流出裏AVなどに特化した動画を無修正または薄消しで配信するサイトです。中でもコスプレ系の動画には根強い人気があり、コスプレマニアを軸に幅広い層から支持を得ています。

H:G:M:O 流出裏AV(2020年06月)



まなみ 初めて人前でオナニーして激イキしちゃいました
「女の人の体って綺麗だな〜」これが初めてAVを見たときの感想だったというまなみちゃん。「もともと写真好きなので写るの好きなんです」と見られる願望があるというまなみ。「最近は彼氏もいないのでフリーです」というので「したいときはどうするの?」と聞くと「オナニーもあんまりしないんですけどたまにシャワーでしたりとか・・・」と性欲はあるがあんまり実行しないという。「最初は全身が痛くって・・・」と初体験は19歳の時だがすごく痛かったという。「当時の彼氏が一日3回とか4回とかするので1ヶ月後くらいには気持ちよくなってきました」と急速にカラダが開発されたという。「体が震えるほど気持ちよくなりました」と初めてイッた時は超気持ちよかったという。「人気のない駐輪場でしたこともあります」と変わったエッチだが「スリルがありましたよ」とドキドキしながら彼氏がイクのを待ってたという。B100W64H89という超巨乳ボディに男は一気にテンションが上がっていく。「彼氏が喜んだでしょう?そんなおっぱいを見せてくれますか?」と興味津々な男は「下着になっちゃってください」と促す。スルスルッと服を脱ぐと「大きいね〜」と超がつくほどの巨乳がブラジャーに包まれていた。「痴なミニ何カップですか?」「Gカップ・・・」と恥ずかしそうに答える。「じゃあ、ブラを外しておっぱいを見せてもらえるかな?」まなみはブラのホックを外しおっぱいをポロリ。見事な爆乳が目の前に現れる・・・。超爆乳ボディの素人娘が初めてエッチなところを見せてくれる物語。女によってそれぞれ違うオナニーの仕方。自分がどうしたら気持ちよくなるのか?素人娘の日常を垣間見るかのようなオナニーを見せてくれる・・・。素人好き、初モノ好きにお薦めの作品。

麻衣子 初めて人前でエッチします 〜素人娘の淫乱ボディ〜
アップの髪がお似合いの麻衣子ちゃん22歳。「どんな風になっちゃうのだろうとちょっとドキドキしてます」と緊張気味の麻衣子。初体験の時から「気持ちよかった」という恵まれたカラダ。「オナニーはします。週2回くらいだけど多いと毎日です。」となかなかエッチな娘だ。セックスをしない日にオナニーするが「セックスで満足しないと一人でします。」と相手が満足させてくれないと欲求不満になるという。「セックスは好き、毎日でもしたい」というドスケベ娘。T161B88W60H90のナイスなボディは男心を擽る。変わったエッチは「電動マッサージ器を使ってエッチした」というが「痛気持ちイイ〜」とまんざらでもなかったという。「ちょっとおっぱいを見せてくれますか?」と促されブラジャーをグイッとずらしておっぱいを見せてくれる。「綺麗なオッパイしてますね〜。乳首も勃ってるし。」と形のいい見事な美乳だ。「なんか話してたら興奮してきました。」と密かに感じていた様子。「見られてるとなんか興奮します。」とさらに気持ちがエッチになっているという。「ちょっと自分で触ってみて」とおっぱいを弄らせると「だんだんエッチな顔になってきたね〜」と恍惚とした表情に変わる麻衣子。「感じてきました」とさらに乳首をコリコリしていくと「舌も触っていいよ」と促される。脚を開いて股間もまさぐり出す麻衣子。「気持ちよくて真っ白な感じです」とすっかりエッチな気分になった麻衣子。男はスカートを脱ぐよう促しソファーに浅く座らせる。「なんか濡れてきちゃった」とはにかむ麻衣子に「続けてごらん」とそのままオナニーを続けさせる・・・。ナイスボディな素人エロ娘がはじめて人前でエッチなことをする物語。「見られてると感じちゃう」と根っからのドスケベ娘はオナニーでもオマンコをグチョグチョに濡らしてしまう・・・。素人好き、初モノ好きにお薦めする作品。

千春 超ロリ娘の口内とオマンコに濃厚発射
嬉しそうに男の股間をまさぐっているロリ系の千春ちゃん。チンポを焦らすように指先を使い股間は大きく膨らんでいく。男の反応楽しむかのようにチンポを擦る。「はみ出してきた」パンツから勃起したチンポがはみ出し千春はパンツを下ろす。ビンビンに屹立する肉棒を手コキしながら袋を舐め出す。パクリとカリを咥え舌先でチロチロ。さらにジュボジュボと深く飲み込んでいく。ジュルジュルとピストンしカリをペロペロと巧みなフェラテクで気持ちよくしていく。カリ首から竿まで丁寧に舐め回し鈴口をチロチロ。手コキも加えてピストンしていくと男のが悶え出す。「うう〜〜、あ〜〜、あ〜〜〜〜」興奮した男に合わせるようにピストンを速めるとそのままドピュドピュドピュッと口内発射してしまう・・・。超ロリ娘が嬉しそうにチンポをしゃぶりそのままイカせてくれるとお返しに肉棒をパイパンオマンコ突き刺してあげる。悶えまくるロリ娘をノンストップで限界まで突きまくる・・・。ロリ好き、コスプレ好きにお薦めの作品。

さき オナニーしたばっかりなのにチンポが欲しいの
「オナニーとかするの?」男に聞かれ恥ずかしそうに「・・・たまに」と答える制服姿のさきちゃん。ミニスカの奥に白いパンティが覗く。「たまに?じゃあ、そのオナニーを見せて。」男にリクエストされるとスッとミニスカをたくし上げパンティをあらわにする。パンティの上からワレメに沿って中指を擦り出す。すぐにオマンコから愛液が溢れ出しパンティにワレメのあとがクッキリと映り出す。パンティの上からローションをかけるとパンティの染みこませるように指を滑らせていく。「あ〜、あ〜〜」と堪らず喘ぎ声が漏れる。ローターを手に取りスイッチを入れるとクリトリスに押し当てていく。ローターの振動がクリトリスを刺激し息づかいが荒くなっていく。パンティの中にローターを入れ直接クリトリスに押し当てていくとさらに激しく悶え出す。「はあ〜〜、あ、あ〜〜〜」パンティの中でグリグリとクリトリスを刺激していく様がなんともエロい。「あ〜、あ〜、あ〜、あ〜、あああああ〜〜」呼吸が荒くなり快感が一気に上昇していく。「あ、あ、あ、あ、あ、ああ〜、あ〜〜あ、あ〜、あ〜、あ〜〜〜」昇りつめた快感が頂点に達しあっという間にイッてしまう・・・。誰もいない体育倉庫に呼び出された制服娘がローターオナニーを見せてくれる。興奮した男はイッたあとのオマンコをクンニ。一度火のついたカラダの火照りを鎮めるためには硬直した肉棒が必要だった・・・。制服の下はたわわに実った豊胸、感度抜群の秘部と男を興奮させる成長したボディ・・・。制服好き、コスプレ好きにお薦めの作品。

かおり 超絶美人OL初めての生セックス
男にゆっくりとブラジャーを外されるかおりちゃん。すると「綺麗なオッパイしてるね〜」とたわわなおっぱいに男も思わず口にする。乳首をコリコリしチュパチュパと吸い始めると「あ〜、あ〜〜」とすぐに敏感に反応する。「乳首勃ってきちゃった。」と男が言葉攻め。すると恥ずかしそうな顔を見せるかおり。男は脚を開かせ股間へ顔を埋めていく。太股の付け根から太股へ舌を這わせながらオマンコをグリグリと刺激。「は〜〜、は〜〜」と恍惚とした表情を見せる。スルスルッとパンティを脱がせて再び足を大きく広げさせる。指先でオマンコをグリグリと弄りながら乳首舐め。「すごい濡れちゃったね。」すっかり濡れ濡れになったオマンコを弄りながらクンニすると「あ〜〜ん」と反応が激しくなってしまう。クリトリスを舐められ、吸われ、膣には指がズブリ。「どうしたの?」と少し意地悪げな質問に「気持ちイイ〜」と素直に感じていくかおり。男はローターを手にするとクリトリスに押し当てていく。「あ〜、あ〜、あ〜〜」腰を振りながら感じてしまうかおり。男は四つん這いにさせるとお尻を突き上げさせパックリと丸見えになったオマンコにグリグリとローターを押しつけていく・・・。スタイル抜群の美女が初めて人前でセックスを見せる・・・。恥ずかしそうに感じていた美女も快感が上昇するにつれ大胆になり自ら腰を動かしていく・・・。ビクビクとカラダを震わせるほど気持ちよいセックスを経験した美女の痴態を存分にご堪能ください。

まい 勃起したおちんちんをしゃぶらせてください
「チンポが欲しいんだね?」男が聞くと笑顔で頷くまいちゃん。「ただ、チンポが欲しいと叫んでもチンポを挿れてもらえるとは限らないよ?」お願いしてるのに「なんで?」と悩ましげな顔になるまい。「それは、君自身が勝手に気持ちよくなって相手のことを考えないからだよ。相手を気持ちよくすることを勉強しましょう。」と作業着を手渡される。「この作業着に着替えてください」といわれ着替えるまい。作業着とはなんと体操着にブルマだった。「さあ、それでは男の人たちに奉仕してもらいましょう。」とまいの両側に男たちが立つ。「はい、頑張ります。」とはいったものの「どうすれば・・・」と何をすればいいのか迷うまい。「さあ、どうぞお好きに。」と促されたまいは乳首を舌先でチロチロと舐め始める。「手で触りながら・・・」と促され股間をまさぐり出す。「乳首舐めもチンポを握る手も休まず動かして」男に促されながらリップ攻めしていくまい。男たちの股間が膨れあがっていく。「あなたの勃起したおちんちんをしゃぶらせてください」とお願いさせられたまいはパンツを下ろしてパクリとチンポを咥える・・・。セックスの時、自分だけが気持ちよくなることを考えていた美娘が、男を気持ちよくさせることを教えられる物語。男がどうしたら気持ちよくなるのか?チンポをどうしゃぶったら気持ちいいのか?フェラと手コキを教え込まれイカせるまで実践する。さらに放出したザーメンをどうしたら男が喜ぶのか?初めて教えられる。未開発の女を開発したい方にお薦めの作品。

ユリ 爆乳美娘初めての大量潮吹きで激イキ
ガラステーブルの上で体育座りをしているユリちゃん。バイブや指でイカされ続けて疲れちゃった様子。男が「いよいよ本物を挿れて上げるよ。」と豊満なおっぱいを揉み始める。乳首を吸われ生き神だれ始めるユリ。「足を広げてごらん?」とオマンコを弄り出すとグチュグチュとイヤラシい音が響く。「濡れ濡れじゃない〜」と男の指がグジュグジュとオマンコを弄り続ける。後ろから手を股間に入れマンコを弄り続けると「あん、あん、あん、あん〜〜〜」と喘ぎ声が止まらない。さらに股間に顔を埋めてクンニ。ズブリと指を2本挿れグジョグジョと手マンチョする。膝立ちさせて手マンチョすると「イヤァ〜〜〜」といいながらオマンコから大量の潮が噴き出す・・・。「潮噴いたところにいいモノを挿れてあげるから大きくしてごらん」とチンポを咥えさせる。いきり勃った肉棒をリズミカルにピストンしていくと男の口から喘ぎ声が漏れる。「こんなに大きくなっちゃった。挿れてあげるから挿れてっていってごらん。」「挿れて・・・」M字に開いた股間の中心にズブズブッと肉棒を突き刺していく。「うお〜すごい締まりがいい〜〜」肉棒は最高に締まりのいい肉ヒダに飲み込まれていった・・・。超巨乳な美娘が大量の潮吹き。どれだけの量が吹き出るのかガラステーブルがビチャビチャになっていく。「今までで一番気持ちがイイ」とまで言わせた美娘の痴態を存分にご堪能ください。巨乳好き、潮吹き好きにお薦めの作品。

ありさ 超匂いフェチな彼氏に体を洗うなと言われました
彼氏の家に遊びに来たありさちゃん。ノースリーブシャツにショートパンツ姿が男の欲望をそそる。「疲れちゃった〜」「オレも疲れちゃったよ〜」とベッドに座り他愛もない話をする。「そういえば例のことヤってる?」と男が意味深なことを聞く。「あ〜、うん。ちゃんとヤってるよ」と男に言われたとおりにしているというありさ。すると男はありさの匂いを嗅ぎながら「ホントだ。ちょっと匂うな。」と満足げな表情。「ここはちゃんと3日間穿いてる?」とショートパンツをめくりパンティを確認する。「穿いてる〜」とありさも答える。「楽しみだな〜」と嬉しそうな男。ニヤニヤが止まらない男に「恐いよ〜顔が〜」と笑うありさ。「昨日もお風呂入ってないんでしょ?おしっこしても洗ってないでしょ?」とありさの匂いを嗅ぎまくる男。「こういうのが好きなこと知ってるだろ?」とわきの下の臭いを嗅ぐ。「イヤァ〜キャハキャハ〜」とじゃれ合う二人。男はさらに足の裏の臭いを嗅ぎながら「これは何日?」「ずっと穿いてる」「確かに汚い。いいな〜。ちょっと甘いな〜。」と恍惚とした表情になっていく。興奮した男はありさの押しの裏を股間に擦りつけていく・・・。超匂いフェチの彼氏と彼女の変態物語。美娘の洗っていないカラダの匂いを嗅ぎまくり舐めまくる。たわわなおっぱいに抱き心地の良さそうなボディを舐め回す快楽・・・。マニアには堪らない濃密な世界を存分にご堪能ください。

千春 超ロリ娘のツルツルオマンコを激イカせ
パジャマ姿が超かわいい千春ちゃん。本気のマジイキ顔が見たいとリクエスト。用意されたのはローターと極太バイブ。一難の性感帯は「クリトリス」という千春。「クリトリスをローターで弄られるとすぐにイッちゃうと思います」とはにかみながらいう。パジャマを脱いで裸になった千春の首筋を男はリップ攻め。同時に乳首をコリコリと刺激すると堪らず喘ぎ声を漏らす。「あ、あ、あ、あ、あ〜」かわいい顔が歪み恍惚とした表情になってしまう。「痛いくらいに攻められたい」とおねだりされ乳首を同時に攻めていく。足をM字に開かされた千春の股間に男が顔を埋めていく。パックリとオマンコを開きクリトリスを露出。舌をレロレロさせるとさらに感じてしまう。男がローターのスイッチを入れ乳首に押し当てる。同時にクリトリスをコリコリと刺激。「穴も触ってちょ」とかわいいおねだりに指先をズボズボ。「あ〜、あ〜、あ〜、あ〜〜〜〜」激しい指マンとクリトリスローター攻めで一気に快感が上昇する。「あ、あ、あ〜〜〜、ああ〜〜ああ〜〜、イキそう〜〜〜」すると男はイキそうになった瞬間寸止めしてしまう・・・。超ロリ娘を本気でイカせるためにおもちゃや指で攻めまくる物語。しかし超絶イキのため寸止めされてしまう。ツルツルオマンコは本イキのために超濡れ濡れ・・・。ロリ好き、イカせ好きにお薦めの作品。

英理 パンチラ女子校生
制服姿がお似合いの英理ちゃん。自転車で散歩してると制服のミニスカがヒラヒラと風に靡きパンチラしてしまう。階段を昇る時もミニスカがヒラヒラしパンティが覗き見えてしまう。男にとってこのパンチラに出逢えたならラッキーそのものだ。部活はバレーボールをやっているという英理。B85W60H90の青春ボディもマニアには堪らない魅力だ。初めておちんちんを見たのは15歳の時。「すごい大きいな〜。勃ってるな〜」とビックリしたという。初体験はその時。「フェラチオはすごく好き」という英理の経験人数は「10人です」意外と一途だという。そんな英理のパンティにはすでにシミが・・・。制服から体操着に着替えた英理。体操服の下はなんとノーブラ。下は透け透けのパンティを穿き脚をM字に開いている。男がオマンコを弄り出すとすぐにパンティが染みてくる。グリグリと指でオマンコを刺激すると「あ〜、あ、あ」と感じて声が漏れてしまう。体をビクビクと震わせて感じてる英理に興奮する男。首筋を愛撫するとさらに敏感に反応する。クリトリスをグリグリと刺激すると「あ、あ、あ、あ、あ〜〜」と激しく反応する。パンティはすっかり濡れ濡れになりクッキリとシミが。男はパンティの股間部分を切りとりズブリと指を挿入する。「あん、あん、あん〜〜」指が奥に突き刺さりさらに喘ぎ声が激しくなる。男はバイブをズブズブッと挿入しズボズボとピストンしていく・・・。実は一途な女子校生がエッチな体操着姿でバイブ攻めにされイカされてしまう。「こっちも気持ちよくして」と大好きなデラチオでおもてなし・・・。制服好き、コスプレ好き、美少女好きにお薦めの作品。

かおり 超絶美人OL初めての経験
超絶美人系のOLかおりさん25歳。B84W61H90のナイスボディに「お綺麗ですよね。自信あるでしょ?」と聞かれ「ちょっとだけ」と自分でもそれなりに自信のあるボディだという。初体験は「19歳で当時付き合っていた彼氏と彼の家で」というが「あんまり気持ちよくなかったです」と振り返る。その後は「8人」と経験したが付き合ってない人も含むという。真面目そうだが「誘われてすぐにすることはない」という。「エッチは好きな方だと思います」と友達ともそんな話はしないという。「ごく普通のラブラブなエッチが好き」というかおり。「してみたいセックスはありますか?」と聞かれ「車の中とか・・・、3Pとかは興味があります」と普通のセックスしか経験していない様子のかおりに希望を聞いてみた。「体のラインを見たいのでここで脱いでもらえますか?」とリクエストされ下着姿に。「おースタイルいいですね〜」と綺麗な体をしていることに興奮する男。「ブラジャーも取ってくれますか?」ホックを外しブラを外すと見事に綺麗な美巨乳が。「オナニーしたことはありますか?」「あります・・・週に1回とか・・・夜に・・・」と恥ずかしそうに答える。「恥ずかしいと思いますがいつものようにオナニーを見せてくれますか?」かおりは美乳を包み込むように揉みながら下半身へ手を伸ばす・・・。笑顔が女優の長○Mさみに似ている超絶美女が初めての経験をする物語。ごく普通の美人OLが今まで人前では見せたことがないオナニーを見せてくれる。指とローターでオマンコをヒクヒクさせながらオーガズムへ。「おちんちんは欲しい」という美女に差し出した肉棒を咥えてもらう・・・。素人好き、美女好き、オナニー好きにお薦めする作品。

まい お願いです。私を気持ちよくしてください
綺麗なお姉さん系のまいちゃん。セックスは気持ちイイか?と聞かれ「気持ちイイ〜」と早くも快感を知っている様子。自分では「感じやすいです」と体は敏感だという。「今日はあなたの快感を増幅させるため、もっというと気持ちよくなり過ぎちゃう、そんな体にするためにお呼びしました」と男に案内される。ソファーに座るよう促されると「質問です。オナニーはしますか?」「・・・はい、します」と恥ずかしそうに答える。「私たちはまいちゃんがオナニーしているところが見たい。オナニーして気持ちよくなっているところが非常に見たい。」とオナニーをリクエストする。「えっ?恥ずかしい・・・」とはにかむが「わかっているね?」と男に促される。するとまいの足はスッと開かれ浅く座り直す。「さあ、やってみたまえ」男の言葉にまいの手が股間に伸びていく。ワレメを探るように指をグリグリと擦りつけていく。性感帯は?「クリトリス」だというまいはさらにクリトリスをグリグリと刺激していく。いつもは「サッカー選手とかにさやれているのを想像しながら・・・」オナニーしているというまい。大体二人くらいの男たちに攻められているとこを妄想しているという。「では男たちがあなたのオナニーをお手伝いします。あなたが気持ちよくなるためなら努力を惜しみません。さあ、お願いして。」すると「お願いです。私を気持ちよくしてください」まいのお願いに裸の男たちがまいのカラダをまさぐり始める。「まいを淫らにしてください」男たちはまいのおっぱいを激しく揉みくちゃにしていく・・・。ヤラレ願望のある美女のオナニーを男たちが荒々しくお手伝いする物語。美人、美乳、美マンでさらに美脚なエロ娘を気持ちよくさせていく・・・。美女好き、美乳好き、オナニー好きにお薦めの作品。

ユリ 初めてのおもちゃ攻めで何度もイカされた私
透明なテーブルの上でエッチなことをしようと企む男。「下からも丸見えだから〜」とすでに大興奮の男。こんなシチュエーションは初めてと緊張するユリちゃん。透け透けの下着にガーターベルトと男が興奮する壺を知っているユリ。ブラジャーからはみ出しそうなほどのおっぱい。聞けば「Fカップ」あるという。クッキリとした胸の谷間に顔を埋めたい、チンポを挟みたい、そんな衝動に駆られてしまいそうになる。男はブラのホックを外しゆっくりとブラを取る。「いいね〜〜」とブルブルの巨乳があらわになりボヨヨンと震わせながら興奮する。「こうやると乳首が勃っちゃうんだよ」と巨乳を揺らすと乳首がピンと勃ってくる。「ゆっくりと足を広げてみて〜」恥ずかしそうに脚を開くと「お毛毛が〜〜」と陰毛がはみだしているというと「恥ずかしいよ〜」と羞恥心でいっぱいになってしまうユリ。さらにパンティを脱がせて「クリちゃんはどこにあるの?」と足を広げようとするが恥ずかしくて広げられないユリ。「いかんな〜」と男はローターのスイッチを入れると「それ、初めて〜」とビックリしながら緊張する。男はローターの振動で乳首を刺激していく。「じゃあ、下の方にいくよ」足を広げさせローターをワレメに沿って滑らせていく男。すると堪らず声を乱し始めるユリ。「あ〜、あ〜、あ〜」と反応を見せると「濡れちゃってるよ〜」とおあんこはグショグショ。「い、イッちゃいそう・・・」と快感が一気に高まると「ん〜〜〜」とあっという間にイッてしまう・・・。初めてのおもちゃ攻めに戸惑いながらもあっという間にオーガズムを迎えてしまう巨乳娘。自分の反応が恥ずかしくて堪らない様子。気持ちイイけどやめて欲しい・・・そんな裏腹な気持ちでいっぱいになってしまう。しかし、マン汁でガラステーブルをビショビショに濡らしてしまう。初めてのおもちゃで何度もイカせ、お返しにフェラと手コキで口内発射・・・。そんなウブな巨乳娘の痴態を存分にご堪能ください。

じゅん 私を気持ちよくさせて 〜美少女系痴女のおねだり〜
「私のこと気持ちよくして〜」と猫なで声でおねだりするじゅんちゃん。ボヨヨンおっぱい丸出しで迫られたら誰でも下半身がムクムクしてしまうだろう。そのたわわなボヨヨンおっぱいを下から包み上げるように持ち上げると自ら男の手を引き寄せる。男の手がムギュムギュと巨乳を鷲掴みにすると堪らず息を乱すじゅん。「ん〜、ん〜」じゅんの反応に男はさらに乳首をコリコリする。男の手技に顔を歪ませながら感じてしまうじゅん。「乳首舐めて〜」とおねだりすると男は乳首にむしゃぶりついてチュパチュパ。「あ〜ん、あ〜ん、あ〜〜」さらに息が乱れ喘ぎ声が激しくなっていく。「あ〜、あ〜、あ〜気持ちイイ〜〜」男はじっくりと乳首攻めを続ける。「気持ちイイ〜。下も触って〜。」じゅんのおねだりに「どこですか?」「ここ〜」と自ら股間をまさぐるじゅん。男はグイッとパンティをワレメに食い込ませてグリグリと刺激。「あ〜〜、あ〜〜、あ〜〜〜」さらに顔を歪ませながら感じていく。「見てもいいですか?」男は興奮したワレメを見たいとパンティを脱がせる。すっかりグジョグジョになったオマンコを直接指で擦りつける。「ビチャビチャいってますよ?」じゅんのオマンコは恥ずかしいほどにグジョグジョになっていた・・・。気持ちよくして欲しいとおねだりする美巨乳痴女娘をたっぷり気持ちよくさせる物語。グジョグジョになっていくオマンコにビンビンにしてもらった肉棒をズブリと突き刺していく・・・。たわわな美巨乳とかわいい痴女ぶりに男も大興奮。巨乳好き、痴女好きにお薦めの作品。

まほ 今日からキミは僕のもの 〜女子校生に忍び寄る魔の手 2〜
「まほちゃん、やっと僕のものになったな〜」ソファーに横たわるまほに近寄る男。「まほちゃん、おはよう〜」男はまほのカラダをまさぐりながら声をかける。しかし、まほは男が誰なのかもわからず怯えている。「僕だよ?君も知ってる僕だよ?」男はまほのアイマスクを外し「やっと二人きりになれた・・・」と頬を撫でる。「まほちゃんは僕から離れられないんだよ。ずっと一緒に暮らそう。」と耳元で囁きながらおっぱいを揉みくちゃにしていく。「騒いだって誰も来ないよ。楽しくやろうよ〜。」太ももを摩り、お尻を撫でながら「キミのことが好きなのはわかってるよね?」首を振りイヤがるまほに「なんで僕の気持ち受け入れてくれないの?」と匂いを嗅ぎまくる男。「大好きなんだよ〜。さあ、こっちへ来るんだ。」男はまほを別室に横たわらせおっぱいを揉みくちゃにしていく。「もう全部僕のものだ。」と激しくキスをする男。「キミのオナニーを想像しながら僕もオナニーしてるんだ。オナニーを見せてくれよ。さあ、僕に見せるんだ。」まほはしかたなく制服を脱ぎ出す。「下もだよ。かわいいパンティを見せるんだ。」まほはおっぱいを揉みながら制服のスカートをたくし上げパンティを見せる。「キミがオナニーをすることは知ってるんだ。」恥ずかしそうにオナニーを始めるまほに「真剣にやらないとダメだよ。」恐る恐るオナニーするまほにかぶりつき下半身の匂いを嗅ぎまくる男。「この匂い、堪らないよ〜」股間の匂いを嗅ぎさらに興奮していく男。ブラウスのボタンを外し「バストは84センチのCカップだね?僕は知ってるんだ。さあ、見せておくれ。」男はおっぱいのサイズを言い当てブラジャーを外すとあらわになった美乳にかぶりついていく。「四つん這いになって。」男は四つん這いにさせスカートをまくり上げるとパンティをグイッとお尻に食い込ませてしまう。「綺麗なお尻だ。イヤらしいお尻だよ。」男はパンティの食い込んだお尻を舐め回す。「アソコが見たいな〜。見せておくれよ。自分でパンティを脱いで見せておくれ。」まほはしかたなくパンティを脱ぎ言われるがままに足をM字に大きく開く・・・。狂気のストーカー男が制服美少女の部屋に侵入し思いのままにしてしまうシチュエーションプレイ物語。まだあどけない美少女を思いのままに弄んでいく。言葉攻め、おもちゃ攻め、肉棒攻めで快楽に染めていく・・・。変態妄想プレイ好きには堪らない内容。シチュエーションプレイ好き、妄想好き、コスプレ好きにお薦めの作品。

るい 裸女マーケット 3
今日もどこかで開かれている裸体マーケット・・・。欲望漲る男たちが陳列された商品を品定めしていく。形のいい綺麗なおっぱいに興奮してしまうるいちゃん。男がおっぱいから腰、陰毛まで入念にチェックしていく。そのスレンダーでスタイル抜群のボディにそそられている。男たちはるいの体を手に入れるためそれぞれが最高の値付けをしていく。そして選ばれたのは「スーツの方」どよめきが起きるもスーツの男は嬉しそうにるいに近づいていく。「ありがとう〜」と嬉しそうにハグ。「それではお客様、こちらの方へ。」促されるまま別室へるいを連れて行く。「いろんなことをさせてもらうよ。」男は膨れあがった欲望をあらわにする。「いいオッパイしてるじゃないか」綺麗なおっぱいを揉み揉み。乳首をコリコリされると堪らず顔を歪めるるい。「は〜、あ〜」おっぱいを鷲掴みにしてむしゃぶりついていく男。息を乱しながら感じてしまうるい。「はぁ〜〜」「こういうのは好きか?刺激が一杯のほうがいいだろう?」激しい乳首舐め、揉みくちゃにされる乳房、舌を激しく絡ませる濃厚なディープキスと男の欲望が爆発する。「かわいいお尻じゃないか」お尻を撫で回しながらスパンキング。「ああ〜、ああ〜〜」堪らず声を漏らするい。前屈みにさせられオマンコも丸見えにさせられお尻は赤くなっていく。「気持ちイイです・・・」「そうか、もっと気持ちよくしてやろう」男はさらにネクタイでスパンキング。仰向けにすると足を大きく開かせる。「ここはどうして欲しい?もうビショ濡れじゃないか」ズブリと指を挿入しながら「スケベな女だな〜」とズボズボと指マン。「あ、あ、ああ〜〜。気持ちイイです・・・」男がパックリとオマンコを広げると「は、恥ずかしい・・・」と羞恥心でいっぱいになってしまう・・・。今日もどこかで開かれている女市場に欲望にまみれた男たちが集まっている。美乳スレンダー娘が男に辱めを受けるシチュエーションプレイ物語。美乳、美マンなボディは男の欲望を掻き立てる。女を思い通りにしたい・・・そんな方にお薦めの作品。

ちぐさ 裸女マーケット 2
スレンダーボディが魅力的なちぐさちゃん。男たちに見せるために陳列されている。男たちの前に自ら歩み出るちぐさに男たちは興奮しながらじっくりと観察しはじめる。「触っちゃダメですよ〜」支配人の言葉に触り方男が手を引っ込める。「こっちおいで〜」男がちぐさを引き寄せると「触っちゃダメなの?」とクンクンと匂いを嗅ぎ始める。鼻を体に府連ばかりの距離に近づけ股間の匂いを嗅ぐ。「はいはい、もうおしまい〜」と支配人が制止する。「はい、じゃあお尻をむけてあげて〜」と後ろ向きにするとパチンパチンとお尻をスパンキング。「おお〜〜。オレも触りてぇ〜」と大興奮する男たち。「うふふふ〜」ちぐさも男たちが自分に興奮していることにまんざらでもない様子。「いつもオナニーはする?」支配人の質問に「する」と答えたちぐさ。「どんな風にしてるのか教えてあげないと」と促され「歯ブラシを使って・・・」と生々しく教えてくれる。「じゃあ、見せてあげて〜」と支配人は脚を開かせオマンコを見せるよう促す。片足を台に乗せオマンコを見せるちぐさに男たちは激しく興奮しなんとしても自分のモノにしようと躍起になっていく・・・。密かに開かれている女市場に今日も男たちが女を漁りに来る・・・。スレンダー好きには堪らない細身の美娘に男たちの欲望が集中する。この美娘を独り占めできる男はたった一人・・・。シチュエーションプレイ好きにお薦めする作品。

かりん エロ〜いエロ〜い女子校生
ベッドにチョコンと座るセーラー服姿のかりんちゃん。そこへ「ベッドでヤルことは一つだね〜」とイヤらしい顔つきで男が迫ってくる。「このカラダ、いっぱい舐めたいな〜」と制服の上からおっぱいをまさぐっていく。男はセーラー服の前をはだけるとあらわになったブラジャーの上からおっぱいを舐めていく。堪らず声を漏らしてしまうかりん。「もっと舐めたいよ」男はブラをグイッとずらしておっぱいを露出するとあらわになった乳首をコリコリと刺激。「ん〜、ん〜〜」と感じてしまうかりんの乳首をチュパチュパと吸い出す男。「あ〜、すごいよ」興奮した男はかりんの感じている姿にさらにテンションが上がっていく。男は下半身へと手を伸ばしオマンコをグリグリ。「ああ〜〜」と堪らず喘ぎ声が激しくなってしまうかりん。四つん這いにさせ制服のミニスカをまくりとパンティからはみ出た陰毛に興奮する。リップ攻めしながらオマンコを弄る度に喘ぎ声が激しくなっていくかりん。パンティをスルスルッと脱がせると「足をグイッと開いて僕に見せてごらん?」と足を広げさせる。「自分で開いてビラビラを見せてごらん。」男に言われるままにオマンコをパックリと広げるかりん。すでに濡れ濡れのオマンコに男の指がグリグリと刺激する。男は片足を持ち上げ股間に顔を埋めると舌でチロチロとクリトリスからワレメまでクンニする。「気持ちイイ〜〜」堪らず口にするかりんに「でもまだイッちゃダメだよ?」男は刺激を止めて焦らす。すると「イカせて・・・イカせて〜〜」と恥ずかしそうにおねだりする。男はズブリと指を膣に挿入するとズボズボとピストンしていく。「イヤ〜〜、イク〜〜、イク〜〜〜〜」激しい快感がカラダを突き抜けあっという間にイッてしまう・・・。清純そうなセーラー服の美娘が貪欲に快感を求めて悶えてしまう物語。こんなエロ〜い女子校生とエッチなことをしてみたい・・・そんな願望を叶えるような内容。制服好き、コスプレ好きにお薦めの作品。

まこと エッチなエッチな女子校生
制服姿がキュートなまことちゃん。ミニスカから覗く足がなんともエロい。オナニーは指よりもおもちゃを使いたいというまこと。ローターを手渡されスイッチを入れてみる。男から「もうちょっと大きいローターもあるんだよ?」といわれ出てきたのがなんと電動マッサージ器。試しにスイッチを入れてみるとかなりの振動に「すご〜い〜」とビックリ。使ったことがないという電マでオナニーすることに。早速足をM字に開いて横たわる。無防備に白いパンティがあらわになりまことは股間に電マを押し当てていく。最も弱い振動を恐る恐るオマンコに押し当てると徐々に息が乱れてくる。「あ〜、あ〜」吐息を漏らしながら顔が歪んでいく。「あっは〜〜、ん〜〜」電マの刺激がクリトリスを震わせ快感へと変えていく。「あ〜〜、あ〜〜、いい〜〜」さらに刺激が欲しくなりパンティを一気に脱ぐと直接電マをクリトリスに押し当てる。「あ〜、あ〜〜、あ〜〜〜、あああ〜〜〜〜」ビクビクッと腰を震わせながらあっという間にイッてしまう・・・。「イッちゃッた〜〜。すごい気持ちよかった〜」と照れ隠しする制服美娘。イッたあとのクリトリスは赤く勃起しマン汁はネットリと糸を引いている。「このあとは何がしたい?」男に聞かれるも恥ずかしくてなかなか口に出せない。やっとの事で「エッチしたい・・・」とはにかみながら口にする。同時に眼前に勃起した肉棒が。チンポを握ると「挿れたい・・・」とおねだり。すると男はすでに濡れ濡れのオマンコにズブリと突き刺していく・・・。エッチなエッチな制服娘が初めての電マオナニーとおねだりセックスする物語。「気持ちイイ〜、気持ちイイ〜〜」とよがりまくる・・・。制服好き、コスプレ好き、淫乱好きにお薦めの作品。

じゅん 美少女系痴女
「私のオナニー見たい?・・・じゃあ、見せてあげる」裸に虎柄のロング手袋、ソックスを穿いているじゅんちゃん。たわわな形のいいおっぱいをゆっくりと揉み始める。激しく揉みしだくと弾力いいおっぱいがイヤらしく波打ちながら息が乱れてくる。「ん、ん〜」思わずこの豊かなおっぱいにチンポを挟みたくなってしまう。指先で乳首を刺激しながら揉み揉み。手が下半身へと伸び股間をまさぐり出すと顔を歪めながら喘ぎ出す。パンティの中に手を入れ直接オマンコを弄り出すとさらに喘ぎ声が大きくなってしまう。歪んだ顔は気持ちよさを物語りクチュクチュとイヤらしい音が響く。態勢を変え大きく脚を開く。後ろからお尻が丸見えになるほどのTバックパンティで隠されたオマンコをグジュグジュ。パンティを脱いでオマンコを直接弄り出す「あ、あ、あ、あ〜イキそう〜、ああ〜〜イクゥ〜〜〜〜」快感が高まりそのまま絶頂へ達してしまう・・・。「私のオナニー見て興奮したの?おちんちんがビンビンじゃない。・・・じゃあ、抜いてあげる」パンパンに股間を膨らませた男が待ち望むこと・・・それは大量の欲望を放出させたい・・・そんな願望を叶えてくれる美少女痴女がフェラチオと手コキで気持ちよくしてくれる物語。こんな美少女に痴女られたら・・・そんなことを想像してしまう方向けの作品。

まほ 女子校生に忍び寄る魔の手
パジャマ姿でベッドに座るまほちゃん。なんだか催してしまいカラダをまさぐり始める。おっぱいを揉み脚を開くと股間をまさぐり出す。「あ、あ、はぁ〜」息が乱れ恍惚とした表情になっていく。中指がクリトリスを刺激しコリコリする旅に喘ぎ声が激しくなっていく。パジャマのボタンを外しピンクのブラジャー越しにおっぱいをムギュムギュ。パジャマのズボンを下ろすとパンティの上からクリトリスをコリコリ。「ん、ん、ん〜〜」邪魔になったパジャマを足蹴にし大きく足を広げる。パンティの上から中指がクリトリスをグリグリと擦りつける。ブラの隙間から手を入れ乳首を刺激。さらにブラをずらしておっぱいを丸出しにする。乳首をコリコリしムギュムギュとおっぱいを鷲づかみ。パンティの中に手を入れ直接オマンコを弄り出すと「あ〜〜、あ〜〜、あ〜〜〜」グジュグジュとイヤらしい音とともに快感が昂ぶっていく。スルリとパンティを脱ぎワレメに指を滑らせていく。すっかり濡れ濡れのオマンコはグジョグジョと音をさせながら擦られ続ける。枕元からローターを取り出すとスイッチを入れ乳首に。「あ、あ、あ、ん〜〜〜」ローターはクリトリスに押し当てられ激しい刺激がカラダを貫いていく。ズブズブッとローターを膣に挿入すると膣内をローターの刺激が激しく遅う。「あ〜、あ〜〜、ああ〜〜〜、あ〜〜〜〜イッ!!」快感は頂点に達しイッてしまう・・・。オナニーを覚えた女子校生。自室で激しく悶えまくる。一夜明けて「学校行かなきゃ」とシャワーを浴びてカラダを綺麗にする。女子校生のリアルな体の洗い方に興奮してしまう。タオルで体を拭き下着を着けて制服に着替えると突然怪しい男の手が忍び寄ってくる・・・。女子校生の赤裸々なオナニーと何者かに襲われてしまうシチュエーションプレイ物語の前編。制服好き、ストーリーモノ好きにお薦めの作品。

るい はな 裸女マーケット
全裸の女の子たちが陳列されている室内。ここでは男たちが女の子を見定めようとじっくりと観察している。おっぱいの形、大きさ、そしてスタイル等好みの女の子に出合うまで最小限の接触ができる。男たちは自分の性癖に合うかどうか女の子たちの味を確かめていく。男たちはそれぞれが気に入った女の子に「自分の気持ち」を告げ「最高の気持ち」と告げた者がその女の子を独占できる。るいちゃんへ最高の気持ちを伝えた男は「よっしゃ〜」と大喜び。「じゃあ、お願いしようかな?」とるいの前に立つと「失礼します」とるいは男のズボンを下ろし出す。すでに期待でパンパンに膨れあがったパンツを下ろすとチンポはビンビンに屹立していた。るいは舌を竿に這わせ丁寧に舐めあげていく。「こっち向いて」男は視線を向けるようリクエスト。チラチラと艶めかしい視線を向けながらチュパチュパとしゃぶり続ける。肉棒をおいしそうに舐め回し肉棒はさらに硬直していく。手コキも加えた舐めずくしで男も限界に。「あ〜、あ〜、イクイクイク〜〜」ドピュドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。密かに行われている女市場。ここでは音たちが欲望を満たすため様々な女たちが陳列されている。気に入った女にイヤらしいことをさせるシチュエーションプレイ物語。あなたのお好みはどんな女ですか?攻め好き、フェラ好き、レズ好きにお薦めの作品。

リカコ ブルマの下に隠れたエッチなカラダ
「ブルマってやっぱりいいね〜」と早くも大興奮の男。ブルマ姿でおっぱいを触られるリカコ。おっぱいを触りながら「イヤらしいな〜」とますますテンションが上がっていく。ブルマからはピチピチの太股がさらに男を興奮させる。男は舌を絡ませながらキスをすると激しくおっぱいをまさぐっていく。息を乱しながら感じてしまうリカコ。「すぐ乳首勃っちゃうね〜」と早くもピンと勃起する乳首。グイッと足を開かせオマンコをグリグリと指攻めし始める。「たっぷりとブルマに染み付けちゃおう」とクリトリスをコリコリ。「あ、あ、あ、あ〜ん」敏感な場所を攻められ顔を歪ませながら感じてしまうリカコ。体操着の下はノーブラのため乳首は敏感。その乳首を舐められさらに息を乱してしまう。男はグイッと開かせた股間に顔を埋めていくと「マン汁の匂いがする」とオマンコの匂いを嗅ぎ太股をリップ攻め。さらにお尻を舐められ「あ、あ、あ、ん〜、ん〜〜、ん〜〜〜〜」と快感が全身を貫いていく。男は四つん這いにさせると「脱がせちゃおう」とブルマとパンティを動じに脱がせお尻を丸出しに。ワレメからアナルをリップ攻めしていく。「あ〜、あ〜、あ〜、あ〜〜」さらにクリトリスをグリグリと弄られると喘ぎ声が止まらない。仰向けにさせグイッと太股を抱え込ませクンニ。「そこ、好き〜〜」クンニされると堪らなく気持ちイイというリカコ。男は激しい舌技でオマンコをさらにグジョグジョにしていく・・・。体操着にブルマ姿の美娘をじっくりたっぷりスケベしまくりの物語。体操着の下はかな〜りエッチなカラダが潜んでいた。触ると敏感に反応するボディ、擦るとすぐに勃起する乳首、弄ると濡れ濡れのオマンコとブルマの下に隠されたスケベなボディを存分に味わってください。ブルマ好き、コスプレ好き、好きモノ好きにお薦めの作品。

かりん キュートスレンダーな制服娘をじっくりと焦らし攻め
セーラー服とルーズソックスが超お似合いのかりんちゃん。しかも細い足が覗くミニスカが超堪らない。男が性感帯を探るため耳に触れてみる。さらに耳を舐めてみるとすぐに吐息を漏らす。「敏感だね〜」と高反応なかりん。さらにおっぱいをムギュと揉み揉み。Cカップだというおっぱいはもっと大きく見える。「優しい方が好き」というので優しく鷲づかみ。男はセーラー服の下に手を入れブラジャーの上から揉み揉み。こんな風に制服娘が感じる姿は興奮する。「ん、ん、ん〜」男はブラのホックを外しブラジャーを外す。セーラー服の下はノーブラになり再びおっぱいを揉み揉み。「触ったら立ってられない・・・」としゃがみ込んでしまうかりん。「いい弾力してるね〜」とおっぱいの張りが若いと興奮する男。「乳首見ちゃおうかな〜」セーラー服をまくりおっぱいを丸見えに。ちょうどいいバランスの乳首をコリコリと攻めると「すごい、乳首が硬くなっちゃったよ〜」「今度は下の方も見ちゃおうかな?」と四つん這いにさせると「あらら?もうちょっとつき出してごらん?」とお尻を突き出させパンティをじっくり観察。するとすでにパンティに愛液が染み出ていた。ミニスカをまくりオア尻を撫で撫で。「いい触り心地だ〜」とムギュムギュとお尻を鷲づかみに。かなりの敏感ボディなかりんの体をフェザータッチで焦らし攻めする男。腰を震わせながら感じてしまうかりん。男はお尻のワレメからゆっくりとオマンコのワレメへと指を滑らせていく。「ああ〜〜、あ〜〜」堪らず喘ぎ声が大きくなる。ビクビクとカラダを震わせながら感じてしまう。男はその敏感なカラダをじっくりと愉しみながら攻め続ける・・・。美脚スレンダー制服娘をじっくりと焦らし攻めしていく物語。ローターでバイブでじっくりとオマンコを攻めると堪らず絶頂へ・・・。制服好き、コスプレ好き、攻め好きにお薦めの作品。

まこと 制服娘に手コキ足コキでイカされる快感
初めての潮吹きを経験した制服娘のまことちゃん。まだ物足りないけど恥ずかしがるまことの前にチンポを丸出しにした男たちが群がる。どうしたい?と聞かれ「お口に入れたい」とまこと。「どれでも好きなのからどうぞ」といわれパクリと咥え出すまこと。「あ〜気持ちイイ〜」すぐに快感を訴える男はあっという間にビンビンに勃起してしまう。それを手コキしながら次のチンポをパクリ。咥えながらさらに手コキで扱いていく。自然と足が開き制服のミニスカからパンティが覗き見えてしまう。あられもない姿でチンポを咥え続けるまこと。男たちは興奮した肉棒を持て余すかのようにまことの太股とふくらはぎに肉棒を挟んでピストンしはじめる。「あ〜、すごい。気持ちイイ〜〜」とピチピチの柔肌で擦られたチンポに快感が走っていく。「イって〜」まことの言葉に「イッていいの?」と男は息を乱しながらピストンを速めていく。「ああ〜〜、んん〜〜、ああ〜〜〜出る、出る〜〜〜」男が限界に達しドピュドピュドピュッと太股にザーメンを発射してしまう・・・。まだ経験の浅い制服娘が男たちのチンポを咥え、手コキ、足コキで気持ちよくする物語。足フェチには堪らない足コキ、太股とふくらはぎでの膝裏コキで大量発射。フェラチオと手コキで大きく放物線を描いてしまうザーメン。制服好き、コスプレ好き、手コキ、足コキ好きにお薦めの作品。

瞳 セクハラ家庭訪問 〜脱がされたスクール水着〜
「いち、に、さん、し・・・」スクール水着姿で体操する瞳ちゃん。スク水姿で体操されるとただの体操なのになんだかイヤらしく見えてしまう。脚を開いて体を伸ばしている股間に視線が集中してしまう。体操していくうちに水着がお尻に食い込んでしまいお尻が徐々に見えてしまう。誰かに覗かれているかのような視線を感じたとき瞳を呼ぶ声が。「あ、先生。」「相変わらず体が硬いな〜」と笑顔で入ってきた先生。何気なく肩を揉みながら「ところで志望校は決まったか?」と進路を尋ねると志望校は決まった様子。しかし瞳の志望校は難易度の高い学校のようだ。「あそこは大変だぞ?」とハードルが高いと告げるが「どうしても行きたいんです。」と決意は固い様子。「そうか。先生が協力しないでもないが・・・」と水泳での推薦を志望する瞳に特別指導をすることに。その場で瞳の得意種目である平泳ぎの型を練習させる。しかし、瞳の動きがよくないことを瞬時に見抜いた先生は手取り足取り教えることに。「ダメだ、ダメだ〜。このあたりの柔軟性がないんだな。」と太股の付け根から腰、肩にかけて柔らかくする必要があるという。「どうしてもそこに行きたいんです。」「そうか、先生の言うことを聞けるか?」「はい。」なんとしても志望校に行きたい瞳は先生の言うことを聞くと懇願する。「じゃあ・・・ちょっとおっぱい見せて見ろ」恥ずかしい要求に戸惑いを見せるも瞳はスクール水着を肩からずらしおっぱいを丸出しにする・・・。進学を控えた女子校生が難関校を志望するがとても合格できそうにない。そこへ教師が特別な計らいをすると約束し生徒の体を求めてくるシチュエーションプレイ物語。男なら一度は変態教師と生徒とのプレイを妄想してしまうもの。そんな方にお薦めの内容。「先生のがこんなになっちゃったよ」とパンパンに腫れ上がった股間を触らせる・・・。スクール水着好き、コスプレ好き、シチュエーションプレイ好きにお薦めの作品。