れていた。ワレメの奥はたっぷりと愛液が滴り「すごい、エッチな娘だね。」と男はますます興奮していく。男が指先でオマンコを弄っていると、りんが腰を動かして自ら指をオマンコに挿入してしまう。さらにズボズボと腰をグラインドさせ自ら快感を貪っていく。男は指をズブリと奥深くマッド挿入し、そのまま激しく指マンしていく。「あ〜ん、ダメ〜。出ちゃうから〜。」と、りんのオマンコから大量の潮が噴き出してしまう・・・。

沢井真帆 Marvelous Hip マーヴェラスヒップ 1
モデル系美人お姉さんの沢井真帆ちゃん。セクシーな下着姿でベッドに横たわる。Tバックパンティからきれいなお尻が丸見えになり堪らない。B83W59H85のキュートスレンダーボディの真帆。性感帯を聞かれ「全部気持ちいいけど・・・やっぱり・・・オマンコかな。」と恥ずかしそうに答える。男が現れ「全部、見ていいですか?」と後ろからブラジャーをずらして乳首を露出させる。男が乳首に触れると「あ〜ん。」といきなり激しい喘ぎ声を漏らす。「乳首弱いんです。」と敏感な反応。男はブラジャーを外し両乳首をコリコリ。真帆は体をくねらせて感じてしまう。足を開かせ指をワレメに沿ってなぞらせていく。「ここ、出っ張ってるとこが気持ちいいです。」すると男はローターを取り出しスイッチを入れると「気持ちよくしてみようか?」とローターを滑らせていく。「これ大好き。」とローターで攻められるとすぐに激しい喘ぎ声を漏らして感じてしまう真帆。「あ〜、そこ、気持ちいいです〜。」と感度のよい真帆。男はパンティを脱がせてオマンコを丸見えにすると、今度はローターをアナルに押し当てていく。真帆はアナルも敏感に感じてよがってしまう。男はオマンコをパックリと広げるとローターを真帆に持たせる。真帆はローターをクリトリスに押し当て「気持ちいい〜」と顔を歪ませて感じていく。オマンコをヒクヒクさせながら「あ〜いい〜。もっと、お願い〜」と男にアナルを攻めさせながら、クリトリスにローターを押しつけていく。「もっと気持ちよくなりたい?」コクンと頷く真帆に極太バイブを取り出した男は、真帆のオマンコにゆっくりと突き刺していく。「あ〜すごい。もっと、もっと、もっと〜」と快感を貪っていく・・・。

なつみ なつみのメイド天国
可愛いメイド服で掃除をしているなつみちゃん。ミニスカなので、パンティが丸見えだ。「ご主人様、まだかな〜?」と主人を待ちわびるなつみ。そこへ主人が帰宅する。「ご主人様、お帰りなさいませ。」喜んで主人を迎えるなつみ。しかし主人の表情がなんだか冴えない。「最近、会社の経営がうまくいかなくてさぁ・・・。売り上げも落ちてるし・・・。」と理由を語る主人。「私がちゃんと仕事できてないからですか?」と責任を感じるなつみ。「そんなことないよ。なつみちゃんはちゃんと仕事してくれてるから。」となつみには何の責任もないと語る主人。「でもね、悩みが多いんだ・・・。」と愚痴をこぼす主人に「わたし、ご主人様が元気ないのはイヤです。ご主人様が元気になるためなら、何でもします。何でも言ってください。」と主人を元気づけようとするなつみ。すると、主人は「何でも?」と何かを頼もうとするが、なぜか躊躇している。「何でも言ってください。」と遠慮なく言って欲しいと促すなつみ。「ホントに?」それでも躊躇いながら「じゃあ、いろいろ頼んじゃおうかな?」となつみにしてもらうことに。「掃除をするときに・・・パンティを脱いで掃除してくれないかな?」と主人のエッチなお願い事に、なつみは戸惑うことなく「ハイ。」と笑顔で受け入れることに。「いいの?」嬉しそうに再度確認する主人。「じゃあ、早速脱いでみて。」なつみはゆっくりとパンティを脱ぎ始める。お尻が丸見えになり陰毛も見えてしまう。「じゃあさ、そのままスカートめくってみて?」とさらにお願いする主人。しかしなつみは「恥ずかしいです。」と首を横に振る。「お願い聞いてくれるって言ったじゃん?ね?お願い。」と駄々をこね頼み込む主人。なつみは恥ずかしそうにゆっくりとスカートをめくっていく・・・。

井川ゆき パイパン肉人形 3
押し入れに閉じ込められている美少女、井川ゆきちゃん。男に抱きかかえられるようにしてベッドへ。男は「ただいま。」とゆきに挨拶。そのままゆきにキスをすると、ゆきの体を貪るようにまさぐりだしていく。男はゆきの体を愛おしそうに触りながら太ももを愛撫していく。そのまま足を開かせるとミニスカートがまくれパンティが丸見えになる。男は指でワレメを弄りクリトリスを攻めていく。「今日はね、すごいお土産を買ってきたんだ。ほら。」と電動マッサージ器を取り出しスイッチを入れる。「これ、すごいでしょ?」と電マをゆきの股間に押し当てていく。ゆきは顔を歪ませて感じてしまう。ゆきは声を出すのをガマンしているが、堪らず喘ぎ声を漏らしてしまう。電マの刺激がクリトリスを襲い、腰をくねらせて反応してしまう。男は電マのスイッチをさらに強くし、クリトリスを集中的に攻めていく。「ガマンしなくていいんだよ?無理でしょ?」とゆきがガマンしている姿を楽しむように、電マを押しつけ続ける。「あ〜。あ〜、イクッ!」ゆきはガマンできずに絶頂へ達してしまう。「またお漏らししてるよ。」ゆきのパンティは愛液ですっかりビチョビチョに濡れていた・・・。

松下ゆうか グラマラス淫乱ボディ
グラビア系のナイスボディ、松下ゆうかちゃん。かぶりつきたくなる体に男の手が忍び寄る。太ももを触り、ゆっくりとミニスカートの中へ。後ろからパンティが丸見えになり、男は股間を弄り出す。男の指が割れ目を刺激すると堪らず「あ〜ん、気持ちいい〜」と声を漏らしてしまう。男はさらに後ろから手を胸元に入れていく。豊満なおっぱいを揉み揉みして、乳首をコリコリと刺激する。ゆうかは、またも感じてしまい激しく喘ぎ声を漏らす。「あ〜気持ちいい。」ゆうかの服はまくられ、ブラジャーからおっぱいが丸見えになる。男は巨乳をさらに弄り、ゆっかはすっかりその気になってしまう。足を開かせ、白いパンティの上からクリトリスをめがけて指で弄っていく。クリトリスを刺激されたゆうかは声を上げて反応する。男はパンティを一気に脱がせると再び足を開かせる。するとゆうかのオマンコは、なんともきれいなパイパンだった。男はゆうかのオマンコに指を滑らせクリトリスを刺激する。さらに、股間に顔を埋めて舌先でクリトリスを刺激。「あ〜、イクイク〜。」ゆうかは堪らず、あっという間に絶頂へ達してしまう・・・。

加賀美由貴 Angel Cosplay Vol.2 エンジェルコスプレ 2-2
「エッチなことしようか?」と男に迫っていくナース姿の加賀美由貴ちゃん。「いいの?」いきなりの言葉に戸惑いながら聞く男に「してみなさい。」と男を誘導する由貴。「おっぱいから触ろうか?」とまずはナース服を脱がせるところからとリードする由貴。戸惑う男に自らナース服を脱ぎ下着姿になる由貴。「触って。」とおっぱいを突き出す由貴に「どういうエッチが好きなの?」と聞く男。「気持ちいいの。」とエロい答えの由貴。「スケベだね。」と興奮していく男。ベッドに横たわりブラジャーの隙間から乳首を弄り出す男。コリコリと乳首を弄り、さらにチュパチュパと乳首を吸い始める。すぅーっと男の手が下半身へと滑り、股間を弄り出す。「どのへん?」クリトリスを確かめるように指を滑らせると「そのへん。」と感じ始める由貴。ストッキングに包まれた由貴の下半身を脱がせて露出させると、堪らずお尻を鷲掴み。パンティをゆっくりと脱がせオマンコをグチョグチョと弄り出す。すでに濡れていた由貴のオマンコは男の指でグジョグジョとエッチな音をさせてしまう・・・。

南らん ENCORE Vol.42 公然猥褻ぷれい 2
男とシャワーを浴びる南らんちゃん。水滴が弾くすべすべの肌をしている。らんに後ろを向かせてお尻を洗おうとパックリと広げると「あれ?あれ?」と何かに気付いた様子。「なになに?」と気になるらんに「剃り残しがある。」とアナルの周辺に剃り残しがあるようだ。片足を上げさせアナルを剃り始める男。「ホントだ。剃り残しがあるね。」とジョリジョリと音がするのを確認するらん。「目の方はどうかな?」と前を向かせると、男は「こっちも剃っちゃおう。」とカミソリで剃り始める。シャワーできれいにすると「どうなってるかチェックするね?」と足を開かせオマンコをパックリと開いていく男。ただ、エッチなことがしたいだけの男は「洗ってあげるから座って。」とバスタブに座らせるとボディソープをらんの全身に泡立てていく。らんの肌の感触を確かめるように丁寧に洗っていく男。「じゃあ、お尻も洗っちゃおうかな?」らんの桃尻を興奮しながら洗う男に「もう〜、下ばっかりじゃん〜」とただエロいだけの男に不満の様子。そんな男に「もっと気持ちいいことしてくれたらいいよ。」とさらに気持ちよくしてとおねだり。「えっ?出しても?中に?」とこの先のことを想像してますます興奮していく男。「じゃあ、流そうかな。」とシャワーでらんの前進をきれいにする。らんも男の体をシャワーで流しチンポもきれいに。男は堪らず半勃起させてしまう。ベッドへ移動すると男はらんにかなりエロい下着を用意していた。「えっ?すごい、これ〜。恥ずかしい〜。」とあまりのセクシーな下着に恥じらうらん。「着てみる。」と露出度の高いセクシーランジェリーを身に纏う。その姿にますます興奮した男は、らんを四つん這いにさせると、丸見えのお尻にオマンコまでも見えそうな姿に堪らなくなる。お尻を動かすとオマンコまで丸見えになってしまう。男はローターを取り出すとらんの乳首を攻め出す。堪らず喘ぎ声を漏らしてしまうらん。足をM字に開かせるとローターをオマンコに押し当てていく。「あ〜、いやん。」ローターの刺激がらんのオマンコを襲う・・・。

鈴夏ゆらん 会員制ソープキャバクラ 2 〜店外デート〜
高級ソープキャバクラ嬢、鈴夏ゆらんちゃんをデートに連れ出すことに成功した男。ラブホに入ると「どういうエッチがしたいの?」とゆらんが男に聞く。すると「まずは、ゆらんちゃんのオナニーが見たいな。」とリクエスト。ゆらんは椅子に腰をかけると足をM字に開いておっぱいを弄り出す。「乳首が硬くなってきちゃった。」とすぐに感じ出す。「こっちも。」と片側の乳首をコリコリと弄りだす。「見られてると興奮するね。」と笑顔を見せながら「こっちも。」と股間を擦り始める。オマンコに食い込みそうなパンティの上からオマンコを擦り喘ぎ声を漏らす。「見せちゃおうかな?」とパンティをずらし自らオマンコを丸見えに。きれいなピンク色のオマンコをパックリと広げ「ちゃんと見える?」とクリトリスを指でコリコリと弄り出す。オマンコはすっかり濡れてしまい密が溢れてくる。「気持ちいい〜」ビラビラを開きながらクリトリスを弄り続けるゆらん。「指、入れちゃおうかな?」ゆらんは指をズブリとオマンコに挿入しズボズボと出し入れ。「入ってるとこ見える?」ズブリと突き刺した指でオマンコの中をかき回すように動かすゆらん。「中、ヌルヌルだよ。」ゆらんのオマンコは愛液で溢れ自らの指はヌルヌルになってしまう・・・。

なつみ なつみの身体検査
元モー○○グ娘。の安○な○みに似ているその名もなつみちゃん、18歳。「いろいろやらかしたい。」という年頃らしい。シャワーを浴びるとき、水流をオマンコに当てるオナニーをするというなつみ。「アキバ系のオタクにヤラれるのを想像しながら・・・。」オナニーするが、指入れは基本しないという妄想少女だ。男にインタビューされながら早速身体検査をすることに。まずは3サイズからB81W58H89のナイスボディのなつみ。キャミソールを脱がせておっぱいをチェック。小ぶりだが形のいいおっぱいだ。乳輪が3cm、乳首が1cmとこちらもバランスのいいサイズだ。男たちの「お尻が見たい。」というリクエストにパンティを半下ろしにして半ケツ状態に。フェチを楽しんだ後パンティを一気に脱がせる。足を開かせるとなんとオマンコの周りには陰毛がほとんどない、きれいなオマンコだ。さらにビラビラをグイッと剥いてクリトリスを丸出しに。パックリと大陰唇を開き小陰唇をチェック。大きすぎないきれいなオマンコだ。なつみは、自分の体に興味津々になりながら男たちのエッチな身体検査を受け続ける・・・。

井川ゆき パイパン肉人形 2
男の毒牙にかかりすっかりツルツルのパイパンにされてしまった井川ゆきちゃん。男はゆきをベッドに横たわらせると「ここでオナニーしてみて。」と興奮してゆきに命令する。「イヤ。恥ずかしい・・・。」と躊躇うゆきに「大丈夫。恥ずかしくないから・・・。」とゆきに促す。ゆきは渋々足を開き股間に指を這わせていく。パンティの上から割れ目をなぞるように指を滑らせていくゆき。「もっと、強く。」とゆきに激しさを求める男。ゆきの指がクリトリスを刺激し腰をくねらせながら感じてしまう。堪らず喘ぎ声を漏らしてしまい、パンティの中に手を入れ直接オマンコを刺激し始めた。「だんだん気持ちよくなってきちゃったんでしょう?」と男が興奮して聞くと「・・・うん。」と恥ずかしそうにいうゆき。ゆきの中指がパンティの中でクリトリスを直接刺激し、喘ぎ声は激しくなっていく。「パンティ脱がせてもいい?」興奮した男は息づかいを荒くしながらゆきのパンティを一気に脱がせてしまう。「あ〜すごい。続けてごらん。」とゆきのつるつるパイパンオマンコを見てさらに興奮してしまう男。ゆきはヌルヌルになっているオマンコにさらに指を出し入れしながら弄っていく。男はゆきに「これで、恥ずかしくないでしょう?」と目隠しをして、さらにローターを手渡す。ゆきはローターを手にするとクリトリスに押し当て、自ら快感を貪っていく・・・。

松野ゆい Sweet Devil Smile スウィートデビルスマイル 小悪魔の微笑み 2
モデル系セクシー美人の松野ゆいちゃん。T164B86W60H86の超ナイスボディ。男に後ろから体をまさぐられながら初体験の告白をさせられている。その後は5人の男たちに抱かれたが一番よかったのは5人目の男だという。「優しいけど激しいセックスが好き」というゆい。手に余るほどのおっぱいを激しく揉みながら激しいキスを交わしていく。「一瞬でもいいから私を好きになって・・・」とおねだりするゆい。男が服を脱がせようとすると「見たい?」と微笑みながらブラジャーを外していく。白いきれいな肌の持ち主のゆい。形のいいきれいなおっぱいにかぶりつき乳首を激しく吸っていく男。「あ〜すごい優しい〜」と男の攻め方に気持ちよくなっていくゆい。男はさらにうなじをリップ攻めしていく。「あ〜くすぐったい〜」とまんざらでもない様子のゆい。男はスカートを下ろし「もう見ちゃう。」とパンティを一気に脱がせてしまう。「じっくり見たい。」と男はゆいの足を開かせるとパックリとオマンコを開く。ゆいのオマンコはすでにジットリと濡れていた。男はゆいのきれいなオマンコに顔を埋めていく・・・。

榊リオ Angel Cosplay Vol.2 エンジェルコスプレ 1
「どこか具合の悪いところありますか?」と気遣いを見せるセクシーナースの榊リオちゃん。「最近、心臓の方が・・・バクバクするんです。」と症状を訴える患者。「じゃあ、ちょっと診ますね。」と患者のシャツをまくって聴診器を胸に当てていく。「問題ないですよ。」特に異常は見られないと言うリオに「バクバクするんだよね。」と異常を訴える患者。するとリオは股間に聴診器を当てていく。「いろいろ調べてもらいたいんだけど・・・。」という患者に「じゃあ、ちょっと脱がしてみましょう。」と患者のパンツを一気に脱がせてしまう。「えっ?見ちゃうの?」と恥ずかしそうに股間を隠そうとする患者。「心臓と関係あるのかな?」と疑問に思う患者に「ありますよ。」と必要な診察であることを強調するリオ。「何で隠すんですか?」と股間を隠した患者の手を退ける。リオは聴診器でチンポをペシペシとたたきながら様子を見ている。さらにチンポをギュッと握りシコシコと手コキをし始めた。「これ関係あるんですか?」と困惑する患者に「関係ありますよ。」と手コキを続けるリオ。「気持ちいいですか?気持ちよくないですか?」と質問するリオ。「気持ちいいです。」と困惑を隠せない患者。リオはさらに患者のチンポをパクリと咥えフェラチオをし始める。エッチな診察に患者のチンポは勃起し始める。「触ってもいいのか?」興奮してきた患者は、リオの体をさらり出す。ナース服のジッパーを下ろすとブラジャーが露出。ブラをずらしておっぱいを丸出しにしてしまう・・・。

南らん ENCORE Vol.42 公然猥褻ぷれい 1
タレントで元グラビアアイドルのM○GUM○に似ている南らんちゃん。男と待ち合わせしているが、おとこが遅刻してやってきた。「ドライブしたい。」と言うらんに「連れてっちゃう。」と男は車を走らせる。「どこ行こうか?」と車内トーク。すると突然「なんか大きくなった?」とおっぱいを触る。「大きくなってないよ〜。」というらんに、男はミニスカをまくろうとしたりエロエロモードに。「まだ昼間だよ。恥ずかしいよ。」とあしらおうとするが、男はミニスカをまくってパンティを弄り出す。「すげー、すげー。」といいながらパンティの中に手を入れ始めた。「もう、いや〜ん。」と男の指がオマンコを刺激して反応してしまうらん。「パンティの中には男のロマンが詰まってるんだ。」とオマンコを弄り続ける男。だんだん、目がとろりとし始めらんもエッチな気分になっていく。男はさらにオマンコを刺激し続け、らんは堪らず喘ぎ声を漏らしてしまう。男はパンティをめくりオマンコを露出させてしまう。丸見えのオマンコを指で開きながらクリトリスを弄る男。「ちょっと、ちょっとね。」といいながらパンティを下ろしさらにオマンコを直接刺激していく。グジョグジョと手マンチョすると、らんの愛液で車内がビショビショになってしまう・・・。

鈴夏ゆらん 会員制ソープキャバクラ
男と公園で待ち合わせする鈴夏ゆらんちゃん。会員制ソープキャバクラ嬢のゆらんは、モデル系の美人だ。「今日は、私を選んでくれてありがとうございます。」とお礼を言うゆらんに、「写真より実物の方が全然可愛いね。」と大喜びする男。「早速サービスしますね。」と男を座らせると「こっちも脱がしちゃいますね。」と男のズボンを下ろしていく。「もう元気なってますね。」と早くも興奮して男のチンポは勃起している。「まだ、シャワーとか浴びてないけど・・・。」と戸惑いを見せる男に「いいんですよ。そういうサービスですから。」と即尺してくれる。シコシコとしごいた後、カリの周りをペロペロと舐め、竿もペロペロ。「どの辺が気持ちいいですか?」と舌先で性感帯を探すように肉棒を刺激していく。「いっぱい気持ちよくなってくださいね。」とパクリとカリを咥えジュボジュボとピストン。「すごい大きくなりましたよ。」男の息づかいが荒くなりチンポはますますビンビンに勃起していく。袋まで丁寧に舐め、舌先で裏筋を刺激していく。ゆらんはチンポを十分気持ちよくさせると浴室に案内する。スケベ椅子に座った男に泡たっぷりのソープで洗っていく。さらに自分お体にソープをつけボディ洗い。そしてスケベ椅子の下から竿洗いすると、「すっかり元気になっちゃった。」とチンポはあっという間にビンビンに勃起してしまう。「結構ヤバイ。」と気持ちよすぎることを訴える男。「もうガッチガチ。」と肉棒はビンビンに堅く腫れ上がる。「先っぽ弱いんでしたよね?」とチンポの先を指先で刺激していく・・・。

酒井栄子 東京熱女中出し Vol.3-E
結婚して20年以上になるという奥様、酒井栄子さん。若々しい感じの可愛い美女だ。旦那とは仲がいいがセックスはしてくれないという。セックスは気持ちいいので生で中出しするという。なので今日は「ビュンビュン出して欲しい」という。さらに「精子も飲みたい。」というかなりエッチな変態熟女だ。欲求不満なのでオナニーするという。「きゅうりが一番気持ちいいんです。」と野菜オナニーが堪らないという。使ったあと、旦那は知らずにそのキュウリを食べているという変態奥様だ。さらには、ローターやバイブ、電動マッサージ器まで使い、アナルまで梅雨を入れてオナニーするというエロ妻だ。早速、服を脱いでもらうと、かなりたわわなおっぱいが。B90の巨乳だという。なかなかエロいボディに男も興奮気味に。四つん這いにさせるとパンティを太ももまで下ろしてもらう。するとアナルとオマンコが丸見えになり、パイパンであることが判明。さらに自分でオマンコをパックリと広げさせると「すでに濡れてます。」と今までの話でオマンコが濡れちゃったという。ブラジャーも脱がせて全裸になってもらうと、乳首もきれいなピンク色だ。足をM字に広げさせると「感じちゃってるの。」とオマンコが愛液で糸を引いている。パックリとオマンコを広げさせ男が指を這わせていく。そのままズブリと指を挿入するとすぐに喘ぎ声を上げる栄子。ズボズボと指を出し入れするたびに激しく感じていく・・・。

井川ゆき パイパン肉人形 1
ロリ系の美少女、井川ゆきちゃん。私服にルーズソックス姿で座っていると、キモ系男が近寄ってくる。いきなりゆきの肩を舐め始めさらに服をずらしておっぱいを覗き見る。ミニスカをまくってお尻を見ようとしたりと変態行為が続く。ゆきを横たわらせるとミニスカをまくってパンティをズリ下ろしてしまう。お尻を丸見えにしてパックリするとアナルを弄り出す。腰を振って反応するゆきにお構いなく男の変態攻めが続く。パンティを最後まで脱がせると足を広げさせ股間に顔を埋めていく。陰毛を激しく舐め始め割れ目を指で弄り出す。堪らず声を漏らして反応してしまうゆき。男はシェイブクリームを陰毛に塗り、用意したカミソリで陰毛を剃り始めた。ジョリジョリと剃毛されゆきのオマンコが生まれたままの状態になっていく。ワレメの周りに生えた陰毛まで丁寧にそり上げていく男。やがてゆきのオマンコは汚れのないパイパンオマンコになってしまう。その仕上がりをまるで芸術作品でも見るような目で見る男。足を閉じさせ、そこの浮かんだくっきりとしたマン筋に男は興奮していく。男はパイパンオマンコに頬ずりしながら舌を這わせていく・・・。

松野ゆい Sweet Devil Smile スウィートデビルスマイル 小悪魔の微笑み 1
官能的なセクシーTバック姿が堪らない松野ゆいちゃん。グラビアモデルのようなナイスボディがこちらの性欲をそそる。艶めかしい目で見つめているのは、すでに勃起した肉棒。舌を出すと裏筋を下から舐め上げ、カリをゆっくりとペロリ。カリの先をパクリと咥えるとたっぷりと唾液をまぶしていく。ビンビンにはち切れそうな肉棒を下から舐め上げていく。ゆっくりと焦らすような舌使いでたっぷりと竿を舐めると、パクリとカリを咥えていく。さらにゆっくりと喉の奥深くまで飲み込んでいく。そのまま深いストロークでジュボジュボとピストン。チンポが気持ちよさそうで堪らない。袋を舐め上げると再びジュボジュボと高速でピストン。すると、別の興奮したチンポが咥えてくれとばかりにゆいの眼前に。肉棒を握り唇と舌でゆっくりと舐めると、一気に喉の奥深くまで飲み込んでいく。ビンビンに勃起した肉棒をジュボジュボとピストン。同時に別の男の肉棒を手コキでシコシコ。そして再びその肉棒をおいしそうに舐め上げていく。たっぷりと唾液を含みながらパクリと咥えるとジュボジュボとピストン。ゆいの唾液まみれになった肉棒は今にもはち切れそうだ。「あ〜イキます。」手コキも加えた激しいピストンに男は堪らずガマンの限界を訴える。ゆいが口を開けて激しい手コキで待ち構えるやいなや、ドピュドピュドピュッと発射してしまう。ゆいはチンポを勃起させたまま待っていた男を振り返り再び肉棒をパクリと咥え濃厚なフェラチオで男を攻めるゆい。手コキしながらのジュボジュボとピストンに男は堪らず「イ、イキそうです。」とガマンの限界に。手コキしながら待ち構えているとドピュドピュッとゆいの口内に発射してしまう・・・。

森本みく 私、お嫁に行きます 〜エッチな人生の思い出 2〜
「体も大きくなり、意を決してアソコの相談をした中学生の時・・・。」ウェディングドレス姿で人生を振り返っている森本みくちゃん。ブルマ姿で教室の席に座るみく。「私・・・変なのかな?」と鏡を取りだすと、突然ブルマを脱ぐとパンティまで一気に脱いでしまう。すると教壇の上に座り、鏡に自分のオマンコがはっきりと映るように足を大きく開く。オマンコのビラビラを弄っていると、先生が現れる。「何をやってるんだ?パンティまで脱いで?」と聞く先生に「なんか変なんですよ。私、変じゃないですか?」とオマンコを弄っている。「どこだ?おまんこがか?」と先生はみくのオマンコを覗く。「ちょっと見せてみろ。」とオマンコに顔を近づけていく先生。「あっ!!」と何かを発見したようにパックリとオマンコを広げると「これ、早くしないと手遅れになるぞ。」とみくを慌てさせる。「えっ!なんですか?なんか変ですか?」と心配するみくに「ちょっとなぁ〜、これは大変だ。なんだこれ?」とクリトリスを剝いてしまう。さらに指でビラビラを広げて「あららら・・・こんなに広げちゃって・・・。」とパックリと中まで見えるようにじっくりと観察している。「やっぱり何か違うんですか?」と人との違いを気にするみく。先生はクリトリスを指でグリグリと擦っていく。すると「なんか変。」と喘ぎ声を漏らしてしまうみく。先生はさらに指をオマンコにズブリと挿入してしまう。そのままズボズボとピストンしていく先生。「やけに狭いな。狭すぎるな。」とみくのオマンコの締まりがよくきついという。グリグリとオマンコをほじくりながらクリトリスを弄る先生。さらに極太のバイブを取りだしみくに見せる。「何?それ?」とびっくりするみくに「おもちゃだよ。使ってみようぜ。」とみくのオマンコにズブリと挿入してしまう。「すんなり入っちゃったな。」とみくのオマンコは難なくバイブを飲み込んだ。先生はバイブをのスイッチを入れズボズボとバイブを出し入れしていく。そのたびにみくは喘ぎ声を漏らしてしまう。先生は、みくのオマンコにバイブを突き刺したまま、みくのアナルに指を挿入してしまう・・・。

水谷桃 極上美BODY 3
私はおっぱい・・・私はおしり・・・私はマンコ・・・私はフェラチオ・・・私はパイズリ・・・行ってきまーす、と草原を駆け抜ける水谷桃ちゃん。「こういうのが気持ちいいのかな?」後ろから男におっぱいを揉まれて嬉しそうな桃。肩や腕をリップ攻めしていく男。「どっちが気持ちいい?」おっぱい攻めとリップ攻めのどちらが気持ちいいか聞かれた桃は「舐められる方。」とリップ攻めに弱いことを告白。「いっぱい舐めてあげようか?どこ舐めてもらいたいんだろう?」とおっぱいを揉み揉みしながら首筋を舐めていく。「どこだろ?うふ。」と唇を求めていく桃。キャミソールをまくるとブルルンと形のいいきれいな巨乳があらわに。男は嬉しそうに乳首を舐めていく。すぐに喘ぎ声を漏らしてしまう桃。「今度はこっちも舐めちゃおう。」男は左の乳首をベロベロと舐め吸い付いていく。男の手は同時に股間をまさぐり桃はどんどん気持ちよくなってしまう。「開いてごらん」男は桃に足を広げさせるとオマンコを弄りだす。体をよじりながら感じてしまう桃。「ここだけかな?」男はクリトリスを集中して攻めていく。同時に乳首を舐めながらオマンコ攻めを続けていく男。パンティを一気に脱がせ「丸見えだよ。」とオマンコをパックリと開きクンニしていく。グジョグジョと激しいクンニで桃はますます感じてしまう。「あ〜、イッちゃう〜」桃は男のクンニであっという間に絶頂へ達してしまう・・・。

榊梨緒 初めてのアナル 〜調教〜
艶めかしい姿で四つん這いになっている榊梨緒ちゃん。オマンコはもちろんアナルまでも丸見えのセクシー下着だ。「イヤらしい格好してるね。」男から声をかけられる。「丸見えだよね?」とさらに興奮して男が言うと「スースーする。」とオマンコがさらけ出されていることに違和感があるようだ。「どこが丸見えなの?」男はわかっているのに敢えて梨緒に聞く。「オマンコ。」と答える梨緒に「それだけ?」とさらに恥ずかしい質問をする男。「うんちの穴・・・アナル。」と恥ずかしそうに答える梨緒。「開いていい?」と梨緒のおしりをグイッと掴み、パックリと広げながら「すごい丸見えになってる。」とアナルのシワまでくっきりと丸見えになっていることに興奮する。「あ〜ん。」と悶える梨緒に「恥ずかしいの?」と羞恥心をくすぐる男。「すごいね。ここに何か入れたことある?」とアナルをヒクヒクさせながら梨緒に聞くと「ないです。」とアナルは未経験であることを告白。「ないの?入れてあげようか?」と促す男に「お願いします。」とおねだりする梨緒。「すごい気持ちいいんだよ。」とアナルにワセリンを塗っていく。すると梨緒は指でアナルを弄られたことに感じてしまい喘ぎ声を漏らしてしまう。男はワセリンを塗った指をズブリと挿入しグリグリとかき回し始めた。「あ〜気持ちいい〜。」とさらに感じて声を出す梨緒。「あ〜、あ〜、あ〜、あ〜〜」と男の指がズボズボとピストンされるたびに喘いでしまう。「こんなことされたことないんでしょ?」と梨緒の反応を楽しみながらピストンしていく。「もっとすごいもの入れてあげるよ。」とアナルバイブを取り出す。「入れて欲しいでしょ?」と梨緒に確認すると「入れて欲しい〜」と懇願する梨緒。「イボイボをよ〜く感じてくれよ。」とズブリと挿入する。イボイボが一つ一つ挿入されるたび「一個、二個・・・。」と言わされる梨緒。「あ〜七個。気持ちいい〜」とバイブをすっかり飲み込んでしまう梨緒のアナル。「抜く時も数えるんだぞ。」男はゆっくりとバイブを抜いていく。「八、七、六・・・」とゆっくりと抜いた男は、そのあと一気にバイブを抜いてしまう。ズボズボズボと一気に抜けたアナルバイブにさらに感じてしまう梨緒。「もっと後ろの穴、調教してあげようか?」男は「次はこれを入れてあげるよ。気持ちいいよ、これは。」とアナルパールを取り出す。さっきのアナルバイブよりもイボイボが大きいため、男はゆっくりと一つ目を挿入する。難なく飲み込んだ梨緒のアナル。男はすべてのアナルパールを挿入してしまう。さらにアナルパールの電動スイッチを入れグリグリと弄り始める。同時にクリトリスを攻められた梨緒はさらに激しく感じてしまう・・・。