流出裏AVなどに特化した動画を無修正または薄消しで配信するサイトです。中でもコスプレ系の動画には根強い人気があり、コスプレマニアを軸に幅広い層から支持を得ています。

H:G:M:O 流出裏AV(2020年10月)



華奈 赤いハイヒールの女
透け透けの下着姿で乳首がイヤらしく見えちゃってる華奈ちゃん。たわわな巨乳をグイッと寄せて悩ましげな谷間を作ってこちらを刺激する。明るいキャラクターが魅力的だ。「イヤらしい下着でしょ?」男たちが興奮する中、ベッドの上に立ち抜群のスタイルを見せてくれる。早速ブラジャーからおっぱいを露出して見せてくれる。「大人の乳首〜」と自称するほどよい色と大きさの乳首を自ら舐めてくれる。男に靠れかかり脚をM字に開く。パンティの上からオマンコを弄る男たち。「ちょっと遊んじゃいますか」とパンティをグイッとワレメに食い込ませる。「お尻の穴をチェックしましょう」と四つん這いにさせるとパンティをずらしてアナルを丸見えに。「イイお尻ですね〜」とお尻をパックリと広げてオマンコまで丸見えにしてしまう。「濡れやすいんだね?」とオマンコのビラビラもパックリと広げて弄る。男たちがイヤらしい格好を眺めていると「触って〜。オマンコ触って〜」とおねだり。自らオマンコを広げて男たちを誘う。濡れ濡れに光ったオマンコを指でグリグリすると「あ〜〜、あ〜〜ん」と顔を歪める。男たちはクリトリスを弄りながら膣にもズブリと挿入。「なんか入っちゃう〜」とズブズブッと挿入された指に反応する。パンティを脱がされ仰向けでM字開脚させられ再びオマンコを弄られると「もうグッチョグチョじゃないの〜」とオマンコは愛液が溢れている・・・。女優の剛○A芽似のスタイル抜群の美女が男たち2人に気持ちよくしてもらう物語。濡れやすいグジョグジョオマンコを男たちは代わる代わる攻め続ける。Wフェラで男たちをビンビンにするとバックから「挿れて〜〜」とおねだり。ガンガンピストンされながらもチンポを咥え続ける。淫乱オマンコにチンポを挿入したまま指マンすると「なんか変な感じ〜。動かしちゃダメ〜」と異次元の快感にあっという間にイッてしまう・・・。巨乳をタプタプと揺らしながら喘ぎ続ける痴態を存分にご堪能ください。

さやか 美乳・美尻・美脚なイイ女 7
キャミソール姿で男と唇を重ねるさやかちゃん。舌を絡ませながらのディープキス。蕩けそうな顔をしながら男に身を委ねると男はムギュムギュと揉みしだく。キャミソール肩紐を下ろしスルスルッと脱がせるとたわわな巨乳があらわに。生おっぱいをムギュッと揉み乳首を激しく吸い始める。「あ〜、あ〜、あ〜」と顔を歪めながら感じてしまう。「お尻見せて〜」と四つん這いにするとキュロットをゆっくりと下ろす。綺麗な桃尻があらわになり指先でオマンコを刺激。「あ〜、あ〜、ああ〜」さらにお尻を舐められさやかの顔がさらに歪んでいく。「全部取っちゃえ」全裸にすると「もっとお尻をあげて」と高く突き上げさせると舌先でオマンコをレロレロと刺激。「あああ〜〜、んん〜〜〜」悶える。男はオマンコを何度もパックリと開きながら「よく見えるよ〜。アナルも丸見えだよ〜。恥ずかしい?」と羞恥心を煽る。マン汁で濡れ濡れになったオマンコにズブリと指を挿入。「あ〜2本も入っちゃった〜」とズボズボとピストンしていく。「あ〜、あ〜、あ〜、あ〜」グチョグチョとイヤラシい音を響かせながら快感に溺れていくさやか。男の言うまま自ら腰を動かして快感を貪っていく・・・。美巨乳、美尻の美女を言葉責めしながら気持ちよくしていく物語。Mっ気たっぷりの美女は男のいうままに悶えていく。これだけのナイスボディなイイ女を一度は抱いてみたい・・・そんな願望を叶えてくれる内容。四つん這いにして後ろからビンビンの肉棒をガンガン突きたい人には堪らない作品。

樹里 淫乱痴女の誘惑
「見てて〜」男をベッドルームに誘う樹里ちゃん。タイトスカートにたわわなおっぱいが丸見えの状態だ。「は、はい」男は戸惑いながらも樹里の言うとおりにする。ベッドに座り脚をM字に開くとおっぱいをムギュッと揉みしだきながら「ちゃんと見てる?」と男を見つめる。「あ、見てます」と男も樹里の行為を凝視している様子。そのまま横たわりゆっくりとストッキングを脱ぎ出す。「す、すごいイヤらしい〜」と男は一気に興奮する。スカートのジッパーを下ろし脱いでいく。「あ〜凄い〜。見てますよ〜。」男のテンションがさらに上がる。男を挑発するような視線を送りながら「来て〜」と男を誘う。「あ、はい・・・」男は息を乱しながらベッドに上がると「ど、どうすればいいんですか?」と戸惑いを隠せない。樹里はおっぱいを揉みながら「舐めて〜」とおねだりする。「は、はい〜」と男は樹里の巨乳にむしゃぶりつく。「もっと、もっと舐めて〜」樹里はもっと荒々しく攻めるようおねだりする。男はタプンタプンのおっぱいに顔を埋めながら乳首を激しく舐めていく。「あ〜、気持ちイイ〜」と激しく息を乱しながら感じ出す。「こっちも〜」右の乳首だけでなく左の乳首も舐めて欲しいと要求。「あ〜〜イイ〜〜」とカラダを仰け反らせながら悶える。「ずっと下も〜」男の顔を下半身へと導いていく。「ここですか?」男は樹里の股間に顔を埋めパンティの上かクンニし始める。「あは〜〜。そう・・・もっとちゃんと舐めて〜」男の頭を股間に押さえつける樹里。そして自ら腰を激しくグラインドさせ股間を男の顔に擦りつけていく。「あ〜、はは〜〜、ん〜〜」パンティがグジュグジュになり「脱いでもいい?」とパンティをゆっくりと脱ぎ出す。「見てて〜」ゆっくりと股間を開き男にオマンコを丸見えにする。「あ〜、見えますよ〜」樹里の生オマンコにますます興奮する男に「ちゃんと見て〜。来て〜〜。」とパックリとオマンコを開いてみせる・・・。超淫乱な巨乳美女に誘われるままベッドへ・・・。敏感なカラダはクンニであっという間にイッてしまう・・・。「舐めてあげるからわたしのもちゃんと舐めて〜」と69でチンポをパクリ。さらに電動バイブを「使って」とおねだりして挿入させる・・・。男なら一度はこんな淫乱な美女とヤッてみたいもの。乱れに乱れる好きモノ女を満足させるため男も最高の手を尽くす・・・。淫乱女好きには堪らない作品。

エレナ 美尻を舐め回しバックから突きまくる・・・
イイ女系のエレナちゃん。男におっぱいをまさぐられ「は〜」と恍惚な表情を見せる。首筋を愛撫されると息が乱れさらに気持ちよくなっていく。舌を絡ませディープキス。男はキャミソールの肩紐を落としゆっくりと脱がせていく。たわわな巨乳がポロリと丸見えになる。乳首を吸われると「ああ〜〜」と激しく喘ぐ。敏感なカラダがピクピクと反応し男も興奮していく。四つん這いにされお尻をリップ攻め。パンティがお尻に食い込み男の舌が這っていく。ゆっくりとパンティを下ろすとパックリとお尻を開く。男はアナルに舌を這わせレロレロと舐める。「はああ〜〜」と激しく反応するエレナ。全裸にされ乳首を舐められながらオマンコを弄られる。カラダをピクピクと震わせながら感じてしまうエレナ。「舐めて欲しい?」恥ずかしそうに頷くと男は男はエレナの股間に顔を埋めていく・・・。美巨乳にくびれたウエスト、プリプリのお尻と男にとって堪らないスタイルの美女をよがらせる物語。やはりイイ女はバックからガンガン突きまくるのが一番興奮する。最後はたっぷりとお尻にザーメンを放出してまき散らす・・・。巨乳好き、美尻好き、いい女好きにお薦めの作品。

リン 突然後ろから手コキされ咥えられ痴女ラレる・・・
男がトイレに入りおしっこをしはじめると「何してんの?」と突然トイレのドアを開けて入ってしまうリンちゃん。「な、なんだよう〜?」と突然の出来事にビックリしてしまう男。後ろから男に抱きつきながらいきなりチンポを掴み「おしっこしてたんだ〜」とシコシコと手コキ。「どこから来たんだよ〜?」とどうしていいかわからない男。「勃ってないんだ〜?」と手コキするも「おしっこするんだから出てってよ〜」と戸惑いながらも徐々に硬直しはじめる男のチンポ。「おしっこ見たい〜」と好奇心旺盛のリン。「いったい誰だよ〜」と慌てる男の服をまくり乳首を舐め始めるリン。「なんだよ〜、ちょっと気持ちイイことするなよ〜」とまんざらでもない様子。乳首を舐めながら手コキをし続け男のチンポはあっという間に勃起してしまう。「勃ってきた」と満足げなリンは勃起したチンポをペロリと舐めさらにパクリと咥えてしまう。ジュボジュボとピストンしレロレロと舌先でカリを刺激していく。「ちょっと〜違うのが出ちゃうよ〜」と気持ちイイものの誰かわからない女にしゃぶられていることに戸惑う男。「違うものって何?」と当然知ってるのに恍けながらフェラチオをし続けるリン。「カッチカチだね〜」とビンビンに硬直した肉棒に大満足な様子のリン。「ここじゃ狭い〜。狭くてヤリづらい〜。あっち行こう?」とリンは男をベッドへ誘う・・・。突然トイレに乱入しチンポを手コキし始める痴女。さらに乳首を舐めあっという間に勃起させてしまう。突然の出来事に抗うこともできずチンポは正直に反応してしまう・・・。こんな痴女に突然迫られたら・・・男なら一度はこんな妄想をしたことがあるはず。そんな妄想シチュエーションにたっぷりと浸れる物語。突然手コキされたい、舐められたい、巨乳を押しつけられたい・・・とにかく痴女に攻められたいかたにお薦めの作品。

さなえ もっと気持ちよくしてもらいたくて・・・
ミニスカートのワンピースをヒラヒラさせながら黄昏れているさなえちゃん。OL風のイイ女系だ。とある部屋に入ると男から「今日はいろいろなことをしたいです。エッチなこととか・・・。」と言われ「エッチなことですか?するんですか?」と笑みを浮かべる。「ちょっと恥ずかしいんですけど・・・エッチが凄い好きなんですよ。でも今まで付き合ってきた人が淡泊だったんです・・・」と自分だけ満足して終わってしまうことに欲求不満を感じていたという。そこで「プロの人だったらいろいろやってくれるかな?って思って・・・」と気持ちよくしてくれることを期待しているという。今までの経験人数は「6人です。」と多いのか少ないのかわからないが「いつもマンネリだったんですよね。」と今までの男たちには不満が多かったという。ただ「ローターを使った時は気持ちよかった。」とおもちゃは使ってみたいという。それだけ欲求不満だと普段は?「月に1〜2回くらいオナニーします。」と控えめな答え。久しぶりのセックスだというさなえの首筋を早速愛撫すると敏感な反応が。後ろからおっぱいを揉みくちゃにされると息が大きく乱れ出す。男は言葉責めしながらおっぱいを丸出しに。「緊張しながらも乳首が勃ってますよ」と乳首をさらにコリコリ。「あ、あ、は〜」とカラダをビクビクさせながら感じてしまう。「ちょっと舐めちゃいましょうか」男が乳首をレロレロと舐め始めると「あ〜、は〜、あ〜、は〜〜」と乱れ出す。「乳首以外にももっと敏感なところがあるでしょう?」男は首から背中をリップ責めし脚を開かせる。「欲求不満が溜まってますね?」グイッとパンティを食い込ませこんもりと盛り上がったオマンコに指を滑らせていく・・・。セックスが大好きな素人娘がさらに気持ちよくなりたいと自ら裸になる物語。とにかく敏感なカラダに攻める方も大興奮。羞恥責め、おもちゃ責め、言葉攻めでオマンコがどんどん濡れ濡れになっていく・・・。攻め好きには堪らない好きモノ女だ。ほぼ未開発な敏感女を自分好みに仕立てる悦び・・・そんな気分を味わわせてくれる内容。素人好き、淫乱好き、攻め好きにお薦めする作品。

華奈 誘惑オナニー 〜超絶美巨乳美女が悶絶〜
「わたしのオナニー見たい?」ショートカットがお似合いの華奈ちゃん。「オナニー見てセンズリこいて〜。おチンポ出した?おっぱい見せてあげる。」キャミソールをグイッとまくるとのノーブラだったおっぱいがポロリと丸見えに。たわわな美巨乳に早くも大興奮。「見て〜」とおっぱいを鷲づかみにするとムギュムギュと揉みしだく。「はあ〜〜」乳首をコリコリと弄りながらおっぱいを近づけてくる。「おっぱい舐めて〜」と自ら乳首を舐める。息づかいが荒くなり恍惚とした表情になっていく。すでにミニスカートがまくれTバックのパンティが丸見えになっている。足をグイッとM字に開きながら股間をまさぐる。「透け透けのパンティなの〜。うふふ〜。オマンコ見えちゃう?」と股間を近づけてくる。ワレメに沿ってパンティの上から指を滑らせる。後ろを向いて前屈みになるとTバックパンティの食い込みがイヤらしく映るオマンコを弄りながら「クリちゃん堅くなってきちゃった〜」とグチュグチュとイヤラシい音をさせる。「あ〜、は〜、あは〜」ソファーに座り大きく脚を開くとパンティをグイッと食い込ませてオマンコを弄る。「おチンポ堅くなってきた?一緒に気持ちよくなってね?」さらにローターを取りだし「おもちゃ使っていい?クリトリスに当てていい?」とローターをペロペロと舐める。スイッチを入れるとローターをクリトリスに押し当てていく。「あ〜、ん〜〜、んん〜〜は〜〜あ〜〜ん気持ちイイ〜〜〜」と激しくローターを押し当てていく。「見て〜オマンコ〜。濡れてきちゃう〜〜」と腰をグイグイくねらせながら気持ちよくなっていく・・・。超絶美巨乳なエロ〜いお姉さんからオナニーのお誘い。ライブで生配信されているかのようにこちらを挑発しながら悶えてくれる。おもちゃで何度もイキまくる濃厚なオナニーを見せてくれる。後半は男にバイブで突かれまくってイカされる。巨乳好き。オナニー好き、バイブ好き、イカせ好きにお薦めの作品。

さやか エロい美尻に我慢できず大量発射
Tバックパンティに網タイツ姿でおっぱいを揉みしだいているさやかちゃん。何ともイヤラシい格好に興奮を隠せない。手からこぼれるほどの巨乳を激しく揉み揉みする。乳首を指先で弄りながらオナニーに耽る。息づかいは荒く顔は歪んでいく。脚は開かれパンティが透けている。手を下半身へと滑らせパンティの上からオマンコをまさぐり出す。激しい喘ぎ声を部屋中に響かせながらパンティを脱いで横たわるとさらに快感を貪るように直接オマンコを弄り出す。四つん這いになりお尻を高く突き上げると後ろから攻められているかのようにオマンコを晒しながらグリグリと擦りつける。体位を変えながら攻められ続ける妄想の中で快感は一気に高まっていく。「あ〜、あ〜、あ〜、あ〜、あ〜あ〜あ〜イク〜〜〜」激しい絶叫とともに絶頂へ達してしまう・・・。B87W60H85の超ナイスボディな美女のスタイルを存分に堪能する物語。男なら一度はナイスボディを抱いてみたい・・・。美巨乳、くびれたウエスト、Tバックが食い込んだ美尻と見ているだけでも満足してしまう美ボディだ。綺麗なお尻をタプタプと揺らしながら揉みくちゃにしていく。四つん這いにしてお尻をじっくりと堪能しM字に脚を開かせてオマンコをパックリ・・・。イイ女はオマンコも美しい・・・。感度抜群のエロボディをおもちゃで攻めまくる・・・。ローションまみれにしたお尻に大量のザーメンを放出する快感をぜひご堪能ください。お尻好き、美ボディ好きにお薦めの作品。

樹里 洗体してあげる 〜焦らされてビンビンの肉棒〜
「わたしも入ってもいい?」男がシャワーを浴びようとすると無邪気に入ってくる樹里ちゃん。Tバックパンティのお尻が最高だ。「わたしが洗ってあげる〜」ボディシャンプーを手に取ると男の体を手洗いしはじめる。「恥ずかしいよ〜」と男が照れると「大丈夫」と丁寧に洗う。自分で洗うという男に「大丈夫。洗いたいの。」と上半身から腕、指先までじっくり。男が股間を隠そうとすると「隠さないで」と窘める。「大きくなっちゃったら恥ずかしいよ〜」と樹里の手つきに反応してしまうことを恐れている様子。しかし樹里の手が下半身へ滑り太股から鼠径部を洗い出すと見る見ると勃起してしまう。「なんか下から見られると恥ずかしい・・・」と脚を洗う樹里がしゃがみながら見上げる視線に羞恥する。「じゃあ、ここも洗ってあげる。」一番最後にすでにビンビンに勃起してしまったチンポを握りシコシコと洗い出す。竿と袋を洗いながら「気持ちイイ?凄い大きくなってる〜」と完全に硬直した肉棒に驚く樹里。男は「ちょっと下を見られない。恥ずかしい〜」と目を閉じてしまう。すると「下見て。こっち見て。」とチンポを洗いながら視線を向けさせる。羞恥心でますますチンポがそそり勃つ・・・。美巨乳お姉さんがカラダを洗ってくれる物語。丁寧な手洗い、さらに巨乳でも全身を洗ってくれる。男は「気持ちよすぎて辛い」とお姉さんのボディ洗いにチンポが硬直しっぱなしに。この究極の焦らし攻めに男も我慢の限界に。「舐めてもいい?」ビンビンになった肉棒を鎮めるのはお口で・・・。男ならこんな入浴サービスを悦んで受けたいと思うもの。巨乳好き、受け身好きにお薦めの作品。

エレナ 美尻を撫で回し巨乳を揉みしだく・・・
プリプリなお尻が堪らないエレナちゃん。四つん這いになってお尻を向けられただけで下半身はビンビンだ。お尻を撫で撫でし指先を股間へ。敏感な部分を刺激すると顔を歪めながら喘ぎ出す。タプンタプンのおっぱいを揺らしながら悶える。「ああ〜、ああ〜、はあ〜〜」Tバックパンティの上からワレメに沿って指を這わしオマンコを擦る。体勢を変えてパンティの中に手を入れる。直接オマンコを弄り出すとおっぱいも揉みしだく。パンティの中からグジュグジュとイヤラシい音が響いてくる。スルスルッとパンティを脱ぐとクリトリスを指先で刺激。「ああ〜、あああ〜〜」四つん這いになり後ろから攻められているかのようにオマンコを刺激。「ああ〜〜、あああ〜〜イク〜〜〜」快感が頂点に達してイッてしまう・・・。イイ女系のお姉さんがプリンプリンのお尻をこれでもかと見せつけてくれる作品。お尻好きには堪らないTバック 姿のお尻を揉みくちゃにしEカップの巨乳を揉みしだく・・・。とにかくイイ女にナイスボディが好きというかたにお薦めの作品。

美津保 魅惑のレースクィーン 〜破られたストッキング〜
グラマラスボディにキャンギャルの衣装が堪らない美津保ちゃん。そんなエロ〜いボディに男の手が忍び寄る。キャンギャルに恥ずかしい格好をさせておっぱいを揉みくちゃにし、股間を弄り出す。恥ずかしそうな顔をしながらも男にされるがままだ。レースクィーンの衣装からおっぱいが丸見えになり乳首をコリコリと弄られる。オマンコは激しく擦られさらに衣装が食い込む。「あ、あ、あ〜〜ん」四つん這いになって逃げるも男がそれを追いかける。乳首を吸われ股間を直接まさぐられる。衣装を脱がされストッキングの上からイヤらしく男の手が股間をこねくり回す。ビリビリっとストッキングが破られ無残な姿に。四つん這いにされお尻を高く突き上げさせられる。Tバックのパンティに指を突き立てられズブズブッとオマンコの中へパンティを押し込まれてしまう。パンティの隙間から肉ヒダがはみ出てしまう。男はパンティを脱がせるとアナルをペロペロと舐め回す。「あは〜〜、あ〜、は〜〜」アナルを舐められた快感で息が乱れてしまう。パックリとビラビラを広げてピンク色のオマンコを丸見えにするとすでにマン汁でオマンコは濡れ光っている。クリトリスを激しく擦ると「あ〜、は〜、は〜〜」と顔を歪めながら感じてしまう。男はじっくりと時間をかけてオマンコをクンニする。さらにズブリと指を挿入しグジョグジョと手マンチョ。「あ〜、あ〜、ああ〜あああ〜〜〜イク〜〜〜イクーーーー」と絶頂へ達してしまう・・・。じっくりと攻めたオマンコは快感も人一倍に上昇する。たっぷりと焦らし攻めされたレースクィーンのカラダが乱れ狂う・・・。コスプレ好き、ナイスボディ好き、焦らし好きにお薦めの作品。

由美 夜の街でギャル系スレンダー素人娘をナンパしてお持ち帰り
夜の街を歩く由美ちゃん。コートにマフラー、ブーツとすっかり冬の装いだ。すると「なんか寒そうですね?」と声をかけてくる男が。「暖かいところがるけどどう?」と寒さをしのごうと誘う。「え〜?ちょっとだけですよ?」と警戒しながら男の後をついていく。男の部屋に着くと「まあ、どうぞ」とソファに促される。「暖かいでしょ?脱いじゃいましょうよ。」とコートを脱ぐように促す男。由美は「何となく・・・」男の魂胆がわかっていた様子。「スリーサイズとかはどのくらいなの?」と聞くと「秘密」とはにかむ。すると「秘密?」といいながら男は由美のおっぱいを触りはじめる。男にされるままの由美。男は「いろいろ調べないといけないからさ〜」とおっぱいを揉み揉み。「何するんですか?」と不安げな由美に「オナニーとかする?ちょっとしてみてよ。」とリクエスト。普段はしないという由美にローターを渡す。ローターをクリトリス押し当てると喘ぎ声を漏らす由美。脚を大きく開きパンティをグイッとずらすと直接オマンコにグリグリと押し当てる。「ん〜、ん〜、ん〜〜」と恍惚とした表情に。男はおっぱいを丸出しにして乳首に吸い付く。「あ〜、あ〜、あ〜〜」すっかり男のおエースに乗せられた由美。「もっと脚開いて。」パンティを脱がされオマンコが丸見えになった股間をパックリと広げオマンコに指をズブリと挿入。ズボズボと指マンすると「ん〜、ん〜、ん〜〜〜」とイヤらしい顔に。男はさらにバイブを挿入し「自分で動いてごらん。」と由美に自ら腰を動かすよう指示する。由美は快感を求めて自ら腰を振る。男は再びバイブを手に取るとズボズボと高速ピストン。さらにローターをクリトリスに押し当てる。「あ、あ、あ、あ〜イッちゃうよ。あ、あ、あ、あ〜〜、あ〜〜、ん〜〜〜イク〜〜〜〜〜」と絶頂へ達してしまう・・・。素人娘を夜の街でナンパしてお持ち帰り。そのまま脱がせることに成功する。好奇心には勝てない素人娘は男に気持ちよくさせられてしまう。フェラと手コキでチンポをビンビンにさせると自ら騎乗位で肉棒をズブリ・・・。スレンダーボディ好きには堪らない抱き心地だ。素人好き、ナンパもの好きにお薦めの作品。

真里 美人女医のエッチな回診
ロングヘアーの美人女医真里さん。病室の患者の枕元にそっと近づくと休んでいる患者のカラダをまさぐりだした。その手は上半身から下半身へと滑り股間へ。「んん〜」と患者は夢現の中をさまよっている様子。真里は患者のカラダに跨がりオナニーをはじめてしまう。「ん〜、ん〜、ん、ん」おっぱいを揉みしだきながら下半身へ手を入れる。オマンコを弄りだし喘ぎ声が漏れ出す。自らズボンを脱ぎパンティまで脱ぐと今度は患者の顔に跨がってしまう。「ん〜、・・・先生。」オマンコを押しつけられた患者はようやく事態に気づき「あ〜、すごい〜」と美人女医のオマンコが目の前にある現実に驚く。患者はすぐさま真里のオマンコを激しくクンニ。あっという間にグジョグジョにオマンコは濡れてしまう。真里は患者の下半身を裸にするとすでにビンビンに勃起している肉棒を握りながら「すごい〜」と興奮する。パクリとチンポを咥える喉の奥深くまで飲み込んでいく。患者の巨根は真里の口内に収まりきらない。患者は真里のピンク色のオマンコをさらにグジュグジュにしていく。真里は患者の肉棒を濁りシコシコと手コキ。「あ〜、あ〜〜、ああ〜〜」と患者も気持ちよくて喘いでしまう。「先生・・・先生が下になってください」患者は真里と体位を変えるとおっぱいにしゃぶりつく。「あ〜、勃ってきた・・・こっちも凄い。」とピンと勃起した乳首をチュパチュパと吸いながら「凄いエッチだ・・・もっと見せて」と両足を抱え上げマングリ返しに。恥ずかしい格好で濡れ濡れの綺麗なオマンコがあらわになってしまう・・・。こんなエッチな美人女医がいたら・・・男なら一度は妄想してしまう美人女医からのエッチな誘惑。病室で休む患者の体をエロ〜い診察でまさぐり続け自らオマンコをパックリと広げて顔面騎乗位に。こんなことをされてチンポがビンビンにならない男がいるのだろうか?美人女医のエッチな診察を存分にご堪能ください。

ルミ 虐めて欲しいの 〜バイブ攻めを懇願する痴女〜
「わたしのことを気持ちよくしてもらいたいの〜」と男におねだりするルミちゃん。さらに「おもちゃとかバイブとかないの?そういうの好きなの〜。」と具体的なリクエストが。すると「こういうヤツですか?」と電動バイブを見せる男。「そうそう、こういうので虐めて欲しいんだけどな〜」とM願望まで吐露するルミ。「とりあえずさ〜横になるからこれで虐めてくれない?」とベッドに横たわるルミ。「好きなようにしていいよ〜」と自らバイブのスイッチを入れる。男は戸惑いながらもバイブを乳首に押し当てていく。「気持ちイイですか?」とルミの感触を確かめながら慎重に攻めていく。「ねえ〜下の方もやって〜」とキャミソールをまくりおっぱいを丸出しに。露出した乳首にバイブをグイッと押し当てると「んあ〜」と堪らず喘ぎ声が漏れる。「イイよ、舐めたりしても。」男に乳首舐めをおねだりしチュパチュパと舐めさせる。「その辺も気持ちよくして〜」男がパンティの上からオマンコを弄り出すとこっちが本命とばかりにおねだり。男はバイブをオマンコに押し当て「この辺ですか?」とルミの反応を確かめる。「直接当てて〜」パンティ越しでは不満なのかルミはオマンコを直接攻めて欲しい様子。男はパンティをグイッとずらして直接オマンコにバイブを押し当てる。「あは〜〜、気持ちイイ〜〜」グリグリとクリトリスにバイブを押しつけるとさらに気持ちよくなっていくルミ。「パンティじゃマンで脱がせてもイイですか?」男はスルスルッとパンティを脱がせる。「クリちゃん虐めて〜。クリちゃんもっと虐めて〜〜〜」快楽を貪るように懇願するルミ。男は恐る恐るもグリグリとクリトリスにバイブを押しつけていく。「乳首堅くなってますよ」感じて乳首がピンと勃起してしまう。「もっと動かして〜」バイブを動かすようにおねだりすると「あ〜〜〜、イッちゃう〜〜〜〜〜」快感が急激に上昇しあっという間にイッてしまう・・・。男を気持ちよくすることが大好きな美女が自分も気持ちよくしてとおねだり。バイブでグリグリとオマンコを虐めて欲しいと男を誘導する。ビンビンになった肉棒を握りしめ「挿れて〜、挿れて〜〜後ろから挿れてもらうの好きなの〜〜」と四つん這いでお尻を高く突き上げる・・・。こんなにエロい美娘におねだりされたら何でもしてあげたくなってしまう。「もっといっぱい突いて〜」こんなことを言われたらチンポはさらに硬直してしまう。ひと突きする度によがってくれるエロ美女の痴態を存分にご堪能ください。

樹里 トイレに潜む痴女
トイレに駆け込む男。そこへ一人の女が現れる。女は男がおしっこをしているところを確認すると突然トイレのドアを開けてしまう。後ろから男に抱きついたのは樹里ちゃん。すると「な、なになになに?」男はビックリするが急におしっこは止まらない。「おしっこしてるの?」わかっているはずなのにわざわざ口にする樹里。「いや〜、もっと見たかったのに〜」と残念そうに前を覗き込む。「イヤだ〜もっと見せてよ〜」と男の股間をまさぐり出す。突然のことに戸惑いながらも痴女攻めを抗うことができない男。服をまくられ乳首を舐められてしまう。「だって〜、触りたくなったんだもん〜」と徐々に下半身へとリップ攻めする。ズボンを脱がされパンツの上から舐められると「ここも?」とパンツを脱がされてしまう。「こっち?」チンポを握られ袋から竿をペロペロと舐める樹里。パクリとカリを咥えジュボジュボとピストンすると「あ〜、大きくなっちゃった〜」とあっという間に勃起してしまう。「嬉しい〜」自分のフェラチオでビンビンに勃起してくれたことでさらに興奮する樹里。「もっと元気にして」激しいピストンで硬直した肉棒を気持ちよくさせる。「そんなにされたら・・・イッちゃう」男の快感が高まっていくと「狭いからあっちに行こう」と樹里はベッドへと誘う・・・。男なら一度はされてみたい痴女攻め。思いも寄らないところから美女が股間をまさぐりだしフェラチオしてくれる・・・そんな夢のような出来事が現実に?そんな男の妄想を叶えてくれるような内容。全身をリップ攻めされ続けチンポはビンビンに硬直してしまう。イクまで咥え続ける淫乱痴女はイッたあとも許してくれない・・・。

かえで 美乳・美尻・美脚なイイ女 6
「ツルツルした肌が綺麗だね」男に後ろからカラダをまさぐられるかえでちゃん。「んん〜」と恥ずかしそうな喘ぎ声が漏れる。男が首筋を愛撫しながらキャミソールをまくるとノーブラなのでおっぱいが丸見えに。「すぐに勃ッちゃうんだね〜」乳首がピンと勃起している。男はキャミソールを脱がせて背中から腰にかけてリップ攻め。そのまま四つん這いに体勢に。「きれいなお尻しているね〜」グイッとパンティを食い込ませてお尻を愛撫する男。恥ずかしい格好にされながらも気持ちよくて喘ぎ声が止まらない。「お尻を突き上げて」グイッとお尻を高く突き上げると男はお尻をリップ攻め。「お尻がおいしいね〜」桃尻をおいしそうに堪能する男。スルスルッとパンティを脱がせ「お尻の穴見えなっちゃった〜。ここも舐めちゃおうかな?」男はお尻のワレメに顔を埋めるとアナルを舐めていく。「今、どこ舐められてるか教えて?」男は淫語を言わせようとアナルをグジュグジュにする。「お、お尻の穴・・・」恥ずかしそうに口にするかえで。すっかり気持ちよくなり男に体を委ねるかえで。男は後ろから抱え込むようにパンティの中に手を入れオマンコを直接弄る。「あ〜、あ〜、あああ〜〜」一番感じるところを直接攻められ喘ぎ声が激しくなってしまう。男はパンティを脱がせると脚を大きく広げさせパックリ開いたオマンコをさらに刺激していく・・・。キュートスレンダーボディの美娘を蕩けるまでじっくりと気持ちよくしていく物語。焦らずじっくりと攻めることで女の快楽を最高潮に高めていく・・・。こんな攻め方をされた女はもうその男の虜だ。女もパンパンに膨れあがった股間を自ら求めていく・・・。イイ女はバックから突き続けたい・・・そんな征服願望を満たしてくれる作品。

瞳 スタイル抜群のレースクィーンを意のままに・・・
ロングヘアーのシュートスレンダー美女の瞳ちゃん。キャンギャル姿が超お似合いだ。男たちの視線が集中するところはわかっている。胸、くびれ、お尻、そして脚と自慢のボディだ・・・。「今日はおまえにレースクィーンになってもらいたくて衣装を用意したぞ。」男が瞳に着せるために用意したキャンギャルの衣装を早速着てもらう。「イイぞ〜」着替えるところを生で見ながら興奮していく男。「カメラ小僧とかが来ちゃうぞ〜」と瞳をからかいながら楽しんでいる。ノーブラで着けたトップスに乳首がピンと勃起しているのがわかる。「ポーズが大事なんだぞ?」男は「いつもパンチラを意識するんだ。」と前屈みにさせたりと男の視線を意識するように指導する。「エッチだな〜みんな。」と男たちがイヤらしい視線を向けてくることを改めて意識する瞳。脇の下のチェックされ「昨日剃ったんだけどな〜」と恥ずかしそうに笑う。「こんな感じ?」とカラダをまさぐりながらクネクネと腰をくねらせる。「喘ぎ声が足りないな〜」男はローターを手渡すとオナニーさせる。瞳は乳首から股間へとローターを滑らせ気持ちよくなっていく。「あ、あ、あ、あ〜、あ〜、あ〜」ローターをワレメに食い込むようにグリグリと押しつけ快感が高まっていく。「あ〜、あ〜、あ〜、あ〜〜〜」息づかいが荒くなりそのまま絶頂へ達してしまう・・・。男の欲望のままレースクィーンのコスプレをさせてエロいことをしまくる物語。男ならコスプレをさせて自分の思い通りのエロを追求したいと思うもの。華やかなキャンギャルを欲望のままに弄ぶ男の欲望を満たしてくれる内容。スタイル抜群のスレンダーボディ好き、コスプレ好き、パンスト破り好きにお薦めの作品。

京子 エッチが好きすぎて・・・
「気持ちイイよ〜。猫になった気分。」と男たちに携帯モップで首筋を弄られている京子ちゃん。キャミソールにミニスカのラフなスタイルだ。「感じやすいんだね」と男たちのテンションも上がる。男たちが携帯モップや毛筆の筆でカラダをまさぐっている姿を見て「イヤらしいね。男二人で・・・」と女を攻める男たちをエロく見ている京子。「でしょ?いろいろ攻めちゃうんだから〜」と男たちも調子に乗る。「わたし露出狂だから〜」と過去にはベランダでエッチをしたことがあるという京子。しかも「オナニーは終わったあとが虚しいから」という理由で「あまりしたくない」という。初体験は「16歳」でその後は「わかんない〜。50人以上〜」というくらい「ただエッチが好きだから」という根っからの好きモノ。そんなエッチ好きの京子を攻めるべく男たちは全裸にするとローターでオマンコ攻め。濡れ濡れのオマンコにローターを挿入、さらにクリトリスをローター攻めする。さらにローターを何個も膣に挿入してしまう。「イヤ〜、普通のエッチができなくなっちゃう〜」とまんざらでもない様子。男たちはさらに極太のバイブをズブリと挿入してしまう。バイブとローターを抜くと手マンチョでグジョグジョにすると大量に潮を吹き出してしまう・・・。とにかく「エッチが好き」というエロ娘とカジュアルな3Pを愉しむ物語。まだ22歳なのに経験人数は豊富。そのためこのエロ娘を満足させるために男たちも手を尽くす。肉棒で突きまくるとオマンコからマン汁がダラダラと流れ落ちてくるエロさが堪らない。女優の戸○E梨香似のエロ娘、いかがですか?

優子 巨乳女医にされた逆セクハラ診察
白衣を着た美人女医の優子ちゃん。「風邪ですか?喉が痛い?」診察室で患者を診察する優子。「疲労かもしれないですね?ちゃんと疲れを取ってますか?」とカルテに記入しながら問診する。「じゃあ、ちょっと脱いでみましょう」とシャツを脱がせると聴診器で胸の鼓動を確認する。「まあ、正常といったら正常ですかね」と特に異常は感じられない様子。「たぶん大丈夫だと思うんですけど、どうなんですかね?」と胸を触診する。「私、好きなんですよね〜こういうカラダが・・・」と男の筋肉質なカラダに興奮する優子。「ちょっと舐めてもイイですか?ちょっとだけ・・・」と突然患者の乳首を舐めてしまう優子。これが診察なのかわからないままなすがままの患者。「いいですよ〜」と乳首をたっぷりと舐める。「ちょっとこっちも診察してイイですかね?」と患者のズボンを下ろしてしまう。「ちょ、ちょっと・・・」ベルトを外され戸惑いを隠せない患者。「大丈夫ですよ。私はドクターですから・・・」とあくまでも医療行為だという優子。患者を全裸にした優子は「ちょっとだけ、ちょっとだけ・・・」といいながら患者のチンポを弄りはじめた・・・。もちもこんなエッチな女医がいたら・・・二人きりの診察室で女医が逆セクハラされ全裸にされてしまう。「ちょっと味見してイイですか?」と手コキされ勃起したチンポをパクリと咥えられてしまう。ビンビンに勃起してしまった肉棒をどうすることもできず、されるがままの患者・・・。男なら一度は妄想したことがあるエッチな診察が現実に?シチュエーションプレイ好き、女医好き、コスプレ好き、痴女好きにお薦めの作品。

ルミ 痴女ラレ
男が急いでトイレに駆け込む。するとそのあとをミニスカートの美女ルミちゃんが追いかけおもむろにトイレのドアを開けてしまう。「ねえ〜、なにやってるの?」突然声をかけられた男が「ちょ、ちょ、なんですか?」とビックリして声を上げる。「だ、誰ですか?」「え〜?そんなのどうでもいいでしょ?」と男に後ろから抱きつく。「待ってくださいよ・・・ちょ、やめてください、こんなとこで・・・」おしっこをしている時に襲われてしまいどうしようもない男。「トイレ?」ルミは男がおしっこ中で何もできないことをわかっていながら首筋を舐め始める。「ちょっと、やめてくださいよ。」と拒む男に「なんで?でも、気持ちいいんでしょ?」ルミは男のうなじを舐め続ける。「感じてるんでしょ?」ルミのリップ攻めに「ん〜〜」と堪らず声を漏らしてしまう男。「いいカラダしてるわね」ルミは男のシャツを脱がせ乳首を舐め始める。「なんか興奮してきちゃう〜」「舐めないでください」拒む男に構うことなくルミは男の股間をまさぐっていく。「なんかこのズボン邪魔ね」ルミは男のズボンとパンツを下ろすと「うふふ・・・やっぱり元気になってるじゃない。」と堪らず勃起してしまったチンポを握るとカリをペロペロと舐めながら「気持ちよくしてあげる。」とパクリと咥えてしまう。「うわ〜〜」すっかりビンビンになっているチンポがルミの口の中でさらに大きくなってしまう・・・。ミニスカの美女に突然痴女られてしまったら・・・男なら一度は妄想したことがある痴女られたい願望を満たしてくれる物語。見ず知らずの美女に股間をまさぐられ堪らず勃起してしまう。さらにパンツを脱がされフェラチオまでされてしまう・・・。心とは裏腹にカラダは正直に反応し戸惑いながらも言いなりになる・・・。痴女好きには堪らない内容。痴女好き、攻められ好き、M男くんにお薦めの作品。

真実 まさかの先輩美人OLから逆セクハラ? 〜我慢できなかった部下〜
「何やってるの?」部下の仕事ぶりを観察するOLの真実ちゃん。「はい。どうしても今日中に終わらせなければならない資料がありまして・・・」とパソコンで資料作りに励んでいる部下。「ちゃんと残業してやってるのね。」「どうしても今日中にやらないと部長に怒られてしまうので。」と時間がない様子。「ねえ、ここちょっと間違ってるよ?」真実が間違いを見つけて「違うよそれ・・・」と部下のキーボードを自分に向けて打ち直す。「さすが先輩。」と感心しきりの部下に「ちゃんとして〜」と背中を叩く。「最近、頑張ってるみたいだけど大丈夫なの?」と部下の肩を揉みはじめる。「はい、大丈夫ですよ」とパソコンに向かう部下。「肩が凝ってるよ?」と揉みほぐす真実に「凄い気持ちイイです。ありがとうございます。」と真実のマッサージに満足げな部下。「ちょっと暑そうね?」と真実は部下のジャケットを脱がせる。「楽にしていいのよ。ネクタイも取りなよ。」とネクタイを外し頭のマッサージもはじめる。「何か暑いよね?これも脱いじゃいなよ?」とワイシャツのボタンを外す。[乳首勃ってるよ?」と部下の乳首を面白半分に弄り出す。「先輩、ちょっと・・・」と仕事に集中できない部下。「なに?下も暑いの?」と部下の股間を触る真実。「先輩、マズいです・・・。力が抜けちゃう・・・」真実は困る部下の首筋を舐めながら股間をまさぐっていく。「ダメですって・・・おかしくなっちゃう・・・」真実に弄られて股間が膨らんでしまった部下。「こういうことはダメですよ・・・」と戸惑いを隠せない部下に「何がマズいの?ほらこれも脱いで・・・」とワイシャツを脱がせズボンも脱がせてしまう。股間が大きく膨らんだパンツ姿にさせられた部下の股間をペロペロと舐め始める真実。さらにパンツまで下ろそうとする。「パンツだけは・・・パンツだけは・・・」と拒もうとするがビンビンに勃起したチンポを露出されパクリと咥えられてしまう・・・。オフィスで働く美人OLが残業する部下に逆セクハラする物語。男なら一度はこんな妄想をしてしまうシチュエーションプレイ。先輩の美人OLから迫られカラダは正直に反応してしまう。「もう我慢できないです」と先輩を脱がせてオマンコをグジョグジョに。「先輩、こんなものがありました」となぜか会社に電動バイブが。ズブリとバイブを突き刺し激しくピストン。先輩美人OLのあられもない姿を目の当たりにしてしまう・・・。シュチュエーションプレイ好き、OL好きにお薦めの作品。

かえで 美乳・美尻・美脚なイイ女 5
四つん這いになって艶めかしいほど綺麗なお尻を高く突き上げているかえでちゃん。Tバックパンティの中心を指先で弄っている。「あ〜〜」堪らず喘ぎ声が部屋に響く。ワレメをなぞるように指を滑らせて刺激する。後ろから攻められているかのように気持ちを昂ぶらせ息が乱れていく。「ああ〜、ああ〜はあ〜〜」仰向けになると快感で乳首がピンと勃起して感度が高まっている。ワレメからクリトリスを優しく刺激しパンティの中に手を入れる。直接指先がオマンコに触れグチョグチョとイヤラシい音が響く。邪魔なパンティを脱ぎあらわになったオマンコを直接刺激。すっかり濡れ濡れになったオマンコはビチョビチョと淫猥な音を響かせる。「あ、あ〜、あ、あ〜〜」後ろから攻められるのが好きなかえでは再び四つん這いになりクリトリスを刺激。すると一気に快感が高まりそのまま絶頂へ達してしまう・・・。淫靡なオナニーでオーガズムに達した美女は超絶美尻なくびれ美女だ。さらに美乳、美脚、美マンと申し分ない。ローター、電動バイブ、そして指マンで何度もイカされてしまう。攻められている最中もチンポを咥えて離さない。美尻好きにお薦めする作品。

唯 レースクィーンのワレメから溢れ出る蜜
ピチピチの超ミニスカレオタードにハイヒールとお色気ムンムンのレースクィーンの唯ちゃん。ナイスボディに男たちの視線は太股、ミニスカ、おっぱいへと集中する。今日も男の欲望がこの美娘に注がれる・・・。おっぱいをムギュムギュと揉まれ堪らず喘ぎ声を漏らす唯。乳首をコリコリと刺激されあっという間に勃起してしまう。男はレオタードの隙間からおっぱいを露出するとチュパhc宇羽と乳首を吸い始める。「あ〜〜、あ〜〜〜」快感が走った唯は激しく喘いでしまう。脚は大きく開かされストッキングの下はなんとノーパン。男はローターのスイッチを入れるとオマンコに押し当てていく。「あ〜、あ〜、あ〜」ストッキングを脱がせオマンコをパックリと開くとすでにワレメはビチョビチョに。「あ〜ん〜〜」ズブリと指を挿入しズボズボとピストンする。さらにGスポットをグリグリと攻めていく。同時にローターをクリトリスに押し当て同時攻め。「あ〜、あ〜、あ〜〜ああ〜〜〜」すっかりグジョグジョにされたオマンコから愛液が溢れ出てくる。「あ〜、あ〜、あ〜〜気持ちイイ〜〜あ〜〜〜ああああ〜〜〜〜イヤあ〜〜〜〜」快感が一気に上昇しイカされてしまう・・・。男が一度は抱いてみたい女それはレースクィーン。スタイル抜群のボディを自分の意のままに快感へと導いていく悦び・・・。ノーパンにストッキング一枚とマニアには堪らない姿に最初から下半身はビンビンだ。美マンから溢れ出る愛液が美娘の気持ちよさが伝わってくる・・・。レースクィーン好き、コスプレ好き、美マン好きにお薦めする作品。

友希 久しぶりのエッチがハメ撮りなんて恥ずかしい
ロングヘアーの明るい美人系友希ちゃん。ミニスカートから太股がすらりと伸びて速くも目は釘付けに。デルタゾーンの奥をじっくりと覗いてみたくなる。ベッドに座り男との過去の話で盛り上がる。「しかしさ〜相変わらず色っぽいね〜」友希のカラダを見て男の本能が目覚めてくる。「そうかな〜?あんまり色っぽいなんていわれないから・・・」と謙遜する。「ついつい、こう〜・・・見ちゃうもんね〜」と友希のカラダを見入ってしまうという男。「私ね〜、結構男っぽいところがあるみたいで、スリットの入った服とか着てると、男友達に平気でめくられちゃうんですよ〜」と女として色っぽいというより男っぽく見られちゃうという。「ちょっとご無沙汰ですね〜」と今日は久しぶりのエッチで「ちょっと期待してきた〜」とテンションが上がっているという。しかし「今日はハメ撮りで・・・」と告げられると「なんか恥ずかしい〜〜〜」と一気に羞恥心でいっぱいになってしまう。「素のままの自分を見せるのは結構恥ずかしい〜」という。「ちょっと脚を開いてもらうと・・・」とパンティが白だと聞いておねだりする男。すると「恥ずかしいですよね〜」といいつつゆっくりと脚を開いてくれる。「あんまり白って穿かないんだけど・・・」と白いパンティを見せてくれる。さらに「いきなりパンティなんだ・・・」とスルスルッとパンティを脱いでくれる。男はパンティを手にして「イヤ〜興奮するね〜」と一気にテンションが上がる。「もう下は穿いてないんですよね?」とミニスカの下がノーパンだと確認すると「ちょっと開いて見てくださいよ」と脚を開かせる。友希は恥ずかしさで股間を手で隠す。「イイね〜。てもどけましょうよ〜」「自分でやるって恥ずかしいね〜」と自ら脚を開く行為が超恥ずかしいという友希。オマンコが丸見えになり男のテンションもさらに上昇。「オナニー見たいな〜」最近はあまりしないというオナニーをリクエストする男。友希はミニスカを脱いでオマンコを弄り出す・・・。スタイル抜群の超絶美女とハメ撮りする物語。素の自分が出ちゃうと羞恥心でいっぱいになった美女がどんどんエッチな気分になっていく。たわわなおっぱいを揺らしながら久しぶりのセックスを愉しむ・・・。美女好き、ハメ撮り好きにお薦めする作品。

美久 エッチな女医がいる診察室
ちょっと勝ち気な美人女医の美久ちゃん。白衣を脱いだらとてもエッチな下着を着ていた・・・。「先生まだですか?頭はボウッとするし・・・」具合が悪いのが治らない患者が女医に愚痴をこぼすように訴える。「まだ調子悪そうですね〜」網タイツを穿いた美脚を組ながら患者の話を聞く美久。「なんか・・・よく見えないんですよ」症状を訴える患者に「じゃあ、もう一度診察してみたいとね」と組んでいた脚を解くとミニスカの奥にパンティが覗き見える。「しようがないわね」診察台に横たわる患者に「どんな感じ?」と触診し始める。「頭も痛いし、目も見えないし・・・」と愚痴る患者の顔を触診しながら「こっちは大丈夫そうだけどね〜」と異常は見られない様子。「じゃあ、カラダのほうを診ましょうか?」と聴診器を胸に当てていく。「この辺診てみようかな?」美久は聴診器を当てながら患者の乳首をコリコリと刺激し始める。「先生のやり方でやるからね」聴診器だけでなく指でコリコリしたり乳首なめしたりする美久に「先生、これ診察ですよね?」と感じてしまう患者。「こっちは大きくなってきたみたいね〜」股間が一気に膨らんでしまう患者。「お、おかしいな〜」勃起してしまったことが恥ずかしい患者はなんとか言い訳を探す。「大丈夫よ。今聴診器を当ててるからね。」と聴診器で股間をまさぐっていく。ますます勃起していく股間に「すごくいい感じだと思うよ〜」とチンポが大きくなっていくことを悦んでいる様子。「ちょっと手を入れてみるからね。ビックリしないでね。」美久は患者のパンツの中に手を入れ直接チンポを触り出す・・・。もしもこんなエッチな女医さんに診察されたら・・・。診察といいながら患者をどんどん感じさせていく夢のような女医が気持ちよくしてくれるだけでなく自らのカラダも触らせてくれる・・・。美人女医のエッチなカラダはスタイル抜群で美巨乳、さらに美脚、美尻ということなし。憂鬱な診察が一気に快感の場所になってしまうシチュエーションプレイ物語。こんなにエッチな診察なら毎日でも通いたい?男の妄想を叶えてくれる作品。

香純 もしもこんなエッチな先生がいたら・・・ 3
お姉さん系のちょっと色っぽい女教師の香純ちゃん。仕草から下着までお色気がムンムンする。「先生、僕を甘えさせてください。」ソファーで寛いでいる香純のところに一人の生徒がやってきた。ミニスカから覗く太股がイヤらしく男心を擽る。「うふふ」と笑みを浮かべる香純先生を見て「ダメですか?じゃあ、逆に先生の好きなようにしてください。」男子生徒の大胆な言葉に少し驚くも「うん」と微笑む香純。「先生の好きなようにしてください」「ここで?」「イヤ、いきなりあっちでもイイですけど・・・」とエッチな妄想が膨らんでいく生徒。香純は生徒のワイシャツのボタンを外し出す。香純はワイシャツを脱がせてさらにズボンまで一気に脱がせてしまう。「脱がせてイイの?」パンツだけになった生徒をからかうように股間をまさぐる香純。「脱がすよ」香純はパンツを下ろすと生徒のチンポをじっくりと見る。「先生もいろいろなおちんちん見てると思うんですけど好きなんですか?」香純過去の男たちを想像しながら生徒は妄想を膨らませていく。「先生に甘えたいんです」性との欲望が一気に爆発しそうな雰囲気だ。香純は生徒の乳首を舐め始める。「先生の裸を見たいな?」生徒はわがままを言い出すが香純はお構いなしにチンポをしゃぶり出す。「先生、僕だけ裸なんですけど・・・先生の裸が見たいです。」香純の口の中でみるみる大きくなっていく生徒のチンポ。香純は生徒の希望通り服を脱いであげる。「ああ〜、先生・・・すごいです」香純のフェラチオが気持ちよくて生徒が堪らず喘ぎ声を漏らしてしまう。香純はローションを口に含むとパクリと生徒のチンポを咥えてチンポを一気にローションまみれにしてしまう。「ああ〜〜先生、凄すぎます〜〜」ヌルヌルになった肉棒は快感が一気に高まり暴発しそうになってしまう・・・。もしもこんな女の先生がいたら・・・。美人女教師に性の手解きを・・・色っぽい女教師が生徒にねだられチンポを気持ちよくしてくれる物語。大人の女に教えてもらう究極のテクニックに生徒のチンポは爆発寸前に。巨乳でスタイル抜群でパイパンオマンコの美人教師とヤッてみたい・・・そんな男の願望を叶えてくれる作品。

あずさ 禁断のオフィスラブ
誰もいないオフィスでブラウスのボタンを外すあずさちゃん。白いブラジャーがあわらになりおっぱいをまさぐる。脚は大胆に開かれミニスカートがたくし上がる。覗いたパンティの上からオマンコを弄り出す。ブラジャーから露出したおっぱいを揉み乳首をコリコリ。仕事でストレスが溜まるとオフィスでオナニーに耽ってしまう。誰にも言えないOLの日常だ・・・。定時を過ぎたオフィスでは仕事を終えた社員が一人また一人と職場をあとにする。「お疲れさまでした〜」あずさは仕事が終わらない男性上司とともにオフィスに残っていた。仕事が終わったあずさは上司の下へ歩み寄る。「お疲れさまです。残業ですか?」と上司の肩を揉む。「どうした?終わったら帰ってイイよ。また連絡するから。」と仕事を続けようとする上司。「イヤですよ〜」とあずさは上司の体にもたれかかる。「どうした?まだ仕事が残ってるから帰ってイイよ?」「イヤです〜。これはおうちに帰ってからやってください〜」上司に甘えるような仕草を見せるあずさ。「一緒に帰りましょうよ〜」「うん、そうしたいけど、まだ会社の人が近くにいたらヤバイから・・・」と社内には秘密にしている様子。「もう誰もいませんよ?」待ちきれないあずさに対し上司は週末連絡するといって仕事がしたい様子。しかし「大丈夫」とあずさは上司の足下にしゃがみ込む。「ここで?いくら何でもヤバイだろう?」と上司はオフィスでしようとしているあずさを止めようとする。しかしあずさは上司の股間をまさぐりだしている。「大丈夫よ〜」と上司のズボンにクッキリと浮き上がるほど大きくなったチンポを刺激し続ける。「誰か来たらまずいよ」上司は会社にばれることを心配するがあずさは「私のも舐めてください」と服を脱ぎ始める。「だけど・・・」躊躇う上司の前にブラジャーからはみ出たおっぱいが迫っていく。上司は乳首を吸い始める・・・。誰もいないオフィスで上司とOLがエッチなことを始めてしまう物語。男なら一度はこんなシチュエーションを想像してしまうもの。禁断のオフィスラブを存分にご堪能ください。